« Write or Die いや Read or Die ? | トップページ | キングジムの“風呂敷ホワイトボード” »

2008年11月30日 (日)

千代田区のランナーズ銭湯からのヒント

 子どもの時分、銭湯に行っていたことがある。住んでいたのは都会の下町だから、ほとんどの家にはすでにお風呂があった。ところが我が古家にはそれがなく、家を建て替えるまで、何年か銭湯通いだった。銭湯にゆくのは面倒ではあったけれど、風呂上がりに“パンピーオレンジ”なぞを飲み干して、でっかい扇風機の前に立つ。さっぱりと子どもオヤジをしていました。

01_2    9  
 すまん、今450円らしい。  オヤジしか知らないパンピーオレンジ

 同級生の家が経営するその銭湯、まあまあ繁盛していたが、やがて客足も途絶えほどなく閉店し、マンションになった。それか20年くらい、減ったとはいえ都内に公衆浴場はまだ900軒もある。今どき大人は450円。回数券で4200円/10回に割引。スイカやPASMOでは払えませんか?

【hmm…なアドバイス261.千代田区のランナーズ銭湯からのヒント】
 さて銭湯からいきなり場面は皇居です。平日の夕刻から夜間、そして土日になると、ええ!こんなにたくさんの人が!と絶句するほど多くのランナーが走る皇居外周。走るアホウに観るアホウ(笑)じゃありませんが、一度見に行って、ぜひ走ってみてください。実に混んでいます。

Smalljourneypict6457_re40003b59  
 引用元 チャレンジ皇居マラソン 2008 

 公式コースは別にして、たいていは皇居をひたすら一周(ないし何周か)するわけです。とくに平日のランナーは都心三区で働く会社員がメイン。昼間はスーツ、夜はジョギングウェア、どこで着替えて、どこで汗を洗い流すのか。そこで銭湯の話しにバトンを渡します。

【千代田区のランナーズ銭湯】
 経営落日一方かと思われる銭湯、実は活況を呈しているところもある。それは皇居をめぐるマラソンランナー御用達の銭湯3軒。

Kokyo  2  
          右図の引用元。左と合わせるために時計反対回りをしました。     

 このルートに近接する3軒の銭湯、数年前から「ロッカーサービス」を始めた。つまりスーツ姿で訪れる会社員が、ロッカーを貸りて着替える。彼ら彼女らはそこでジョギングウェアになって、皇居へ一目散。銭湯に帰ってひと風呂浴びて、一本飲んで帰るわけです。いいねえ。なお、右図のサイトには、銭湯だけでなく、トイレなども掲載されていて便利。

 それぞれの詳細は銭湯愛好会東京支部からの情報をご参照。さすがに愛好者だけあって(ランナーではなさそうですが)微に入り細に入り、詳しい記述が湯気だっています。

Bandyusyu002 Bandyusyu004
バン・ドゥーシュ(東京都千代田区麹町1-5-4)

Inariyu002 Inariyu003
稲荷湯(いなりゆ)(東京都千代田区内神田1-7-3)

Umenoyu001 Umenoyu002
梅の湯(東京都千代田区神田神保町2-8-2)

 いろんなランナーのブログを読むと「行列ができている」「相当混み合っている」そうですから、なるべく会社の仕事はフライングして、銭湯に直行直帰しましょう!

 前の会社の同僚の美女Raina & Yukaのお二人、皇居ランナーでもある。はたしてこの銭湯知っているのだろうか?こぎれいなオフィスビルのトイレで着替えるのもナニなので(そうされているかどうか知りませんよ!)、たまにはひと風呂浴びて帰ってください。基本的に450円です。

【ランスタもあります】
 さて、マラソンブームで銭湯経営が助かった3軒だけでなく、銀座のアシックスも会員施設を持つし、神保町には『ランナーズステーション』もある。ロッカーと更衣室、シャワー室を揃える会員施設。ロッカー会員で3,600円/7,000円。いずれも週1回利用権だから、銭湯よりは高いが荷物はいつも置ける。

 Chokan 
 ここはマンション1Fだけでの経営。都心でも、立地が奥まっていて一定の広さがあるなら、オフィスビルでもこんな改造・管理商売もいいと思う。

【hmm…なアドバイス】
 お手軽フィットネスで先行したのは、1回30分のエクササイズで、更衣室もシャワー室もないカーブスだ。すでに全国に700店もある。女性だけ、続けるために毎日やろうという単純なコンセプトがうけた。少しだけ汗を流して帰宅する施設カーブスは、ちょっとジョギングをするのと似ている。

 シャワーを浴びるか浴びないか。わたしなら銭湯入ってパンピーオレンジを飲んだあと、通勤電車に揺られたくないな。でも、さっぱりはしたい。シャワーまで浴びなくても、熱いタオルで身体を拭うくらいでもいい。

 カーブスと銭湯のまん中に、フィットネス支援サービスの空白地帯がありそうだ。参考になるのはアキバの区営有料トイレ『オアシス@akiba』。あの1回100円のトイレである。利用の仕方は“メイド”や“ゴスロリ”に変身がメインと言われる。

 “昼 会社員、夜 ランナー”も同じでしょ。1回300〜400円くらいで、着替えとロッカーと熱いタオルと大きめの洗面台。それだけの施設ならどうだろうか?運営は無人じゃまずいので、カフェやビアバーと併設すれば(飲み食い付きで)一石二鳥かしら。今日は以上です。

|

« Write or Die いや Read or Die ? | トップページ | キングジムの“風呂敷ホワイトボード” »

コメント

Yukaさん、コメントありがとう!
戦闘派、いや銭湯派ですか。走りはきっぱり、
流してさっぱり。いいですよね~。
銭湯、たまにはいいですね。
そうそ。
マラソン大会、結果はいかがでしたか?

投稿: 郷/marketing-runner | 2008年12月 1日 (月) 18時39分

ご無沙汰です^-^

なんちゃって皇居ランナー、
もちろんどれも知ってますよ♪♪

バン・ドゥーシュ/稲荷湯/ランステ
と、ついでに日比谷シャンテ裏にある
アートスポーツのロッカー&シャワーは
体験済みですv

ちなみに私はシャワーより銭湯派。
湯上りの牛乳はいちご味。

投稿: YUKA | 2008年12月 1日 (月) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/25788150

この記事へのトラックバック一覧です: 千代田区のランナーズ銭湯からのヒント:

« Write or Die いや Read or Die ? | トップページ | キングジムの“風呂敷ホワイトボード” »