« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の31件の記事

2009年3月31日 (火)

エコライド、エゴウォーク

 昨日“自動車=移動手段に堕した=つまらない・売れなくなった”というブログを書いたのを読んでくれたのか、移動手段に関連するネタをくれたcherryさん。

 「郷さん、こんなおもしろいものがありました!」
 「なに?」
 「ジェットコースターのような公共の乗り物が走るそうなんです!」

 ジェットコースターだって?う〜ん、久しく乗っていないなあ。

【hmm…なアドバイス356.エコライド、エゴウォーク】
(前略)金山さんがジェットコースターの仕組みを利用して新たな交通システムを作り上げようとしています。そのシステムはエコライドと名付けられ、エコで静かで安価に出来る乗り物として小規模の移動システムとして期待されているのです。引用元 

8 

画像はこちらから(正確には経由)。余談ですが、文章の引用元のTBSを始め、マスメディアはどこも右クリック御法度がフツーだ。古くさいし、オープンじゃないなと思うのはわたしだけだろうか? 

 この新交通システム、東大と泉陽興業などによって開発される『エコライド』と呼ぶもので、昨年秋から実験ラインが稼働した。原理はジェットコースターを巻き上げて高い場所に上げて、そこからずど〜んと落とす原理で高低差を利用して人や物を運ぼうというもの。走行時速は20kmていど、走行距離は最長10km、1両の定員は12名とされる。降りるときのブレーキから発生する回生エネルギーを回収して、車輛をまた引き上げるウインチの動力源にもあてるのあろう。 

14

【メリットはわかった。でも視界不明瞭だ】
 このシステムのメリットを挙げよう。簡易な構造で脱線はまずしないそうだ。そしてエコであることとは、CO2発生源が小さく温暖化防止につながる。建設コストが地下鉄に比べて1/10で済む。大深度のような地下工事は不要、モノレールのような基礎やレール構造さえ不要。なぜってレールと車輛をささえる形式、そして運行の基本は、まさにジェットコースターそのものだからだ。 

20090130_02

 ただ文科系なりに、いくつか素朴な疑問が湧く。

・運行には一定以上の勾配が必要であるから、乗り口は降り口よりも高くする必要がある。その高さまで上ることは(ホーム建築など)はコストがかかりそう
・行ったら自力でもどらない片側通行なので、往復路線は2本のループが必要となる。その場合、上下線などで建築コストがハネ上がることはないか?
・強風の日に運行がほんとうに安全なのか?JRの電車でさえ強風で運行を中止するのに、無動力・自然落下の車輛が安全なのだろうか?風で押し戻されたりしないのだろうか?(笑)

 数々の疑問はあれど、ジェットコースター(英語で“roller coaster”)の原理を利用した開発、実は海外にもある。

【ルイジアナでもモノレール開発】
A team of industrial design students at the University of Louisiana at Lafayette have put together a railway that wouldn't need stations to pick up passengers. Instead, system features driverless pods that are mounted to an elevated rail on an arm, which can lower the cabs down to pick up or drop off passengers anywhere along a route. 引用元

Ulllouisianapublicrailsystem 

the University of Louisiana at Lafayetteの研究によって、1世紀も事故の無い独モノレールを発想源に、ジェットコースターの原理を応用したモノレールシステムを開発中だという。その最大の特徴は“駅不要”。乗客を載せた車輛が、乗客が乗る“溜まり場”に近づくと、車輛をぶら下げるロッドが伸びて車輛の高さが下がる。乗降が済んだらまた走行時の高さにもどる仕組みだという。

15 200pxwuppertaler_schwebebahn_detail
ドイツのモノレールとその機構

【hmm…なアドバイス】
 だがジェットコースターだとすると、わたしは時速20kmではがまんができない(笑)。 

ジェットコースターのように交通でもワクワクしたい。仕事に疲れて郊外の駅に着く。そこからまだ2kmほど我が家まである。普段は自転車かバスで移動する。だが今日からはジェットコースターで帰れる!ぐわ〜ん!と80kmくらいのスピードでくるりと宙返りして我が家へ到着(笑)!携帯とか財布とかボロボロ落ちるけど(笑)、疲れを忘れさせてくれそうで楽しい。スリルがない乗り物、幾つになっても乗りたくないしね。

 蛇足。個人的に不快な乗り物をいくつか挙げよう。1に満員の通勤電車、2に道交法無視の自動車と自転車、3に携帯を見ながら歩く歩行者たち。え?3は乗り物じゃないって?いえ、感度が鈍った人間が公共の乗り物や交通を乱している。彼らの“エゴウォーク”を何とかすることも公共交通運行上、大きなミッションである。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

LEKO by IKEAモータース

 ずぅっと昔、大学でフランス語Ⅰを落としたことが今日になって影響している。アレルギーとは言わないけれど、仏語ちょっとイヤなの。落としたことで勉強意欲が薄れました。だけど仏語のサイトで仏語で話しかけられて、不勉強をいまさら後悔したりね。そのサイトとは…IKEAフランス驚くべき発表がそこにある。明日(31日)朝には、きっと何かわかっているだろうけど。

【hmm…なアドバイス355.LEKO by IKEAモータース】
the internet is currently awash with people debating whether or
not ikea is to launch a new eco-friendly car called the 'leko'. the
hype stems from a french website where designer, christophe
grozs explains the virtues of this new environmentally sound car.
la voiture selon.
引用元 

4 あと10時間。

 あのIKEAが自動車に進出?とネットでは騒然としている。“leko”という名称で同社がティーザーキャンペーンをはっているからだ。エコな車をIKEAが出すという驚き。デザイナーのchristophe grozsさんが“車に関すること”というメッセ—ジをフランス語で説明するのだ。(意訳です) 

3  

 現地時間の3月31日、IKEAから何か自動車についての商品化の発表があると言われる。この画像以外、ほとんどリークがないようだ。あのApple並みかそれ以上の情報セキュリティも凄いなと思った。

【IKEAへの新自動車の期待】
 ほんとうにIKEAから車が発売されるのか?結論から言えば、それはありうると思う。最近の同社のエコ系商品への注力もあるし、自動車発明から一世紀たち、そろそろカタチが大きく変わる時期に入った。そしてもの凄い自動車不況だから、むしろ調達側にコストメリットは大きい。千載一隅のチャンスなのだ。今じゃなくても近い将来、ありうる。

 ぜひIKEAの店舗を歩いて、室内外を創りあげるようなスタイルと同じの『組み立てられる車』を作ってほしい。自分の感性やライフスタイルで、色やカタチや性能を、レゴみたいに組み立てられる車が欲しい。

 IKEAのライフスタイルメソッドで、車をもう一度おもしろくする“新自動車”を作ってもらえないだろうか。

【つまらない車=女性のニーズに寄り過ぎ】
 誤解を恐れずに言えば、今の車がオモシロくなくなったのは、安全重視、燃費重視、便利重視で、本質的には不要でなくても不急な装備ばかり、“安全BUT無味な移動用具”になりさがり個性がなくなったからだ。カーデザイナーの林田浩一さんも言っていたが、設計前に決まっている約束事が多すぎて、現場は何も冒険ができないのが実情。 

今どきの軽自動車を例にとろう。外装はパステルカラー。どれも背は高く、室内広く視界よく運転できる。あれこれ入る引き出しやトレーがたくさん。お化粧直しのミラーもそこかしこ。シートはおしゃれなファブリック。タ〜ンと詰めるトランクもみんな同じ。

 善し悪しは別にして、車開発は女性のニーズに寄り過ぎて均質化した。女性以外のユーザーは確かに見えないけれど、それはメーカー自ら見ないようにしてきた、とも言える。

【つまらない車=ハイブリッド】
 もうひとつ無個性化の先兵は、“猫も杓子もハイブリッド”である。

 燃費はいいし、静かに走行するし、地球に優しいし、良いこと尽くめのように見える。代表車種のプリウスインサイト、違いはあることにはある。それはたとえば車高である。

 プリウス     車高 1,490 室内高 1,225
 インサイト    車高 1,425 室内高 1,150 

5
 これはインサイト 

高さ70mmの差、これがトヨタとホンダの個性の差と言ってもいい。万人向きとスポーティ志向。しかしそれをのぞけばハイブリッドでメーカーが表現すること、顧客が求めることには大差ない。

 それは『燃費、環境、コスト、良心』。要するにハイブリッド車の主な商品要素とは、メーカーは“移動手段の巧拙”、顧客ニーズも“移動手段の善し悪し”。そこで一致したのでヒットしている。それは良いことだが、“移動以外の付加価値がない”とも言える。

【hmm…なアドバイス】
 移動手段の先にあるのは“タタ”なのだ。インドのあの車、20万円は“タダ”みたいなもんでしょう(笑)。あれにこれから取り組む日本メーカーN社、自殺行為ではないだろうか。

 じゃあ活路は何か。それはDellがPCのBTOで実現したような、コーディネイトできる車。内外装の上っ面の素材だけでなく、パワートレインやトランスミッション、サスペンション、衝撃吸収ボディシステムなど、骨格機能も取捨選択できるようなクルマではないか。

 世界中で電気自動車で異業種新規参入が相次ぐのは、自動車が動力源からパーツ化されつつあるからだ。自動車発明一世紀を経て、再び誰でも事業を開始できるようになった。IKEAはそのひとつであろう。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年3月29日 (日)

障害者も走れるGlide Cycle/グライドサイクル

 今日はすっかり晴れた日でしたが風は冷たくてね。でもそんな日こそ自転車を引っぱり出してサイクリング!…と思ったのですが、行事あり。utteの創作人形クリエイターの藤京さんの展示会で横浜のザイムに行きました。そっちの話しはこちらutteブログへ

 自転車に乗れなかったけれど、乗れない人もいる。乗れない人に乗れるようにした発明がある。

【hmm…なアドバイス354. 障害者も走れるGlide Cycle/グライドサイクル】
Glide Cycle’s virtually zero impact ride provides mobility to permanently disabled or injured patients by allowing them to run or walk pain free within such conditions such as: leg amputation, war or accident wounds, arthritis, diabetes, multiple sclerosis, joint disorders– back, knee, ankle, foot, hip, plus many more conditions. 引用元

Glidecyclejpeg

 身体に無衝撃のライドを実現するGlide Cycleは、身体障害者や負傷者の走行や歩行を支援する自転車です。脚切断、戦場での負傷者、関節症、糖尿症、多発性硬化症、背中・膝・足首・脚・臀部などの障害を持つ方々を対象とします。(忠実訳)

4 

Glide Cycleは片足切断や両足切断者、そして脚にさまざまな傷・疾病・障害を持つ人のリハビリ・トレーニング用として、また日常の移動用具として開発された。かんたんに言えば、2輪の間に自分をおいて脚でこぐもの。片足でもバランスを取って走れるし、両足切断の人もで義足でストレスなく移動ができるという。

【なあるほど】
 同社のHPにはたくさん動画があるが、乗るところを見ると、普通の自転車と違ってベルトのような支えに股がり、高さなどを調整するようだ。ガイドとして、掴めるバーが上部にあるのが安心。 

8 6

 その後、最初はトレーナーに付き添ってもらって、トラックや公道を走ることになる。プログラムは対象者のニーズに添って『理学療法』『身体障害者向け』『スポーツトレーニング』『パーソナルトレーニング』などに分かれる。フルオーダーメイドがあるか分からないが、価格はPT Proタイプで$1,649(約16万円)。

【普通の高さからの目線】
 同社HPには多くのユーザー事例が載っている。それらを見ていて気づいたことがある。車いすとは“視線の高さが違う”ということ。

 車いすは、普通の成人の目線よりもはるかに低いポジション。だからエレベータなどボタン類が低めに付いているが、それで屈折した想いになることがあると以前ある障害者の方から聴いた。低いからというか、“違う”ということを常に意識させられるということらしい。 

15 テレビにも取り上げられている。

 その点Glide Cycleは、自転車乗りや歩行者と目線の高さが近い。それが(たぶん)新鮮だし心地よいのだと思う。

【バナナ運搬からの発想】
 発明&開発者のDavid Vidmarさん(米国オレゴン)は、ガテマラをトレッキングしていたとき着想を得た。当地では、高地でバナナ栽培をする。その収穫物を下ろすのにケーブルを使っていた。はっきり分からないがカゴなどで、ドンと下ろすのだろう。そこで、ケーブルに便乗してぶら下がって下りる労働者を見かけた。

 これはラクだ。実は彼、長らく膝を痛めていてジョギングさえつらいこともあった。こんなケーブルを伝うように走れたらいいな、そんな用具が作れないかと考えてこの発明に至った。

【hmm…なアドバイス】
 必要は発明の母、といいますが、まさにこれもそのひとつ。自転車という乗り物のカタチを根底から変えてしまうチカラは、膝の痛さから。

 ただ必要なモノほど普通は、従来の延長線上の発想で作ってしまう。それを吹っ切って従来にないカタチを創れたのは(こう書いて差別とか偏見と言われるとイヤだけど)、四肢が不満足な弱者を対象にしたからだろう。弱者の視点を持てば、違う角度からものごとが見える。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月28日 (土)

iPhoneへ…傾いて。

 (長年にわたり忠実なauユーザーである)わたしとcherryさんを“ソフトに揺らす”出来事が最近続いた。最初はデザイン作品販売のutteで出展した"アースガーデン冬”の会場で、隣のブースの人が、iPhoneをあやつっているのを観たとき。お客さんに見せたい画像を、巧みにカバーフローで選んで見せていた。

 わたしたちもクリエイターの合同ポートフォリオ(作品集)を作らなきゃと思っていて、印刷バージョンは何となくはあるが、フォトフレームも使えそうだと話していた。何GBでも入るし5インチ液晶なら見えやすいから。それがiPhoneでできる。

【hmm…なアドバイス353. iPhoneへ…傾いて。】
 折しも、昨日お会いした建築デザイナーさんの手にiPhoneが!彼、自分の手がけた建築事例の撮影画像を巧みにカバーフローをあやつり店舗の板材の表現や調光の仕掛けを説明するのだ。iPhoneの画像もとても鮮明だった。ふたりで欲しくなった。折しもソフトバンクのキャンペーンが! 

Iphone_3g

ソフトバンクモバイル株式会社は(2月)25日、アップル製の携帯電話
端末「iPhone(アイフォーン) 3G」を低価格で購入可能とする「iPhone
for everybodyキャンペーン」を2月27日から5月31日まで実施する。

 8GBモデルでは0円、16GBでも毎月480円 (2年で11,520円)。従来はそれぞれ23,040円、34,560円だったから、こりゃお得だ。もちろん2年間拘束とかあるけど、それはauだって同じだ。音楽はせいぜい4GB、画像分で12GBあれば、モバイル営業がたっぷり高精度でできる。“softに揺られて落ちる”のもイヨイヨかなぁ。

【スクリーンタッチの優越】
 折しもまた、今日読んだ“'stealth' biometric security for iPhone”という記事も、同機の進化を告げている。

Apple has developed a new technique that would hide a biometric
reader inside an iPhone or a Mac and let owners lock down their
systems with fingerprints or even facial recognition -- all without
ever having to break from their usual routine.
 引用元  

Iphonebiometric1_2

 たいていの生態認証システムは独立してPCなどに付属しているが、iPhone(そしてMacBook)ではそのシステムを内蔵させてしまうハードとソフトを開発しているという。iPhoneならスクリーン内、MacBookなら新開発のタッチパッド内に、セキュリティ設定機能を入れ込む。それぞれの画面に認証システムが表れ、指紋認証や瞳孔認証までできるという。
Iphonebiometric2

 結局こうした発明も、iPhoneがハードウエアの変更に(大きく)依存せずに進化することができる“スクリーンタッチ”だからである。iPhoneの本領が発揮されている発明ですね。

【Appstoreの拡張性】
 セキュリティはともかくわたしたちがやりたいことを考えよう。たとえば絵画や陶器、キャンドル作品画像を持ち歩いてお見せするのは基本。画像を入れ替えればいつも最新ポートフォリオをポケットに入れられる。

 店舗などに営業する場合、その場でお客さんの施設の壁面を撮影して、ぴったり合いそうな作品画像とかんたんに合成できればオモシロい。そんなソフトもAppstoreにありそうですよね。

 何事もカテゴライズするのが好きな日本人、デバイスをPDAとかモバイルギアとか、名前を決めて用途提案しますよね。ネットブックでもメディアは何に使えるかたくさん特集したけれど、そんなのユーザーに考えてもらえばいいのに。

 ハードは必要なツール機能を(最低限)備えていればいい。ユーザーのニーズ変化/進化/深化に追随できさえすればいい。ソフトはみんなで作る。作ったソフトはみんなで評価する。iPhoneの魅力はそこにある。iPhoneは携帯ではなくて、“用途の輪郭ギア”なのだ。

【hmm…なつぶやき】
 おまけはMSのスティーブ・バルマーさんの最近の発言について。

Appleはある1点では勝っていたが、今や潮流が逆向きになったと思う。
今の景気は追い風だ。この状況で、ロゴを手に入れるために、コンピュータ
——同じハードウェア——に500ドル余計に払うことは、普通の人にとって
以前よりも難しくなっていると思う。 引用元
 

6
 動画はこちら

 この発言に合わせて、Appleをねらい撃ちするCMを流し出した(米国内)。マックは高くて買えない!ということで、Apple storeを後にする女性。その姿勢、政治家の選挙キャンペーンみたい。むしろオフィス2007も使うわたし、こう言いたい。「オフィス2007を使えば使うほど2003にダウングレードしたくなるのに、誰が5万円払いたいのだろうか?

 iPhoneが創ろうとしているのは“ユーザー主権の王国”。この流れはますます大きくなると思う。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

マーケティング・ブレイン 1000Days

 今日のブログは自粛します。おっと違うジシュクでした。それは…“自祝”です。      

18 12 12_2 12_3

 このマーケティング・ブレインというブログ、昨日(09年3月26日)付けエントリーで(ナ・なんと!)1000日連続となりました。わあ!すごい!2006年6月30日の、短いBUT堅い想いを込めて書いた、あの日の初回エントリーから(最初はアメブロで3ヶ月くらいでココログにお引越)、昨日までたった1日も欠かさず1000回連続です。自分なりにはちょいとエヘン。日数算出便利サイトはこちら。 

5 

これが最初のマーケティング・ブレイン(懐かしいね、Tomoyoさん)

 書くことに比較的抵抗ない自分でした。ブロガーになる前には、隔週発行でメルマガも数年書いていました(2001〜07年くらい)。しばらくはブログと並行させていました(古い読者はご存知ですよね)。でも“毎日”はかなりたいへんでね。日々「書けるだろうか?」と思いつつ「あんがい出来るじゃん、お前」とつぶやく連続で。まさに自作自演じゃないと続かない=これ実感。

【自作自演ではありまふが。。。】
 1000について。冒頭の1000の文字、今日のエントリーのために、尊敬するデザイナーのmorldさんに頼んで、彼のアワードウィニング(東京TDC2008)ロゴを使わせてもらいました。彼のこのモゴモゴ数字が大好きで、使用許可をいただいた。

 (1000に)ひとりで盛り上がっているさなか、キリ番とかまったく歯牙にもかけない主義の相棒cherryさんは「ふうん」だけの感想だった。その反応に、心がコリンと乾燥したよ。 いいさ。この感覚ってさ、ほんとうに1000回書いたことがある人にしかわからないから。とスネたりして(笑)。

【気を取り直してさ。。。】
 さてさて1000回もブログを続けるモチベーションって、いったい何なのでしょうか?1,000回の間に500回くらい考えたけれど、答えはばらっばら。でもコンサルタントらしく3ツにまとめてみました。

1)自己満足で、自己鼓舞である(自演乙=長島雄一郎説)
2)他者満足で、他者鼓舞となる(献金発覚前の代議士かしら)
3)社会貢献の仮面をかむりつつ、自分を売りたい(う〜ん)

 正直にいえば1〜3がすべて混じっているのが1,000回ブロガーである。職業やポジションや年齢によって1〜3の配分は違いそう。1000回続けるのは一種の異常者なので(笑)、この3つの配分がきっと極端なのではないか。

 わたしはどうか。1=70%、2=20%、3=10%かな。けっこう売り込みは弱いほうを自認しています。このひ弱さは、生来のものらしい。3の社会貢献=功名心、自作自演のムダでもあるしさ。このあたり1000回の名ブロガー会なるものがあれば、出席して訊いてみたい。そんな倶楽部、ありますか?

【ブログ荒天日】
 1000回書く上での苦労話をいくつか。

・ネットがつながらないエリアへの出張(某長野の山奥)
 つながるギリギリのローカル駅のベンチから、何分もかけてエッジ送信。
・ネットワークのシステム不良
 2年前のココログのシステム不良率はひどくて。急なメンテナンスは日常茶飯事。一度だけシステムダウンで当日中にブログ発行できなかった。
・ブログにクレームが付いたとき
 1000分の3件くらいですが、はなはだしきは“取り下げろ”と言われました。素直に従いましたが、こっちもルールにはギリギリ乗っ取っているので、心に禍根を残しました。
・旅行は御法度
 1〜2泊の国内出張はどこでもネット接続可。会社勤め時の上海社員旅行が難関でした。いつも読んでいただく読者ならご存知の『SAKURAの春』をあらかじめ書きため、アップロードをタイマー設定でしのぎました。
・気分がのらないとき
 これは(女性の月のものより短い)約3週間に一度くらいのペースでやってきます。書く気が薄れてくるので困ります。特効薬的な処方箋はなくて、とにかく日記を書くように机に強制的に座るしかない。多くの作家さんたちも同じらしいしね。
・病気のとき
 バカほど丈夫とはよく言ったもので、この1000日、キツい花粉症には2度なったけれど、インフルエンザにはならなかった。なんやかんやで過労でダウンのときが苦しかったけれど、身体検査は超優良ですし。ブロガー向きの体質?(笑)

【ブロガー日和】
 ブログを書いていて得したこと、数多くありますよ。見知らぬ方からのコメント。口頭で“読んでるよ”と言われたこと。cherryさんから「あの水切りはね」とか「あの自転車のカゴはいいわね」と言われることは悦楽です。tomoyonさん、mayuさん、annieさん(今日もありがと)、yukaさん、そしてtsutomoさん、数々のありがとふ。

 ビジネスメディア誠の編集長吉岡さんに認められて、駄文で連載を始めたことが大きな一歩でした。そこから別の連載やご紹介も(とくに山本みどりさん)いただいて。さらにJapan Times, NTT docomo季刊誌、講談社セオリー、東京中日スポーツなどに取材も受けました。最近取材途絶えてるな(笑)。次の1000日も受付中ですよん。携わっているリアルビジネスのutteでもたっぷり苦労してますし。

 でも、やっぱり相棒cherryさんがいたからこそ、1000日続けられたなとしみじみ思います。ブログのウラにも、ビジネスメディア誠のウラにも、ちらちらと、ぼんぼりと、cherryさんのバックアップがあります。ことばにはできないほどのサンクス。

【今日の最後に】
 一方読者のうちの3割くらいは「あの長文を書く郷、内容もマンネリだし、そろそろやめさせろ」と心でつむやいているなと感じてます。『放浪記』や『キャッツ』と比べられたくないし、比べてももらえない(笑)けれど、続けることは凄いことだと開き直りかしら。

 ですのでマーケティング・ブレインも(いちおう)まだ続く。でも別の本業(言い方変ですね)でもブログを書きたいので、そちら(デザイナー支援&作品販売のutte)のブログである“ウッテリエブログ”と隔日ぐらいで両立させたいと思っています。utteへのブログオンリーの日は、こちらはそのリードになりそうです。

 マーケティング・ブレインでは第3者視点で市場の商品や消費者を考え、utteのブログでは自分たちのビジネスのリアルな苦労を伝えます。どっちもおもしろいですよと自画自賛。ではまた明日(どっちのブログにせよ)。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年3月26日 (木)

“無垢の木”の住宅の魅力を伝えるために

 今日はビジネスメディア誠での連載、“うふふ”マーケティングへのリードです。

“無垢の木”の住宅の魅力を伝えるために――木童 木原巌社長
木材と接着剤から作られている合板などの木材製品に対して、木を切ったり
削ったりしただけの木材「無垢の木」。その魅力を伝え、ユーザーと建築家や
工務店との間を取り持っているのが木童の木原巌氏だ。
続きはこちら

Dsc01534s

 「無垢の木ね。木は良いけどね…

 住宅はもちろん家具となると、決め台詞のようなマクラコトバを口にする現代日本人は多い。10人中5人、いや7、8人までがそうなのではないだろうか。

 理由というか言い訳は、幾つもある。第一にコスト。第二に割れやキズがつくこと。第三に耐震性や耐候性、気密性。幾つものワケが積み重なって、日本人の生活から無垢だけでなく集成材でさえ減ってゆき、木だか樹脂だか見分けがつかない“ボード”ばかりになってしまった。そうそう、金属への木目プリントというのもありますよね。あれかな〜りリアルですが、触るとお里が知れます。

【200年住宅のナンセンス】
 木童の木原社長との話しで“200年住宅”があった。“質確保”という旗印で、土台や構造材を200年持たせよう、設備や内外装はリフォームできるようにしよう、という推進ビジョンだ。誠での原稿では穏便に書いたけれど、社長もわたしも「200年住宅っておかしくない?」で一致した。

 そんな土台を造るコストだけでバカ高いし、そもそも時代変化で生活様式をガラリと変える日本人、200年持たせる意義がどれだけあるのか疑問。これまで20〜30年しかもたない住宅を作ってきた業界が、それに一枚かんでいるとすれば、なお疑問がつのる。

 それより半世紀くらいでスクラップ・ビルドしてくれるほうが、山(林業)にも企業(ハウスビルダー)にも工務店にも施主にも、しっくりくる。50〜60年でしっかり建て替えるサイクルを作れば、山と都会のエコにも環境改善にも役立つ。杉をちゃんと伐採してくれれば花粉症は減るだろうしね。

【需要と供給の両方を創造する】
 木原社長の話しを聴いていて思ったことがある。彼は需要も創り、供給も創ってきた。だから凄い苦労だったはずなのだ。

 起業や新事業は、実は大きく2つに分類できる。A)需要が見えていて、供給を創りこむもの; B)供給はあるが、需要を創造するもの; C)需要も供給も両方創る必要があるもの。ビジネスメディア誠の最近のエッセイから説明します。

・フットサルを起点にしたSFIDA(今、有楽町丸井で時限店舗展開中)は、蹴球という顕在化した需要に対して、デザインボールという供給で差別化した。Aに近いかな。

・マスキングテープという建築業や塗装業の工業用品需要から、『mt』というブランド化・製品化を経て、デザイン用途を開発したBに近いと思う。実は今日(3月26日)あるビッグサイトの展示会で、カモ井加工紙のお二人(谷口さん、高塚さん)に偶然お会いしました。

 わたしがある写真系の会社のブースのワークショップに参加して(婦女子に混じり_笑)、一心不乱に工作していたら、谷口さんを見かけてヤアヤアと。いつぞや、ありがとうございました。

・そして木童はCタイプ。供給=木を知らない大工、工務店、建築事務所を開拓する一方で、需要=無垢の木が好きだけど、コストや手入れや品質でハードルを感じる消費者に伝道者でなけれならなかった。供給も整備し需要も創ってきた。これは凄いことだ。 

Dsc01530s

 誠の読者には、ぜひこの点を事例として学んでほしい。需要がアラワだと、相当な差別化をしないかぎり売上は上がらない。その分野が供給次第だとしても、堅いアタマで考えても何も生み出せない。そして需要も供給も自前ではリスクがでかいし、たいへんだけれども、起業の本質はそこにあるということを。

【木が好きです】
 最後に、わたしが日曜大工が好きだったことを少しお伝え。10代から20代、けっこう日曜大工をやりました。無垢材は滅多に手が出ませんでしたが、サブロクの集成材を購入しては、さまざまな“棚箱”を造りました。しまいは悪いしデザイン性は低いですが、手と木の対話言語の初級は感じたつもりです。それってすごく楽しいのです。

 チカラは要るけれど、地道に切れば木はいろいろなカタチとサイズになる。色を塗ると感嘆したり裏切られたりする。木はいつも手作業と近い存在なのである。普通の消費者にとって、木材ほど加工も仕上げも親しく付き合える素材、他にないと思う。今日は以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

バイクのバスケットあれこれ

 雨が降ったり止んだりの日でした。わたしは午後はずっと外出してまして、JR神田駅前の交差点を、風雨が強くなった映画のシーンを横切るように歩いていました。がんばれよ、と自分につぶやいてね。

 ふと道往くバイクや自転車を目にした。彼らもがんばってるな、とココロで励ましました。荷物を運ぶバスケット、こんな雨の日はこのバイクがいい。

【hmm…なアドバイス352.バイクのバスケットあれこれ】
「レッツ4バスケット」は、軽量で扱いやすいコンパクトなボディーと低燃費
で好評を得ている「レッツ4」シリーズをベースに、女性の意見を取り入れた
大型のフロントバスケットや、使い勝手の良い収納を多く採用し、通勤、通学
はもとより買い物での利便性を高めた原付スクーターである。
引用元 

F105_2

 これけっこういいじゃない!と買い物派?のわたし、ヒザを痛く打ちました。まずね、バスケットにたぁっくさん入るのがいい。ロール式のシャッター付きで25リットル。フツーのバイクや自転車のバスケットの容量は15〜18リットルくらいなので、かなり大きい。

18

 しかもよく見て。バスケットの両脇には方向指示器/サイドウインカー(画像では片側しか見えませんが)が付いている。バスケットから一体開発したからである。

F126_2 090325

 さらに気に入ったのが、2ℓボトルが入るフロントインナーポケット。かたっぽだけ入ると舵取りが苦しいですけどね〜。よかよか。買い物で差別化した原付スクーター、145,950円、4月3日発売です。

【かがバスケット、されどバスケット】
 自動二輪のバイクはエンジン付きだから設計自由度が大きい。フト思うのが足動二輪の自転車のバスケット。こんな便利なバスケット、なかなかないです。

安い自転車のバスケットはみんな似たカタチで(説明不要ですよね)、似た不便さ(スーツケースなど幅広バッグは入らない)、似た汚れがある(あんがいバスケットは汚れている。試しにティッシュなどで拭いてみるといいです)。布のトートバッグがバスケットに入りきらず、ナナメに入れたら側面が擦りきれたし、白いバッグを入れたら編み目の埃の汚れがついてしまった。

 わたしが不注意なのだろうが、たかがバスケット、されどバスケット。

【リクセンカウルとルイガノのバスケット】
 そこでぐっとくるバスケットを紹介。まずドイツのRIXEN & KAUL(リクセンカウル)。おしゃれで丈夫なのがメリット。 

Shoppcomfns06_2 0300dbg_1

 バスケットも丈夫といわれるけれど、それ以上の真骨頂がアダプターの丈夫さ。いろいろパターンはあるが、バスケットが4,000〜10,000円くらい、アダプターが2,500円くらいのセットになる。安くはないけれど、安物の自転車よりはずっと長持ちすると言われる。 

Klick01  Rixenvo こんなのがおしゃれなのです。

ある人のブログで見つけたおしゃれな藤かご。アタッチメントを選べば、こんな使いかたができる。かっこいいね。 

070726klickfix00

 LUIS GARNEAU(ルイガノ)にもいろいろバスケットがあるが、おもしろいなと思ったのは“イミテーションバスケット”。何がイミテーションかといえば、限りなく藤の籠に近いデザインでビニール製なところ。これは比較的安くて定価は3900円(このサイトでは3,510円)。

8imitation_basket

【hmm…なアドバイス】
 他にもいろいろあるけれど、どうも国産というか中国産のモノにまったく惹かれない。自転車が安くなったアオリで、いろんなパーツがお粗末になったけれど、バスケットもそのひとつ。最初の見栄えはよくてもすぐに変色し、ちょっとした衝撃で折れる。すぐに“ウエイスト・バスケット”になる。

 バスケットにケアしている人は乗り方にもこだわっている。スズキもルイガノもリクセンカウルも自社のユーザーのこだわりをよくわかっている。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月24日 (火)

隠れ無印良品ファン

 

無印良品のある街で働くようになってから、無印良品のファンになった。実はそれまではそれほどファンじゃなかった。「スーパーのPBよりはいいかな」くらいに思っていた。もちろん深澤直人氏の『壁掛式CDプレーヤー』なんて伝説的な傑作はあるけれど。無印ファンの相棒cherryさんの影響が大きい。

 ちょうど2つの新製品が出たので、仕事を早く切り上げて、夕方7時前に立ち寄ってみた。若い女性たちでいっぱいだった。新製品を見つけた。いつものように気持ちよい購買体験だった。

【hmm…なアドバイス351. 隠れ無印良品ファン】
国産昆布のおいしさは、海の恵みをシンプルに味わえます。
無印良品では、国産海産物を使用したお菓子を2009年3月24日
(火)に新発売します。
引用元
 Pict0223

 “なるべく素材そのものを生かしました。”というコピーにつられて、今日発売の2品を購入した。『国産海産物を使ったお菓子 小魚と昆布のミックス』と『国産海産物を使ったお菓子 がごめこんぶ・梅味』。今日は疲れ気味なのでカルシウムを採ろうと思って小魚と昆布をいただいた。

 味わい深くフトコロが広くて、身体にしっかり良さそうな一品。作り手の良心をたっぷり感じました。お値段、安いですが味わいは高い。裏切られなくてよかった。こんぶ梅味は、明日cherryさんのモトに持っていって開封します。

【わたしの無印体験】
 数年前までのわたしの無印のイメージは「(スーパーの)PB商品<無印の商品≦メーカーのNB商品」。伝説のデザイン家電も(無印の基礎を創った)堤清二氏と田中一光氏のディレクションDNAの産物であり、安いもののPBショップくらいに思っていた。

 だが無印のある街に引っ越して以来、いくつも品を買っている。素晴らしく美味しくはないし、辛さはもう一本“ペパー”が欲しい『キーマカレー』は常連客。たまには『グリーンカレー』も買う。A5無地の『ノート5冊組』189円は価格と仕様、出色である。cherryさんの誕生日には『アロマディフューザー』を贈った。目算通り仕事場で使ってくれているので、わたしも加湿な恩恵を受けている(笑)。 

17 ポコポコ香る。

 無印が今好調なのは、なぜだろうか。思い当たることはある。

【無印の良さ】
 まず無印は品質が良い。

 対して大手スーパーのコストのみ優先、買い手不在のPBは大嫌いだ。今日のランチも自炊である“トップブランド”のミートソースで調理した。とても不味かった(笑)。安いので文句は言えないが、それは2人分で、明日2人分目を食べなきゃと思うと苦しい。そのPBを開発した企業の業績が悪いのがうなずける。ココロがこもらずコストしかこもっていないPB商品、決して支持されないゾ。

  無印は声高じゃない。

 対して大手メーカーのNB商品のうるさいことといったら。店舗の棚やゴンドラで“買ってくれ!”と声高に叫んでいる。購入して家に持ち帰ると、冷蔵庫も棚もテーブルも机も、バッグの中まで“ブランドだらけ”で騒々しい。一方無印は“無印”という根本をはずさず、静かである。 

16

無印良品は水のようでありたいと思います。水は穏やかで、不可欠で、
いつも人の傍らにあり、憩いと潤いを提供します。
引用元

 無印良品の運営会社である良品計画が、毎年1月に消費者に向けて発しているメッセージから引用した。“純粋であり続けることで、全ての人々の普通の健やかさを保証”します、という宣言。小骨や昆布に表れていますよね。

【hmm…なアドバイス】
 同社もスランプだった時期があり、2000年から03年頃まで減益、売れないサイクルにはまっていた。それがまさにV字回復をしたのは“お客さまに聴く”という仕組みを商品開発に取り入れたからと言われる。いわゆる『モノづくりコミュニティ』です。そのあたり、笠原造氏のエッセイが詳しいので読みましょう。

 わたしが無印に“コミュニティ”を感じるのは、とりわけ食品のレトルトセットですね。お手軽BUT健康&ダイエット、という働く女性のニーズにきっちり応えた品揃え、単価は安いけれど生活密着している。食品コーナーが起点になって、他の売場を活性化させているような気がする。

 個人的に無印への要望がふたつあります。まずキーマカレーの辛さを一段上げてよ(笑)。それからもうひとつ、『ガパオのレトルト』を開発してくれませんか。ひき肉がいいな。わたしを某PBのミートソースで殺さないで!(笑)今日は以上です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年3月23日 (月)

サラリーマンは耐えるしかない。

 ある人がこうわたしに言った。「サラリーマンとは耐えることや。耐えられないなら自立するしかない」 同感でした。わたしは(ある意味で)耐えられず辞めた。辞めて独立した(気分になった)。ところが独立にはその後、二段階も三段階も心理的・金銭的なステップがあるということがわかってきた。

 辞めなくて済む人は辞めないほうがいい。その人も語っていたし、わたしもそう思う。後悔しているわけじゃなのですけれどね。コクヨの新製品の記事を見て、ちょっと感慨深くなっちゃって。

【hmm…なアドバイス350.サラリーマンは耐えるしかない。】
「Energy Pit」は、オフィスレイアウトで発生する僅かなデットスペースを
利用して、オフィスワーカーへ体感的刺激を与えるデザインと専用設備を
組み合わせた付加価値空間を提供し、オフィスワーカーの意識を「ワーク
モード」へ切り替えて、生産性とポテンシャルの向上を支援します。引用元
 

0215834_01

 コクヨならではの商品開発展開。には“フレッシュエアーPit”(下左)。それはプラズマ・クラスターイオン発生機で空気をリフレッシュする。またの“クールダウンPit”(下右)では、「あ〜暑いな外は」と言って帰ってくる社員を、冷風で冷やすスペース。ああこれいいなあ。 

4 7

 “ワークアウトPit”はです。テーマは自転車。ワーカーたちが自転車で移動するイメージを作るスペースです。自転車販売スペースですか? そして期には“サーカディアンPit”がテーマで、サーカディアン照明を利用した活動意識の覚醒とされていります。具体的にはセンサー付き照明と遠赤外線暖房装置) 

8 12

 メタボリック予防オフィス、ヤル気アップオフィス、いろんな言い方はできるでしょうが、ひとりひとりの社員を大事にして従業員満足度をアップする商品である。オフィスを単に効率化するのではなく、身体やマインドのリフレッシュからというアプローチは正しいと思います。

【ブルーな月曜日的コメントですが…】
 ただ、こうした商品企画提案が“労働強化”に使われるとすれば、コクヨにとっても心外だと思う。

 このご時世、人員削減をすればするほど、一人ひとりの仕事がキツくなる。でも今までどおりのアウトプットが要求されて、これまで2.0人でやっていた仕事を1.5人でやってねとなる。もちろん残業代無しの年俸制社員システムですからね。

 端的な例は“フリーアドレス”。自由なポジションで効率よく働くというフレコミで広まったが、実際には多くの会社でほとんど固定アドレスになる。毎日の席の変化は(仕事創造力の点で)必ずしもプラスではない。社長室や取締役はフリーアドレスじゃなくて指定席の会社が多いのがその証拠です。一般社員の人数>自由席数=吊り輪で仕事、ですよ。

 コクヨのEnergy Pitのような商品の導入、社員への期待を測るリトマス試験紙の役割を果たす面もある。なぜなら、時短やワークシェア、そして賞与カットまでしても、雇用維持をしようとする会社は尊いから。Energy Pitの導入=尊いかどうか、会社によって違うと思う。不況は人間性だけでなく、会社性こそアラワにする

【hmm…なアドバイス】
 わたし的なオフィス合理化提案はちと違う。それはたとえば椅子デザイン。次の無垢の分厚いお煎餅のような椅子なんかいい例だ。“君の仕事は厚いお煎餅のように味わい深い”というメッセージか、“お前の仕事はこんな無骨だ”というメッセージにもなる。

Mo01

 ゴミ箱の上に椅子を載せた椅子、これキツいブラックユーモアだ。こんな椅子のデザイン表現、それは“耐えること”かしら。いずれもアーティストのwilliam stone氏のデザイン。 

Mo05

 でもね、エネルギーアップで大事なのは“モチベーション”もある。モチベーションをジャッキアップされ、給油され、タイヤ交換され、またがんばろう!作業効率は環境だけでなく、気持ちの問題、動機の問題が大きい。 

モチベーションをよいしょっとするには、耐えるだけでは不十分だと思う。少なくともわたしはそう思った。よいしょっとは“自立すること”だと思う。雇われじゃない身になって、そこがだんだんわかってきた。すべては自己責任。経済面だけでなく、思想や生きざま、好き嫌いをつらぬくこと。主張だけでなく、自立のために何をどれだけ犠牲にできるか。サラリーマンを耐えられないのだから、自立への途を耐えるしかない。そんなことを思う。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

ミッシェルのホワイトハウス菜園計画

 関東地方の今日はひどい嵐でした。早朝からがっぷり仕事をして、さあて午後は自転車でも…と思いきや、あまりの強風波浪に恐れをなして、外に出ずにまたがっぷり仕事をしました。こんな日にマラソンもご苦労さまです。

 外に出ないかわりに“お外の話題でも”と思っていたら、あった、あった。ミッシェル、やるじゃないですか。日曜日にふさわしいガーデニングの話題。

【hmm・・・なアドバイス349. ミッシェルのホワイトハウス菜園計画】
“This is a big day. We’ve been talking it since the day we
moved in,” said the First Lady as she and two dozen local
students broke ground on the White House Kitchen Garden on
the South Lawn of the White House.
 引用元 michelleobamawatch 

Flotus_garden2_blog

「この日を待ってたわ。ホワイトハウスに引っ越してきた日から、早くやりたいねとずっと話してきたの」20人以上の地元小学生を前にファーストレディはこう話すと、ホワイトハウスのサウスローンに“キッチン・ガーデン”の最初の鍬をいれた。(割と誠実訳) 

Flotus_garden1_blog

 ファーストレディのミッシェル・オバマ/Michelle Obamaさんが、ホワイトハウスで家庭菜園を始めたそうだ。子どもたちはこの菜園で有機栽培のヘルシーな野菜づくりをして、ホワイトハウスのキッチンで料理をしたり、ワシントンDCのホームレスを助けるMiriam’s Kitchenにも野菜を届けることになる。なんて良いことでしょうか。ファーストレディの耕す姿、動画も見てください。楽しそうだし、すごくナチュラルなのがいい。 

2 

ワシントンポストの動画、短いので観てください。

【ホワイトハウス菜園計画】
 ポーズだけではなく、かなり本格的だな、と思わせるのが次の菜園計画図です。機密情報ではないらしい(笑)。

17  

 ざっと見るとレタス、ほうれん草、ブロッコリ、フェンネル、ラディッシュ、ワケギ、たまねぎ、ニンジン、さやえんどう(かな)。まさに野帳記録ですね。この広さならかなりの収穫があります。個人的には(量は多くなくていいから)新鮮なオクラと、(農薬を撒かないで)油虫を寄せ付けない枝豆がほしい(笑)。ニンジンの葉の天ぷらもいいな。

【MIOのエコフレンドリーなガーデニング商品】
 さてさて来月はEarth Day/アースデイがありますね(4月12日)。フィラデルフィアのデザイン会社のMIOでは、Target(米国の大手量販店)とコラボで“environmentally responsible outdoor products(環境にやさしいアウトドア商品)”を展開する。

0targetmio

 いずれもリサイクルやリユースを前提とした素材を活用。ガーデニング用具、ソーラーライト、コンポーザーやハンモックなど。バジル・コリアンダー・パセリのペーパーポッドもいいな。ガーデン用具の柄は竹素材。この会社、良い経営フィロソフィーがある

18  19

【hmm・・・なアドバイス】
 ミッシェルの菜園に思った。われわれは日比谷公園で炊き出しを賛成するだけでなく、あそこに菜園を作って耕してホームレスに食べてもらう実践をするだろうか?日比谷公園のすぐソバの、農林水産省のお役人が、省の庭を利用してくださいと提供するだろうか?

 「そんなちっぽけなこと」と“大所高所”からモノごとを見る官僚や政治家の方々は呟かれるでしょうが、地に足付けて行動するのがほんとうのリーダー。自作自演で儲け逃げの金融業のヤツらはひどいけれど、実は良い人もたくさんいるマダラ模様なのが米国社会。民のココロをつかむのはカネや予算だけではない。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年3月21日 (土)

網戸=花粉対策のひとつだが。

 昨日は花粉症がツラかった。そのせいでブログを書いてコテンと寝てしまった。10時過ぎだったかしら。ところがそのあと午前1時か2時頃か、つる〜りとハナミズが垂れるので起きた。そのあとなかなか寝付けずで。最近このパターンで寝不足しています。

 あと1、2週間の辛抱だが、うらめしくサッシの向こうを眺める。この網戸からあやつら(=花粉=花粉粒子=直径30〜90ミクロン)が入ってくるのだ。と考えて今日は網戸をテーマに。

【hmm…なアドバイス348.網戸=花粉対策のひとつだが。】
YKK AP株式会社は、従来の網戸に対して「4つの性能」を向上させた
「クリアネット網戸」を発売します。
「クリアネット網戸」の最大の特長は、クリアな眺めと通風量のアップです。
ネットの糸を0.25mmから0.15mmと細くし、網目を1.2mmから0.9mmに
細かくしました。また、糸と糸の交差部を融着しホコリが隙間に入りにくい
構造にしました。
引用元

0215646_01 右が新製品。

 4つの性能とは“眺望・通風・防虫・清掃”である。YKKでは網戸の線径を細くして開口部を従来の68%から74%に上げた。一方編み目を18メッシュから24メッシュに細かくして、開口面積を0.9mm角にした。虫ははいりずらいだろうな。糸と糸の交差部を癒着する技術で埃も隙間にたまりにくくなるそうだ。

7

 透過性がよくて虫が来ない、たしかにいいですが、これは初夏から夏向けのシーズン商品。リモコン式、ヨコ型などさまざまな網戸スタイルに適合する。ただ0.9mm角では花粉対策はできませんね。09年4月1日発売。

【花粉症対策の網戸もある】
 実は花粉症対策の網戸、ずいぶん前に(04年)帝人から発売されている。

16

消費者からの要望が最も強いと思われる、花粉粒子(直径30〜90ミクロン)
の80%の侵入阻止が期待でき、かつ適度の通風性とブラインド性を持った、
メッシュ数が1インチ当たり200本の高密度織物を基本スペックとしま
した。(従来の網戸のメッシュ数は、1インチ当たり18〜22本が大勢

12 

従来ネットとの比較表、メッシュ数が10倍、線径は1/5、その仕様で花粉の侵入阻止率は90%という。通気性はその分悪くなるが、背に腹は代えられない。この製品の販売は複数の会社で行われているが、中でもトステムオンラインの“取り外しの可能な花粉ガード網戸”はいいな。 

4 トステムオンラインより。

 窓用の網戸にフレームを装着して帝人の『クロスキャビン』の花粉ガードを付ける。それを普通の網戸のように装着することができる。つまり二重の網戸状態。付け替えが面倒だけど、このシーズンだけのガマンならそれもいいだろう。

【スタイリッシュな網戸で予防したい】
 だが建築家から見ると、網戸ほどデザイン上、醜悪なものはない。見栄えがわるい。だから家の竣工後の撮影では、よく外して撮影しているでしょ。一方で花粉シーズンになると人さまの女性は美人が増えると言われる。そのココロは…“マスク美人”(笑)。

Psr_ph005 Psr_ph001

 こんなスタイリッシュな網戸で花粉症対策ができれば、言うことがない。セイキ工業の装飾窓用ロールアップ網戸である。枠にそって、からからっと巻き上げる方式。野暮な“網戸”の汚名返上の美しいデザイン。こんな花粉対策スクリーンがあればいいと思う。

【hmm…なアドバイス】
 さてウエザーニュースの花粉飛散予報によれば、次の通り。

8

 ヤバい、明日は小休止だが来週は飛びまくる。実は大都市ほど花粉飛来が多いのだ。この予報でもそうなっているが、わたしの勝手な推測。

都市は地表がアスファルトで覆われているから、土に花粉が付着せずにバウンドするのではないだろうか?新説かもしれないが、あやしいでしょ。花粉の出ない杉や檜は対策のひとつだが、国民をここまで健康悪化させながら、ほぼ無策の国にはほんとうに腹がたつ。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

レギンス・ジーンズの誘惑

 まだ返信をしていないが、やや懐かしき人からメールをいただいた。元N自動車、そしてネットワークベンチャーにお勤めだったKさん。「独立されたんですね、こんど是非一杯」と書いてありました。へい一杯しましょうね。しかし独立稼業もまだまだ順風ではないので、安くいきましょう。

Dsc00773s  世界で、限定4個限りです

 独立稼業でひとつ良いことは、好きなファッションで仕事できること。かなり崩れてきた(笑)。ジーンズに皮ジャン、アタマにはNUDEモヨウ帽子、毎日かむってます。あ、でもコンサルタントのときは、ちゃんとスーツ模様ですから安心してください(笑)。

【hmm…なアドバイス347.レギンス・ジーンズの誘惑】

ジーンズ(デニム)は「織物」、レギンス(ニット)は「編物」という素材
特性がありますが、エドウインは、このジーンズらしい外観とレギンスの
ソフトさ・軽快さを融合させた新しいレッグウエアとして、「ニットデニム」
素材を採用した「LADIVA(ラディーバ)」を発売します。
引用元

0214588_01

 エドウィンからの女性向けのレッグウエア、惚れ惚れ見つめてしまって(笑)。デニムLookでレギンスFeelとは、なるほどと思いました。なぜって脚をすらりと細く長くカッコよく魅せたいのは女性心、だからタイトフィットジーンズが主流。でも実はけっこう窮屈だから、家に帰ったらジャージに違いない(笑)。一方でレッグウエアはすらりと魅せますが、いろいろコーデが必要でしょ。

ジーンズライクのレギンス、カジュアルですっきりな装いの幅をずんと広げそうだから。これ、ヒットします、男目線的にはヒットしてもらいたい(笑)。

【レギンス+ジーンズの特徴】
 特徴はいくつもあるけれど、いくつか。

 まず[美脚を演出するフィット設計]とは、ジーンズデザインのノウハウである、ジャストフィットしつつも美脚演出効果。次に[着用感を高めるウエストのリブ]は、はいていてラク&腰が浮かないフィット、つまりストレッチがあること。そして[軽量のファスナー/ボタン]はあんがい重要な要素。ファスナーがごついと興ざめですよね。サイズはSサイズ(26インチ)/Mサイズ(28インチ)。

0214588_02

 さらに10色のカラー展開も抜け目ない。わたし的にはインディゴ系かブラック系かどちらかさ。4,900円。

【milan design week 2009では…】
 ミラノのdesign week 2009では、うふふなジーンズ・デザインがあった。

Jean01  Jean03

 このテーブルの名前、ずばり『jeans stool』。素敵!でもさ、サイズいくつなんですか?“50cm角”とか(笑)。オランダのciske van berkelさんのデザイン。

 もうひとつ、うふふなパジャマもあった。

Ld1

 ‘1+1 (loveme before, loveme after)’ と名付けられたコンセプトパジャマ。frederique daubal さんのデザイン。よおく見てください、こりゃヌードの帽子以上だぜ!(笑)。これは商品化しましょうよ。

【hmm…なアドバイスというか、アナウンスというか】
 伝統的に、部屋着はヨソユキになることが、ファッション・テーゼなのかもしれない。

 遠く昔、ジーンズは作業着だったのにファッションになり、リーバイスが確立しましたよね。近い昔、スパッツはレギンスとも呼ばれ、楽な部屋着ボトムスから外着ファッションになった。パジャマ・パーティが流行ったのははるか昔の感じがするし、ジャージが街着になったのもはるか昔のような気がする。

でも、女がすなるレギンス、男も履いてはだめなのだろうか?ちょっと履いてみたい好奇心があるのです。だって最近ではランナーもジョガーも、そして自転車乗りだって履いていますよね。そしてフツーの路上では、あの作家だって履いている。

Photo1 Photo2 HPより。カッコいいす。
 
 だめですか、cherryさん?(笑)今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月19日 (木)

ちょい上の「ホテル東急ビズフォート」——成算はどこに?

 今日はビジネスメディア誠に連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

ちょい上の「ホテル東急ビズフォート」——成算はどこに?
不況の影響を受け、ちまたには低価格商品があふれんばかり。100円台の
ハンバーガーや1000円を切るジーンズなどが注目を浴びているが、
“ ちょっと上の消費の兆し”が出ているのも確か。今回は宿泊料金がやや
高めのビジネスホテル——「ホテル東急ビズフォート」を紹介しよう。

続きはこちら

Dsc00320s
 発表会場でのホテルスタッフユニフォーム展示

 ホテル業、今かなり厳しいのが実情のようだ。次の画像はホテル・旅館の割引サイトのyoyaQからのもの。

2_2

【高級ホテルから値崩れしている実情】
 このサイトは首都圏中心に高級ホテルに特化した格安サイトで、「当日ご利用時間限定」とか「お部屋は選べません」など条件は付くことが多い。だが高級ホテルの料金バロメータとして見ることができるわけです。それが今や3割4割引は当たりまえ!割引率69%のケースさえある。産経ニュースの記事によれば、「今年1月の1泊1人当たりの予約平均単価が1万4912円となり、初めて1万5000円を切った

 サイトの調べでは1年前は1万8000円、それが1.5万以下なのだから、ぐっと下げてきている。その引き金は(わたしの調べでは)鳴り物入りで高料金参入してきた外資系ホテルだろう(どことは言わないけれど)。さらに老舗で立地があまりよくない国内系ホテルニューオータニ、帝国ホテル、パレスホテルなど)の稼働率は5割内外で、料金ディスカウント率がとても高い。ナニセあのリッツカールトンでさえ、4割引きもあるというナマ情報を、さきほどcherryさんから得た。

 対照的に、たとえば京王プラザホテル、八重洲富士屋ホテル、品川プリンスなど立地条件のいい、ちょいカジュアルBUTフォーマルでコンフォタブルなホテルは、すこぶる好調という。ふうん。たぶん、宿泊だけでなく、体験的な企画が奏功しているのだと思う(特に京王プラザはそんな感じがする)。

【ホテル事業の二面性】
 ホテル経営は一般的にこんな算式がある。目標客室稼働率を設定し(たとえば70%)損益分岐点とする。設備・運営・人件費などが他の不動産投資にくらべて極めて大きいので、稼働率が目標に到達しないと莫大な赤字が発生する。ところが目標稼働率を超えると、たちまち高収益となる。そんなハイリスク・ハイリターンがホテル投資と言われる。

 つまり土地や建物オーナーと(東急さんのようなソフトウエアの)オペレーターのせめぎ合いというか、極めて投資収益率なんちゃらで語るしかない世界がある。だから不動産+ホテルREITのようなものが成立する。ホテル業の経営面は極めてロジカルな世界がある。

 だが一方で、利用客は極めてアナログな価値をホテルに求める。それはホスピタリティと呼ぶこともできる“宿泊体験”である。利用客は単なる一宿一飯の恩義に預かるわけではなく、マインドを取り戻したり、スピリッツを高揚させたりしたいのだ。このギャップがいつも問題になる産業がホテル業である。おもしろいですよね。

【裏話おば】
 オマケで、2つのウラ話をば。

 まずひとつは、エッセイの発端ですが、cherryさんとわたしがIKEAの“お泊まり会”に応募したことです。それには落選してしまいましたが、“体験会”というキーワード、ビジネスメディア誠の吉岡編集長が読んでいてくださって、東急ホテルズの新ブランドの発表会、体験ぽい内容らしいので郷さんに書いてもらおうか、となった。ありがとうございました。取材の当日、昼食を軽めにして会場に向かいました。ペイストリー食べ放題(笑)。美味しかったです。

Dsc00365ssss_2

 もうひとつはベッド。誠にも掲載された一文のうち、なんと!一部ですが編集部に削除されてしまいました。それは…コンフォタブルなベッドの話しを書いたあとのくだり。以下削除部分。『ベッドに横たわった誠編集部の土肥さん、寝むりかけたので声をかけて起こしました

Dsc00329ssss_3

 たいへん残念です。土肥さんへの想いを込めて、個人を特定できる部分を削除して(笑)掲載させていただきます。

【ブランド=価格ではない】
 施設の高級感は高くても、日本的なサービスを提供しない外資系ホテル、どんな時代でも大丈夫とタカをくくっていた老舗ホテル。高級ホテルのまだら模様が暗示しているのは、過去の体験は否定され、中身の伴わない高級感が否定されていることではないか。

 かと言ってバジェットホテルにランクダウンできないブランドを持っているのはもっと袋小路。『ブランド=価格ではない』という消費者のまっすぐな視線に耐えられるかどうか。学術的なブランド論はこむつかしいが、ブランドの現実は、あんがい簡単明瞭である。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月18日 (水)

スケッチブックと野帳―消費と創費のちがい

 今日はちょいノスタルジーの2つの文具がテーマ。ノスタルジーには2つ意味があって、昔からある商品のリニューアルの巧みさ、これがひとつ。もうひとつは、このブログの中での懐古趣味でして、かなり長期間このブログを連日書いていますので、同じ商品を2度取り上げることもたま〜にあるわけです。

 でも同じことを2度書いたことはない。そこは秘かな自慢。以前書いて推した商品のその後もフォローしたい。マルマンのスケッチブックコクヨの野帳

【hmm…なアドバイス346.スケッチブックと野帳―消費と創費のちがい】
 まずマルマンが50周年で発売した『図案シリーズ』。かなりヒットしたようで、アパレルメーカーとコラボやラインナップ強化をしてきたようですが、こんどはルーズリーフまで図案シリーズにしちゃった。

L_st_mm01

『ZUAN ファイルノート』は、表紙に透明なPP(ポリプロピレン)
素材を採用。内側にポケットを装着しており、両面に異なるデザインを
施した表紙・裏表紙の2枚の挿入紙がつくため、組み合わせにより1つの
ノートで4パターンのデザインを楽しむ事ができます。
引用元

0215302_02

 マルマンのスケッチブックのモチーフを取り入れたプラスティックバインダーの表紙&裏表紙に、デザインパターンの挿入紙をセット。A4判30穴、B5判26穴、A5判20穴の一般タイプ。要はルーズリーフバインダーに図案シリーズの新デザイン紙が入っただけ。それなのになぜか惹かれるのはなぜなのか?

【ヒットの理由】
 ひとつは挿入紙のデザインの秀逸さ。もうひとつはA5、B5、A4というサイズがそろったこと。あんがいルーズリーフは店頭でB5しかなかったりするからね。余計ですが、わたしはA5大好き、B判大嫌い。

 もうひとつ、マルマンのスケッチブックモチーフをフツーのノートに持ちたいという気持ちがある。絵を描くヒトという自分を普通のノートやバインダーでアピールできる“潜在的なアーティスト心理”を突いている。

【コクヨの野帳の限定商品】
 もうひとつ、コクヨの野帳の村上康成さんバージョン。

20090305_01

この度発売する「フィールドノート(測量野帳)」は、従来の測量野帳の
イメージを踏襲しつつ、表紙デザインに村上康成氏のイラストを採用しま
した。
引用元

090318_205902  090318_205901

 野帳について、ビジネスメディア誠にひとつエッセイを書いた。その3mm方眼の書きやすさ・持ちやすさ・発想しやすさ。やっぱり凄い商品だと思う。しかもマルマンとほぼ同じ、発売今年50周年だという。

価格が340円もするのは怒りに近い(のは大げさですが_笑)。だって普通の同タイプに比べて倍以上する。紙質は同じ上質紙だし、見たところ綴じも変わりない。ただ背表紙は角から丸に変わっているので、そこは高コスト要因かもしれない。村上康成さんの絵本モチーフを買ったと思えばいいのですね。白タイプをひとつ買っちゃった。

20090305_03 こういうイメージでアーバン散策

【hmm…なアドバイス】
 どちらの商品のヒット理由は、商品が半世紀にわたって培ってきた“スタイルを自分のものにしたいから”だと思う。絵描きじゃなくてもスケッチブックを持ちたいでしょ(これわたし)。測量や地質調査をするわけじゃないけれど、野に出たときに測量手帳を持ちたいでしょ(街でも同じ気持ちです)。

 商品には、現実のニーズにしか応えない単なる用具と、現実のニーズに応えつつ夢をもたせてくれるものがある。大半の消費者はカッコから入ってカッコだけで終わる。だから消費という。モノから入っても、好きで粘ってその人なりの格好ができることもある。これは創費という。今日は以上です

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月17日 (火)

不況の春には“ちょい旅”がいい。

 今日は久しぶりに新幹線に乗って東京ー名古屋を往復しました。これからしばらくは出張仕事のなさそうなので、名残惜しく、の〜んびり★ゆった〜りと車窓を見つつ(というのは嘘で、車中もバシバシ仕事三昧)。

 名古屋からの帰途、東京駅からアキバのutteオフィスに立ち寄って、そこからの車中で「これいいじゃない!JR東さん」という“ちょい”な春休み企画を発見。今日はちょい旅2つをテーマに。

【hmm…なアドバイス345.不況の春には“ちょい旅”がいい。】
JR東日本では、お子さまが大好きな「新幹線」と開館以来多くのお客さまにお越しいただいている「鉄道博物館」をセットにしたおトクなきっぷを、2009年2月21日(土)より発売しております。このきっぷの企画コンセプトは“ちょい乗り新幹線で、てっぱくへ!” 引用元

12

 これは都心発の電車で『てっぱく(鉄道博物館)』に行こう!という企画。東京ー大宮間の新幹線自由席往復と、大宮から鉄道博物館へのニューシャトル往復を組み込んでいます。この企画ですと通常はオトナ4,520円、コドモ2,260円かかるところを、それぞれ3,500円と1,000円に割り引いています。すごくお得。

17

 この企画いいな!と思ったのは、鉄道博物館は鉄っちゃんの新聖地になっているし、東京から大宮まで“新幹線をちょい乗り”できること。これはあんがい良い。子どもにとって在来線よりも(たとえ立ちでも)新幹線のほうが嬉しいし、大宮ってじっくり走るとけっこう遠い感覚がありますが、新幹線ならたしかにちょいっとですよ。比べてみました。

東京ー大宮 by新幹線『あさま』『なすの』『たにがわ』ほか
  所要時間=25分 料金 1,580円×往復=3,160円

東京ー大宮 by普通電車『京浜東北』『東北本線』『湘南新宿ライン』
  所要時間=38〜40分 料金 540円×往復=1,080円

 時間はたかだか15分の節約。でもね子どもには新幹線に乗ったぜ!という“やったね”感覚。しかも新幹線車輛を選ぶこともできる。だからオトナの差額は2,000円は“ちいと高い”ですが、子どもの往復ちょいと1,000円はかなりお得なマジック

【ちょい乗り特急+在来線”】
 新幹線の緩行線(という言い方はない?)である『ひかり』や『こだま』には割引や旅セット企画があり、つぶさに観ていけばお得なケースが多い。わたしとcherryさんは“ぷらっとこだま”でビジネス出張もした。あれは、こだまのグリーン車、ビール付きが快適でした。

 春休み“ちょい大宮新幹線”以外にヒットしそうな路線はないのか。『東京ー横浜ちょい』う〜んいろんな電車が走っていてご利益なさそう。あんがい『岡山ー倉敷ちょい』とか、『新潟ー直江津ちょい』とか、地方都市をちょい結ぶのも観光掘り起こしにつながるのではないか?“ちょい乗り特急+在来線”という需要開拓、目的施設やエリア体験が明確ならば、まだまだ可能性に満ちている。

【夜桜で叫ぼう】
 もうひとつ、ごく身近なちょい乗りを発見。それは桜をめぐる無料シャトルバス。

20

 千代田区観光協会が毎年実施する『千代田さくら祭り』。公式ガイドマップが今首都圏で配布中です。千代=桜というイメージが(なぜか)ありますが、皇居を中心に桜が多いエリアを巡回バスが回ってくれる。utteのオフィスからは“秋葉原駅”か“電気街駅”が近い。もちろん乗り降りタダで丸の内、神保町をぐるりとします。

18  16

 ちよだの花の道マップ『千鳥ヶ淵ルート』周遊コースは九段下から靖ら清水門、北の丸公園まで清々しい道のり。そこから千鳥ヶ淵を歩き、靖国神社へ。『江戸城外濠ルート』は堀をまっすぐに下るルート。おしゃべりしつつ歩いても道に迷うことはない。

19

 わたしのお奨めは夜桜見物の後、花見で多杯をしこたましてから、国会前庭の散策。酔った勢いをかりて、国会の前でリーダーとしてふさわしくない与党野党の政治家たちに“オイ!桜が散るように潔く散れよ!”と、シュプレヒコールしようじゃないか。失政に次ぐ失政にも音無しすぎる日本人、せめて“桜血祭り”をしましょう。

【hmm…なアドバイス】
 ちょい新幹線、ある体験を思い出しました。それは“上海リニア”。

Liniarsp 引用元 

 うやうやしいホームに、仰々しい車輛。乗客が乗りこみ指定席に着席。宇宙ロケットのような双曲線を描いて時速400kmのピークを経て到着。感動もなく速さ自慢だけだった。あれに乗っても子どたちはワクワクできないだろう。新幹線のちょい旅が楽しいかどうかとは、“乗客が主役の体験”かどうかなのだ。でも、車輛が主役でも楽しい鉄男・鉄子もたくさんいるけれど。その心情よくわからん。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

欄間とくらしクリエイティブ

 あるオフィスリフォームに関する話しに関わっている。リフォーム案の中である箇所の空調が気になった。壁で覆われていて換気が不十分で湿気がこもらないか。リフォーム工事を担当する会社の方に訊いた。

 わたし「ここの壁は天井まで覆う構造ですか?」
 担当者「いえ、ここは壁にランマが入りますので、こっちの空調で換気や室温調整ができます」
 わたし「ランマ?」
 担当者「壁の上部に空間をつくるものです」
 わたし「どんな漢字を書くんですか?」

一同沈黙(笑)。これがきっかけで調べました。奥が深いものでした。

【hmm…なアドバイス344. 欄間とくらしクリエイティブ】
 ランマ=「欄間」が漢字表現。欄とは“囲み”、間は“間仕切り”という意味。「部屋と部屋の境の天井と鴨居(襖や障子、その他の引き戸を設ける場所の上の部分にある開閉のための溝のこと)の間にある、光や風を採り入れるもの」(引用元)とある。

180pxwoodenpanelusedasadecorativetr  引用元

 遡ること平安時代の寺社建築に見られるというからには、襖や障子や衝立てと同じくらい日本建築と密接な関係がある。電気のない時代、換気や採光の機能を果たし、日本間の陰鬱礼賛な空間づくりにひと役買った存在。伝統工芸的にさまざまな表現(花鳥風月、富士山や箱根連山)があるが、設置する場所による区分(部屋の境、明り入れ、縁側など)、形状による区分(彫刻、埋め込み、組子、節抜、あっぱっぱなど)に分けられる(参考は同HP)。

 “ポストモダンのランマ”とも言うべき、素晴らしい欄間を制作&デザインする会社がある(相棒cherryさんに教えてもらった)。

【タニハタの欄間の美】
遠く飛鳥時代から、年月をかけて磨きぬかれてきた伝統工芸「組子」。
釘を使用しないで木を組み付ける繊細な伝統技術で、タニハタの職人が
組子欄間、和風衝立、間仕切りを製作します。
引用元

Gazou2_000

 欄間の産地は富山県や福井県、広島県と言われるが、株式会社タニハタはグッドデザイン賞も受賞する富山の会社。組子(くみこ)にその職人技が光る。板を組み合わせて幾何学紋様を創る。なんかどれも美しくて観惚れてしまひます。

8

 次の画像は“市松模様”の欄間。素材の異なる表情を活かした細密な表現。これはあまりに美術である。サイズは高さ36cm×幅180cm×枠厚3cm。価格は一枚244,375円であるが、価格の価値はある。

Itimatu9

 『三十菱』の組子も美しい。素材はヒバや杉、サワラなどからチョイスできる(15万〜39万円)。同社のブログの記述にもぐっときた。

【買い手と創り手の関係】
 最近、海外からのお問い合わせ・お取り引きが増えています。 
 今月も香港、ドイツ、イタリアなどの国に向けて組子欄間を
 販売いたしました。(中略)
 個人の方・業者の方を問わず、弊社商品を検討される場合
 できるだけその国の運送に関する情報を教えていただけたら
 助かります。
引用元 

 中略した部分には、サイズが大きくなること(複数販売のケースが多いのだろう)、税関だけでなく木製品なので検疫も問題になることがあるので、売り手の労力がかかります、とある。

 売り手がナニを不遜な偉そうに、と思うかもしれない。そういうことではないのだ。昭和30〜40年代に“進歩的なLDK団地”が開発され、プレハブ住宅が生まれ、日本家屋から欄間が消え始めたとき、大工と施主の関係も大きく変化した。施主は大工への家造りを伝えるコミュニケーション能力を失い、大工は家造りの規格ばかりを追うようになった。

 欄間という建築工芸を購入するからには、住まい手もそれを活かす覚悟がいる。ほんらい家造りと家住まいとは、そういう関係があった。

【現代家屋でも廃れきったわけではない】
 ただ現代でも欄間は廃れたわけではなく、マンションリフォームで実現した例もある。NPOエコ住宅リサイクルバンクの助言で、マンションで欄間が実現した。取り壊す実家の建築材を運んで欄間を活かした“マンション内古民家”。

7  古民家

 次は回転式の欄間。ティーエー工房の制作事例で、化粧材+ポリカーボネイトで制作した。価格面だけでなく地震での落下の危険を考慮したものだ。

News061001thumb  回転欄間

【hmm…なアドバイス】
 現代の日本家屋、とくにマンションでは、欄間の位置には鉄骨鉄筋の梁があり、間仕切りの上部は建材ボードで埋まっている。気密性の高い住宅を造る上で仕方ない面もある。

 だがくらしの中に、アートやデザイン、工芸の入る余地をどんどん失わせてきたのが日本合理住宅産業であった。ホルムアルデヒドが健康に害があるのは周知のことだが、住まい手の心の中にもホルムアルデヒドが浸食していないか。くらしにクリエイティティブがどんどん減ってゆく。utteという事業でそれを少しでも食い止めたいと思う。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月15日 (日)

コード整理の美=デザインマインド

 ああ、こんなにこんがらがっている机まわり。いつも雑然としているが、ここ数週間、タイトな仕事で、特にザツゼンとしている。PCに携帯充電器、照明やHDD…ケーブルはスパゲティ状態。なんとかできないものか。 

090315_192702

 コード整理の美のポイントは3ツある。『差し込み口の美』『コード片付けの美』『コードレスの美』だ。それぞれ当てはまるモノを集めてみた。

【hmm…なアドバイス343. コード整理の美=デザインマインド】
 まずは“差し込み口の美”からお手軽系を。『Biz.ID』に載っていた“百円ショップタップ”活用法は悪くない。

8
 充電器や電器器具、あんがい差し込み口をふさぐことがある。それを避けるために“三口タップ”を活用せよ。う〜んなるほど、3個か4個持っていれば携帯もMacもPCも髭剃りもアイロンも、たいてい接続できる。1個百円でここできるのは素晴らしい。だが“美”にはほど遠いな。

 7

 『Movable-Power-strip』はまだデザインレベルで市販されていないが、ヒザを痛いほど打った。これはいいよ!

Movablepowerstrip

 各コンセント部が同じデザインだが、チェインというかスネークというか、伸びて折れて広がったりまとまったりする。デザイナーはJeff Carterさん。すぐにも商品化してください。普通のタップが四角くてゴツくて大きくて、デザインセンスのカケラもないが、これだったらいいよね。デザインと機能が両立している好例。

Movablepower03 Movablepower01

【コード片付けの美】
 コードをいかに賢く美しく片付けるか。むかしから様々な器具があるが、2つの器具とひとつのアイデアを挙げたい。『Real Simple』のサイトから引用。

12 17

 『Cable Turtle』。ラバー製の本体を糸巻きのようにひっくり返して、くるくるっとコードを巻いて、また裏返すとあら不思議。これはなかなかよさそう。米国のAmazonで9.99ドルで発売中。

16 Banner1

 これは割と前からある『FLEX CHAMPION』ヒト形のフレキシブルなケーブルかたづけグッズ。あらかた片付けてはくれるけれど、混み合っているとスシ詰め電車のようになりそう。ひとつ5ドルで。

【コードレスの美】
 そもそもコードが無ければコードを片付けようなんて、お節介なグッズのお世話にならないですむ。棚自体に電力供給システムを組み込んでしまえ!というこのアイデアはいい。

Plugandplay_tables

 オフィス家具によくある“机にタップを組み込む”というアプローチとは違って、棚板自体に配電や充電支援機能を持たせるというアイデア。これはかなりすっきりデザインが実現できそうだと思う。実現価格は別にすれば、家具屋にも電器屋にも発想ができない秀逸なデザインだ。

【hmm…なアドバイス】
 そういえば日本の『Real Simple』は残念なことに休刊したが、、米国ではもちろん刊行されている。そこにおしゃれなコードとコンセント隠しのアイデアがもあった。

Framedartwork_300

手持ちの絵画でコードやコンセントを隠すんです!粋だしカッコいい!なぁるほど。デザイン作品にはまだ隠された効用もあるんですね。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

撮影ボックス作り余話

 昨日、ある国産木材活用のパイオニア的な存在の方にお会いした。かねて会いたいなと思っていて、ビジネスメディア誠の取材として申し込んでみたら、拍子抜けするほどスムーズにお会いできた。取材記者もどき冥利、というのでしょうか。

 インタビューを通じてすごくチカラを頂きました。ありがとうございました。そのあと国産の無垢の木のショールームの撮影をさせていただいた。カメラはSonyのα300、性能が良いのですが腕が悪い。照明と露出のバランスがもうひとつ取れず、ピントが合いにくかった。写りには不安があるなあ。

【hmm…なアドバイス342.撮影ボックス作り余話】
 わたしが関わるデザイナー作品販売事業のutteのサイト、作品紹介画像とその紹介文がコアコンピタンス。画像は(だんだん良くなってきたとはいえ)まだまだ。作品によってイマイチ多し。タマにはまあまあ写真が撮れたなという2品を転載します(まだutteのウエブサイトにはアップしていない画像です。フライング&転載ごめんなさい、華尚さん)。

012_00072600 012_00073600

 押し花を散らしたデザインと、文字のキラキラ墨がとても美しい作品。ピントの合わせ方がよかった。最初の写真は文字に焦点が合い、次の写真は花に焦点を合わせた。このサイズの作品撮影には“自作ヤグラ”ないし、段ボールで自作した“撮影囲い”を使っています。囲い内部を白くあるいは黒くなど変えています。できれば四方八方をおおい、撮影スタジオのように強い照明を当てつつ、柔らかい光源にする工夫を入れればいいのですが、なかなかプロっぽくならない。

 割とむつかしいのがアクリルフレームの撮影。多方面から映り込みがたくさんできる。撮影するのがちと億劫になるほどです(フレーム自体は安価なのにね)。歪まずに撮影する機材がそろっていれば、オイルペインティングのキャンバスのでっかい作品の方が、きっと撮影自体はシンプルだと思う。

【優れたライティンングBOXを作りたい】
 来週(以降)やりたいことは“もっと綺麗に映るライティングBOXの自作”。もちろん売っています。たとえばケンコーのボックス。実勢価格1万円くらい。

Lb4

 プラモデルの田宮模型からも撮影ボックス『ポータブル撮影スタジオ』が発売されている。これは折りたたみで持ち運びできる優れものだ。1/35スケールモデルがぴったりのサイズ。14,490円。

Top

 他にも“ミニスタジオ”などの名称で、小型のもので数千円から3万円くらいで販売しています。通販ビジネスやヤフオクマニアでもない限り、頻繁にはお世話にならないですよね。絵画や書も扱うわたしたちには、逆にちょっと小さすぎる。そこで自作しようという話しになります。

【自作サイトNo.1?】
 『オークション写真の撮り方』というサイトでは、1,000円で作る本格的撮影ボックスというエントリーがある。撮影対象品のサイズはちと小さいが、ホームセンターやシモジマで売っているサンプライという半透明素材で囲うボックスの作り方。ていねいに説明されていて参考になります。 

Sup10small Sup14small

 二灯のライトをしっかり当てて、レフ版で手前からの照源をコントロールすれば、アクリルフレームの映り込みも消えるだろう。

 『かめらのカワムラ』ではこんな本格的な紹介もある。

16

 わたしが角材で制作したヤグラも、基本コンセプトはこれ。もっとヤグかったのでぐらぐらですが(笑)。照明の光源のせいで、トレペが焼けて火が点いたという話しも書いてあってびっくり。トレペは紙ですから気をつけないとね。あと小窓から撮影する制作事例も載っています。アクリルフレーム撮影にはこれがよさそう。

 トレペぽい紙を使ってボックス撮影をしてみると、ナマぽさがイマイチ出ないのも事実。とはいえ照度と影のコントロールは商品撮影のイロハなので、そこを極めてからナマっぽい撮影ができるレンズに投資といきたい。次週後半以降なら時間ができそうなので新・ボックスづくりにトライします。

【hmm…なアドバイス】
 プロはどういう写真を撮るかという見本のような広告写真は、αシリーズのSonyから

3348868762_72d1fe67bf_b

3348869144_f81f98faaf_b

3348869500_56a1e89047_b

 24.6メガピクセルのα900、精細だしリアル。Sonyは国内より海外の広告がいいな、とつくづく思う。ずいぶん前だが『単音オーケストラの驚異のサウンド』というCMもよかった。フェイクをナマぽく撮る技術ノウハウまでいらないけれど、ひとつひとつのクリエイター作品には、作者のうなり声とか、生きざまとか、絶望とか希望とかがたっぷり詰まっている。わたしはそれをちゃんと引き出せているだろうか?ナマの汗や涙や笑みやウインクが、作品からほとばしる写真がいつか撮れるようになりたい。今日は以上です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

猫のすずに贈るモノ

 最近ある猫と知り合いになった。名前を“すず”という。知り合いとはいえ、お墨付きがある。大森のN家の家の飼い猫なのだ。泰然自若としたサマが誇らしげだし、動きも上品だ。何より顔つきが“賢こカワイイ”ので好きになった。

016_creator02すずさん。

 最初にN家に訪れたとき、cherryさんと同伴(同行?)だった。彼女は3匹の猫の主だ。猫毛に棲む彼女、猫好きの彼女になついたからなのか、普段は絶対に近寄らない訪問客に、相当に接近してきて、飼い主のNさんが驚いていた。接近だけでなく“接毛”もした。なにせわたしでさえ触っても逃げないのだ。かわゆいヤツよ。

【hmm…なアドバイス341.猫のすずに贈るモノ】
 次に訪れた時はすずに何かギフトを、と思っていたら、おお、アイリスオーヤマから新製品が出ているじゃないですか。

0215165_01

ダンボール製でお手頃価格。猫の大好きなボックスタイプの遊具です
狭いところや隙間などにもぐりこむのが大好きな猫にピッタリな
ボックスタイプの遊具です。ダンボール製なのでキャットタワーなどの
遊具と比べてお買い得です
引用元

 『キャットプレイBOX』と名付けられたこの商品。たしか〜にニャンコちゃん、もぐりたがるしくぐりたがる。何せ隙間好きですよね。上るだけのキャットタワーとはまた違った猫の本能をくすぐるボックスですよ。定価は2600円。

 

7

 出入り遊具、いろんなカタチに変えられるのは、飽きっぽくてクールな猫の心情をくみとってます。飽きたらカタチを変えて、moreチャレンジングなタワーにしませう。レゴみたいな感じで、汎用ボックスといか組み合わせ可能な汎用形を増やして、飼い主の創造性を刺激しよう。

【ツメ研ぎは永遠の課題】
 さらにもうひとつ、アイリスオーヤマからの新製品はツメ研ぎ。

0215167_01

使う部分だけ引き出して使える省エネタイプのつめとぎです
つめとぎ部分がロール式構造なので、使った部分を捨て、残り部分を
引き出して使用できます。ロールの長さは3mあり、約10回繰り返し
使用できます。
引用元

8

  なるほど、コリコリと習慣でやるときと、本格的にやるときと分けた感じ。

 この年になってもツメを噛むのはいかがかと思うけれど、やっちゃうんですよね。猫は自分でツメを噛まないのだろうか?てな、疑問はさておき、このツメ研ぎの革新?は実に興味深いです。いわゆる段ボールの段テキな形状ではなく、ナナメ研ぎ。

 これがあらゆる猫の支持を得るかどうか、にゃんともわかりません。ツメ研ぎは猫自身にとって女性のネイルアートのように、実はウンチクがあるとにらんでいます。この製品の定価は800円でリーズナブル。

 さすがにアイデア会社のアイリスオーヤマ。感心しました。

【hmm…なアドバイス】
 さて愛しい“すず”へ、“猫ギフト”ですが、ほんとうに喜んでくれるだろうか? う〜む、中元歳暮と同じ悩みで奥深い(笑)。そもそも、すずと知り合いになったと思っているのはわたしだけで、すず自身は、わたしのことを“知り合いマーキング”さえしていないかもしれないのだから。それって哀しいけれど贈るモノが違いますね。

016_creator04

 しかも実は、すずはすでに15歳。オトナ熟成猫なのです。だから若猫向けのちゃらちゃらグッズをささげてもダメでしょう。派手なハタキを持って行っても「ナニそれ」かも。そう考えると、若猫向けの遊びグッズばかりじゃだめなのだ。長寿命化した猫ちゃんのグッズが必要なのだ。

 フルムーン猫夫婦でも楽しめる散歩グッズとか、ネコでも解ける数独とか、シニア向け商品開発、実は大きな市場がありそう。

 N家に2度目に訪れました。こんどはわたしひとりでcherryさんナシ。するとネ、すずは、“ナニ?”って感じで遠巻きつつ接近してきました。触ってもハイヨってな感じでね。よかった、よかった。少しはマーキングされた。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月12日 (木)

京都伝統のコンテンツを生かせ――着物柄の名刺をプロデュース

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

京都伝統のコンテンツを生かせ――着物柄の名刺をプロデュース
京都の伝統的な技術を生かし、裏面に伝統の着物の柄を施した和風の
名刺をプロデュースしている株式会社のぞみ。京都の魅力をさまざま
な媒体で伝えてきた藤田功博氏の思いを聞いた。
 続きはこちら

16screenshot

 今回の連載のきっかけ、それは“和札”、エッセイで取り上げた京都伝統の着物の柄を使った名刺。それを紹介していた和のサイトがあります。わたしのお気に入りで、ブログやエッセイのネタ元のひとつなので余り教えたくないのですが(笑)『和の暮らしを楽しむブログ』。元々、ビジネスメディア誠の吉岡編集長のサイトから知りました。

 その和の名刺、“いとたおやか”なのです。こういう名刺を持ちたいものです。そう思って制作会社はどんな会社だろう?とあたったら、株式会社のぞみでした。なんと27歳の社長。しかも京都にこだわり、古都と格闘している雰囲気がばりばり伝わってくるじゃないですか。これはきっと想いがあるなと察して、取材したいと思いました。

Photo

 ところがわたしごときのライター、なかなか京都までの出張費は出ないのです(今どきの諸経費切り詰めの影響もありますが)。どうしたものか。ええい!ままよと、いつか取材させてくださいモードでメールを打つと、若き社長の藤田さんからジキジキにメールがすぐに。「◯日に上京するのでその際に」と快諾してもらいました。どうもありがとうございました。

【わたしの中の京都イメージ】
 閑話休題。わたしの中の京都のイメージ、すっぱりと二分されています。

 ひとつはもちろん“古都”という、修学旅行で初めて訪れて以来のイメージ。美しい寺社建築や寂寥の庭石、落ちついた色あいの“下ったり折れたり”の路や筋、そしてたおやかな人びと。最近になって寺社建築に興味が出て、そんな本も読んでみると、ますます惹かれます。

 もうひとつのイメージは“京都大学の構内”です。それも雪深い、深みのある白と灰色の世界。

 ずうっと前の体験。ある仕事で京都大学を訪れました。東大に次ぐ学府への初訪問。単なる大学に訪れるのとちがって、どこか背筋が伸びました。ですが時は冬。雪が降りしきりました。広い京大の構内が雪のマットで覆われて、わたしは途方に暮れました。

 構内に降りしきる雪の音が聴こえてくる静寂さ。それは“学問の音”のように聴こえました。京都大学だからなあと。京都の古いイメージ(古都)と新しいイメージ(大学という頭脳)、わたしの中でうまくミックスされていた。藤田社長が伝えようとしていることとそれが、どこかでつながるような気がした。だからそんなことを思い出したのかもしれません。

【和ブームの行方】
 それにしても和ブーム、どこまで続くのでしょうか?

 和であればファッションや暮らしの用具がシックだと思われ、和ぽい知恵や技がことさら取り上げられる。それなのに都会に住む人びとは、無垢の木一本さえない空間に住んでいる。ものすごくバランスが取れない。でも多くのヒトに支持されている。

 この和ブーム、なぜなのでしょうか? わたしはこれはブームでもなくトレンドでもなく(両者の違いがよくわかりませんが)、ジェネレーション(世代)なのかな、と思うのです。その理由はいくつかあるのですが、まだ理論武装までには至っていません。

 そこでわたしなりに“和の欲求5段階説”を創ろうと思っています。

『和生活』 和モダン/和ファッションなど暮らし用品の和
『和知恵』 生きかた、過ごしかたの和
『和幻想』 現実はコンクリの住宅に住んでるだろ
『和改心』 合理一辺倒への反逆
『和道心』 生きかた、思想を和に衣替え、和で罪滅ぼし

 語呂も悪いところもあるし、詳しい内容までまだ考えてません。心象的理論化?までしばしお待ちおばください。和へ欲求五段階、興味や信心や様々な日本人モヨウが見えてくるような気がします。

 和への道、紆余曲折が三次元のようにフクザツ。でも和の魅力を問うだけでなく、なぜアンチ和なのか?を問うことで、日本人の今とこれからの暮らやすさ/にくさが見えてくるような気がします。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

イタリアーノも!ピザ釜メーカー の進取

 昨日の話題“水切り”は、約2名の方々から大反響がありました!

 ひとりは言わずと知れた料理研究家の相棒cherryさん。今朝、utteのオフィスに来るなり、「郷さん、あの水切りの話しですけど…」とかれこれ22分もつかまりました(嘘で〜す、おおげさです)。でも彼女曰く、水切りは清潔にするのがむつかしいので、究極的には“使わないこと”がコツだそうです。ちなみに彼女の研究家ぶり、こちらのレシピを観てくださいな。旨そう。

 もうひとりは、そもそもブログのお題拝借をしたNさん。NYAさんとかふざけましたが、実は新婚ほやほやの彼女、家も家具も台所用品も品定めが必要なのです!「ウチの狸が・・・」と枕詞のように形容される彼、タヌキなんてことはありませぬ。アメリカ大陸のRaccoonかもしれませぬが。

【hmm…なアドバイス340.イタリアーノも!ピザ釜メーカーの進取】
 その余勢をかって今日も食べ物の話題をリレーしなくちゃ!と思って取り上げるのが“ピッツァ釜”です。

Topphoto

煉瓦(れんが)を使ったピザ窯を製造する増田煉瓦(前橋市、増田晋一社長)
は野菜や魚介類、肉類などを焼く窯を開発、販売を始めた。同社はこれまで
ピザ用の煉瓦造りの窯を主力としてきた。ただ、ピザ向けは東京都内などでは
強い需要があるものの、大都市以外での需要は限られるため、窯の用途を広げ、
ピザ以外の分野での普及を目指す
引用元

12

 耐火煉瓦製造で大正6年(1917年)に創業した同社、業務用のピザ釜では有力ブランドだという。その会社がピザだけでは需要が限定されているので、魚や野菜焼き釜に乗り出す、という。魚や野菜まで釜で焼くかどうかはともかく、この会社、かなりがんばっている雰囲気がアツアツで伝わってきた。

【増田煉瓦の事業展開】
 ピッツァの釜だが、増田煉瓦自体は耐火煉瓦メーカー。しかし海外の安価な煉瓦に押され、遂に国内生産を断念。だが4代目の現社長が“ピッツァ釜を”と言い出して、長岡製作所(厨房機器)+藤村製作所(バーナー)+北村厨房(ガス器具メンテ)、そして同社の4社共同出資で“ピッツァ釜”ベンチャーを設立。

07040902_2 引用元

 同社は前橋市に直営ピザレストランを運営し、そこではピザ焼きの教育研修コースを開催している。煉瓦だけだと流通も売上もホームセンター止まり。だがピザや魚や野菜を付け加えると、煉瓦に付加価値がくわわる。

【イタリアーノもいます!】
 さらにオモシロ!と思ったのが、増田煉瓦にはイタリア人のクラウディオさんの存在です。

 

Pizza3

 

 「増田煉瓦株式会社に勤めているイタリア人のクラウディオのブログです。どうしてもピッツァが食いたくて、ピッツァに関する情報などを集めて皆さんと情報をシェアするコーナーです。

ご本人のブログから引用させていただいた画像。彼は日本人の美人奥サマと結婚し、楽しそうな仕事ぶり。いいなあ。ひさしぶりにイタリーに帰ったときの写真も楽しいな。増田煉瓦、増田社長、地方からの経営改革、素晴らしいですね。

13020  

【hmm…なアドバイス】
 美味しいピザって、チーズが長〜〜く伸びますでしょ。あれって、とぉっっても幸せ。アツアツを食べられるというのも幸せだし、気のおけないみんなと食べている開放感もあるし、そして抜群に美味しくなくても、納得づくで陽気になれるイタリアワインがあればね。そいつらがコンチェルトになって、ヒトの心を伸ばすんですよ。

 ともあれ、増田煉瓦のような発想&工夫をしないと、とくに部品や工具製造の中小企業はダメです。「ウチは道具づくり」「ウチは工具づくり」と固定観念に凝り固まると、海外の安価な波に呑まれておしまい。サービス業化をどこまで本気にできるか?差別化のヒントはここにもあり。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年3月10日 (火)

水切りあれこれ。

 こんなメールがさっき飛んできました。

大~変~御無沙汰しております。NYAです。
どうですか?そちらのオフィスは。(中略)
実は、今回郷さんとcherryさんにお尋ねしたくメールしました。
台所の水切りのお勧めってあります?

 売られた喧嘩は買う主義です。お問い合わせは速やかに応える性分です。そこで今日は、当初の予定を変えて“水切り”をテーマにしたいと。

【hmm‥‥なアドバイス339.水切りあれこれ。】
 NYAさん(仮称です。苗字を詰めたらこうなった。ニェコじゃないですよ♪)いわく、台所の洗い物をおいておく水切り、いいものないかな〜といって探して、今候補が2つあるようです。ひとつは大木製作所の『フラットドレイナー(大)

Main_05 Negumi

 ステンレスワイヤーが太くてしっかりしている。肉厚の皿にもびくともしない。使い始めて3年のお客さまは「びくともしない」という声を紹介しているように、国産にこだわり、品質にこだわっている点がとても好感を持てます。この大木製作所、ほんとうにステンレスにこだわりぬく姿勢が会社サイトからも伝わってきました。好感度大です。大サイズは11,340円(通販生活サイト)。

 もうひとつ彼女が挙げた候補はこれ。『シンプルヒューマン・ウェーブフレーム 』。

Simplehumankt1075_2

 あれもれもうまく収納できるような機能がついたデザイン。現実的なデザインだと思いました(このサイトで6,521円)。ただ、わたしはこれよりも『Uフレーム』がいいなと思いました(
下図)。お皿が多い家庭にはぴったりだし、上下の丸いワイヤーデザインが美しい。ワイングラスをぶらさげる感覚もいいな。幅45cmで24枚以上のお皿収納という計算された構造も好感がもてる。デザイン優先かもしれないですが。こっちは7,466円。

Simplehumankt1064

【水切りあれこれそれ】
 NYAさんのお選びの2つ、どちらもいいと思います。どちらかとわたしならばですが、前者の日本の職人のステンレスをとります。それは丈夫そう、ステンレスワイヤがよさそう、という理由ですので、食器を置く機能面は、ご家族構成と調理パターン(皿なのかお椀なのか、カップなのか湯のみなのか)でチョイスすべき。

 NYAさんから「郷とcherryさんのお奨めは?」と訊かれましたので、cherryさんには明日訊いてみますが、わたしなりの変人ぶり?をだしてお奨めを3ツほど。

Labase_drainerbasket_top

 『la base(ラバーゼ)』、イタリア語で“基本”という意味。使いやすくて美しいワイヤーフレームが特徴で、料理研究家の監修付き。結局“ワイヤーの箱”があればいい、という割り切りで商品化。アマゾンで11800円で販売中

8

 チープシックならやっぱりIKEAでしょう。『MAGASIN』。ずばり水切りで価格は499円です。お皿もグラスもおけるし、割り切りの美しさがいい。ただお箸やしゃもじなど民族的な食器を置くようにはならない。

7

 キッチンといえばOXOです。OXOのこの商品、必ずしもお皿の水切りではないです。野菜やパスタの水切りなのですがとてもおしゃれ。まるで映画の一シーンのような水切りですよね。洗練されたデザインがあこがれです。品切れ中で残念。

【hmm…なアドバイス】
 親子水入らず、夫婦水入らず。そんな言い方があるのは、どこか“水はよくないもの”という感ありだからでしょうか。“勝負は水もの”ともいう。大量得点勝利のあと1点に泣いたWBCの日本代表チームのようなもの。湿気の多い日本だから、水切りをしっかりしないでおくと、つぶつぶつのカビが生える。だからしっかり水切りをする。

 アメリカのようになんでも皿洗い機なら別ですが、奥サマが流しでひとりでスポンジで洗うとなると、合理+スピード+スペース効率ですよね。めんどうだから。水切りも能率が第一。お皿向かって話しかけるしかなかったり。

 cherryさんとわたし、utteのオフィスで自炊ランチをして、お皿やしゃもじ、鍋やお釜、スプーンやお箸を洗いに流しに向かう。あれこれおしゃべりしながら、洗います。水切りはなし。かわりに布巾で拭いますけど。洗いがあんがい楽しい。食事のあとの洗いもの、実は“水入り”でもスムーズなことがあるのかもしれません。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年3月 9日 (月)

IKEA—ガーデンを幸せにする自由な想像力

 みなさんの家庭にLEDランプ、いくつありますか?まだ卓上のランプや室内ランプは少ないでしょうが、自転車の前後のランプはLEDが増えてきたし懐中電灯にもLEDがフツーになった。自動車のヘッドライトにも採用が進み出した。もう数年経たないうちにLEDエブリウエアとなる。

 そんな予想を確実するランプ商品がIKEAから発売された。LED+ソーラーパワー=IKEA品質、なのです。 IKEAファンだけでなく、ガーデン派にとってこの春の注目商品間違いなし。

【hmm…なアドバイス338. IKEA—ガーデンを幸せにする自由な想像力】
household megastore IKEA has begun stocking (in store; online is coming
soon) a new series of solar-powered lighting supplies. The SOLIG series
contains a handful of solar light sticks, orbs, garden lights, chain globes
and even posts,
 引用元

Ikeasummered04

 メガストアIKEAはソーラー電源のLEDライトを『SOLIGシリーズ』から発売。ソーラーライト・スティック、球、ガーデンライト、デコレーションライトなど(残念ながらオンラインではまだです)。商品をいくつか見ていこう。

【NEW SOLIGシリーズのいくつか】
 まず“ランタン”ぽい吊るしのライト。どうやらソーラーパネルはランタンのトップに付いており、フル充電で9時間照明ができる。フル充電にどのくらいの時間がかかるかは日照次第。価格は(たったの)19.99ドル。

0094202_pe224962_s4 雰囲気はわかる。

 次に『ソーラースティック』。画像にあるように家庭菜園や庭にアクセント照明が似合いそう。マンションのプランターでも工夫をすれば、ロマンチックな照明になりそう。これきっとcherryさんも気に入るのではないでしょうか。これも19.99ドル。

Ikeasummered001 3609ikeasolarsticks

次の画像でシステム構成がわかりますね。これはフル充電で16時間もつという。 

0090736_pe224936_s4_2

 そして次はドーム/円形のライト、ガーデンに置くことができる。でも壁にも付けられるのではないだろうか?(正確にはわかりません)。次の画像は点灯時と非点灯時の差異を表す。7.99ドル。
 Ikeasummered03

一戸建てに住む人には次の照明が役に立つ。玄関にふたつ、玄関から庭や裏庭への道の両側に挿しておけば、夜光ってくれる。いいじゃないですか。一本9.99ドル。これはフル充電で11時間持つそうです。ちなみに高さ53cmです。

0090739_pe224939_s4

【IKEAの魅力の要因】
 IKEAのソーラーパワーLED商品の魅力はいくつもあるが、大きく2つにわかれそうだ。

 まずIKEAの本来の魅力がきちんと発揮されていること。シンプルなIKEAデザイン、機能の簡素化、組み立てと設置はお客さま、世界市場前提の価格設定、そしてリビング安全品質への信頼性(化学物質排除、品質優先主義)。こうしたプラスのイメージが、たったひとつの“IKEA”というロゴ/ブランドから発せられること自体、ほんとうに凄いことだ。

 もうひとつは、LED+ソーラーという新技術を積極導入したこと。IKEAがもしも“家具会社”だったら、そうした商品企画はメーカーまかせで、家具のアクセサリーとして扱うだろう。逆にIKEAがもしも“電器会社”だったら、器具を作って、あとはインテリア/エクステリア会社に卸しておしまい、だったかもしれない。

【hmm…なアドバイス】
 IKEAという会社、こうとらえるべきなのだろう。“ハピネス・オブ・リビング” 住まいの幸せ、そんなコンセプトなのではないだろうか。

 企業が生産するモノ/販売するモノから自社を定義すると、材料・部材購入と販売チャネルに束縛される。だが買い手の“幸せな”ライフスタイルから自社を定義すれば、それが幸せかどうかの感性判断で、材料も部材制作依頼も自由に行える。市場から望まれるものや技術変化をべースに、自社をいつも再定義できる。販売チャネルや店舗スタイルも、従来の枠組みにとらわれることがない。

 つまり同社には“ガーデンを幸せにする自由な想像力”があったのだ。それがSOLIGシリーズ。まだ日本市場発売は未定ですが、早く発売してください。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年3月 8日 (日)

雑誌ルネッサンスを願って。

 先日ビジネスメディア誠の土肥さんと、ある企業のプレス発表に同行させていただきました。久々なのでお茶を呑みまして、そのときの話題のひとつが“雑誌”でした。彼曰く、休刊相次ぐ雑誌業界、誠でも“雑誌を盛り上げよう”というテーマでエッセイを求めているとのこと。

 この不況下、紙メディア対Webメディアなんて呑気なことは言っていられませんよね。共倒れしそうなくらい広告収入は激減しています。だからこそ紙も電子もなくメディア業界を盛りたてよう!という企画ですが・・・

【hmm…なアドバイス337.雑誌ルネッサンスを願って】
 アート・オブ・リビングの騎手の雑誌『エスクァイア日本版』さえ休刊だという。ああ、なんということですか。雑誌がらみでこんな寂しいニュースはなかった。なんとも悲しかった。

8 

読者の皆様へ
 ライフスタイル・マガジンの先駆けとして1987年に創刊し、以来22年
 にわたり、ご愛読いただいてまいりました『エスクァイア日本版』を、
 2009年5月23日発売号をもちまして、諸般の事情により休刊させていただく
 こととなりました。
引用元 

 ここ数年買ってなくてごめんなさい。最愛の雑誌だった。90年代ずぅっと耽読していました。脳と心に響く読み物や記事、インプレッシブな写真、アートよりもアートな広告、エスプリに満ちた全ページ。10年以上購読してアート・オブ・リビングのスピリッツをたっぷり養いました。わたしの美的感性(たいしたもんじゃないけど)の何割かはこの雑誌からつむぎだされています。

【1933年創刊号の価値】
 しかもあろうことに、同誌のバックナンバーを引越のたびに捨てていた。他のザツ誌と一緒にしちゃってごめんなさい。手元に残るのは“スペシャルイシュー”つまり別冊が数冊だけです。『世界を変えた1冊の、雑誌』の創刊号を復刊した日本版の表紙。

Pict0210

 その副題は大げさぢゃない。大恐慌の余韻バリバリの1933年に創刊されました。今よりよほどひどい不景気だったはずです。その中で男性のファッションやアートやリビングの世界をテーマにする。世界を変えるという気概がなければ、絶対にできない。その復刻の日本版、1989年発行とあるのでちょうど20年前。内容をいくつか紹介しよう。

Pict0212 Pict0217
 創刊号はとにかく書き手が凄い。ヘミングウェイのショート読み物は“釣り”がテーマ。ドス・パソスダシール・ハメット、そしてゴルフの球聖ボビー・ジョーンズ。完全復刻版と銘打たれた日本版イシュー、ほんとうにきらびやかな内容でした。

Pict0216
 おまけですが、これは同誌の別冊号『アート・オブ・リビング』からの1ページ。このJ・F・ケネディの写真がなんとなく心に残っています。

【復刊活動に署名しよう】
 3月下旬発売の5月号から数えて3号で休刊。「休刊までの3号は、従来にも増して内容に磨きをかけて、永久保存版となるような特大企画」だそうですから、買います。また“復活コミッティ”に署名もしました。

12

エスクァイア日本版』復刊コミッティがつくらました。わたしは署名しました。同誌を愛する人はもちろん、一度別れたけど復縁しようかなという人、ぜひ署名を!

【雑誌休刊トレンドのゆくえ】
 この雑誌休刊トレンドはどこまで続くのだろうか。わたしは会社勤めをやめ、定期収入が無くなった身分なので、雑誌は日経ビジネスだけ、まさに税金だと思って購読している。だがフツーの人びとの生活には、まだまだ雑誌が組み込まれているはず。

 しかし“雑誌を読むシーン”が激減しているなと思う。通勤電車の中、雑誌ではなくDSのカバーを広げる人びとの増加。本屋やコンビニで立ち読みの減少。手書きの家計簿よりもネットの家計簿をつける主婦。雑誌のトピックスからでなく、ウェブのトピから弾む会話。雑誌が読まれない現象、そこかしこに。課題を3つに分類してみた。

【3ツの課題】
1)制作課題
 構造改革を誌面で押しても、自ら実践できない業界体質。ま、これは他の業界でも同じですがね。でもエンドの読者に売れないのに、“広告が取れないからダメ”と課題をすり替えてきたことは罪が深い。組織としても、プロセス改革とか情報共有とか、一般の産業界で取り組まれていることに対して、奥手というか鈍いというか拒否モードさえあるような気がする。かなり遅れているというのがわたしの印象。

2)マーケティング課題
 90年代の角川流の“メディアミックス”以来、乱暴な言い方をすれば、ときめきのあるメディアミックスは業界には起きなかった。オマケを付けて販売アフィフリエイト的な連動するとか、ウェブと合同サイトを立てるなど、壁破りの企画はあった。でも文芸やアートを媒体にして、マーケティングを結びつけて、消費者が“快感だぁ”というのは少なくなった。企画が無いというより冒険が少ないのではないだろうか。

3)消費者の意識変化の課題
 雑誌がタダになったのは痛い。フリーペーパーの功罪。わたしは『metro minutes』が好きだが、でも有料なら払わないかもしれない。これはまずい。しかもラーメン屋でも床屋でも、雑誌が置いてある確率は低くなった。店舗運営を節約しているのならフリペでいいと思うのだが、タダでも雑誌需要が減退したとすれば、これは一大事だ。

【hmm…なアドバイス】
 雑誌ルネッサンス、どうしたらいいのだろうか?

 それは(ありきたりだが)何年経っても色あせない価値のある記事、だと思う。エスクァイアの1933年版の価値があり続けるのはそれがあるからだ。たとえタダのmetro minutesでも、深い印象を刻んでくれる藤原新也氏の連載記事は、残すべき価値がある。何度も読みたい。『銀座百景』の向田邦子さんのエッセイが不滅であるように。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 7日 (土)

セカンド・サイトと点字翻訳機

 一昨日は悪夢で、昨日は小康だった花粉症。そして今日の関東地方、朝から花粉注意報が出ていたので家にじっとしていた。ジョギングもやめた。でも動かないとますます貧乏になりバカになるので、ビジネスメディア誠の原稿と、utteのクリエイターさんのインタビューを一本ずつまとめた。〆て4800字。花粉は仕事を捗らせる効能もあるんだ。

15  ウェザーニュースより。

 わたしの花粉症、鼻ぐちゅぐちゅですが、昨日は眼もおかしくてね。コンタクトレンズが角膜の上をフロートして、キュートな相棒cherryさんがピカソの肖像画に見えたさ(嘘だよん)。なので昨日の車いすから今日は“”の話題を。

【hmm…なアドバイス336.セカンド・サイトと点字翻訳機】
Ronさんに移植された人工眼球は「Argus II」と呼ばれるもので、カメラや
画像処理プロセッサがマウントされたサングラスと、網膜にインプラントした
電極、そしてカメラから得た情報を電極に送信するレシーバーから構成(後略)。

引用元 スラッシュドット

Bionic_eye_00 Bionic_eye_000

 なんと30年前に視力を失った男性に視力を取り戻させようという臨床実験、と言っていいでしょう。そのデジタル技術と眼科治療の合体手術の模様が凄い。Ronさんは今では、白と黒と灰色を見分けることができるという。BBCニュースが取り上げた画像から。

Bionic_eye_01 Bionic_eye_02
 まずサングラスに埋め込まれたビデオカメラに画像が収められる。

7 Bionic_eye_03
 カメラは画像情報を処理し、無線交信で網膜に埋め込まれた電極に伝えられる。

Bionic_eye_04 Bionic_eye_05
 電極に伝えられたイメージを脳の視神経に送り込み、脳は“light and dark spot”を読み込むという仕組み。衝撃のBBCの動画、短いので(広告+本編1分以内)ぜひ観てください。

【second sight/セカンド・サイト】
 言わば“人工眼球”、第二の視覚を取り戻させるこの実験は、米国企業Second Sightが主体となって実施している。Ronさんの手術を実施したロンドンの眼科病院 Moorfieldはそのひとつで、08年4月に2人の患者にオペを実施した。

8

 システム開発と施術指導をしているsecond sightは、カリフォルニアのベンチャー企業で、09年2月現在で全世界で18件の実施例がある。そのサイトには施術対象者条件が述べられている。

・網膜色素変性症
・神経節細胞の存在
・正常な視覚が損なわれた症歴

 正確には同社サイトを訪ねてほしい。成功すれば凄いことになりそうだ。

【点字翻訳機も待たれる】
 眼が見えないままでも点字を手軽に読めるデバイスをデザインした人もいる。“Braille Interpreter”、点字翻訳機だ。

Braille_interpreter_3_lsgqx_17621 

デザイナーのHyung Jin Limさんがデザインしたのは、グローブの人差し指にセンサーを埋め込んで、その触覚で点字情報をBluetooth処理で音声伝達しようというものだ。

Braille_interpreter_5_cl9vt_17621

 これも素晴らしいコンセプトですね。眼の見えなくなったばかりの人や、健常者もこれで読めるようになれば支援の仕方もちがってくるかもしれない。ぜひ開発が実現するといい。

【hmm…なアドバイス】
 眼が見えなくなるなんてことに比べれば、花粉症で生きるのが億劫になるなんて言えない。そう思い直してマスクを取ると“シャン!。冗談もキツいし眼も痒いし(笑)。

16

 しかも、浦和レッズの湿りっけたっぷりの試合を観て、さらに花粉症の具合が悪くなりそうだった。FWのふたり(TTコンビ)は花粉症なのだろうか?ポンテからのパスもまったく見えなかった。視界不良の第一戦。治療が必要だ。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年3月 6日 (金)

カワイイ車いす、カッコいい車いす

 相棒cherryさん、先日キレイなネイルをしているのでスカさず「キレイだね。サロン行ったの?」と訊くと、すっかり倹約家になった彼女「自分でやりました!」と。「へえ、上手いもんだね」と感心。ツメ全体をピンクで塗ってコートし、先端を桜の花びらイメージで、ハラリはらりとネイルアートを散らせていました。ワザが細かい。

 やるじゃない!と思っていたその翌日、彼女の人差し指のコートがすっかり剥けていて。曰く「ドアに指はさんで剥けちゃいました」そうで。けっこうドジでうれしい(わたしと同じ♪)

【hmm…なアドバイス335. カワイイ車いす、カッコいい車いす】
 マクラになってませんが、今日のテーマは車いすにもスワロフスキー

Diamondchair

This limited edition wheelchair is fitted with 219 Swarovski crystals,
covering the frame, bearing block caps, wheels and backrest.

引用元
この限定車いす、フレーム、ベアリングブロック、ホイールの中央部、
そしてバックレストを219個のスワロフスキークリスタルで飾っています。

Knova_of09_148x109 Knova_of08_149x109

Backrest_155x114 Knova_of10_149x109

なんと車いすにスワロフスキーをギンギン付けてしまった。フレームの7つのキラキラがとても綺麗だし、前輪を支える大きなキラキラもいい。ホイールのハブ部は回転してキラキラするだろうし、バックレストはおしゃれ人!という印象を与える。

 好き嫌いもありますが、わたしはすごく良いと思いました。なぜって、黒いフレームにスワロフスキーなら、カワイイBUTかっこいいから。ブラック&スワロフスキーは締まってかっこいい。これがピンクのフレームだとちょっと引きますが(携帯デコの感覚ですね)。

 デザインだけでない気持ちアップの効果もある。手動式の車いす、乗り手は疲れるときもたくさんあると思うんです。疲れたなと思うとき、お日様や街灯の下で、室灯やキャンドルに近くで、スワロフスキーがピカリとなると“がんばろうか”と力を得ることができますよね。

【自分らしさを表現できる車いすの商品開発】
 この車いすを作った英国の会社Invacare UK Ltdの社長Rainer Küschallさんは、16歳のとき水泳中の事故で四肢麻痺になったそうです。それからのがんばりで、これまでに21個のオリンピックメダルを取り、自分が“自由になれる車いす”、従来の車いすに飽き足らず、自分らしさを表現できる商品開発をしてきた。

R33_cv03_362x362 R33

 ですからこの車いすのサスペンションとか、普通の車いすからは考えられないデザインです。

 彼の経歴を読んで、フトある日本人を思い出しました。とってもカッコいい車いすを製作するOXエンジニアリングの社長、石井重行さんです。ある新規事業がらみことで、彼を探し当て、商談で何度か会いました。OXエンジニアリングは、特異なスポーツ車いすメーカーとして知られます。

【OXエンジニアリング社長のこだわりもまた…】
 石井さんはオートバイのライダー兼フォトグラファーで、その試乗中の事故で脊椎損傷をしました。乗り物にこだわってきた人ですから、車いすにもデザインや機能性を求めた。ところが自分のテイストにも機能要求にも合うものがなくて、自作をしました。その自作の車いすと共にドイツの展示会に行ったところ、多くの人びとから彼のハンドメイドの車いすを賞賛されました。それで製作したらいけるかな?ということでスタートしました。

15  代表作のひとつMXシリーズ。

 彼との出会い。わたしが発掘した米国のベンチャーの軽量&カッコいいホイールを、彼の車いすに採用してもらおうという提案でした。石井さんは「いいよ」と言ってくれたのですが、結局数的にまとまらなくて商売にならず、輸入代理を含めて彼にまるごと預けたことがありました。

【hmm…なアドバイス】
 OXの『MXシリーズ』、たしか“バラして売る”日本で最初の車いすです。バラすとはフレーム、ホイール、クッションなどをバラ売りできるという意味です。オプションでサイズや素材を選べるというメリットを強調していましたが、ほんとうの理由は、お役所の当時の規制で、総額20万円以上の車いすには補助金が付かない。でも手づくり&こだわりのOX製品、どうしても20万円を超えてしまう。そこでシートなどを別売りして、購入者に便宜を図ろうという算段でした。

 スワロフスキーの車いすなら、そんな規制には阻まれないわけですが、“車いすがファッションするの?”という見えない偏見と戦っているかもしれません。どんな商品でも“普通にカッコいい”や“カワイイ”が必要。そんな視点がたいせつです。今日は以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年3月 5日 (木)

SFIDA ―Football For All Peopleにかけた想い

 今日はビジネスメディア誠に連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

“エヴァ”のサッカーボールあります――中田英寿さんともつながる想いとは
デニム地を縫い込んだサッカーボール、エヴァンゲリオン調の柄のサッカー
ボールなどをデザインした株式会社imio(イミオ)。人生をサッカーにかけて
いるimio倉林敬士郎社長の思いを沼田健彦広報ディレクターから聞いた。

続きはこちら。

Foo1

 このボールを知った最初のきっかけは、海外のデザインサイトの『designboom』。ぐっとくるデザインを取り上げるので、わたしが愛しているサイトのひとつです。そこにずいぶんかっこいいデザインボールの画像がありました。デザインはデザイナーの小林幹也さんによるとあって、デザイナーさんのことをブログに書こうと思って調べると、待てよ、こんなボールを作る会社って何なのだろう?そこがスタートでした。

 するとimioという奇妙な名前の会社、理念には“世界中に、フットボールの花を咲かせる”とかあるじゃないですか。これは凄いな、迫ってくるものがあるな。そう思って取材の依頼をしました。間抜けでうっかりでTVを観ないわたし、その会社の社長(倉林敬士郎さん)が起業家として知られる方だと、後で思いあたりました。

【ガイアの夜明け】
 ネットで探した『ガイアの夜明け』のビデオ、21歳の社長の率直な語り、ひたむきな姿を観ました。凄い人だなと感動しました。熱いだけではなく、冷静なビジネス感性も持ち合わす人だなと思いました。エッセイではそこでの物語にも触れさせていただきました。違法くさいですが投稿動画はこちら

12 15

 今回のエッセイ、タイトルがわたしの想いを反映していません。タイトルはむつかしいので、いつも編集部におまかせしていますが、中田英寿さんのことを書いたわけではないので、修正してほしいなと思っています。多くの人に読んでもらいたいけれど、取材をさせていただいた相手との間合いというか空気をたいせつにしたい。

【サッカーを支えるもの】
 さてサッカー人気、下り坂なのか上り坂なのか、今ちょっと微妙な時期にあります。たとえば代表チーム、スカっと勝てないし、選手に個性がもっと欲しいし、国を背負う気概が足りないように思います。そう思うのはわたしだけかもしれませんが。予選突破すればとりあえず官軍ですけれどね。

 Jリーグのチームも活性・不活性まだら模様。選手やプレイの強弱よりも、今年もっとも問われるテーマは“スポンサーのありよう”です。すでに身売りをしたチームもありますし、これからまだ出てくるでしょう。スポンサーで収入のギャップを埋めるのがどこまで正当化されるか正念場です。それを思うと、何十年もサッカーを支援し続けてきたキリンという会社の偉大さ、あらためて感じます。

800pxbjleague_presaason_game_080923

 ただスポンサーを付けてゆくだけが活性化ではない。地方エリア&地方メディアに特化して、参加型で盛り上がっているbjリーグ(バスケットボールリーグ)という例もある。欧米のサッカーリーグのそもそものカタチはこちらだと思います。不況に強いのはこちらの業態でだと思います。

【フェアトレードができるか、できないか、大きな問題】
 最後にひとつ触れておきたいのはフェアトレード。倉林さん、自分が1円でも売上が欲しいという苦しいときに、不公正な商取引を改め、適正な対価を支払うフェアトレードが必要だと想い、実行しました。寄付だろ?やりゃいいじゃん、と思われるかもしれない。“ゆとりができたらね” “会社が安定したらCSRでね” それが普通の感覚だと思います。

 起業や新事業の厳しい境遇におかれたとき、商売の相手や製造委託先に利する“フェアな商取引”をしようと、どれだけの人ができるでしょうか?100人中95人までやれないと確信します。そこが彼の凄さと思う。身にしみました。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

トランスフォーマーの力

モノの用途や価値観を変えて、新しいマーケットを創る。正論です。でも、口で言うのはかんたんだが、それがなかなかできないから、あれこれ考える。考え続けて呻吟する。もっと考え続けて闇夜で吠える(わたしの場合です。自分も恐いです_笑)。もっともっと考えて、狂う前に“や〜めた”と放りだす。

そこでフト、アイデアの尻尾がひらりと舞い降りてくる。

 ならいいんですが、それでも来ないときもある。スペインの工業デザイナーのMatias Contiさんのコンセプトに、アイデア詰まりの解消のヒントがある。

【hmm…なアドバイス334. トランスフォーマーの力】
...was designed to provide the rider with a number of options, pertaining
to driving stance and style. Drivers can choose different driving positions
on this three-wheeled concept. 
引用元

171199_xhedb74v2oztsfynkvflhwr3x

 トランスフォーマー・スピンビークルはいろいろなライディング姿勢を選べるオプションがあります。ドライバーはこの三輪コンセプトビークルでいろいろなポジションを選べます。(誠実訳)

 この一人乗りビークルは電動モーターで駆動させるのだが、その姿勢ポジションが4通りにも変化させられるという。まさに“トランスフォーマー”ですよね

171199_lvfjargym44tukj1xkjwjjbo_
 これは前輪2輪の落ち着いたポジション。視界高く、ゆったりと買い物でも行こうかな、というようなものですね。

171199_x467x09nejkrbrfosxrgiv97q
 これは前輪2輪ですが、後輪を後ろに下げて、座位置を低めした“ちょびっとスポーツポジション”と言えますか。

171199_u0lygiclkl2p0yk_evgprhzgy
 これはイタリアンバイクのように“身体を寝かしたライディングポジション”。腹筋や背筋も鍛えられそう。

171199_sqeszzu2e7blpthiohc0vgpbv
 もっと低めのポジションで、こうなると大学対抗のソーラーカーレースのような、“超低いポジション”で運転。これが楽しそう。

【人間がモノに合わせるのが楽しい】
 ひとつのバイク?三輪セグウェイ?をいろいろトランスフォームできるのが楽しい。おじいちゃんから子どもまで乗れるし、いろんな姿勢を取れること自体に楽しさがある。

 トランスフォーマーの発想、普通の商品開発とは180度違う。たとえば椅子を制作しようとすると“人間工学”を考える。バッグにせよランドセルにせよ、持ち運ぶものは持ち手や担ぎ手の身体におもねる。住宅は人間さまの居住に合わせて作られるが、最近の工業住宅は生産ラインに合わせて作られている。だが根本思想は、人間サマに合わせようとしているはずだ。

 ところがこのトランスフォーマーは、製品の方が自己変形して「ポーズや身体を合わせて」というメッセージを出す。いや使用する人間が、モノに自分を合わせるのが楽しいと感じる。そこをデザインしたのがこの三輪ビークル。“真逆の発想”である。

【“7upコンセプトビークル】
 Matias Contiさんのデザイン思想は、次の“7upコンセプトビークル”にも表現されている。

171199_dm9bxgafljxozlf5sedxari6o

 これは7up(清涼飲料)を振る舞うイベントスペース作りをビークルでデザインしたもの。蛇腹に伸びる円形の空間づくり、へぇ〜っと思いましたが、構造上はムダ無く、強度も保てるようなデザインに見えます。

171199_m8vjtbkkyngsv72qljsjswugl  171199_8izyq8if4jqbis0aip2efy7yx

 たったひとつのビークルで“空間を変形させる力”をだす。これは凄い発想力。デザインの世界ではそれを“インスタレーション”といいます。普通の企画や開発思考では、その空間の形状や構造、雰囲気や色調などを読み取って、その力を引き出そうとします。それとは真逆のアプローチで、インスタレーションとは、ひとつ(かそれ以上)のオブジェを空間に配して、その空間のムードや空気をガラリと変え、あるいは存在理由さえひっくり返してしまう。

【hmm…なアドバイス】
 人の身体に合わせるのではなく、人に身体を合わせてもらう。それの方が楽しいという価値観を与える。空間の特性に合わせるのではなく、空間をコンセプトやデザインに合わせてもらう。それによって空間価値がガラリと変わる。

 発想に詰まったとき、どうやら“人や空間にすり寄りすぎて”いるかもしれない。いったん無視して“変形できるもの”として考えてみよう。ひとつの突破口になるかも。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 3日 (火)

サイバーショット DSC-HX1はSony復活のノロシ

Sonyといえども赤字転落―1月下旬の09年3月期の連結決算発表では、2,600億円の営業赤字に転落、さらに2月27日、ハワード・ストリンガー氏が会長兼最高経営責任者(CEO)が社長を兼務する人事を発表、中鉢社長の副会長就任は事実上の更迭と報道された。

Sony05

Sony06
引用元

 事業別の損益指標を見るとエレクトロニクス事業の不振で赤字幅が増幅。景気要因、為替要因と細かく発表するところがさすが国際企業ですが。個人的にはいくらテレビがドきれいでも…この分野の市場成長は終わったと思う。途上国なら昔の日本のお茶の間のようにTVを観るだろうという予想は、ネット社会ではあてはまらない。このままではいくらSonyといえども…と思ったけれど『VAIO type P』のヒット、そしてこれもヒットしそうな“サイバーショット”の米国先行発売。「Sony、復活!」という息吹が芽生えてきてうれしい。

【hmm…なアドバイス333. サイバーショット DSC-HX1はSony復活のノロシ】
ソニーは、2009年3月3日(火)より米国ラスベガスで開催されている
北米最大規模の写真・映像関連の展示会「PMA 2009」(PMA2009
International Convention and trade Show)にて、以下の新商品や
参考出品を中心に、展示やデモンストレーションを行っています。
引用元

Pma_02_01 Pma_02_04l

 αシリーズではなく(レンズはミノルタ資産を継承しているが)、コンパクトでもなく、レンズ交換式でもないカメラ。だがいくつも新しい機能があっておもしろい。その最大の特徴は“スイープパノラマ撮影機能”。シャッターを押して、カメラを左右か上下に動かすと、カメラ自体が画像を自動的に合成してパノラマ写真が撮影完了!という機能。水平で224度、垂直で154度までのパノラマ撮影が可能。画像の引用元は主にこちら

7

 こんな具合になるというが、インプレスの記事では、プレゼン会場でその場で映したパノラマ画像を映していたそうだ。うんなんとまあ、おもしろそう。

Hx113 Hx111

【自動パノラマ撮影の秘密】
 連写速度は10fps(つまり秒間10枚速写)を実現する機械式シャッターとxmor CMOS センサーで撮影をした画像情報を、BIONZ imaging processorで1枚の画像に処理するという。なんだか呪文のようだが、まずSONYの開発したCMOS センサーがパノラマ撮影の鍵を握るらしい。

12

 Sonyの技術資料によればCMOS センサーは『CCDとは異なるライン露光順次読み出し方式(ローリングシャッター )を用いることにより、低消費電力化、高速読み出しを実現』とある。一般的なデジカメのセンサーはCCD。両者の違いはレンズからの情報の読み出し方式にあり、CCDは一括、CMOSはバケツリレーと理解してよさそう。CMOSは順次読み出し方式なので、たくさんの画像情報をリレー方式で処理できる。だから“自動パノラマ”が実現した。詳細はこちらを。

Pma_02_08 Pma_02_07

 パノラマ以外にも魅力なのはαシリーズと似た『液晶モニター』、これは便利です。録音機能もSonyぽくておもしろい。画像とどんな関連づけができるのかよくわかないけれど、撮影シーンの楽しみ方が増えそう。レンズも28〜560mm相当/F2.8-5.2 の20倍ズームレンズ、接写から望遠までカバーのお得感がある。α350あたりの標準レンズキットとも十分に競合できる価格設定です。なお先行発売の米国価格は499ドル(約5万円)

 ギミックでもなく、単なる本格志向でもなく、“フォト・エンターテイメント”という新分野を切り拓きそうな製品。

【hmm…なアドバイス】
 個人的なこと…う〜んカメラ、うまくなりたい!cherryさんと一緒に銀座Sonyビルで撮影教室まで参加したわたし、まだまだ下手。道具じゃなくて腕だよとはいえ、“技術の細腕”をカバーする愛機も欲しい。utteの写真家で、キュートなRicameraさんの撮影するテキスタイル品の画像、ほんとうにドきれいでナマぽい。羨ましい。

Dsc00371s

 これは今日utteの愛機α300で撮影した渋谷東急エクセルホテルのロビーのひな祭り。もうちょっと“ナマっぽく”写したいな。パノラマもいいし連写もいいけれど、プロのカメラテクをモノにする“修行の5日間”、utteで企画を立てます。最初の参加者はわたしですが何か?(笑)。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年3月 2日 (月)

SAKURAの春【25】Nippon Tabe-hodai! 2/7

 昨日に引き続き豪州ブリスベンのダウンタウンの日本料理店『SAKURA』に漂着したふたりの若い日本人、コバヤシと後藤。SAKURA2号店をめぐる失意と熱意と成長を描く“マーケティング・エンターテイメント”の25回目、いよいよo'bento-boxのランチ、“Tabe-hodai”アイデアを試すときがきました。23回目までの全文掲載はこちらです。

         ******************** 

後藤と訪れた敵情視察のあの日以来、始めてKOTOに来た。駐車場に元気な老馬を停め、ランチが終わり「Closed」というプレートのかかる扉を開けた。照明が落ちて薄暗い店内だった。わたしの声が店内に吸い込まれた。

 「こんにちは、Good Afternoon!」
 
 「お待ちください!」と奥から声が聞こえ、やがてダンボール箱をかかえたKOTOの堀田店長が現れた。わたしは駆け寄ってそのダンボール箱を支えた。
 「ざっと20個ぐらいかな。ウチでも行事とかケータリングにしか使わないから、しばらく使ってくださって結構ですよ」堀田店長が言った。幕の内弁当用の容器を借りれませんかと電話で頼んだ。堀田さんは心よくお貸ししますよと言ってくれた。

 堀田店長に“Tabe-hodaiランチ”のアイデアをかいつまんで説明した。うんうんとうなずいて聞いていた堀田は言った。
 「おもしろいんじゃない、それ」
 「ありがとうございます」嬉しいひと言にわたしは頭を下げた。

 「オーストラリア人に来てもらうプランだ」
 「はい。でもターゲットを決めて発想したわけではないんです。お弁当から始まる日本食、ニッポンを自由に詰められるんだって、それっておもしろそう!そんなノリでいいと思っているんです。お箸を持てないオージーも、ヘルシーな日本食がねらいのオージーも、大食のオージーも、分け隔てなく来てもらおうと」

 「なるほど。失礼だがSAKURA2号店くらいのお店では“日本食をこう食べなさい”と押しつけるのはムリだしね。日本人の接待をねらってもダメです。かといって旅行客をねらう立地じゃないし、駐在員のファミリー層だけをねらうのでは経営は立ち行かない。オージーに日本食を伝えるのをビュッフェスタイルにする。それをお弁当箱にするのは、彼らの興味をひくよ。obento, What?と思う。いろいろな日本料理を日替わりで提供するんでしょ?」
  「はい。毎日2〜3品を用意したいと思います」わたしは自分の顔がほころんでいるのを感じた。「おかずが足りなくなれば、作り足せるので、ロスも少なくできるかなと」
 「おかずを選んで、自分たちでお弁当に盛り付けると、食べながら日本食の成り立ちも学べる。客さまに自由にさせることで、逆に“こう食べるものですよ”とセルフスタディする計算だね」
 
 わたしはうなずいた。
 「お客さまのターゲットをオージーにして、日本への関心をかきたてる。和食のバラエティを広げて飽きさせない工夫がある。お弁当箱というセルフサービスで日本を感じる。気取らずに和食、いいじゃないですか」堀田店長が総括した。
 「ありがとうございます」わたしは敬礼するようにおじぎをした。日本食にはもちろん決まりはあるけれど、お客さまは自由になりたい。店が窮するあいだ、わたしたちは“自分たちに振り向いてほしい”ことばかり考えてきた。だがそれは違う。伝えたいことをしっかりさせて、それをかたちにしないとダメなのだ。かたちになって初めて理解しようとしてくれるのだ。

          
******************

Danbowl  
引用元 

 わたしひとりひとつずつ段ボールを抱えて運んだ。KOTOのエントランスへの通路に一枚の書の額があった。前に来たときには無かったような気がする。

 「これはブリスベンに移住した書の師範に書いてもらったんです」堀田は壁にかかる横長の書の額を、顎で指した。「せっかくオーストラリアに居るのだから、日本のことをできるだけ伝えたいから」
 「3つの“とぶ”の文字なんですよ」良く見ると“とぶ”という文字が3つ並んでいる。跳ぶ、翔ぶ、そして飛ぶだ。

 Tobu
 
 「最初の跳ぶは、はねるという意味です。オーストラリアの跳ねる動物ーカンガルーやワラビーをイメージしました。私たちはここオーストラリアにいるんだ。まず、ここで跳ぶことを考えようとね。ふたつ目の翔ぶは、羽根を広げるという意味です。跳ねるばかりでなく翼を広げたい。みっつ目の飛ぶは、広げた翼で空高く舞い上がりたい。オーストラリアと日本を同時に見渡せるような高さまで。そんな意味をこめたつもりです」

 わたしたちは何かたいへんなことがあると、上下にとび跳ねて“たいへんだ、たいへんだ”と言い勝ちである。その場で飛び跳ねてもラチが明かない。まずその場所にしっかり立ち、あたりをもう一度見回そう。漂っている空気を、両手を広げてかき寄せてみよう。空気の分子のまん中にある“核”を見つめてみよう。お客さまと自分たちの“ほんとうの姿”がある。そして広げた手で勇気をだして飛ぶ。やるしかないじゃないか。わたしは段ボールのTabe-hodai容器をFiatの後部座席に載せて、運転席に座った。すると後ろから声がした。

 「コバヤシさん、ランチはこれでいけるかもしれないけど、夜のことも考えないといけませんよ」

 確かにディナー対策まで頭がまわっていない。ランチのことだけで手一杯だ。しかし問題はひとつずつ片付けるしかない。わたしはディナーのことを心の隅に置いた。

          ******************

 自分で書いていて自賛するようで赤面なのですが、わたしはコバヤシや後藤のフレーズに励まされることがあります。苦しいとき助けてくれるのは、誰かの支援であり、そしてことばです。ことばとは先輩の批評であり、友人の激励であり、多くの潜在的なファンとのテレパシーです。想いや願いは空気伝染する。その伝染力は鳥インフルエンザより強い力を持つ。そう信じています。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年3月 1日 (日)

SAKURAの春【24】Nippon Tabe-hodai! 1/7

 豪州ブリスベンのダウンタウンの日本料理店『SAKURA』に漂着したふたりの若い日本人、コバヤシと後藤。SAKURA2号店をめぐる失意と熱意と成長を描く“マーケティング・エンターテイメント”の24回目、いよいよo'bento-boxのランチ、“Tabe-hodai”アイデアを試す新シリーズです。まずは幕の内弁当箱の調達から。SAKURAの春の物語、ついに折り返し地点。23回目までの全文掲載はこちらです。http://sakura-no-haru.cocolog-nifty.com/

         ******************** 

長い一日が暮れた。わたしはアパートに向かって老Fiatを運転しながら考えた。

 『ニッポンの弁当箱で、好きなニッポン料理を、Tabe-hodaiで食べられる』
 
 これがTabe-hodaiランチのコンセプト。まず日本料理へのSIKII(敷居)を低くしたい。低くする手段のひとつが彼らにとって新奇な“お弁当箱”だ。日本人になじみ深いお弁当箱で、日本食の一端を知ってもらう。お弁当箱に、あなたの好きなものを詰めてくださいという“カジュアルなおまかせスタイル”にして、和食の作法を堅苦しく言わない。まず楽しみながら“参加してもらう”ことに徹する。何度か来てくれれば、日替わりのおかずで日本食の通にもなれる。日本食の食べ方も広まる。

 わたしは日本料理店KOTOの店長堀田が言ったことを思いだした。

 「KOTOのねらいのひとつは、日本食を伝道することです。高級イメージの
 日本食レストランにやって来る現地のお客さまは、さまざまな分野のリーダー
 クラスの方々です。彼らから正しく日本食を広める、彼らのステータスに
 あった格の店舗をつくる。それに相応した味とメニュー、味、サービスを
 提供する。これがひとつのねらいです」

 高級志向のKOTOだから店格を高めて、オーセンティックな和食のスタイルを提供する。だがわたしたちのSAKURA2号店は違う。もっとエブリデイな和食を伝えたい。堀田はKOTOのもうひとつのねらいを語っていた。

 「もうひとつは逆に、現地の食スタイルと融合させた日本食スタイルを
  創造することです。現地のお客さまがどういう食べ方で日本食を食べると
 幸せなのか、日本食の何が好まれ、何が好まれないか、どんな香りが好まれ、
 どんな食感が好まれるのか。現実にお顔を拝見しながらデータを蓄積して
 いるわけです」

 KOTOの親会社は調味料製造会社。だから現地の食事情、食生活、好みをリサーチする役割もになう。重要なのは現地の食スタイルと和食をどうやって融合させ、広めること。和食はこうじゃなきゃダメだと言い張って押し付けるのでは、味による侵略戦争と変わらない。伝統をかたくなに守る旧主な料亭と変わらない。だがその地その地で歴史も違えば風土も違う。自由を重んじる国柄なら自由に。格式を重んじるなら伝統を。

 オーストラリアは他民族の移民の国であり、原住民が呼吸をする国。それぞれの民族が自前の文化を持ち寄って、乾いた大地を耕し、緑を植え、花を咲かせ、地球上にここにしかいない奇妙な動物たちと共に生きる。認め合い、広め合う気持ちがあるのだ。敷居を低くして文化を語れば、きっとわかってくれる。

 Imgp5409

 2日続けてスコールの後の空は、どこまでも澄み切って、宇宙の向こうまで見通せるような気がした。

          
******************

 翌日のランチの終わりの時間、SAKURA本店のシェフKIMさんに電話をした。彼は「コバヤシさん、ゲンキですか?」と片言の日本語で電話口に出てきた。

 元気な声からすると、やはり昨日が体調不全だったというお休みの理由は口実だったようだ。たまにはMr.Tの抑圧環境から離れたいのだ。KIMのせいでケータリングに駆り出されたのだが、それがきっかけでランチのヒントを得た。何が幸いするかわからない。わたしは理由は述べずに、本店に幕の内弁当容器がいくつあるか、それをしばらく2号店に貸してほしいとお願いした。

 しばらくしてKIMが電話口にもどってきた。15個なら貸せるということだった。15個か。15個では足りない。全座席を一回転もできないのだ。それでも無いよりはマシだ。ありがとうと言って電話を切った。Mr.Tがいない時間を見計らって借りにゆこう。

 「15個しかないそうだ」わたしは後藤に言った。
 「それじゃあ一回転もしないなぁ」後藤はため息をついた。「日本で買って取り寄せられないかな?」
 「ふたりで自腹を切るか?」Mr.Tが成功するかわからない実験に投資するとは思えない。
 「いいよ。ハラ切りよりマシだ」
 「違うよ。空手だから手刀切りだ」わたしは後藤の首を斬り落とすマネをした。「だが日本に注文してもいいが、来るまでに何週間もかかる。自腹切っているあいだに、オレたちはハラ切りだ」

 私たちはふたりともうつむいた。せっかくのお弁当箱アイデア、ボツに終わるのだろうか。わたしはしゃがんで頭を抱えて、う〜んと唸った。後藤はナイフを取り上げて、その背でまな板をコンコンと叩いた。唸り声とコンコン音、まるで読経中の木魚を叩く坊主のようではないか。
 
 「いっそのことー」後藤が言った。
 「いっそのこと?」わたしは彼のことばに期待して頭を上げた。
 「敵にお願いしてみたらどうだろうか」後藤は紙ナプキンを取り上げて、ボールペンで4文字のアルファベットを書いた。
 「そうか。それがあったな」解決策のヒントはいつも後藤からやってくる。「よし頼んでみよう」

 081008_061502  

          
******************

 わたしはTabe-hodaiランチのメニュー案やテーブルの配置案を後藤たちに考えてほしいと告げて、調理着を着替えて裏口の扉を開けた。午後のまぶしい日差しが刺さった。商業施設の建物沿いに狭く連なる日陰をつたって、ひとり駐車場に向かう。気温が上がってきた。35度、いやきっと40度ありそうだ。サンシャイン・ステート(クィーンズランド州の愛称)らしい日だ。 駐車場のFiatもからだ中でサンシャインを吸収していた。ドアには熱くて触れないほどだ。平らなボンネットでは鉄板焼きができそうだ。こんな日にイグニッションを回すのは気が引けた。

 だがわたしがキーを回すと一発で滑らかにエンジンを轟かせた。まるで“乗ったか?早く行こうぜ”とエンジンが語りかけるように。ミッションを入れて走り出す。駐車場から道路に出ようと一時停止すると、目の前を“ドアの無い車”が一台走り去った。ここは車検がないのでドアが取れていても走れるのだ。シートベルトさえしていれば、警察もそれほどうるさく言わない。ドアがないと涼しそうだ。老Fiatは車の流れにのった。この気候ならいつも水温計がぐっと上昇し、オーバーヒート気味になるのだが、だが今日はゲージが一定ラインをたもつ。静かに燃えているようだ。そして、行く先はKOTO。

         ******************** 

 この話し、明日も続きます。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »