« インテリジェント・ホワイトボード | トップページ | SAKURAの春【14】お客さんはドコォ? 3/5 »

2008年11月24日 (月)

Pierre Hermeとお八つのメモリー

 以前、リプトン紅茶の500mlのPETボトルに食玩のおまけ(携帯ストラップ)が付いていたので何気に買った。相棒cherryさんに見せたら「私、速攻で集めてます!」と言われてコレクションの一助に差し上げたのだった。

 彼女は料理研究家だが、たいていのPETボトルのおまけ付きは「ゴミになるので買わない」という。携帯ストラップのジャラジャラもしない。だがその食玩は別だった。何がそんなに惹き付けるのだろうか?真の理由はわからないけど、それはPierre Hermeのマカロンだった。

【hmm…なアドバイス257.Pierre Hermeとお八つのメモリー】
NECは10日、08年秋冬向けの携帯端末新シリーズを発表した。その1つ「N-03A」
は、デザインをフランスの著名パティシエ、ピエール・エルメ(Pierre Herme)
氏が監修した端末。ボディーにはスイーツをイメージしたカラーを取りそろえた。
NTTドコモ向けの端末で、11月中旬からの販売を予定している。
引用元AFP

9  2  
 引用元 こちら            こちらはNTTより。

 携帯ストラップじゃなくて、携帯そのモノのデザインとピエール・エルメってどんなのか?凄く興味を惹かれました。この画像見ると、う〜ん・・・美味しそう(笑)。白いボディの肌あい、お菓子みたいに見える(クリックで拡大します)。とは言いつつ店頭まで行って試食はしていないので、ドコモさんのサイトより紹介します。

【イチゴとアプリコット】
 イチゴたっぷりのマカロンとNEC N-03Aピンクの色調がよく映える。美味なスィーツを食べる場と、そこで携帯を開いて待ち画面にする女性。そんなシーンがイメージできる。なにせカラーは“マカロンピンク”です。

4  画像はドコモより

 もうひとつは“アプリコット・オレンジ”。08年11月12日の発表会で「ケーキのやわらかさがケータイに加わったことで、お客様が毎日使いたくなるものになる」とピエール エルメ日本支社代表のリシャール・ルデュ氏が話した。

6 画像はドコモより。

【BANDAIからもピエール・エルメが】
 ピエール・エルメの代表的なお菓子のミニチュアフィギュア。
 引用元 Amazon 

415vckmwuel_ss500_ 11
  こちらはアマゾン。      こちらは売り切れていました。

 いろいろ調べて分かったのは、12月の上旬にピエール・エルメの食玩がBANDAIから発売されること。それは元々はメガハウスからずいぶん凝った仕様で発売されたものを、デフュージョン?したものらしい。1個400円だが、10個セットでも売られること。1セット=10個だが、実は10個以上あるらしいこと、などなど。間違いがあっても当局は一切関知しません(笑)。すでに売り切れ多しです。お早めに。

【hmm…なアドバイス】
 ピエール・エレメの食玩、確かに美しいけれど、タカガ食玩でしょ?なんでこれほど食玩に惹きつけられるのでしょうか?もちろんスィーツで美味しいからだが、フト思い当たるのは子ども時分の“ワクワク感”。

 お菓子を隠しておいて、シメシメとニヤリ。
 冷蔵庫にあれあったよね、というにっこり。
 兄弟姉妹で、こっちが小さい、あっちが大きいと諍った追憶。

 お八つの語源を『語源由来辞典』で調べると。
 おやつの「やつ」は、午後二時から四時までをさす江戸時代の言葉「八つ」である。

 江戸時代は一日二食が普通で、小腹がすく“八つ刻(やつどき)”に間食をするようになったのがきっかけらしい。ともあれ、お八つには楽しい時間のメモリーがたんとある。だからこそ惹き付けられるのではないか。

 でも、お八つなのか朝食なのか昼食なのか、よくわからない時間帯に立ち食い・歩き食いをしている人が増えた。JRや地下鉄の構内だけじゃなく、歩きながらもいますよね。サンフランシスコで観光客がクラムチャウダ ーを食べるわけじゃない。立ち喰い歩きの彼らには、“お八つ”のワクワク感のメモリーが無いのだろう。寂しいなあ。今日は以上です。

|

« インテリジェント・ホワイトボード | トップページ | SAKURAの春【14】お客さんはドコォ? 3/5 »

コメント

えええ!現地ってパリスですか?
そりゃお土産期待birthdayしてます!
ぜひパリの次はアキバにおいでください。
落差激しいけれど(笑)。

投稿: 郷/marketing-姿勢ワル | 2008年11月26日 (水) 00時29分

Pierre Hermé というお菓子屋さん(やそのSweets)がブランドとして独り立ちしていますよね...。といいつつ私の携帯にも Macaron Ispahan がぶら下がっておりますが。
実は、実物を現地でチェックしに(&他のSweetsも探訪しますが)行ってきますairplane のでお伺いするのはちょっと先になりそうです。またご連絡します!

投稿: annie | 2008年11月25日 (火) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/25623079

この記事へのトラックバック一覧です: Pierre Hermeとお八つのメモリー:

« インテリジェント・ホワイトボード | トップページ | SAKURAの春【14】お客さんはドコォ? 3/5 »