« 千代田区のランナーズ銭湯からのヒント | トップページ | 空を飛ばすカメラと自由経済 »

2008年12月 1日 (月)

キングジムの“風呂敷ホワイトボード”

セッション・マニアのわたし、セッション運営の話術・資料構成・道具に凝るあまり、“コンサルタントのセッション虎の巻”なるパワポ資料を制作したことがある。その内容は秘伝ゆえ滅多に明かせないが、今や黙々とハードディスクに眠っている。

 そんなわたしゆえ、セッションやミーティング運営を円滑にする機器や道具にとても興味がある。「うん、これだよね!」とローテクながらヒザをビシバシ打ったのが、今日のテーマ商品。

【hmm…なアドバイス262. キングジムの“風呂敷ホワイトボード”】
キングジムが(08年)12月25日に発売する「ミーティングシート」は、
90×60cmもしくは60cm四方で、机の上に広げてマーカーで書き込む風呂敷
タイプのホワイトボードだ。
引用元 ASCII.jp“見つけた ちょっとイイ文具”

4
 引用元 

 キングジムでは『机に広げて、みんなで書き込む“新しいミーティングスタイル”』という。これは“テーブルに広げるホワイトボード”である。会議室やミーティングルームが一杯で困った。ホワイトボードを使えない会議室/会議スペースしかない。どうしようか。仕方ないからスタバでやるか・・・。

 そんなときにパーフェクトな会議グッズがこれ。ミーティングシートはよくある磁石タイプではなく、“ミクロの吸着層”が裏面にほどこされ、それがテーブル表面をしっかりグリップする。オモテ面にあれこれの絵や文字や決定事項をマーカーで書く“会議の風呂敷”である。

2
【ミーティングシートの威力】 
 思い起こせばcherryさんとわたし、空き時間を見つけてはタリーズの丸テーブルの上で、「こんなアイデアどうだろうか?」と紙片やノートに書きあっていた。その紙片から、疑問符やヒザ打ちや腕組みに満ちた企画が生まれました。

 そんな自腹のスタバタリーズillyでのミーティングを数限りなくしました。わたしたちコンサルだけでなく、みんなやってますよね。不況風にめげずがんばっている日本の会社員たちのどこでも会議、経営者の方々、わかってくださいね。そのミーティング・ココロをしかと受けとめた商品化が『ミーティングシート』。価格は6,825円(60cm四方タイプ)もしくは7,875円(90×60cmタイプ)。

ビジネスメディア誠の吉岡編集長ご愛用のキングジムの『ポメラ』、その“きっぱり”な機能にもぐっときました。このローテクのシートの発想もポメラと似ていますよね。

【カフェ会議に関連して、ふたつのアイデア】
 自伝的アイデアふたつ。まず『ミーティング・ナプキン』。手元に書く紙がないとき、お店の“紙ナプキン”を使ってアイデアを書き留めます。誰しもありますよね。それなら!と、ミーティングで記入できるナプキンを開発してはどぉ? 『SAKURAの春』のコバヤシは“KOTO”と紙ナプキンに書き、“顧客ニーズ・マトリックス”をペーパーエプロンに書いたのです。

081008_061502 Beamer_finale_3m

 銀座ルノワールなど会議室としてもカフェを使ってもらいたい喫茶室、安くなったミニ・プロジェクタをぜひ導入したらどうでしょう。“プロジェクタ・カフェ”って差別化でしょう? 手のひらプロジェクタを壁に写して商談もできるので。地方都市の喫茶店にもいいかも。

【hmm…なアドバイス】
 人生を決めるクリエイティビティは、かしこまった場から生まれない。歌を例にとってもそうだ。名曲の作詩も作曲はどこから生まれるか。日常生活で聴こえる音、人の動き、練習のジャムセッション、そしてカフェの片隅からふと生まれる

 それと同じく、仕事での最良の意思決定も、個々人の人生のGO/STOPも、かしこまった会議やお説教から生まれることはない。信頼する誰かとの何気ない雑談から生まれて、そこから広がる/広げるものだ。雑談や雑記こそクリエイティビティの根源である。

 仕事と人生の機微を、カフェというカジュアルな場で可視化する『ミーティングシート』。そのコンセプト構築力に脱帽しました。ポメラと合わせて『“08年“うふふ”マーケティング大賞』を授与したい。辞退されたらどうしよう(笑)。今日は以上です。

追記。owlさんから教えていただいた“napkin notebook”。これ欲しいです(笑)。
10 made in napkin.

|

« 千代田区のランナーズ銭湯からのヒント | トップページ | 空を飛ばすカメラと自由経済 »

コメント

owlさま、コメントありがとうございました!
そうです、良いアイデアは気のあう人との雑談から生まれます。いや、ビジネスアイデアは、実はそこからしか生まれないような気がしますね。
しかしnapkin notebook(笑)。おもしろい!知りませんでした。ブログに追記しました。
ありがとうございました。

投稿: 郷/marketing-napkin | 2008年12月 2日 (火) 09時53分

はじめまして。いつも興味深く読ませていただいています。

ご存知かもしれませんが、アメリカではこんなものも商品化されています。
http://www.napkinnotebook.com/
現在MoMAでの限定販売と書いてあるんですが、リンク切れなんですよね。品切れ中なのかもしれませんが。

良いアイディアは「信頼する誰かとの何気ない雑談から生まれ」る、というのは世界共通ですね。
プロジェクタカフェ、半個室カフェというのもいいかもです!

投稿: owl | 2008年12月 2日 (火) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/25821509

この記事へのトラックバック一覧です: キングジムの“風呂敷ホワイトボード”:

« 千代田区のランナーズ銭湯からのヒント | トップページ | 空を飛ばすカメラと自由経済 »