« 道路発電を不況対策のひとつに。 | トップページ | 男の薔薇マーケティング »

2008年12月18日 (木)

地球を休ませる灯り

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリード

地球を休ませる灯り——それは風力で光るファイアーウィンダー
以前、記事で紹介した風の力で発電して点灯する「ファイアーウィンダー」。
遂に発売されたということで、筆者も手に入れて、実際に使ってみた。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0812/18/news008.html

Pict0195 自宅で。

Thanks for the new lighting experience of the Firewinder.
This is the only Firewinder in Japan as of today. Finally launched in November 2008,  I ordered one for lighting experience of new dimension.  This beautiful ligting is really intrigueing. This profound lighting is so calm and magnetic.
This could be a phenominal invention, but could be an innovative flop. We are not quite sure.  Then we can just experience it.

 英文で始めたのは、わたしから英国のFirewinderの開発者たちへのメッセージです。

 ということで買ったわけですが、ポンド安/円高の恩恵をこうむりました。これはありがたいですが、日本や世界の産業にはありがたくない現象です。こんなに安くていいはずがない、とも思いました。

 さて到着したパッケージを開けるのはワクワク・ドキドキでした。“あの回る光”が手元にようやく来た!と思ったからです。Tom Lawtonという発明家の作品を手にできる喜びといえます。創りに心がこもったものは、アートも文具も雑貨もグッズも家庭用品も業務用品も部品も関係なく、触ればわかるでしょという想いが伝わってくる。これにもそれがあってよかった。

Firewinder04 プロトタイプ。

【変人トムの気持ち、わかるよ】
 ただフツーの日本人には絶対にウケない。これを見せても「だからどうなの?」という感応の人が多いはずだ。そう思うのもムリはない。実用性がないライトに多くの人が2万円も出さない。効率性や合理性なしで室内ライトでムードを作りもしない。わたしのような酔狂しか出さないよ。わかってるよ。

 結局、風まかせで外で勝手に光るライトにどういう価値があるのか?

 せんじつめれば、灯りの価値観転換商品である。ちょうどあの掃除機のDyson社が当初は“気違い”と言われたように、Tom Lawtonも“こんな無価値なモノを”と言われている。ダイソンが掃除機の価値観を変えたように、トムが照明の価値観を変えられるか?そこがポイントだと思う。前に書いたが、Dyson社とFirewinder社は同町だ。だからどうしたですがね。

 でもそんな変わり者たちを受け入れる町に、いつか行ってみたい。なぜって“変人”と言われるわたしだって、きっとほっと一息つけるからだ。偉大な発明家には“バカにされてもやりとげる”意思力がある。時にめげてしまうわたし、変人で居続ける意思力が欲しい。

【風力発電にはタテが似合う】
The Windspire vertical wind turbine design might be just what we're
looking for. Mariah Power says this 1.2KW $5000 turbine, now on sale
for the first time, is quiet, and it doesn't look too bad, either — it may
be attractive enough to get by even the finickiest homeowners'
association
. 引用元

Windspirehome20081130600 右のポールに注目。

 「垂直風力タービン“Windspire”こそ待ち望んでいたものかもしれない。開発元のMariah Powerが発売開始した5,000ドルで1.2kwの風力発電装置は、静かで見た目も悪くない。住宅所有者協会の機嫌もそこなわないだろう

 タテ型のタービンというのがミソである。いわゆる風力発電の羽根型のタービンブレードよりも効率的に発電するというのが開発元のMariah Power 社の主張。あの発電、たしかに回ってないない光景を観ることもある。

 奇遇だが、ファイアーウィンダーもタテ、Windspireもタテ回りなのである。

【hmm…なアドバイス】
 さてコイツ、ファイアーウィンダーは風がないと回らない。ちょうど今日(18日)は風が出てきて恨めしいですが、先週はずっと風がなくてイライラしました(笑)。

 せっかちはいかん。お前、せっかちで、クリエイティブなくしとらんか?
 分かってもらえんから、普通になれというプレッシャーに負けとらんか?

 そう語りかけるのがFirewinder。せっかちなわたしを冷やし、スピリチャルにしてくれる。ファイアーウィンダー実機の見学を受け付けています。場所は秋葉原です。今日は以上です。

|

« 道路発電を不況対策のひとつに。 | トップページ | 男の薔薇マーケティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/26295348

この記事へのトラックバック一覧です: 地球を休ませる灯り:

» ★ ★ ★  登 録 者 殺 到 !★ ★ ★ [早い者順の完全自動構築!!]
これまで紹介者を出せず、出費だけで終わってしまった方!まだまだ、諦めるの は早ーいっ!! 早い者順の完全自動構築!! 前代未聞の高還元率で夢を実現へ !!あなたは、このチャンスに気付くことが出来ますか? [続きを読む]

受信: 2008年12月19日 (金) 16時54分

« 道路発電を不況対策のひとつに。 | トップページ | 男の薔薇マーケティング »