« Reebok フリースタイルの教訓 | トップページ | オケージョン・マーケティング »

2008年12月 8日 (月)

アンプランプで“多機能化”を考える。

 いつかこんな生活をしてみたい、というわたしの願望のひとつ。好きな音楽にまどろみながら、無心に眠りに落ちる。たいした夢じゃないじゃないけれど、今そんな睡眠環境じゃないし、毎日家に帰ってもあれ(仕事)やったり、これ(ブログ)やったり、へとへとになって寝るか、何か考えて眠れないか、たいていその2つのどちらかなのだ。さもしい。

 だからこういう商品に惹かれるのだろうか?

【hmm…なアドバイス267.アンプランプで“多機能化”を考える。】
The amplamp is a beautifully designed conundrum: is it a lamp that
delivers perfect, room-filling stereo sound? Or is it a patented amplifier
and speaker combination concealed in a stylish and versatile lamp?

引用元 amplamp HP 

La1

(拙訳) amplamp(アンプランプ)は美しい謎の集まりだ。どんな部屋にも
完璧なステレオ・サウンドを満たすのに・・・ランプなの? それともスタイ
リッシュで多機能なランプに隠されたアンプとスピーカーのコンビネー
ションの・・・家具なの?

 英国futuros社から限定発売されている“amplamp”。かんたんに言えば、テーブルランプのかたちをしたアンプとスピーカーシステム。これにインプットできるのは、iPodなどデジタルプレーヤーだけでなく、デジタルのステレオシステム、アナログ(レコード)プレーヤーや(アナログ)カセットデッキもできそうだ。接続可能システムの詳細は当社に問い合わせてもらいたい。

La2

【生活シーンがほっとするamplamp】
 使用シーンを描いてみよう。あなたは帰宅する。今日も終わった。ほっとする。

 ライトを点ける。部屋が明るくなる。首から下げていたiPodをテーブルに置き、イヤホンコードを外し、ライトでありサウンドであるamplampとつなぐ。クリックホイールで曲のアタマを決める。お気に入りのサウンドがいい。いや、今日の気持ちをあげたり、さましたりするサウンドでもいい。灯りからのサウンドが広がる。部屋全体が光と音で満たされる。そんな体験は今までなかった。

5   4 2_2

 ライト・スタンドに高級オーディオを搭載した“amplamp”。音楽とランプの組み合わせ、そして“生活動線”を考えたこの商品、受注生産ぽい250個の限定生産、価格は£1,350(約18万円)である。

【多機能家電とは何?】
 amplampは“多機能家電”だろうか?アンプとスピーカーに照明を合体した合理性あり。多機能ではあるが背面にジャックがあるだけで、iPodを挿しこむドックも見えない。一方で低音・高音ともに高級オーディオのスペックをたたきだす構造的に凝ったデザインがある。多機能・お得路線じゃない。

 ではamplampは“趣味性の強いインテリア商品”だろうか? う〜ん。そう言い切るにはかなりアグリーなデザインだ。ステレオシステムが付属する高級インテリア品なんて見たことがないしね。

 多機能家電とは一線を画す価値をもたらす組み合わせ、デザインだけのインテリア商品とは異なる機能。amplampの照明と音響システムの合体は、それぞれのメインの商品機能を揺らすものだ。

【hmm…なアドバイス】
 amplampはオーディオのある部屋、生活家電のくらしのシーンを変える2つの要素がある。

 ひとつは“生活の中でオーディオが消え去る衝撃”。もはやオーディオは“PCとamplap(アンプとスピーカー)だけでいい。照明ランプとだけでなく、たとえばIHシステムや冷蔵庫など調理家電と一緒になってもいいし、クロゼットやハンガーと合体してもいい。オーディオというブツがなくりつつある

 もうひとつ、成功する多機能商品とは“生活動線上にある”。帰宅してランプを付けて音楽をかけるのは自然だ。音楽を消してランプを消すのも自然だ。写真を撮ってそれを誰かに見せたいしね(カメラ付き携帯)。だが腕時計に向かって喋るのは不自然である。

 オーディオの価値を変え、生活動線にのっかるamplampはイイ線をついている。今日は以上です。

|

« Reebok フリースタイルの教訓 | トップページ | オケージョン・マーケティング »

コメント

cherryさん、なおってよかったね♪
君が具合悪いとチカラがでんよ。
ココロの光というかひらめきがつかん。
明日もがんばろう。

投稿: 郷/marketing-light | 2008年12月10日 (水) 23時48分

sonyのまわしものじゃないけれど、これは美しいと思います。オブジェみたい。
http://www.sony.jp/products/Consumer/AV-HiFi/sountina/index.html

投稿: Cherry | 2008年12月 9日 (火) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/26034684

この記事へのトラックバック一覧です: アンプランプで“多機能化”を考える。:

« Reebok フリースタイルの教訓 | トップページ | オケージョン・マーケティング »