« SOHOでほんとうに必要なこと | トップページ | テキスト・デジタルメモ “ポメラ”の存在価値 »

2008年10月21日 (火)

筆記用紙 “紙キレ”に心が埋まった。

 今日は文具好きマインドをフツフツ&ワクワクさせたる新製品です。単なる紙のシートに、シンプルな発想で、書く・印刷を超越する付加価値を付けた。素晴らしいデザイン、稀な紙の発明である。

 コクヨデザインアワード」2007年グランプリ受賞作品『筆記用紙 “紙キレ”』

【hmm…なアドバイス235.筆記用紙 “紙キレ”に心が埋まった。】
コクヨS&T、自由な大きさや好きな形に切り取れるA4サイズの筆記用紙を発売
7mm方眼のミシン目がA4サイズの筆記用紙の全面にレーザー加工で
施されています。ミシン目はほんのり色づいて、レースのすかし模様の
ように美しく、文字を書くときの罫線として利用ができ、自由な大きさ、
好きな形に切り取とることができます。
引用元 プレスリリース

10

 ひと言でいえばミシン目の付いたシート・オブ・ペーパー。7mm方眼という一文字を入れる心地よいサイズにも妙があるが、レーザー加工の穴=レースのすかし模様という、繊細な加工に技を感じる。文字を書くときに、シャーペンの芯やHI-TECH-C コレトのペン先が穴に入ったら具合が悪い。それを感じさせないサイズの穴で、かつ切り取りが可能だという。その技術は凄い。

 価格は30枚でA4 1,260円。専用カバー付き。1枚40円とはある意味でギリギリの心理ライン。

【デザイナーさんは3人一組】
 技術はともあれその発想も凄い。デザインは「コクヨデザインアワード」2007年グランプリ受賞作品。山中俊二氏を始めとする審査員の中では賛否あったと伝えられている。でもわたしが審査員ならイチオシですね。デザイナーは“3人一組”という、そのまんまでフフンなネーミングのデザイナー集団です。

Img_0564

最初はピザを切るような、ミシン目がつけられる道具を使いましたが、書くと
ひっかかりました。ビジュアル的に成立しても使ったときがNGなので、
レーザー加工のメーカーを探して、ピッチを指定して発注しました。撮影
したのは一枚1,200円でした。
引用元 コクヨデザインアワード2007

 以上、受賞のときのことば。なあるほど、デザインの発明にはお金がかかりますよね。ピザのカッターもフフンですが、ミシン目の長さにするとコストがかかり、店頭販売可能な加工をすると100万円かかるとか(笑)。デザイン煮詰めのご苦労あれこれあった。3人の姿から「あれしたい」「でもできない」「やんなきゃダメだろ」という議論を想像しました。

Img_0508 グランプリらしく。

【用途自由自在】
 さてデザインの妙と技術の結晶、レースのすかし模様のミシン目、どう使おうか?。文字を書くときの罫線にはいいし、自家製のジグソーパズルもいい(いずれもメーカー提案)。この素材革命、さまざまなことに使用可能。

・くじやクイズ
  ちょうど学園祭シーズンですから、ミシン目を利用してのくじも可能。
・学習シート
  過去問を印刷して、答えのマス部分だけ切り取って食べちゃう(笑)。
・売りたしシート
  売りたいものをポスターに描いて、その下にミシン目の紙片(連絡先の
  電話番号が書いてある)を切り取れる掲示板シート。
・恋歌のやりとり
  恋する男がその想いの前半をつづり、後半を女が返句する。
  その上の句と下の句を分断して、ふたりで持ち合う秘密の愛(笑)

 紙=印刷・記入・ファイルでなく、使い手の発想次第で「遊び」「学び」「売り」「ひみちゅ」まで、可能性をすごく広げたところが脱帽です。

【hmm…なアドバイス】
 切れる、とは本来良いことばだった。「彼は切れ者だ」といわれば皆うなずくとか、「彼女はアタマも切れるし、男もかんたんに切る」も、語る人によっては吐き捨てことばだが、たいがいは褒めことば。それがいつの間にかキレるといふカタカナになって、“突然殴り掛かる”とか“掲示板に書き込んで殺人する”、悪いことばになってしまった。

 “キレる”が“切れる”な、ほんらいの良い意味だけになればいい。事業の企画書って“紙キレ”で、そこから世の中に良いことが始まることもある。“きれ”は良いこと。今日は以上です。

|

« SOHOでほんとうに必要なこと | トップページ | テキスト・デジタルメモ “ポメラ”の存在価値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/24658565

この記事へのトラックバック一覧です: 筆記用紙 “紙キレ”に心が埋まった。:

» 無料プレゼントの申込み1件につき5,000円のコミッションをお支払いします。 [おすすめ]
あなたはもう手に入れましたか?億万長者メーカー・10冊以上の本の著者・マーケティングの神様であるダンケネディが1万9800円で実際に売っていた教材を無料でプレゼント在庫がなくなる前に手に入れるにはこちらをクリック↓http://123direct.info/tracking/af/106072/Bnx62sAf/ 今回はさらにお知らせがあります。この『The Best of Dan Kennedy』無料プレゼントキャンペーン 」をアフィリエイト して下さい。... [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 10時38分

« SOHOでほんとうに必要なこと | トップページ | テキスト・デジタルメモ “ポメラ”の存在価値 »