« SAKURAの春【15】お客さんはドコォ? 4/5 | トップページ | スコセッシとストーンズからのギフト »

2008年12月 4日 (木)

郷ワールドという世界から

2

ビジネスパーソンを救う、4つのストレス解消法
あなたのストレス解消法は何ですか? ストレスに悩まされる
ビジネスパーソンは多いが、それぞれが持っているストレス解消法を
4つに分類し、分析してみた。
 つづきはこちら。

      **********************

“うふふ”マーケティング、今週はちょっと肩のチカラを抜いてみました。自分がストレスでいっぱい、というわけではありません。でも新聞から世の中を見ると、イライラ・モヤモヤしている人が、たくさんいるなあと思います。

 サツバツとした殺人事件、テロ事件はいうまでもなく、環境激変ゆえの企業の赤字発表も相次ぎ、倒産も増えています。モヤモヤしてハレンチをおかす人びと、スジを通そうとして糾弾される人びと。何やらイライラがつのっている。マスメディアがストレスを創っていないか?そんなことも思って、あおっちゃあいかんよ、ストレスをちょっとでも緩和しようよ、と思って書いた一編です。

 もうひとつ思っていることがあります。それは“郷ワールドをどうするか”です。

      **********************

 郷ワールドとは何か?そんな世界があるとは自分では思わないのですが、なにやら独特な世界らしいです。そう言われればそうかなあと、思いもあたりますけれど。よく言えば個性的、悪くいえば自己中心、ということでしょうか。よくわからん、ということもありそうです。たしかにそれらしい事例もあります。

6

 画像は新事業utteの商品検索です。このバナーの上部の3つのアイコン、一般的な検索です。「作品からさがす」「素材からさがす」「クリエイターをさがす」。これらのアイコンをクリックすると、何が出てくるかわかりやすいですよね。

 ところがその下にある“世界観からさがす”は、「なんだこれ?」と。ちょっとヒネってつくった検索です。これがいわば郷ワールドでしょうか。

 普通の検索のロジックを捨てて、感性を重視する検索をと思いました。感性ならワンワードだよなと。そこで、熱(ホット)・冷(クール)・心(温まる)・愛(抱きしめたい)・技(さすがだ)・香(ほぉ〜っ)・鱗(なんとまぁ)などというワンワードをチョイス。そのキーのボックスにチェックを入れると、相当する商品が探索できるというものです。

 なぜそんな検索キーをつくったか。たいていの検索って“モノ買い”からの検索ですよね。モノもいいけれど、ココロにも響かせたい。合理ではなく感性で買ってほしい。そこで“ココロ買いの検索”ってなんだろう?と考えました。それが漢字の一文字の“世界観からさがす”という独特の検索になりました。これが“郷ワールド”っていわれるのでしょうか。

【郷ワールド行きか、途中下車か】

 「わかりにくいよ!独特ではいりにくい!」

 どうやらそんな声も聴こえてきます。まだ、この検索からヒットする作品が少ないので、ますます独特さを演出してしているかもしれません。増えればもっと機能するはずです。一般的じゃないかもしれませんが、買い手/閲覧者がクリエイティブなくらしに想いがあれば、こんな仕掛けにも「うふふ」としてもらえるはずだと思います。

 さてこの検索キーはいわば“遊び”なのですが、書きもの/エッセイでも、郷ワールドが強すぎないか?それがわたしの最近の問題意識でもあります。

 「わかってもらえるはず」と読み手におもねるところが、最近強すぎていないか。わかってくれなきゃそれでもいいよ!なんて啖呵をきれるほどエラくないし、そんなことは思いません。結局、切口が斬新で、読者の読後感が上向きなればいいのです。“郷ワールド”であろうとなかろうといい。甘えちゃいけないし、おもねるのもいけない。

 “郷ワールド行きの電車”の理想形。エッセイストとして、生活の機微やココロの重心変化に耳をすまして、お客さまフィルター眼を通して本質を考えます。読者に郷ワールド行きの電車に乗ってもらうとき、切符売り場で“原点行き”の切符を買ってもらう。電車に揺られつつ、いっしょに原点や本質をしばし考えてもらう。定刻どおりに到着しないときもあるし、レールから外れるときもあるけれど、最終的にはちゃんと着きます(たぶん_笑)。

【アドバイスはなし】
 つまらない話しはおわり。郷ワールドの一端は“Shine A Light”にもあり。30数年来の石フェチとしては、晩年のライブ傑作になんとしても参集せざるをえない。明日は公開初日です。

T0006281

 石についてはしっかり郷ワールド的な感想を書きます。今日は以上です。

|

« SAKURAの春【15】お客さんはドコォ? 4/5 | トップページ | スコセッシとストーンズからのギフト »

コメント

Thank you Cherry!
ストレスをぶっとばしてきたよ。
独自とポピュラーについても、なんとなく
整理もできた。ローリングされるといいのが
わかったぜ。希望も見えてきたし、
“keep on utteling”しようね。

投稿: 郷/marketing-jagger | 2008年12月 5日 (金) 23時57分

うちには三角コーナーはないし、ブイヨンはグツグツしちゃだめです(ブイヨンは煮立たせてはいけないのですよ。香りと色の問題で。)。ま、いいですけれど。

ミシンにしろ、CDショップぶらぶらにしろ、料理にしろ、”無心になれること”というのがポイントなのかもしれませんね。

おそらく、うちの長猫のストレス解消はボール遊びです。私がいると、ボールをくわえてきて、ぽとんと落とします。でも、最近お年頃で、ひとりになりたいみたいです。

投稿: Cherry | 2008年12月 5日 (金) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/25908212

この記事へのトラックバック一覧です: 郷ワールドという世界から:

« SAKURAの春【15】お客さんはドコォ? 4/5 | トップページ | スコセッシとストーンズからのギフト »