« ツツヌケSNSもいいけれど。 | トップページ | アニヲタでもK−1狂でもないけれど。 »

2009年1月31日 (土)

色えんぴつのこころ模様

マスキングテープ『mt』のことを“うふふ”マーケティングに書いていて、気になった色が薄縹(うすはなだ)。元々は露草の花弁から搾り取った汁がべースの色だという。

70726f647563742f3830336166633137643 こんな色どす。 

 日本人は自然のなかからこんな微妙な色をつむぎだし、深縹・中縹・浅縹・白縹などの階調を楽しんだ。今日は雨の止まない縹色の世界。でも春に向かって色鉛筆の新製品が続けて発表されました。

【hmm…なアドバイス310.色えんぴつのこころ模様】
『パイロット・ウォーターカラー』は、ホルダー式の水彩色鉛筆です。
ペン本体の尾栓を回転させることで、芯の出し入れや長さの調節が簡単に
できます。芯を削る手間がいらず、削るたびに本体が短くなることも
ありません。
引用元 

0210325_01  0210325_02

 水彩色鉛筆とは、描いたあとに水を含ませた小筆で滲ませることで水彩画表現ができるもの。筆で精密なスケッチをするのは手強いけれど、鉛筆で書く要領で描いたあとに、水彩画タッチにするのなら比較的容易。フツーは色鉛筆なので削ったりの手間があるが、パイロットのホルダー&替芯方式なら、経済的だし削る手間要らずだとか。しかも水溶後は耐水性を発揮するという。

Pilot

 色は基本色24種類。ポストカードに絵を書いて、文を添えて手紙を送る中高年も増えているので春先にぴったりの製品。1本157円、リフィルは84円、水筆ペンは525円。12色セット(2,625円)は水筆ペン付きのパレット。発売は2月10日から。もうひとつはなんと500色。

【FELISSIMO 500の色えんぴつ
フェリシモ 500色の色えんぴつ定期予約コレクション20
500色の色。明るい色から、穏やかな色、鮮やかな色、深い色…。
どんどん広がる色のグラデーションから、好きな色を思いのままに。

2

フェリシモらしい毎月25色ずつ、20ヶ月間お届けするシステム。どんな色がやってくるのかとても楽しい。にしても、500色すべてに名前があるのがすごい。色彩学や色彩心理学でも有名だった野村順一氏の“色とその色を好きな人の物語”解説がついてくる。

3

 25色/1回お届けで1800円、つまり1本72円。けっこう安い。先行予約特典なら60円。おもしろいなと思ったのが、この色鉛筆の楽しみかたの提案。“好きな色鉛筆を飾る” “お守りとして持つ(燃えろよ自分、冷静になれよアタシ)” “ラッピングしてプレゼント” もちろん絵を描いてもいい。500もあるからこそ、微妙な色いろいろな楽しみができる。

【hmm…なアドバイス】
 好きな色、衝撃を受けた色、そして嫌いな色。色には思い出が重なる。

 それは絵画や一枚の写真、好きだった洋服、たった一瞬見かけた自動車、始めて見た海外の街の色、特別なあの日の空や海や地面の色、好きだった女性の口紅。

 自分はどういう生きかたをしたいか。色には生きかたも重なる。

 ルビー色に燃えたい、オーシャンブルーのようにクールでいたい、藤色のように上品さを保ちたい、ピンク色で若さをたもちたい…(野村先生によるとピンクやっぱり萌え系)。

32045988

 ブログのテーマカラーもその人となりを表す。マーケティング・ブレインはがテーマ。血の通った赤、ときに赤面する赤。家計赤字の赤(笑)。今日は以上です。

|

« ツツヌケSNSもいいけれど。 | トップページ | アニヲタでもK−1狂でもないけれど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/27645876

この記事へのトラックバック一覧です: 色えんぴつのこころ模様:

» 「プリズン・ブレイク」が終了 後継番組の動画を発見!? [ドラマ情報]
人気ドラマシリーズ「プリズン・ブレイク」が2009年米放送分をもって終了。海外サイトでは、「プリズン・ブレイク」の後継番組の情報が。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 13時25分

« ツツヌケSNSもいいけれど。 | トップページ | アニヲタでもK−1狂でもないけれど。 »