« LEKO by IKEAモータース | トップページ | utteの仕事の本質は“額装”である 1/3 »

2009年3月31日 (火)

エコライド、エゴウォーク

 昨日“自動車=移動手段に堕した=つまらない・売れなくなった”というブログを書いたのを読んでくれたのか、移動手段に関連するネタをくれたcherryさん。

 「郷さん、こんなおもしろいものがありました!」
 「なに?」
 「ジェットコースターのような公共の乗り物が走るそうなんです!」

 ジェットコースターだって?う〜ん、久しく乗っていないなあ。

【hmm…なアドバイス356.エコライド、エゴウォーク】
(前略)金山さんがジェットコースターの仕組みを利用して新たな交通システムを作り上げようとしています。そのシステムはエコライドと名付けられ、エコで静かで安価に出来る乗り物として小規模の移動システムとして期待されているのです。引用元 

8 

画像はこちらから(正確には経由)。余談ですが、文章の引用元のTBSを始め、マスメディアはどこも右クリック御法度がフツーだ。古くさいし、オープンじゃないなと思うのはわたしだけだろうか? 

 この新交通システム、東大と泉陽興業などによって開発される『エコライド』と呼ぶもので、昨年秋から実験ラインが稼働した。原理はジェットコースターを巻き上げて高い場所に上げて、そこからずど〜んと落とす原理で高低差を利用して人や物を運ぼうというもの。走行時速は20kmていど、走行距離は最長10km、1両の定員は12名とされる。降りるときのブレーキから発生する回生エネルギーを回収して、車輛をまた引き上げるウインチの動力源にもあてるのあろう。 

14

【メリットはわかった。でも視界不明瞭だ】
 このシステムのメリットを挙げよう。簡易な構造で脱線はまずしないそうだ。そしてエコであることとは、CO2発生源が小さく温暖化防止につながる。建設コストが地下鉄に比べて1/10で済む。大深度のような地下工事は不要、モノレールのような基礎やレール構造さえ不要。なぜってレールと車輛をささえる形式、そして運行の基本は、まさにジェットコースターそのものだからだ。 

20090130_02

 ただ文科系なりに、いくつか素朴な疑問が湧く。

・運行には一定以上の勾配が必要であるから、乗り口は降り口よりも高くする必要がある。その高さまで上ることは(ホーム建築など)はコストがかかりそう
・行ったら自力でもどらない片側通行なので、往復路線は2本のループが必要となる。その場合、上下線などで建築コストがハネ上がることはないか?
・強風の日に運行がほんとうに安全なのか?JRの電車でさえ強風で運行を中止するのに、無動力・自然落下の車輛が安全なのだろうか?風で押し戻されたりしないのだろうか?(笑)

 数々の疑問はあれど、ジェットコースター(英語で“roller coaster”)の原理を利用した開発、実は海外にもある。

【ルイジアナでもモノレール開発】
A team of industrial design students at the University of Louisiana at Lafayette have put together a railway that wouldn't need stations to pick up passengers. Instead, system features driverless pods that are mounted to an elevated rail on an arm, which can lower the cabs down to pick up or drop off passengers anywhere along a route. 引用元

Ulllouisianapublicrailsystem 

the University of Louisiana at Lafayetteの研究によって、1世紀も事故の無い独モノレールを発想源に、ジェットコースターの原理を応用したモノレールシステムを開発中だという。その最大の特徴は“駅不要”。乗客を載せた車輛が、乗客が乗る“溜まり場”に近づくと、車輛をぶら下げるロッドが伸びて車輛の高さが下がる。乗降が済んだらまた走行時の高さにもどる仕組みだという。

15 200pxwuppertaler_schwebebahn_detail
ドイツのモノレールとその機構

【hmm…なアドバイス】
 だがジェットコースターだとすると、わたしは時速20kmではがまんができない(笑)。 

ジェットコースターのように交通でもワクワクしたい。仕事に疲れて郊外の駅に着く。そこからまだ2kmほど我が家まである。普段は自転車かバスで移動する。だが今日からはジェットコースターで帰れる!ぐわ〜ん!と80kmくらいのスピードでくるりと宙返りして我が家へ到着(笑)!携帯とか財布とかボロボロ落ちるけど(笑)、疲れを忘れさせてくれそうで楽しい。スリルがない乗り物、幾つになっても乗りたくないしね。

 蛇足。個人的に不快な乗り物をいくつか挙げよう。1に満員の通勤電車、2に道交法無視の自動車と自転車、3に携帯を見ながら歩く歩行者たち。え?3は乗り物じゃないって?いえ、感度が鈍った人間が公共の乗り物や交通を乱している。彼らの“エゴウォーク”を何とかすることも公共交通運行上、大きなミッションである。今日は以上です。

|

« LEKO by IKEAモータース | トップページ | utteの仕事の本質は“額装”である 1/3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/28900681

この記事へのトラックバック一覧です: エコライド、エゴウォーク:

« LEKO by IKEAモータース | トップページ | utteの仕事の本質は“額装”である 1/3 »