« それでも“続刊”を待ち続けよう! | トップページ | 水力ハイブリッドがトラックを救う? »

2008年12月29日 (月)

都バスを見直しませんか。

 不況のあおりでタクシーも乗車率が減っている。これまでタクシーを使っていたところを地下鉄やバスや自転車(個人的にお奨め)にしているのだろう。不況だとタクシー運転手が増え、一方乗車率が落ちるというデフレ法則にハマりつつある。

 それならいっそバスを見直してみたらどうだろうか? 都バスは都内を隅々まで回って走っている。都会をぐる〜りとするバスの旅だってあります。都会と都バスのことを、ロンドンと東京で考えてみたのが今日のテーマです。

【hmm・・・なアドバイス284.都バスを見直しませんか。】
based on the iconic routemaster the 'welcome back' bus would
use hybrid diesel-electric drive-train and regenerative braking
system to keep weight and emissions to a minimum, coupled with
a solar-panel roof for top-up energy. the design has a small
wheelbase for easier manoeuvrability around london's narrow
streets. 
引用元 designboom

Bus1 Bus3 

ロンドンバスのアイコンとも言える、車体正面の行く先案内をデザイン。ディーゼルと電気のハイブリッドエンジン、発電ブレーキ、ソーラーパネルをそなえた'welcome back'バスは、小さいホイールベースで狭いロンドンのストリートにもぴったり。(抄訳)

Bus5

 これはロンドン市が2階建てバスのデザイン公募をしたうちの次点の作品。デザイナーはmiñarro garcía、héctor serrano studio、javier estebanの3者。後ろのデザインがとりわけいい。平行四辺形のガラスは、二階に上がる階段をイメージさせて楽しい。1階の乗降ステップの足元のランプは、乗降者がいる間は緑に終わると赤に変わる。社内もモダンで合理的で隙がない感じです。

Bus6

【わたしはこっちがいい!】
 もうひとつ気になったのは建築家のMatthew Heywood氏のデザインひょうたんなのかバーバママなのか、カタチがユーモラス。しかもね、“utte型”なんです!(すみません、これは内輪にしか通じないコメント)。

Newlondonbusbymatthewheywood

 こんなバスで都心の観光ミニ旅行はいと楽し!乗っているだけでワクワクしそう。デザイン的には、1階のガラスエリアの曲線から2階の広告スペースへ、そこから天井までまる〜く流れる、曲面と曲面をつなぐデザインがユニーク。観光客だけでなく通勤者にもウケるのに、どうしてこれを採用してくれなかったのだろう。

Newlondonbusmatthewheywood05 Newlondonbusmatthewheywood03

 ちなみに採用された第一位作品は、アストンマーチン社の割とノーマルなデザイン。保守的でつまらなかったので画像は挙げません。選考基準まで調べていませんが、きっとロンドンの歴史的な街並に映えつつも、世界のダブルデッカーバスの新しいアイコンとなるデザイン、といったところでしょう。

【都バスもがんばっている】
 我が都バスにもちょっと変わったデザインもあるし、乗りやすそうなのです。都内の名所をめぐる観光路線バス

Spot_02

 東京駅丸の内北口から出発し、三越ー秋葉原ー上野ーかっぱ橋ー浅草ー両国まで下町ぐる〜りの旅、たったの200円。バスは30分間隔で発車しているので、乗り降り自在の1日パス(500円/大人)を買って、このバスをねらって乗り降りもできる。外国語のアナウンスもモニター案内まである。「東京→夢の下町」が路線名。

Spot_03 車内。

 身近な乗り物、バスのデザインは、都市にもそこで働く人にもかなり影響を与える。街の基本色を決め、街のデザイン感度を上げ下げする基準にもなる。そしてそのバスがどんな運行をするのか、街の成熟度を示す。つまり、路線がわかりやすいか、運賃がわかりやすいか、運賃を払いやすいか、時間に正確か、高齢者にやさしいか、etc.です。

【hmm・・・なアドバイス】
 最近、都バスに乗ったのはいつだろう?もう数ヶ月前のことです。バスは経済的でエコだし、PASMOも使えるので便利。しかも通勤にも使える。ちょっと前に経営再建中のJALの西松社長が都バスで出勤する姿をCNNが放映した。社長は「再建中なんだから当たりまえ」と平然とインタビューに応えていた。やりますね。

28  youtubeより 

社長もJALも好感度アップ。麻生さんもそれくらいすりゃいいのに(今さら遅いけど)。年始の1月18日は「都バスの日」。記念のバス共通カードも発行される。エコにもいいバスを見直そう。今日は以上です。

|

« それでも“続刊”を待ち続けよう! | トップページ | 水力ハイブリッドがトラックを救う? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都バスを見直しませんか。:

» JAL のこと [JAL のこと]
JALエクスプレスのJALマーク、機体デザインを詳しくご紹介21世紀の日本を代表するエアラインにふさわしい、グローバルデザイン [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 02時24分

» 太陽光発電ソーラーシステム情報ネットナビ [太陽光発電ソーラーシステム情報ネットナビ]
太陽光発電ソーラーシステム情報のことならお任せください [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 21時05分

« それでも“続刊”を待ち続けよう! | トップページ | 水力ハイブリッドがトラックを救う? »