« 飼い猫の殺人プロット | トップページ | 高性能プロジェクタ・スクリーンでDVD鑑賞! »

2008年11月15日 (土)

フォトフレームの活用策ひとつ

 先日utteの近くの郵便局に行ったら、すでに年賀状が売り出されていた。11月ですから。ところが・・・わたしは苦手です、年賀状。

 「ごぶさたしている人に出すからいいことですよ〜」と言う人あり。それははわかる。でもごぶさたしているからこそ“ひとこと”が書けない。0コンマ8秒ほどの後ろめたさを押し殺して「本年もよろしくお願いします」などとマインドレスなことを書いてしまふのだ。それが精神衛生上わるい。

 と思ったところに、年賀状の未来形をみつけた。

【hmm…なアドバイス251.フォトフレームの活用策ひとつ】
Aequitas Technologies has released the iGala Wireless Digital
Picture Frame, which features an 8″ 800×600 touchscreen
display, 1GB of internal memory, Wi-Fi and connections with
Gmail, Microsoft Windows Live FrameIt and Flickr.
 引用元

Igaladigitalpictureframe

Aequitas Technologiesは iGala ワイヤレスフォトフレームを発売した。8インチのタッチ機能付きのスクリーン、1GBメモリー、無線インターネット接続でGmailとWindowsのLive FrameItサービス、そして写真共有サイトFlickrにアクセスできる

 08年11月から米国のAequitas Technologiesで販売開始されてデジタル・フォトフレーム。8インチの液晶というと昨今のミニ・ネットワークPCのサイズを思い浮かべればいい。800×600とはSVGAクラスの解像度。ネット接続をできるフォトフレームはいくつかあるが、このフレームはタッチスクリーンから入力できるところが新しい。

Main_menu Keyboard

【スペックですが、ちょっと情報不足でして】
 この製品が何ができるのかもう一度確認しよう。

Networking     WiFi
Speakers     Yes
Display Size     8 inches
Resolution     800x600 
Aspect Ratio     4:3
Memory/Storage:Flash Memory Cards Supported SD, USB
Integrated Flash Memory     1GB

引用元 こちら 

 内蔵メモリーは1GBに過ぎないがSDスロットもUSBもある。16GBのSDは今や3,000円未満(これ安すぎるなあ)だからこれで十分。音楽はどうやって取り込むのかわからないし、電池なのかAC電源なのかもわからない。商品案内が不親切です。
Igalaback

 Microsoft Windows Live FrameItは、08年7月より英語版でサービスが開始されているデジタルフォトサービス。自分の撮影したフォトだけでなく、RSSで気になるフォトを取り込んで、自分だけのアルバムづくりができるという。ただそれだけでなく交通機関情報や天気予報もグラフィカルかつリアルタイム表示をするらしい。Flickrはご存知の通りネット上の写真アルバムだ。

 ちなみにわたしもcherryさんもPiccasaを使う。cherryさんは撮った写真をPiccasaにアップすると、PCを含めて一切画像を手元に持たないそうだ。わたしはローカルのMacにもダブル保存する。そこが片付け上手とヘタを分けそうだ。

 価格はオンライン販売で$239.95。円高だから2万6,000円も出せば日本からでも買えそう。ただし日本語版があるか不明。 

【デジタルフォトフレーム=つなぎ商品?】
 デジタルフォトフレームは一家に一台普及するハズと考えて、各社が開発・発売するガジェットだ。カメラがデジタル化して、アルバムがいつまでも紙であるわけがないし、家で場所とるから絶対そうなるよね。ところが今ひとつ普及しない

 それはなぜか?わたしのように、ほとんどの人類が写真整理下手だからだ。アナログでもデジタルでも、下手はヘタで変わらないようなのだ。実に哀しい。

 だから便利機能やかんたんを競うことになるわけです。うがった見方をすれば、高齢世代(フォトフレームは老人ホームに需要がある)や下手世代が消滅して、PCでスイスイやるcherryさん世代までの“つなぎ商品”なのかもしれない。

【hmm…なアドバイス】
 でもそこでひとつ提案。プリントごっこも廃れつつある今、いっそのこと“フォトフレームから年賀状”ってどうだろうか? 

 「今年もよろしくお願いします」という空虚な文句より、“セルフポートレイト”や自分の撮影したおもしろ写真を10枚でも20枚でも、まとめて送れますよね。メッセージも書きやすいし、受け取る方もフォトフレームで流せばいいので楽しめます。いかがでしょうか?今日は以上です。

|

« 飼い猫の殺人プロット | トップページ | 高性能プロジェクタ・スクリーンでDVD鑑賞! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/25360406

この記事へのトラックバック一覧です: フォトフレームの活用策ひとつ:

» 英語のレベル上げって [英語の仕事情報]
英語のスキルは聞く、話す、読むですがもっとも大事な能力は何でしょうか。 [続きを読む]

受信: 2008年11月15日 (土) 21時36分

« 飼い猫の殺人プロット | トップページ | 高性能プロジェクタ・スクリーンでDVD鑑賞! »