« 夏のカスタネット娘への処方せん | トップページ | 世界天文年ブーム ― 星のない都会生活への償い »

2009年4月26日 (日)

木工作品の(少なくとも)3つのアプローチ

 今日は久々にチョイ工作に取り組んだ。一昨日思いついた、ある企みの実行準備。近所のホームセンターに行って、「Rピン」「U型吊カン」「洋灯吊」「刷毛」「両面テープ」などを買ってきた。家にあった19mm角のスプロール木材を鋸で斬り、切断面にヤスリをあてて“枠”作りに励んだ。今日はそこまで。

 ヘタの横好き、それはわたしの日曜大工のこと。でも連休中にその企みの工作をやりたくてウズウズしています。木工作業にちなんで、今日は木工製品の話題を。

【hmm…なアドバイス378. 木工作品の(少なくとも)3つのアプローチ】
somehow Etsy seller Substrata has managed to create just that. Their series of handmade wooden cases for the 3G are shaped and sanded to compliment the iPhone’s curves, and the inside is contoured to hold the phone snugly. 引用元

Il_430xn67379431  Il_430xn67379548

 「ウエブサイトEtsyの売り手のSubstrata、スリークでほっそりのiPhoneケースの創り手である。ハンドメイドの3G用ウッドケースは、iPhoneのカーブに敬意を払って作られており、内部はiPhoneをぴったり収める輪郭をもつ

 フタ部はスライド式になっており、メールくらいならカバーを付けたまま利用可能だ。84.99ドルで1品モノとしてこちらで販売中。柄は他にもある。

 次の『Miniot iWood cobra for iPhone 3G』はもっと凄い。ウッドケースのまま、全ての機能が使えるようだ。 

4 8 9

 13 14 15

 その仕上げの良さがわかりますよね。もちろん安くはない(120ユーロ=約15,000円)。でも惹かれる。ウッドiPhoneケース、デジタルタッチの精緻さと木工加工の精緻さをジョイントする。

【木工加工を活かしたスリークな椅子】
 2つ目は椅子。『alan chair』と名付けた英国のデザインスタジオhundredstensunits による作品。素材はカバ合板、脚部の記述はないがアルミだ。 

O1

 彼らのコンセプトは“beautiful and useful”。美しく使用にも耐える。だがこんなスリークな椅子に長い時間座って快適じゃない。むしろオブジェとしてインテリアやシーンに溶けてゆく。わたしならこれを“ライフ is フラット”(平ら)と名付けます。

【20個ものメリットがあるお箸】
 3つ目はお箸です。09年1月に発売した国産竹の削り出しの『ふしばし』、新機能を加えて発売する。  

0218689_01_2   0218689_02 20個のメリットのイラスト。

 竹素材を、竹状の節を活かしたデザインで加工することにより、いろんな機能を付加している。「節突起によるグリップ」「テーパーが関節にフィット」「くびれよる料理拘束」「汁物・液物タレシャット」「抗菌・防カビ」など、あれもこれもの怒濤のメリット群を、計20個束ねる。一部にはちと強引な主張も見受けられるが(笑_失礼)、お箸の機能をここまで追求した例は聞いたことがない。素晴らしい売り方です。

【hmm…なアドバイス】
 これらの木工3事例をまとめてみよう。少なくとも次の3つのアプローチが見える。木工をひとくくりにはできない。

手触りを活かす木工表現=手と木のコミュニケーション(昔なら印籠だ)
素材感の木工表現=インテリア用具/オブジェとして
用具/機能の木工表現=素材を活かした用具としての機能追求

 わたしの木工歴は長いがうまくない。今回の企みは木工というよりは発想寄りなので、細部加工のまずさは許してほしい。GW中に仕上げて、アートマルシェ神田の“ウィンドウ”に飾る予定です。小さくご期待ください。今日は以上です。

|

« 夏のカスタネット娘への処方せん | トップページ | 世界天文年ブーム ― 星のない都会生活への償い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/29309526

この記事へのトラックバック一覧です: 木工作品の(少なくとも)3つのアプローチ:

» 日曜大工で使える基本テクニック 1 [日曜大工]
釘を上手に打ってみよう。釘をたくさん打ち付ければ上手に固定される。というわけではありません。必要以上にやみくもに使うだけではもったいないだけです。よくわからない頃、初めの頃はあまり考えずにたくさん釘を打てばいいと思ってしまいがちです。この部分は強度が欲しいから多少多目に打っておこうか・・という具合に。結構いい加減かもしれないですね。見栄えも悪くなるし、釘をたくさん必要以上に使うので予算... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 20時20分

« 夏のカスタネット娘への処方せん | トップページ | 世界天文年ブーム ― 星のない都会生活への償い »