« サラリーマンは耐えるしかない。 | トップページ | バイクのバスケットあれこれ »

2009年3月24日 (火)

隠れ無印良品ファン

 

無印良品のある街で働くようになってから、無印良品のファンになった。実はそれまではそれほどファンじゃなかった。「スーパーのPBよりはいいかな」くらいに思っていた。もちろん深澤直人氏の『壁掛式CDプレーヤー』なんて伝説的な傑作はあるけれど。無印ファンの相棒cherryさんの影響が大きい。

 ちょうど2つの新製品が出たので、仕事を早く切り上げて、夕方7時前に立ち寄ってみた。若い女性たちでいっぱいだった。新製品を見つけた。いつものように気持ちよい購買体験だった。

【hmm…なアドバイス351. 隠れ無印良品ファン】
国産昆布のおいしさは、海の恵みをシンプルに味わえます。
無印良品では、国産海産物を使用したお菓子を2009年3月24日
(火)に新発売します。
引用元
 Pict0223

 “なるべく素材そのものを生かしました。”というコピーにつられて、今日発売の2品を購入した。『国産海産物を使ったお菓子 小魚と昆布のミックス』と『国産海産物を使ったお菓子 がごめこんぶ・梅味』。今日は疲れ気味なのでカルシウムを採ろうと思って小魚と昆布をいただいた。

 味わい深くフトコロが広くて、身体にしっかり良さそうな一品。作り手の良心をたっぷり感じました。お値段、安いですが味わいは高い。裏切られなくてよかった。こんぶ梅味は、明日cherryさんのモトに持っていって開封します。

【わたしの無印体験】
 数年前までのわたしの無印のイメージは「(スーパーの)PB商品<無印の商品≦メーカーのNB商品」。伝説のデザイン家電も(無印の基礎を創った)堤清二氏と田中一光氏のディレクションDNAの産物であり、安いもののPBショップくらいに思っていた。

 だが無印のある街に引っ越して以来、いくつも品を買っている。素晴らしく美味しくはないし、辛さはもう一本“ペパー”が欲しい『キーマカレー』は常連客。たまには『グリーンカレー』も買う。A5無地の『ノート5冊組』189円は価格と仕様、出色である。cherryさんの誕生日には『アロマディフューザー』を贈った。目算通り仕事場で使ってくれているので、わたしも加湿な恩恵を受けている(笑)。 

17 ポコポコ香る。

 無印が今好調なのは、なぜだろうか。思い当たることはある。

【無印の良さ】
 まず無印は品質が良い。

 対して大手スーパーのコストのみ優先、買い手不在のPBは大嫌いだ。今日のランチも自炊である“トップブランド”のミートソースで調理した。とても不味かった(笑)。安いので文句は言えないが、それは2人分で、明日2人分目を食べなきゃと思うと苦しい。そのPBを開発した企業の業績が悪いのがうなずける。ココロがこもらずコストしかこもっていないPB商品、決して支持されないゾ。

  無印は声高じゃない。

 対して大手メーカーのNB商品のうるさいことといったら。店舗の棚やゴンドラで“買ってくれ!”と声高に叫んでいる。購入して家に持ち帰ると、冷蔵庫も棚もテーブルも机も、バッグの中まで“ブランドだらけ”で騒々しい。一方無印は“無印”という根本をはずさず、静かである。 

16

無印良品は水のようでありたいと思います。水は穏やかで、不可欠で、
いつも人の傍らにあり、憩いと潤いを提供します。
引用元

 無印良品の運営会社である良品計画が、毎年1月に消費者に向けて発しているメッセージから引用した。“純粋であり続けることで、全ての人々の普通の健やかさを保証”します、という宣言。小骨や昆布に表れていますよね。

【hmm…なアドバイス】
 同社もスランプだった時期があり、2000年から03年頃まで減益、売れないサイクルにはまっていた。それがまさにV字回復をしたのは“お客さまに聴く”という仕組みを商品開発に取り入れたからと言われる。いわゆる『モノづくりコミュニティ』です。そのあたり、笠原造氏のエッセイが詳しいので読みましょう。

 わたしが無印に“コミュニティ”を感じるのは、とりわけ食品のレトルトセットですね。お手軽BUT健康&ダイエット、という働く女性のニーズにきっちり応えた品揃え、単価は安いけれど生活密着している。食品コーナーが起点になって、他の売場を活性化させているような気がする。

 個人的に無印への要望がふたつあります。まずキーマカレーの辛さを一段上げてよ(笑)。それからもうひとつ、『ガパオのレトルト』を開発してくれませんか。ひき肉がいいな。わたしを某PBのミートソースで殺さないで!(笑)今日は以上です。

|

« サラリーマンは耐えるしかない。 | トップページ | バイクのバスケットあれこれ »

コメント

納豆さん、コメントありがとう。
モノは無印、自分で印を付ける、それが今の消費者のしたいことですよね。わたしもそうです。
でもそれはぎゃあぎゃあという自己主張じゃなくて、わかる人にはわかってもらえる、かといって唯我独尊じゃない、バランスグッズが無印ですね。

投稿: 郷/marketing-no-mark | 2009年4月 8日 (水) 23時41分

゚.+:。(・ω・)b゚.+:。私も無印大好きです
服にも無印のマークがはいっていないのがナイス!!ですよね。すてきですヽ(´▽`)/

投稿: 納豆 | 2009年4月 7日 (火) 16時01分

evianさん、コメント、あっりがとうございます。
直角靴下、確かにあのズレ感覚、イヤなものですよね。既存の製造ラインが間違っているというのもおもしろい。得てしてそんなことが、産業界津々浦々にあるもので、常識に凝り固まっていると、良い発想はない。
やっぱり自分を“無地”にしないとね(これが一番むつかしい)。

投稿: 郷/muji-marketing | 2009年3月25日 (水) 23時48分

こんにちは。
無印良品は商品企画がしっかりしているのがいいですね。愛用の一品は「足なり直角靴下」です。

チェコのおばあちゃんの手編み靴下をヒントにかかとを直角に編むことで靴下が足裏にずれるのを防げる。しかし既存のラインでは製造できないので製造ラインを変更してまで作り上げたというストーリーがあるのです。

実際に履いてみると確かにかかとが足裏にずれ込んでくる不快感が無くなったので感心しました。近頃買い足しに行ったら更に進化していて、左右で形状を変えることで更にフィット感が増してました。当然見やすいところににL/Rの表示がついてます。

別に信者ではないのですがつい人に勧めたくなってしまいました(笑)

投稿: evian | 2009年3月25日 (水) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/28785994

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れ無印良品ファン:

» チュニック [チュニック]
チュニックはこれからの季節には、女性の必須のファッションアイテムです。チュニックの着こなし方や賢いチュニックのGETの方法です。 [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 22時36分

« サラリーマンは耐えるしかない。 | トップページ | バイクのバスケットあれこれ »