« テキスト・デジタルメモ “ポメラ”の存在価値 | トップページ | 夢への準備 »

2008年10月23日 (木)

日本は“少子・多ペット社会”? ワンコを増やして街おこし

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

日本は“少子・多ペット社会”? ワンコを増やして街おこし
犬と猫の数は合わせて約2500万匹、15歳未満の子どもは1750万人——。
すでに日本は子どもより、ペットの方が多いのだ。ならばどうやって
“共生”すればいいのか。そのヒントはお風呂にある……?
 

Photo  ペイクHPトップ

 男も女も一生のうち、たいてい一度か二度しか結婚しないけれど、たいてい何匹かのペットと同居するものだ。

 男も女も一生のうち、たいていは愛する人のタイプをあれこれチョイスしてみるけれど、犬好きは犬好きを生涯貫き、猫好きは猫好きを生涯貫くのがフツーだ。

 つまりこうだ。異性への愛よりペットへの愛の方が、深くてまっすぐだ。色恋沙汰もDVもなく、まことに潔い。だからペット愛をテコにするビジネスは栄える。

【ペイクマガジンをめぐって】
 今回のビジネスメディア誠のエッセイのテーマはペット。それもあえてカテゴライズすればB2CではなくB2Bビジネス。というより、ペット愛をコアに据えた社会ビジネス株式会社ペイクの野中社長が展開するビジネスモデルを取材させていただいた。

 いろいろ書いたので再掲しないけれど、フリーペーパー『ペイクマガジン』をめぐる話しを付け加えておこう。

 その中の特集『ドッグナビ』は、街のペットショップやカフェのPRだけでなく、掲載時に懸賞や特典を付けてのプレゼント企画、ペクマガの設置店舗開拓に広がり、掲載情報のデータベース化でコンテンツ販売も可能。街ごとペットでPRという好企画。

 諸物価値上がりの中、ペイクマガジンは次の秋号から一部100円になる。設置するペットショップもペットカフェからも、販売もできる内容だと気持ちよくOKを頂いた。ところが獣医院が難関。「有料だったら要らないよ」と冷たい。管理が面倒だし、要するに“出入りの業者”扱いなのである。

 人間の病院と同じ“医師=偉い構造”がある。そんな態度で、ペットを思いやる温かみがあるのだろうか?野中社長、ほんとうに残念だと思った。そこでわたしの体験を思い出した。悪い獣医だけじゃないですよと。

【母の犬好き】
 記事にも取り上げたが、わたしの周りの犬好きの代表格は母だ。母はママさんバレーで鍛えた足腰を、次に何に活かそうか考えていた40代半ば、好きだった犬に捧げようと思いついた。近所(目白駅前)のペットショップに通いだし、ペットのシャンプーとカットを実施で学んだ。最初の頃は無給どころか“学ぶ”で持ち出しだった。何年か修行を終えて、JKCだかなんだかの公認トリマーになった。

 その後自宅でトリマーを開業し、店舗よりは少し安い料金帯で引き受けた。クチコミ100%だったが、あんがい来るわ来るわ。毎週何匹かの犬を世話した。多かったのがプードルやポメラニアン、ヨークシャー。伸び放題・汚れ放題のプードルの“トリマー前・トリマー後”は、誠に写真も載せたが、インパクトがある。綺麗になるもんだと思った。

Photo Photo_2

 実家でも犬が多かった。トリマーからさらにブリーダーまでしたので、5匹以上犬がいたことは何度もある。ヨークシャーとブードル、そしてチャイニーズ・クレステッドというレア犬までいた。

 ペットはずっと飼っていれば具合が悪くなる。夜中や早朝に、犬を連れてタクシーでかつぎこんだことは何度もあった。その中で江古田のY獣医はやさ男風で、夜でも朝でもほんとに親身だった。誠に良いセンセイだった。もう20年以上も前、まだ開業しているだろうか?

【フライフィッシングの眼】
 ペイクの野中社長。もともと動物、植物、昆虫好きで、それが嵩じてフライフィッシング好きになった。川面に一瞬飛ぶトビケラやカゲロウ、カワゲラといった虫。それを食べようとして鱒が飛びつく一瞬をねらうのがフライフィッシング。

 そうした水棲昆虫には昆虫の孵化の時期があり、それはさらに月の満ち欠けにも関係する。1ヶ月のある時期だけしか鱒が釣れない(食いつかない)そうだ。

 人も動物も植物も、すべて観察がべースに。川面は市場、疑似餌さは打ち手、つり上げるのはお客さまとも言えるが、疑似餌さはおそらく“自分自身”なのだ。事業というのは、自分自身の思想や生き方を投げ出さないとうまくゆかない。今、実感しています。今日は以上です。

|

« テキスト・デジタルメモ “ポメラ”の存在価値 | トップページ | 夢への準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/24699745

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は“少子・多ペット社会”? ワンコを増やして街おこし:

« テキスト・デジタルメモ “ポメラ”の存在価値 | トップページ | 夢への準備 »