« 【SAKURAの春 4】 コバヤシ、お前を殴る2/2 | トップページ | おしゃれなレインコート »

2008年10月 9日 (木)

ホームレス向けのクルマから新たな生き方を見いだした

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

ホームレス向けのクルマから新たな生き方を見いだした
ミシガン大学の学生が快適にホームレス生活を送れるようなクルマ、
HUV(ホームレス・ユーティリティ・ビークル)を開発した。できるだけ
モノを持たずに生活できるよう設計されたHUVを見て、新しい時代を
生き抜くためのヒントをもらった気がした。
続きはこちら。

 以前から気になっていたのが、町の中で重装備のホームレスと軽装備のホームレスがいることだ。ある人は段ボールの囲いさえなくドテっと横たわり、ある人は風雨をしのげる“我が家”をさまざまな廃材で作り、文字通りそこに“住む”。その違いはなぜだろうか?

 そもそも“ホームレス”は家無き子である。だが着の身着のままでいられても、水や食糧や日々の暮らし、どこかになんらかのかたちで定着していないと生き続けることはできない。この矛盾を突いたのが、Millsさんのホームレス・ユーティリティ・ビークルだった。

Interviewtaron Millsさん。

【物持ちって、、、】
 ホームレスになってもモノ持ちってどうなんだろう?人類が定住を始めたメソポタミアの昔から、人が持ち続けてきた“定着欲”というサガゆえなのか?モノを捨てきれなかった社会生活の名残りなのか?

 ノマド一年生のわたしのカバン、けっこう重いのですが、男の荷物持ちはデジタル・ノマドがど〜んとでっかいバックパックを背負うと同じで、カッコ悪い。男はどんなにツラくても寅さんのように行李のバッグひとつ、身ひとつでさすらうのがカッコいいのだ。でも手ぶらで会社に出勤する営業マンはどうかな?とも思う。

 女の物持ちは仕方ないとしても、なぜバッグひとつではなく、手提げ袋やら書類ケースやら、持ち物を“分割運搬”したがるのか、これもまた謎である。荷物持ちと人間の関係は思ったより複雑である。

【ホテルで生まれ、ホテルで死んだ作家もいる】
 ふと思い出したのは、昔ホテルで生まれ、ホテルで死んだ米国人劇作家だ。

 公演旅行がちな舞台俳優の父、彼の旅行生活に同伴した母はピアニストだった。それゆえにホテルで産み落とされ、そのの出生ゆえか、戯曲は放浪物語が多かった。だが決して“路上の作家”でもなく、アマチュアでもなく、ノーベル文学賞受賞者だった。

 それはユージン・オニール氏。著名の劇作家だったのに、死亡時の所有物はトランクひとつだったと言われる。人生は舞台。一幕終われば大道具も小道具も処分する舞台と同じで、一作書いては放浪したのだろうか?

 ひとつの場所に定着できない人には、きっと心理的に定着することができない何かがある。それは遺伝子かも知れないし、何かの経験ゆえなのかもしれない。単に浮気なだけなのかもしれない。

 わたし自身の放浪体験を元に書いている『SAKURAの春』、べースには登場人物の放浪がある。放浪者は必ずしもそこがイヤだから放浪するのではない。そこに立ち止まることに疑問があるから放浪するのだ。むしろ社会との接点を求めるがゆえの放浪なのだ。そんなことを分かってもらいたくて書いています。

 以下、Millsさんと約束した、記事の抄訳です。

  Dear Mills san;  I translate some of the article roughly.

【English poor translating for Mr.Mills】
 In the 21st century, the human being goes to "nomade" since the Mesopotamia era. This is an opinion by Jaccques Attali, the former Assistant to the President François  Mitterrand, in his book "une breve historie de l'avenir". He explains there are 3 types of nomade, elite nomade, lower nomade, and digitally-mobile nomade.

Nowadays we can see nomads everywhere; internet-netizen, migrant workers,  multinational corporations, and non-territorial office workers. The nomade has been already started around the world.

When autumn comes with chilly-wind, I noticed “Homeless Utility Vehicle" created by Mr.Stephen Mills, who majored then art-and-design senior at the University of Michigan. This could be a purveyor for lower nomads!

This is a vehicle for homeless, being inhabitable and movable. The supporting structure for the transparent PVC material is to be opened and closed like an canopy; and non-transparent PVC is for enclosure for privacy. This is novel idea. I interviewed with Mr. Mills and asked where the idea came from and why you made it.

"The Homeless Utility Vehicle emerged as the product of an inspiration to address the complex issue of homelessness in America. Efforts to transform the HUV into a reality began with a preliminary phase of research and development, which consisted of innovating and refining the overall design."

This could be a challenge for him not only designing but crafting. HUV is a vehicle and a house. You can push and pull and carry his personal belongings.

The Ann Arbor community at Michigan University is a mild temperate area but the testing of the vehicle, slept in the vehicle, was at below zero temperature. But he said. "Not cold when zipped".

There were some social issues such as how we shall treat it under the Road Traffic Act; facing urban planning and landownership issues when the vehicle was parked; the vehicle could be a shelter for emergency.

I asked Mr.Mills "as a home how did you decide how much space would be allocated to personal belongings within the vehicle? "

His answer was "I made the decision to give the user the maximum amount of personal storage for his/belongings in the HUV without compromising his/her own comfort and living space".

There are two cargos for recyclables and one space for personal belongings. This personal space is similar volume to the office document box manufactured by Fellowes which we quite often see at every US company.

There are two types of Homeless; one is heavy-perosnal belongings, another is light-personal belongings. Some homeless makes a house, another  makes nothing. The volume of belongings is not relevant to its homeless-ship but to his DNA and his experiences.

There is a closed relationship between personal belongings and its carrying.

People who wonders at the web-space works everywhere at cafe and in the trains and his home. Therefore the sales of mini-notebook PC have been soared. We stored every memories and files and softwares on the net virtually.

People who want to be "moving-lightly" are increasing. Many personal belongings are nowadays "temporary properties". Houses are rented, friends are on the net, lovers are temps. the word "consume" is not appropriate for the nomade century. I propose the word "nosume" - nomade + consume.

Please forgive me this very rough translation and again thank you for the cooperation. I pray your success as an excellent designer.

 Huv_winter ごくろうさまでした。

今日は以上です。

|

« 【SAKURAの春 4】 コバヤシ、お前を殴る2/2 | トップページ | おしゃれなレインコート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/24388465

この記事へのトラックバック一覧です: ホームレス向けのクルマから新たな生き方を見いだした:

« 【SAKURAの春 4】 コバヤシ、お前を殴る2/2 | トップページ | おしゃれなレインコート »