« レギンス・ジーンズの誘惑 | トップページ | ミッシェルのホワイトハウス菜園計画 »

2009年3月21日 (土)

網戸=花粉対策のひとつだが。

 昨日は花粉症がツラかった。そのせいでブログを書いてコテンと寝てしまった。10時過ぎだったかしら。ところがそのあと午前1時か2時頃か、つる〜りとハナミズが垂れるので起きた。そのあとなかなか寝付けずで。最近このパターンで寝不足しています。

 あと1、2週間の辛抱だが、うらめしくサッシの向こうを眺める。この網戸からあやつら(=花粉=花粉粒子=直径30〜90ミクロン)が入ってくるのだ。と考えて今日は網戸をテーマに。

【hmm…なアドバイス348.網戸=花粉対策のひとつだが。】
YKK AP株式会社は、従来の網戸に対して「4つの性能」を向上させた
「クリアネット網戸」を発売します。
「クリアネット網戸」の最大の特長は、クリアな眺めと通風量のアップです。
ネットの糸を0.25mmから0.15mmと細くし、網目を1.2mmから0.9mmに
細かくしました。また、糸と糸の交差部を融着しホコリが隙間に入りにくい
構造にしました。
引用元

0215646_01 右が新製品。

 4つの性能とは“眺望・通風・防虫・清掃”である。YKKでは網戸の線径を細くして開口部を従来の68%から74%に上げた。一方編み目を18メッシュから24メッシュに細かくして、開口面積を0.9mm角にした。虫ははいりずらいだろうな。糸と糸の交差部を癒着する技術で埃も隙間にたまりにくくなるそうだ。

7

 透過性がよくて虫が来ない、たしかにいいですが、これは初夏から夏向けのシーズン商品。リモコン式、ヨコ型などさまざまな網戸スタイルに適合する。ただ0.9mm角では花粉対策はできませんね。09年4月1日発売。

【花粉症対策の網戸もある】
 実は花粉症対策の網戸、ずいぶん前に(04年)帝人から発売されている。

16

消費者からの要望が最も強いと思われる、花粉粒子(直径30〜90ミクロン)
の80%の侵入阻止が期待でき、かつ適度の通風性とブラインド性を持った、
メッシュ数が1インチ当たり200本の高密度織物を基本スペックとしま
した。(従来の網戸のメッシュ数は、1インチ当たり18〜22本が大勢

12 

従来ネットとの比較表、メッシュ数が10倍、線径は1/5、その仕様で花粉の侵入阻止率は90%という。通気性はその分悪くなるが、背に腹は代えられない。この製品の販売は複数の会社で行われているが、中でもトステムオンラインの“取り外しの可能な花粉ガード網戸”はいいな。 

4 トステムオンラインより。

 窓用の網戸にフレームを装着して帝人の『クロスキャビン』の花粉ガードを付ける。それを普通の網戸のように装着することができる。つまり二重の網戸状態。付け替えが面倒だけど、このシーズンだけのガマンならそれもいいだろう。

【スタイリッシュな網戸で予防したい】
 だが建築家から見ると、網戸ほどデザイン上、醜悪なものはない。見栄えがわるい。だから家の竣工後の撮影では、よく外して撮影しているでしょ。一方で花粉シーズンになると人さまの女性は美人が増えると言われる。そのココロは…“マスク美人”(笑)。

Psr_ph005 Psr_ph001

 こんなスタイリッシュな網戸で花粉症対策ができれば、言うことがない。セイキ工業の装飾窓用ロールアップ網戸である。枠にそって、からからっと巻き上げる方式。野暮な“網戸”の汚名返上の美しいデザイン。こんな花粉対策スクリーンがあればいいと思う。

【hmm…なアドバイス】
 さてウエザーニュースの花粉飛散予報によれば、次の通り。

8

 ヤバい、明日は小休止だが来週は飛びまくる。実は大都市ほど花粉飛来が多いのだ。この予報でもそうなっているが、わたしの勝手な推測。

都市は地表がアスファルトで覆われているから、土に花粉が付着せずにバウンドするのではないだろうか?新説かもしれないが、あやしいでしょ。花粉の出ない杉や檜は対策のひとつだが、国民をここまで健康悪化させながら、ほぼ無策の国にはほんとうに腹がたつ。今日は以上です。

|

« レギンス・ジーンズの誘惑 | トップページ | ミッシェルのホワイトハウス菜園計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網戸=花粉対策のひとつだが。:

« レギンス・ジーンズの誘惑 | トップページ | ミッシェルのホワイトハウス菜園計画 »