« 姫路麗のスワン・ボウリング | トップページ | 英語教育の要諦「間違えることが上達のコツだよ」 »

2008年12月22日 (月)

“フォト”や“写真”をとっぱらったデジタルフレームとポラロイド

 今日の午後はcherryさんと作品撮影大会でした。照明替えたり三脚使ったり、フォーカス合わせに凝ったり、だんだんとutteのサイトでのクリエイター作品紹介、本格的になってきました(今日はおすすめがたくさん!)。撮影の腕前については彼女に一歩先んじられていますので、この年末年始にぐっと腕前を上げる戦略を練っています。

 そこで今日は、“写真”と“フォト”の話題を。デジタル“フォト”フレームの普及前夜を迎えて、まず王道の商品開発から。

【hmm・・・なアドバイス278.“フォト”や“写真”をとっぱらったデジタルフレームとポラロイド】
「framee-L」は800×480ドットの高解像度7インチワイド液晶を搭載し、
内蔵メモリは大容量の1GB。動画や音楽の再生にも対応、時計やカレンダー
の表示も可能です。また、ウッドタイプとアクリルタイプの2種類の
フレームが同梱されているので、気分やインテリアにあわせて着せ替えて
楽しむことが出来ます。
引用元 

121208iriver_frameelかなり違う雰囲気。

 株式会社iriver japanが08年12月20日より発売したデジタルフォトフレームの新シリーズ「framee(フレーミー)」の第一弾。その機能はいたれり尽くせり。動画にも対応する800×480ドットの高解像度7インチワイド液晶を搭載。この画面サイズは初期のネットPCとどっこいどっこい。内部搭載メモリーも1GB。さまざまなメモリーカードに対応するだけでなく、最新のMPEGフォーマットにも対応。音楽再生やカレンダー機能など盛りだくさんで、デザイン的にも2つのフレームを揃えるところがニクい。

 iriverに限らず、台湾のトランセンドなども盛りだくさんの機能を搭載。しかも価格は1万円〜1万5,000円までのレンジに過ぎない。デジタルフォトフレームの主戦場は“フォト+αの機能”を満載して、あとは価格勝負。すでに薄型TVに似た、コモディティ商品競争の匂いがプンプンする。一方で、ひと味違うデジタル“カメラ“フレームもある。

【TRENDnetはセキュリティ・フレーム】
 米国のTRENDnetのフォトフレームは、家族の団らんを飛び越した機能を搭載した。それは世界初の“24時間監視カメラとそのモニター機能”だ。7インチのフォトフレームとワイヤレス・ネットワークを結びつけ、最大4台までのカメラ撮影動画を映すことができる。それ以外の機能は基本的にフツーのフォトフレームと同じ。価格はちょい高めの262.99ドル(同社直販価格)。

21

 デジタルフレームのメインユーザーはPCを立ち上げにくい高齢者と言われる。だからPCレス、リモコンなど“家電”演出するデザインが多い。だが高齢者にとってセキュリティは一大関心事だ。その組み合わせからの発想だと思う。家の回りも監視できるフォトアルバム、ヒザ打ちである。

 デジタル“フォト”フレーム=電子アルバムと考えてしまうと思考停止。それは玄関インターフォンにもテレビ電話にもなれば、レシピ表示や雑誌読み上げマシンにもなりうる。もうひとつ好例がある。08年11月20日に発売したポラロイド社の『Polaroid PoGo』は、デジタル時代のポラロイドだ。

【Polaroid PoGoはモバイルプリンター】
 携帯カメラで撮影した画像をPoGoへBluetoothで送信、あるいはデジカメとUSB接続して転送し、その場で“デジタル・ボラロイド”ができる。名刺を一回り小さくした(約49.8 × 76.2mm)専用のZINKペーパーにアウトプットができる。

Image_top_01

 活用できるのはどんなシーンなのだろうか。飲食店のメニューにナマ写真を貼って臨場感(台紙には糊がついている)、ヘアサロンで出来上がりを一枚撮ってお客さまに差し上げる(あとでヘアスタイルを整える)。使い道はいろいろあるだろう。でも、そもそもこれは“ポラロイド写真”なのだろうか?

 Image_pogo_top_4 23

【hmm…なアドバイス】
 先日、米国のポラロイド社は2度目の経営破綻をした。要因はいろいろだが、デジタル化の波に抗しきれなかったというのはひとつ。

ポラロイド写真=インスタント写真」という発明がいつしか・・・

ポラロイド=インスタント写真=撮影後確認=それならデジカメでしょ
 という図式でポジションを失った。

 ところが起死回生のPogoでは、ポラロイドは自社ブランドから“写真”を取っ払った

ポラロイド=モバイルフォト・プリンター=Pogo

 市場の大きな変化やコモディティ化に打ち勝つには、自社そのものや、自社商品の存在理由となっている単語さえ取っ払う必要がある。2つの事例では同「フォト」と「写真」、デジタル“フォト”フレームからデジタルフレームへ、ポラロイド写真からポラロイドへ。市場の変化は、自社の看板単語さえ剥がせるかどうか、突きつける。今日は以上です。

 Pict0035
 cherryさんの誕生日の一枚。フェルトネックレスとデジカメの三脚。

|

« 姫路麗のスワン・ボウリング | トップページ | 英語教育の要諦「間違えることが上達のコツだよ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/26412273

この記事へのトラックバック一覧です: “フォト”や“写真”をとっぱらったデジタルフレームとポラロイド:

» 【鉄道】東海道新幹線のネット接続サービス、来年3月開始:HOTSPOT、Mzone、BBモバイルポイント、UQ Wi-Fiが対応 [08/12/18] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1229620347/ [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 04時07分

» 【着せ替えフレーム付き】7型液晶デジタルフォトフレーム「framee-L」 [ぱふぅ家のサイバー小物]
TPOに合わせてフレームを着せ替えできる。 [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月) 19時50分

« 姫路麗のスワン・ボウリング | トップページ | 英語教育の要諦「間違えることが上達のコツだよ」 »