« これタレの出口と、SAKURAの春のエピローグ | トップページ | MINI Eが教えてくれる“ほんとうの合理性” »

2008年10月18日 (土)

コクヨSYSTEMICとインデックスなき思考

 人は生まれて死ぬように、およそこの世の事象は時系列で語り尽くせる。恋も愛も、アチチと言ったり涙を流しつつ、すべて時系列に流れていく。

 だからノートも手帳もアタマから使いだし、お尻で終わらせる。システム手帳やルーズリーフの紙片を、順序を入れ替えこまめにインデックスを付けるウチに、時が過ぎて案件は終わる。整理はムダとは言わないが有意義とも言えない。

 それでも手帳が二種類欲しいときはある。コクヨのカバーノート『SYSTEMIC』(システミック)がそれに応える。

【hmm…なアドバイス232.コクヨSYSTEMICとインデックスなき思考】
調査結果より、業務用ノートを用途に分けて2冊同時に使用しているユーザーが
存在することから、業務上複数の記録媒体を同時に活用していることが明らかに
なりました。今回発売する<SYSTEMIC>は、それらのニーズに応えて、仕事上の
手書き記録を効率的に管理できることを可能にした2冊収容タイプのカバーノート
です。
引用元 コクヨプレスリリース

3

 かんたんに言えば、カバーの両内側にノートの片方の表紙を差し込めるポケットを付けたノートカバー。普通のカバーより深めなので、2冊しっかり収納できるという。こうした使い方を既存のノートカバーでトライしたのはわたしだけではあるまい。だが抑えが浅いのでノートが落ちがちだ。

081018_181801 081018_181901 手持ちのノートカバー

 さらに表紙ポケットに筆記具やポストイットなど、文具小物を収納できるし、紐の栞が2本付くのもいい。カラーリングは2パターン、サイズはB5、A5、A6の3種。1冊のノート付きで1,100円から1,500円、11月10日より発売。3足のワラジを履くわたし、ちょっと惹かれている。

7 工夫多し。

【2冊目のA5ノートを選んでみよう】
 定番でもっともフィットするのはA5サイズ。左側はフツーのキャンバスノートとしても、さて右側にはどんなノートを装着しようか。

 まずは『ツバメ方眼ノート』がいい。クリーム色の5mm方眼ノートというシックさ、背表紙の赤いラベルもかっこいい。コクヨにツバメですみません。30枚60ページで300円。

0810175240060_2 081017pg000103
    表紙の写真      ページの写真  

 同じコクヨでは『コピーフィラーノート』がいい。2枚一組で複写になる。カフェで打ち合わせをして、よし!こんなんでいこう!と言って相棒と一枚ずつ持てば、どちらかが無くしても大丈夫。ちょっと高いけれど(420円)ナイスなノート。

 081017
 

 無印良品にはおもしろノートがある。『再生紙週刊誌4コマノート・ミニ』。最初から4コマが描かれている。マンガを描く必要はない。たとえば起承転結で企画書の構成やプレゼン資料を考えてもいい。88枚で94円という不況知らず。

0810174548076716341_l 吉田戦車御用達。

【hmm…なアドバイス】
 でもなぜ2つノートが必要なのか?日常業務以外に特定のPJを持つときや、管理業務、ミーティング用など、分けて書いておきたいと思う几帳面さかしら。

 フト思ったのだが、“分けて書いて整理したい”欲求、小学校時代から学科で異なるノートを使ってきたからではないだろうか?英語や書き方や理科や算数や音楽、みんな違うノートでした。ランドセルも重いし、今考えると功罪あり。

 化学と生物、物理と数学、音楽と美術、英語と国語、日本史と古文、保健体育と道徳、みんな関係し合っているのに、ブツ切れで教えられて、“学際の意義”、“知識の相乗”を体得しにくくしていないか。大人になって夢は夢、仕事は仕事、愛は愛、みんなインデックスを付けるようにバラバラの思考に結びついていないか。

いろんなものを瞬時に結びつける思考力、それがアイデアづくり。最初からインデックス付けるなんて思考じゃだめです。何でも生で受けとめよう。だからせいぜいノートは2つまで!今日は以上です。

|

« これタレの出口と、SAKURAの春のエピローグ | トップページ | MINI Eが教えてくれる“ほんとうの合理性” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/24590835

この記事へのトラックバック一覧です: コクヨSYSTEMICとインデックスなき思考:

« これタレの出口と、SAKURAの春のエピローグ | トップページ | MINI Eが教えてくれる“ほんとうの合理性” »