« お塩、転がしてくれない? | トップページ | フラット化する消費者ニーズ »

2009年1月21日 (水)

SOKOで料理を!今日も明日も。

 SOKOとは“ソーコー”と発音します。ソウコ(倉庫)でもなく、ソコ(代名詞)でもなく、“底”でもなく(身にしみる)。命名者はウサのMayuさんだったと思う。いやTomoyonさんでした?記憶力はSOTO(相当)減退しているので、ごめんなさい。

 それは“Small Office, Kitchen Office”。オフィスで最低限の調理器具を装備して(保健所のお世話にならないレベル)、ランチをオフィス自炊で!、ときどきは夜の自炊パーティを開くのがソーコー。

【hmm…なアドバイス301. SOKOで料理を!今日も明日も。】
 オバマ大統領の公用車は、銃弾やミサイル?にも耐久する重装備がなされているそうですが、utteのオフィスはIHクッカーと炊飯器で、“がんばれよ!”の炊き出しレベルの調理装備です(水と電気が無ければ竹槍ですよ)。

 

21258010757 51xj9cxyr6l_sl160_ こんなヤツ。

 この2品はcherryさんとわたしでヨドバシで割り勘で買いました。それにcherryさん手持ちのルクレーゼの鍋で、ぽこぽこお米を炊飯器で炊いて、おかずを温めるか炒めるかのランチをしたり。たまにはcherryさんの前夜からの仕込みのポークソテー(という表現でいいですか)など、時には豪華ランチもあれど、面倒だから(特に一人だと)たいていレトルトカレーだったりね

【オフィス・カリーの帝王?】
 で、わたしははからずもレトルトカレーマニアになりました(笑)。それも根がアジア系なのか、インドやタイなどの香りがプンプンのカレーです。ご飯を炊き、レトルト・エスニックを温める。作るときの換気要よりは低レベルですが、そんなレトルトでもutteの小さなオフィスは、アジアン・クック臭に満たされて(笑)。

E025399h_l カリーとツナという組み合わせ。

 浅く広く浅黒く食べ比べたところ、日仏貿易の『アヤム ツナ入りレッドカレー』は、価格対お手軽さでは、トップクラスのタイの香りがしました。アキバの構内にある(元アキバデバート)の売店で、315円だった。お奨めです。

7 ポピュラーな一品。

 次点は…どれももうひとつかな。『タイで食べたタイカレー』も2種ほど試しましたが(280円くらい)、アヤムには劣る。アキバには無印良品があり、そこで買った『キーマカレー』は安いけど(150円くらい)イマイチだった。印はちょっと付けられなかった。わたしにしては珍しく、セブンイレブンのPBのインドカレーも食した。併売するNBと比べてかなり高いのにイマイチだった。レトルトに夢を託すレベルが高すぎるのでしょうか。

4548076914662_m 無印のキーマ。

【アキバで食の満足はむつかしい】
cherryさんの後をついてゆくと旨いものにありつける」という名言をはなったのはMakiさんであった。名言はメモライズするのがわたし。cherryさんは食に通じるだけでなく、料理がうまいし、“食“そのものに深く造詣が深い。そこがちょっとハードルが高い。彼女を満足させるレトルトはもちろん、できあいの総菜はスーパーなんかにはほとんどないだろう。

21ea6d017526bd89b1495dfacf46be7b

 朝ちょいと早めに家を出て、アキバ近くの“業務用スーパーはなまさ”に立ち寄る。業務用の“量”に圧倒されて買えない。近くに大丸ピーコックやワイズマートを見つけたが、もちろん10時からだ。結局SOKOの周りにはコンビニしかない。だからせいぜい、アジアン・レトルトになってしまう。生鮮コンビニやミニスーパー出店の余地がありそうだ。

 SOKOではご飯は炊きたてだし、カレーは温かいしで、レトルトでもかなり幸せ度が高い。11時30分になったら“あ、ご飯研がなきゃ”なのですから、ほのぼのしますよ。アキバで炊飯器をオフィスに持つのはutteくらいかもしれないけれど。

【hmm…なアドバイス】
 オフィスで炊きたてのご飯を食べる。バカじゃないかと言われますか?

 でも、コンビニでマニュアルな対応+無言のチン!のランチを買うよりも、幸せな気分になるし、ご飯を炊く当番制をつくれば、パントリーでお米を研ぐことでリフレッシュできる。おかずはビルの下の総菜屋でもいいでしょ。健康に気をつけて低カロリー料理になるので、メタボリック・チェック、栄養士相談サービスが減るかもしれない。社員同士「あんがい料理上手いじゃない!」と思わぬ一面を発見できたり。

 市場がこんな危機的な時代だからこそ、同じ釜のメシを食ってみてはどうですかオフィス=作業場所ではなく、協働や創造の場所でしょ。みんなで難局を乗り切らなきゃならない。。料理すれば、今までとちがう発想がでるかもしれない。衣食住の中で“食”をテコにしてみるのも、前例がなくておもしろい。

 おっと。明晩はSOKO of utteで“生春巻きパーティ”です。今日は以上です。

|

« お塩、転がしてくれない? | トップページ | フラット化する消費者ニーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/27354988

この記事へのトラックバック一覧です: SOKOで料理を!今日も明日も。:

« お塩、転がしてくれない? | トップページ | フラット化する消費者ニーズ »