« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の30件の記事

2009年4月30日 (木)

“カタログ語”から抜け出して、“個衆マーケティング”へ

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふマーケティング”へのリードです。

“カタログ語”から抜け出そう――商品紹介の秘けつとは
最近、カタログに書いてあるようなことしか語れない営業マンが増えているという。そこで商品語りの達人、スミ利文具店の藤井稔也さんに商品を紹介するコツを聞いてきた。続きはこちら

Rimg04182 スミ利文具店

 テーマは“商品をモノ語る”。できて当たりまえのことが、最近できない営業マンが増えてきた。それができる営業マンに逢える機会がとんと減った。そんな声を聴いてこれは切実だと思ったのが、最初のきっかけ。フト思えば、語りに感動する営業さん、確かに多くない。

【3人の語る営業マンたち】
 そのテーマにふさわしい人を3人見つけた。まず今回インタビューさせていただいたスミ利文具店の藤井稔也さん。彼の語り、熱い・鋭い・細かいの三拍子がある。持ち上げ過ぎではないし、何しろ文具愛好家の間では結構知られる存在だ。商品紹介だけでなく、エッセイも書いていらっしゃる。わたしも以前、コンサルティングの仕事についてのエッセイ(メルマガ)を書いていました。仕事に熱くないと仕事のことは書けないよ。よ〜くわかります。

 2人目、デザイン作品販売のutte事業のバックアップをしていただいている三和印刷には、尊敬・敬愛する印刷営業マンがいる。仮にその名前を中村さんとしておこう。彼は安心感のかたまりである。印刷のこと、紙のこと、デザインのこと。何でも訊ける。いつも満足する答えが返ってくる。

 また以前の勤め先コンサル会社の営業マン、名前を仮に奥山さんとしておこう。彼はお客さまの満足度という一点を絶対ぶらさず、それがぶれるときは、お客さんにもコンサルタントにも、ぴしゃりと意見表明する。それが効く。お二人とも近しい方がたなので、誠に書くのは我田引水過ぎるので、ブログで取り上げさせていただきました。あしからずご了承いただければと思います。

【商品を伝える類型4つ】
 商品を語るーそれは当たりまえのようで、むつかしい。「カタログ語」を喋っても意味はない。「今価格がいくらで〜す!お得で〜す!」ではアキバの店頭の呼び込みに過ぎない。卸売り店も小売店も、新商品が入荷すれば“商品研修”を会議や朝礼などでやるけれど、それはメーカー情報のバケツリレーに過ぎない。自分で咀嚼するきっかけになりにくい。だから消費者が知りたい、ほんとうの知識になりにくい。

 商品を語る伝え方、どんなパターンがあるだろうか?いろんな構成の仕方はあれど、ざっくりアラアラに4つに分けてみた。

1)市場における商品のポジショニング
2)トレンドにおける商品のポジショニング
3)自分とその商品の関係(試用・使用で)
4)自分と創り手の関係

 1=×、2=△、3=◯、4=◎。これがわたしにとっての重要順の採点結果です。

 1)のように、教科書チックに市場におけるポジションを描くことは、教科書としてはたいへん意味があるが、現実的にはほとんど意味がない。自己満足に過ぎない。2)のトレンドからその商品を語ることは、相対的に濃厚な意味があるが、世代によって商品価値観が異なるので、結局評価はかなりブレる。トレンド語りの本が売れないのは、それが理由だ。3)での問題意識とは、自分とその商品がどういう“熱い”関係にあるかである。文具ムック本などにある“愛”である。熱く語るだけでなく、冷静に商品評価があれば尚いい。

【地団駄踏みつつ、マーケティング・アドバイス】
 1〜3までは、マーケティングの大家であるフィリップ・コトラー氏やセオドール・レビット氏らの理論が背景にある。伝統的なマーケティング。

 一方、ポストモダン・マーケティングのテーマとは「創り手と使い手の密接な遭遇」である。工業化社会が行き過ぎて、行き渡り、さまざまなあつれきを起こし、行き詰まり、生産と生活があまりに隔離された今の世界。需給がまったく相関関係がなくなって、生産者は日々破綻し、消費者は日々妥協している。それが1950年代から半世紀後の、哀れな工業化社会の結実である。

 極端な話しだけれど、ネットを媒介にした“ブツブツ交換”が日本とアフリカで実現できる。それならフェア・トレードという言葉は消える。それが“個衆マーケティング”、いわゆるone to one marketingであり、次世代マーケティングの真のテーマである。ネット時代の行く末はそこにしかないのだ。わたしはそれをエッセイに書いている。それを(たいていの)大衆は判ってくれないので、わたしは(ひとりで)地団駄踏んでいる(笑)。

 今日は以上です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

回るiPhoneレコード・アプリ

 今日はcherryさんとふたりでutteに休日出勤してました。ひと仕事終わって彼女が言った。「iPhoneのケースの隙間から、ゴミが入るんですよね」ホワイトモデルの彼女、ゴミが気になる。ブラックモデルのわたし、表面フィルムも浮きまくりですが気にしません。

 「やっぱiPhoneはケースなんて要らんよね」とわたし。
 「じゃあ外せばいいじゃないですか」と彼女は笑っていう。

 なぜなら「iPhoneは裸で使うもんじゃ」と言いつつ、ヤフオクで樹脂ケースを買ったのはわたしだからだ(笑)。んでも、そのケースが役に立ちそうなiPhone APPがあった。

【hmm…なアドバイス381.回るiPhoneレコード・アプリ】
The spinning vinyl app by Theodore Watson makes use of the iPod touch's accelerometer to control the speed that the "record" is played at. 引用元 engadget 

Iphonevinylapr09

 Theodore Watsonさんが作った『The spinning vinyl』アプリは、iPod touchの加速度センサーをスピードコントロール機能を利用し、レコードのようにプレイする。

 いやまさにレコードかしら。vimeoの動画を2度観た(聴いた)がおもしろ!手でiPhoneを回すと、独楽(こま)みたいに最初は早くてだんだん遅くなるでしょ。そのスピードの増減に合わせて、最初は明瞭なメロディがだんだん、モゴモゴに(笑)。 

9 14 13

 68秒なので動画を観てください。引用元はこちら。これはクリエティブなソフトだ。

 


Spinning vinyl ipod app from Theodore Watson on Vimeo

【三位一体のアナログデバイス】
 レコードという前世紀のアナログ・デバイスをノスタルジーに終わらせない仕掛けはいろいろあるのですが、代表例といえば“アナログ再生 to デジタル保存”、家に埃かむっているレコードやカセットをデジタル化する機器。TEACから08年12月、かなり優れものが出ていた。 

Lpr500 引用元

 『LP−R500』はレコード、カセットテープ、AM/FMチューナーや外部入力から、CDへの録音ができる“オールインワンタイプ”のアナログ人お助け機器である。価格は69,800円と決して安くはないが、ひとつの機器でカセットとレコードの再生とCD保存ができるのだから、メカに詳しくない年配者にもお手軽である。

 これまでターンテーブルのレコードをPCとUSB経由でデジタル録音するもの(2万円前後)、ターンテーブルにUSBメモリーを挿しこんで録音できるもの(2〜3万円くらい)、などあったが、カセットが無い、お手軽じゃないなど、もうひとつ普及していない。レコードとカセットで音楽を聴いた団塊世代が、消費者としてアウトになるまであと10年(失礼_笑)。7万で青春できるなら安いから買おう。

【ターンテーブルマットも凄い】
 もひとつのアナログデバイスも凄い。 

Mat1 引用元 

米国ボストンを本拠地としたボストン・オーディオ・デザイン社より、人工カーボン・グラファイト(炭素の結晶・黒鉛石墨)を使用したハンドメイドのターンテーブルマットが発売されまシタ!! 引用元 DR.IGARASHIの名機/珍品講座 2009/3/19

 訳す必要がない文章(笑)。これをターンテーブルに敷いてJAZZグレイトのアート・ブレイキーを聴くと“立体音像”になるそうだ。マットでそんなに音が違うとは驚き。ウロコでした。DR.IGARASHIの語り、けっこう好きです。サウンドハウスはアキバにあるオーディオ専門会社。

【hmm…なアドバイス】
 iPhoneを回すというソフトには脱帽です。裏面にスクラッチ傷がつくだろうというツッコミもあったが、そこで力を発揮するのが樹脂カバー。それなら回し放題ですわ(笑)。カバーが初めて役に立った(笑)。

 古きアナログ、されど捨てられない。わたしも相当持っています。デジタルとアナログの融合、実はかなり深いテーマ。いずれ(誠で書かせてもらえるなら)ひとつ文をまとめます。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月28日 (火)

木童+Greening Worksのテーブル

 昨日は国立に創る和紙職人の展示会にお邪魔して、和紙とギャラリー運営、生で見聞させていただきました。その翌日の今日は、“木工のテーブルづくり”作業になりました。和から木(もく)へ、ナチュラル系にハマった連休序曲の連日です。

 テーブルとは“アートマルシェ神田”のギャラリー兼教室兼会議室に使うもので、昨日届いた“木童のテーブル”です。天板は木材コーディネイターの木童、組み合わせるアルミの脚もまた、木童に劣らずこだわりの会社でした。

【hmm…なアドバイス380.木童+Greening Worksのテーブル】
 ちょっと前にビジネスメディア誠に木童の木原社長インタビューを掲載させていただきました。そのご縁で、utteのギャラリー&ミーティングスペースに使うテーブルとベンチを発注させていただきました。新宿オペラシティの木童ショールームの西田さん、いろいろムリをお願いしてすみません。とっても良いテーブルを、ありがとうございました。 

Dsc02694

 木童は国内産の良材を幅広くそろえ、木への想いを深く語り、施工では汗を流して協働する木材コーディネイター。床材という案もありましたが、結局テーブルとベンチにさせていただきました。

 木童の天板、テーブル表面は無垢材、集成材をサンドイッチして、裏面は節の多い板です。無垢のテーブルの味わいを損なわず、厚みと強度を出して費用を抑えた天板。サブロク(900×1800mm)で15,000円から(参考価格なので、お見積り・お問い合わせは木童にお願いします)。素材感と品質から見てとても安い値段だと思います。

【組み立てはひと仕事ですが】
 組み立てはアルミの脚部から。四角の抜き加工のアルミ部材。ジョイントは樹脂でできており、アルミ部材をはめ込んでゆく形式である。 

Dsc02684 Dsc02686

 アルミ脚の打ち込みは木槌でしっかり打ち込む。だがこれはマイナスドライバーなどで再度外すことができる(はずだ)。脚を外せば倉庫へ入れやすくなるし、イベントなどで天板だけの使用を可能にする。 

Dsc02687 Dsc02688

 アルミ脚と側材と天板の接合はねじ釘である。これがそこそこ力がいる作業で、久しぶりに力を入れた日曜大工、軍手をしていなかったため、手の平の皮剥けました(笑)。節のせいで堅いネジ切り箇所が1〜2カ所あり、そこはガイド穴をキリで少し開けました。問題なく、しっかり締まりました。 

Dsc02693

 こうして出来あがった会議室テーブル。表面の顔つき、どうでしょうか?今日、初めて会議室を使っていただいた方々から「おぉ感じいい部屋ですね」ということばも聞こえてきた。お堅い会社の会議室には似つかわしくないですが、テーブルもクリエイティブの源のひとつ。モクにこだわってよかった。

【サステイナブルなアルミ部材】
 この合理的なアルミ脚部のメーカーも気になった。ラベルを便りに調べるとGreening Works。本社市川市のアルミ部材とサステイナビリティにこだわる会社でした。 

4

 同社はモジュールデザインでパーツの共通化をはかり、部品の交換性・追加性を高めることでロングライフをデザインする。その素材はアルミの“無垢”とABS製のジョイントで、リサイクル可能。さらにお客様が組み立てるというIKEAのような“パーツ販売”を旨とし、価格を抑える工夫もある。 

8 画像は同社HPより

 わたしたちの3×6尺用のアルミ部材は特注であるが、かなり安かった。一般にテーブルは脚が高いものだが、このサイズ・素材感から見ればかなり安い。ナチュラル&サステイナブル。クリエイティブなライフスタイルやワークスタイルを深めてもらいたいというねらいから、テーブルにこだわった甲斐があった。価格は木童さんに一緒に問い合わせをしてください。ナチュラルなテーブルとナチュラルな脚、満足度はかなり高い。

【hmm…なアドバイス】
 会社の会議室にどんな思い出がありますか?

 入社面接で緊張を強いられるのが会議室。入社後も会議では力が入りすぎたり(緊張)、入らなかったり(弛緩)、呼び出されて“来たか”と想い、呼び出して“バツの悪さ”を感じたり。左遷されたり左遷を告げたり(どちらもキツい)。当事者意識があったり(実は被害妄想だったり_笑)、まったく傍観者だったり(会議の透明人間と呼ぼう)。

 どうも力が入るか抜けるか、両極端に触れやすいのが会議室。また週次や月次のルーティン会議の場は、創造性に満たされることは(劇的に)少なく、“その場の空気”を作ったり読んだりする政治の場になるケースが多い。つまらない思い出しかないのが会議室。そんな会議室、テーブル=安かろうか、“内装デザイン会社におまかせ”で見栄をはっているか。どちらかだ。

 会議の生産性、という合理性も大切だが、どんな雰囲気で、どんなアウトプットをねらうものか、そう考えれば合理性の緊張と呪縛から解き放たれるかもしれない。何かが変わるかもしれない。会議は「ココチよくキモチよくハッソウよく」ですよ

 それをねらって、ナチュラルな味わいのある天板とサステイナブルな脚を選ぶ。自分たちで組み立てる。メンテナンスする。そうすると会議も変わるものだ。無垢の木のテーブルを選ぶワケもあるのです。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

世界天文年ブーム ― 星のない都会生活への償い

 今日も風が強い一日でした。わたしは国立の『ミルクギャラリー』にお邪魔していましがたが、中央線の線路際の道を歩くと風が強くて。南関東地方では、昨日の曇り雲を吹き飛ばしてすっきり青空…は半分くらいです。雲を吹き飛ばして☆が見えるかしら? 

Logob_land_150dpi

 今年は『世界天文年』。ガリレオ・ガリレイがちょうど400年前(1609年末)、望遠鏡を作って星空を観察し「望遠鏡による宇宙探求の扉」を開いた。それで今日は星を待っていましたが、都会はやっぱりどんよりの日が多いです。

【hmm…なアドバイス379. 世界天文年ブーム ― 星のない都会生活への償い】
 ナショナル ジオグラフィックが09年4月20日に刊行した『ハッブル望遠鏡が見た宇宙』には、ハッブル天文台の望遠鏡が捉えた150点の画像が収録されている。そのウエブサイト画像を見ると、宇宙の生のカタチは想像を絶する光モヨウ、魂の抽象画、生命体への想いが圧縮されており、形容しがたい迫力がある。

Ph_01

いっかくじゅう座V838の光エコー(2006年)変光星の爆発の光が塵の雲の外へ向かって移動し、さらに広がり続けている様子が、この最近の写真からもわかる

Ph_05
NGC3603(2007年)天の川銀河系の渦状腕の1つ、りゅうこつ腕にある若い高温星の集団をハッブル望遠鏡に搭載された観測機器がとらえた

Ph_07

キャッツアイ星雲(2004年)未知の星雲や彗星を探索した18世紀の天文学者ウィリアム・ハーシェルは、惑星のような円盤像に見える小型でぼんやりとした天体をいくつも見つけた。ハーシェルが用いた「惑星状」という表現がこの種の天体の分類名になった

 以上の画像の案内文、すべて引用元サイトから。これらの画像、ひとことで言えば“美しい驚嘆”。わたしたち地球民ももちろんこの中の一粒ですが、こんなダイナミックな世界の一員、というイメージはなかなか湧かない。そこが良いのかもしれない。

【皆既日食イベントがスターダムに!】
 世界天文年を記念して最大のイベント、それは“皆既日食”。月が太陽の前を横切り、太陽の光を遮るので、“太陽が消える”と言われる現象。 

Photo

 09年7月22日に皆既日食が起きるのをあてこんで、観測が可能なエリアである鹿児島県のトカラ列島や薩南諸島の企画ツアーは大にぎわいという。日経の報道では、近畿日本ツーリストの最低30万円台のクルーズ船コース、定員2倍の抽選だった。その理由は“フル日食での観測時間の長さ”にある。 

4  8  
 屋久島=99%                 東京=75%

 『この中で最も条件が良いのは、悪石島(食分1.03,継続時間6分)という小さな島です。ここではなんと6分間も皆既日食が続き、黒い太陽とコロナを長時間見られるのです。全世界的に見ても、ここまで時間の長い皆既日食は滅多に起こらない』 引用元『日本で見られる皆既日食

【コニカミノルタの7.22皆既日食】
 コニカミノルタでが「日本での皆既日食46年ぶりで、次に起こるのは、26年後の2035年という、とても希少な天体イベント」でより多くの人びとに経験をしてもらうため、『満天』のプラネタリウムで立体CG映像での疑似体験もする。 

4_2

 日食の起きる仕組みを『太陽が消える?7.22皆既日食』で、美しい画像で紹介。池袋サンシャインシティ。

【hmm…なアドバイス】
 なぜ人類は星に惹かれるのだろうか?

 光年という地球を毎秒7.5回まわるスピードの幻惑感、それが1光年では94,608億年という、途方も無い距離になる“届かない遠さ”への憧れ、そこにある未だ知らない何かの存在への期待、そんなところだろうか。消費者分析的には、そんな感じだろう。

 人類が星に惹かれる理由、その質問に自分の体験から答えてみると、生まれて初めて澄み切った夜空に、満天の星を見た記憶未だに薄れないこと。

 東京生まれの東京育ちのわたし、小学生の頃、父の実家の自然あふれる田舎、岐阜に行った。そこで何やら夜道を歩いた。なぜかアタマをあげて、クビをそらした。すると、満天に星が見えた。星の数は、とてもとても数えられなかった。東京では片手か両手の指で数えられた星が、ここではそれこそ無数に光っていた。そんな夜空、それまで見たことがなかった。“これが夜空なのか”息もつがずに星空をずぅっと見上げていた。

 そのときの衝撃、今ほど近視もひどくなかったせいもある。だが青年になり、そして大人になり、上を視ることとは、自分の“社会ステータス”をアップさせることと同義になった夜道や夜丘や夜山から、星空を見ることをしなくなった。星空を見るかわりに、夜道の水銀灯に光る、アスファルトのキラキラをうつむいて見る生活ばかりになった。

 そんな現代人の生活への償いもあるのではないだろうか。

 今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

木工作品の(少なくとも)3つのアプローチ

 今日は久々にチョイ工作に取り組んだ。一昨日思いついた、ある企みの実行準備。近所のホームセンターに行って、「Rピン」「U型吊カン」「洋灯吊」「刷毛」「両面テープ」などを買ってきた。家にあった19mm角のスプロール木材を鋸で斬り、切断面にヤスリをあてて“枠”作りに励んだ。今日はそこまで。

 ヘタの横好き、それはわたしの日曜大工のこと。でも連休中にその企みの工作をやりたくてウズウズしています。木工作業にちなんで、今日は木工製品の話題を。

【hmm…なアドバイス378. 木工作品の(少なくとも)3つのアプローチ】
somehow Etsy seller Substrata has managed to create just that. Their series of handmade wooden cases for the 3G are shaped and sanded to compliment the iPhone’s curves, and the inside is contoured to hold the phone snugly. 引用元

Il_430xn67379431  Il_430xn67379548

 「ウエブサイトEtsyの売り手のSubstrata、スリークでほっそりのiPhoneケースの創り手である。ハンドメイドの3G用ウッドケースは、iPhoneのカーブに敬意を払って作られており、内部はiPhoneをぴったり収める輪郭をもつ

 フタ部はスライド式になっており、メールくらいならカバーを付けたまま利用可能だ。84.99ドルで1品モノとしてこちらで販売中。柄は他にもある。

 次の『Miniot iWood cobra for iPhone 3G』はもっと凄い。ウッドケースのまま、全ての機能が使えるようだ。 

4 8 9

 13 14 15

 その仕上げの良さがわかりますよね。もちろん安くはない(120ユーロ=約15,000円)。でも惹かれる。ウッドiPhoneケース、デジタルタッチの精緻さと木工加工の精緻さをジョイントする。

【木工加工を活かしたスリークな椅子】
 2つ目は椅子。『alan chair』と名付けた英国のデザインスタジオhundredstensunits による作品。素材はカバ合板、脚部の記述はないがアルミだ。 

O1

 彼らのコンセプトは“beautiful and useful”。美しく使用にも耐える。だがこんなスリークな椅子に長い時間座って快適じゃない。むしろオブジェとしてインテリアやシーンに溶けてゆく。わたしならこれを“ライフ is フラット”(平ら)と名付けます。

【20個ものメリットがあるお箸】
 3つ目はお箸です。09年1月に発売した国産竹の削り出しの『ふしばし』、新機能を加えて発売する。  

0218689_01_2   0218689_02 20個のメリットのイラスト。

 竹素材を、竹状の節を活かしたデザインで加工することにより、いろんな機能を付加している。「節突起によるグリップ」「テーパーが関節にフィット」「くびれよる料理拘束」「汁物・液物タレシャット」「抗菌・防カビ」など、あれもこれもの怒濤のメリット群を、計20個束ねる。一部にはちと強引な主張も見受けられるが(笑_失礼)、お箸の機能をここまで追求した例は聞いたことがない。素晴らしい売り方です。

【hmm…なアドバイス】
 これらの木工3事例をまとめてみよう。少なくとも次の3つのアプローチが見える。木工をひとくくりにはできない。

手触りを活かす木工表現=手と木のコミュニケーション(昔なら印籠だ)
素材感の木工表現=インテリア用具/オブジェとして
用具/機能の木工表現=素材を活かした用具としての機能追求

 わたしの木工歴は長いがうまくない。今回の企みは木工というよりは発想寄りなので、細部加工のまずさは許してほしい。GW中に仕上げて、アートマルシェ神田の“ウィンドウ”に飾る予定です。小さくご期待ください。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月25日 (土)

夏のカスタネット娘への処方せん

 今日は一日雨モヨウでしたね。結婚式を迎えられた方もいますが、わたしはじっくり家で原稿と以前の記事に翻訳をしていました。だからお外に出なかった分、足がウズウズして、ならば足元の話題を!と思いました。

【hmm…なアドバイス377.夏のカスタネット娘への処方せん】
夏に活躍する靴底の薄いタイプの靴や華奢なデザインの靴でも、ジャストフィットする長さで当商品をご利用いただけるように、(従来のミュールバンドよりも)3cm短い仕様の『ミュールバンドショート』を新たに開発いたしました。さらに、職場での利用頻度の高い黒色の靴を想定して、靴裏のマジックテープも目立ちにくい黒色に変更いたしました。引用元 

20080801_kr1 去年の同社の発売品

 ミュールとは昔用語で“ヘップサンダル”。華奢な足元を演出する夏のサンダルです。色とりどり、デザインいろいろ。そして素足をさらす美しさの演出で、そろそろ見かけるようになってきます。たいていストラップはないので、歩き方によってはカカトが浮いて、あの“カランコロン”のカスタネット音が響きます。それを抑えるための用具がこれです。 

0218810_01 Solutionmlb1

 コロンブスではこの商品を08年夏から販売開始し、好評だったので、今年はマジック・テープの色の変更(黒)とサイズを短めにした商品を開発・発売する。構造的にはエラストマーのバンドにマジックテープを付けて、それをぐるりとするだけのシンプルなもの。素肌に透明感があるエラストマーで目立たせずに、足首とサンダルを固定し、カスタネット娘を音無し姫を仕立てようという、良心の商品である。

 「(ミュールタイプのサンダルは)歩く時に足裏と靴が離れてしまうので歩きにくく、足の疲れの原因になることがある」ので、密着度を高めるという効果あり。その通りかもしれないが、音を抑えるというのがゴールだろう。ショートサイズも従来タイプも840円。

【エラストマーの底敷】
 女子のカスタネット音を抑える商品、他には“粘着シート”がある。そのうちのひとつAKAISHIの『フットワン』。カカト部にエラストマーのジェルパッドを貼り、カカトをグリップする商品。

X307830h_l これをカカトに付ける。

 これがどのくらいの密着度があるか、さすがに女装して助走するわけにもゆかないので知らない。それを無責任と言わないでほしい。素材はエラストマーなので吸着度はあると想像するが、夏に吸着しすぎるとベトベトしないだろうか?という疑問もある。ケンコーコムで630円、同様の商品もだいたい同じ価格帯で販売中である。

【実は姿勢次第】
 夏のカスタネット娘を観ていて気づいたことがある。みんな“歩き方が悪い”のよ。背中は丸まり、膝はまがり、手には携帯を持ち、腕にはトートを下げてぶらんぶらん。それが典型例だ。 

Ok20050719105800832l0 こんな感じでつま先から着地すべし。

 ちょっと前(2005年)の記事ですが、『ジョン・ロバート・パワーズスクール』の講師のシャロン宮田さんは「ヒールの付いた靴にはふさわしい歩き方がある」とおっしゃる。記事では「ミュールの歩き方は“つま先から着地→ヒールを下ろす”」音が出るのは「カカトからズドンズドン降りるから」という。大手メディアは転載がうるさいので、画像の転載は小さめにとどめておいた。こちらをどうぞ。

【hmm…なアドバイス】
 このバンド、たしかに目立たないし見た目もいいし、健康にもよいかもしれない。でも正直言えば“屋上屋を重ねる商品”とも言える。だって下駄を履いていたころ、オトコはカランコロンでも、オナゴはしゃなりしゃなりでしょ。できるんですよ、音を立てないあるきかた、姿勢さえよければ。

 うるさいから対症療法でバンドというのは改善がない。歩き方を改善するために、初夏に使って、カランコロンさせないコツをつかんだら外すというのが正しい使い方ではないでしょうか?

 なんて偉そうなことは実は言えない。わたしは擦って歩くクセがあって、よ〜く蹴つまずく。靴はつま先からイカレてくる。そんな人が多いとすれば、コロンブスさん、背筋を伸ばす矯正具商品を強化して、“歩き方カンパニー”を目指すべきです。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月24日 (金)

セラミック・フライパンと巻き物と草なぎクン

 今日は道に迷った。いや生まれてこのかた、ずっと迷い続けているのかもしれないmy life。だが迷わない人などいるのだろうか?草なぎクンはどうなのだろうか?人生上の迷いはともかく、朝の神田、7時から開店している地場食品スーパーを探して、わたしは彷徨った。

 彷徨った挙げ句、相棒のcherryさんにSMSメールを打った。「ゴメン、見つからないよスーパー」 今日の昼ご飯の素材仕入れをする予定でした。買い出しができないのでレトルトで済ませました。

【hmm…なアドバイス376. セラミック・フライパンと巻き物と草なぎクン】
 罪滅ぼしになるか、今日は調理器、セラミックのフライパンが話題です。次の画像の左側が“Xtrema's 10-inch skillet”、右側がフツーのフライパンです。(skilletとはフライパンのこと)

Xtrema_skillet_04thumb550x36616821  

Since it's made of ceramic, it's fired in kilns that burn natural gas in a process that's said to have no pollutants. Of course, there's a non-stick "Nano Glaze" surface, but that's ceramic, too, which means it's non-reactive even up to 2,500°F - safe even for Tholians. 引用元

天然ガスのキルンで製造されているセラミック、そのメリットは汚染物質の混入の無いこと。ナノ表面処理で焦げ付きを防ぐ処理が施されているが、素材がセラミックのメリット=高温に耐える(華氏2,500度=摂氏1,371度)ので、ソリア人にも生息が可能だ」 

Tholian_pilot 熱そうなヤツ=ソリア人 引用元

 ソリア人とは『スタートレック』に出てくる種族で、その生存温度は約450K、つまり摂氏177度以上なのです。ヤツだって焦げずにコンガリのフライパンなのだ。

【セラミックのメリット】
 DViCEの記事によれば、このセラミックフライパン、3つのメリットがある。

1)肉がジューシーになる。
 この記事の筆者は、メーカーは「調理時間が短くなる」と言うがそれは実感できず(むしろ2割は長く感じた)、でもお肉がとってもジューシーになるのが高得点。調理時間が長くなるのはまったく苦にならない。確かに、この画像はシズル感がある。 

Xtrema_skillet_01thumb550x36616822

2)“It's Scratch proof”
 つまりフライ返しやおタマでコリコリしてもOK。脱線するけれど、フライパンの表面加工には「テフロン加工」「マーブルコート」「フッ素加工」などがある。テフロン加工はお手軽、マーブルコートは品質重視、フッ素加工は調理はしやすいが傷つきやすいなど一長一短はある。以前、樹脂加工フライパンからの汚染物質で中毒症状になる例もあった。同社のフライパンはセラミックで焼成オンリーで“汚染物質無し”がメリット。 

Xtrema_skilletthumb550x38316820

3)ルックスがいい!
 好きずきはあるけれどね。製品ラインナップはフライパン以外にはソースパン(約60ドルから)、ティーポッド(約60ドルから)などがある。どんなに熱くなっても焦げないというところは、飲み過ぎで暴れた草なぎクン、見習うべきだろう。

【巻き物】
 各種ニュースソースを参照すると「署員3人で保護シートで草なぎ容疑者をくるんでパトカーに乗せた」。大トラの保護シートってのはどんな素材、どんな強度、どんな耐ゲロ(すみません_笑)なのかわかりません。学生時代、某先輩は包まれたか、くるまれたかというのを思い出しました。脱線ついでに、今日は食べ物話題なので“巻き物”をご紹介。 

Bild07

 'sushi roller' です。これは便利、かな?すべての素材が(不器用なガイジンでも)まん中に入ります!近年欧州でも巻き寿司が流行ってきて、自分で巻きたい!という需要に応えた試作だそうです。巻物未成年者?のわたしでもできそう。 

Bild02 Bild05 Bild09

【hmm…なアドバイス】
 草なぎクン、騒いだのはバツですが、OFFの日に飲み過ぎること、わたしたちだってある。とりわけ芸に生きる人は脱線も仕事のうちです。お行儀よいタレントばかりなんておかしいし、おもしろくない。駅のホームにゲロして立ち去るオヤジの方が、もっとタチが悪いさ。

 芸に生きないわたしだって、高校生くらいのときですが、悪友の内田氏(作品社)とふたりで、真夜中に目白台の椿山荘のプールで泳いだことがありました。もちろん飲んでいたし、裸ですわ(笑)。ひとしきり泳いでさっぱりした後、目白通りを歩いていたら、なぜか官警に職務質問を受けましたが、なんとか切り抜けました(笑)。

 わたしらや草なぎクンのような小悪は忘れて、警察はもっと巨悪(たとえば障害者郵便事件の代議士や広告会社、千葉市に君臨した我田引水市長)に資源を投下すべきです。芸人の酔っぱらいで点取りしても市民のためになりません。

 彼は無罪放免、謹慎2週間、ミッドタウンの公園清掃2週間、SMA×SMAからカムバック。そのぐらいで許してやって、タレントの途にもどしてあげてほしい。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月23日 (木)

「読者はトップページをスルーする」——入り口が多様化するWeb

「読者はトップページをスルーする」——入り口が多様化するWeb

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

「読者はトップページをスルーする」——入り口が多様化するWeb
マーケティングWebサイトを立ち上げたものの集客に悩む筆者。そこで、
370社にWebアクセス解析システムを導入したオーリック・システムズ
訪問、モバイル事業戦略室の伊藤要介さんに話を聞いてきた。
続きはこちら。 

9

 「集客に悩む筆者」ばっちりと書かれてしまいましたが(笑)、半分ほんとう、半分そうでもないかな。半ばホンネを書いたのは、同じWebビジネスをしている方々に、等身大で読んでもらいたい記事にしたいからでした。決して自分のビジネスへの我田引水ではなくて。信じてくださいな。

 さて、とはいえ、Webビジネスを立ち上げての実感。必ずしもスムーズではないです。この業態にはどうも3ツのハードルがあります。 

PVを上げること、次いでUUを増やすこと、そしてコンバージョンにつなげること。これらの解析ツール用語から言い換えれば、まず「一見さんを増やす」、次いで「ファンを増やす」、そして「買っていただくお客さまを増やす」、こうなります。

 あるブランド品販売会社のサイト運営の方も言っていたのですが、「最初はさっぱり」で、数ヶ月経つ内に認められてきたのか「ポツポツと受注」が入る。それから堰を切ったように「トンネルを越えたら“受注”」となる。立ち上げ期の苦しみを乗り切れるかどうか。そこにポイントがありそうです。

【わたしの携わるビジネスの場合】
 わたしが携わるWebサイトビジネスの『utte』、開業から3〜4ヶ月くらいで、このマーケティング・ブレインを超える日も出てきました。え!大したことないって(笑)。著名じゃない個人サイトとしては(たぶん)上出来の数百/dayのアクセスがあります。毎度ありがとうございます。

 webサイトの成長サイクルから観れば、utteはそろそろ2段階目から3段階目にというステップに入ったと思っています。やがて水蒸気爆発がやってきます。その日へ向かって、コアなお客さまをしっかり見据えて、衝動的なニーズにお応えします。

【Web解析ツール=“経営情報分析ツール”】
 オーリック・システムズの伊藤要介さんの話しを伺っていて感じたのは、Web解析ツール、実は“経営情報分析ツール”に近いということ。

 Webサイトのお客さまの動きを可視化することは、サイトという店舗の経営情報を分析し、さまざまなグラフなどに還元し、意思決定をうながす。解析ツール=Web部門だけの分析道具ということではなく、お客さまの動きをダイナミックに解析できれば価値はある。

 レジで集計するPOSデータを使いこなす小売業者には、滅多に逢えない。単なるデータの山であり、結果だけ集計のツールと化しているところが多い。なぜなら、あれだけ時間別データがありながら、レジの列が消えることはないでしょう。欠品は減っても、欲しい商品を品揃えをしてくれる例はすくないでしょう。ショッピングセンターの大家さん、販売分析しても、店子のテナントの経営改善よりも入出店管理の成績づけという結果管理ばかりですし。

 せめてWebサイトの情報解析、“未来改善志向”、つまり個客に向かってゆく姿勢を持ってほしいと思う。

【コンサルVS.実業家】
 最後に、コンサルと実業の違いをひとこと。

 会社所属のコンサルタントのとき、いくつか携わったWebサイト再構築プロジェクトで、クライアントのサイトのレイアウトを評価し、コンテンツを点数付けし、サイトマップ改善案を作り、新運用システムを推奨する。「あとはおまかせします」と言って(契約終了とともに)立ち去る美学、それがコンサルタントである。

 意見を顧客に打ち込んで、銃口から立ち上る煙をフッとする。それはかっこいいのだが、コンテンツをつくる現場は美学というより汗学である。汗で銃口が湿ってタマが出なかったり(笑)。わたしはそれにどっぷり浸かっているので、今では実感を持って語れます。

 コンサル・実業、ウエブ・リアル、どちらがいい・悪い、どれがいい・悪いということではなく、おおよそすべて生で知るわたし、あんがい貴重な存在である。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

rush SOTIというアレルギー治療

 先進国の現代人なら誰しもひとつやふたつ持つもの、それはアレルギー。スギやヒノキの花粉症は代表例。この春はつらかった、長かった“鼻づまり”トンネルからようやく離脱したぜ。モノ持ちのいいわたし、他にもジンマシンをちらりと持つ。

 他にも結膜炎、胃腸炎、気管支炎やぜんそく、貧血症、日に当たれないというのもあった。いろいろあるわけですが、気候や体調など、概ねどんな時に発症するか予想はつく。だが知らずに口にして引き起こす“食物アレルギー”は深刻です。その治療法が見つかりつつあるというので、興味を持った。

【hmm…なアドバイス375.rush SOTIというアレルギー治療】
「子供はケーキやクッキーを喜んで食べている。家族で外食することも
できるようになった」——。重度の卵アレルギーだった9歳8カ月の女児の
母親は、治療後の変化を報告し、泣いて喜んだ。女児は、ある臨床研究に
参加し、短期間で卵が食べられるようになったのだ。
引用元 

9 日経メディカル

 神奈川県立こども医療センターの栗原和幸氏(左)と伊藤直香氏(現在は東大医科学研究所に所属)の取り組み『食べれば食物アレルギーは治る』が新鮮でした。引用させていただいたグラフは、患者6名のデータで、栗原氏と伊藤氏のお二人が実践された治療法での成果である。全員が“卵を食べられるようになった”。

【食物アレルギーとは】
食物アレルギーとは何か。「原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシーなど)が惹起される現象」というのが定義。アナフィラキシーとは“多臓器不全”のこと。原因ブツの4割弱が鶏卵、次いで乳製品、小麦。 

Graph1 引用元

 “生卵ぶっかけご飯”なんて当然御法度ですが(笑)、クッキーやケーキに含まれる卵でもアレルギーが出るわけです。卵一個を食べることができて、泣いて喜んだのは当然でしょう。症状はどんなものか。

・皮膚粘膜症状:じんましん、発赤、湿疹、口の違和感、眼や瞼の違和感など
・消火器症状:腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便
・呼吸器症状:クシャミ、鼻汁、呼吸困難
・全身性症状:アナフィラキシー(多臓器の症状)

 時に死亡することもあるアレルギー。乳児で1割、三歳児で5%、学童以降で1.3〜2.6%という。欧米ではもっと高いそうだ。以上『リウマチ・アレルギー情報センター』の情報を参照させていただきました。

【根本からの治療=rush SOTI】
 栗原氏・伊藤氏の治療の根本思想は“根本からの治癒”である。

 じんましんでカユミが出るとクスリに頼る。スッとして一時治まる。それは根本治療は避けて対症療法。食物アレルギーの治療法も同じく「それを避けましょう」が基本だ。卵や小麦粉を避けつつ、自然に耐性獲得を待つ。それだと乳児期の1割から5%が減るだけで、5%は残る。耐性がつくれない場合、成人になっても食に怯えることになる。

 そこで両氏が進めているのが『特異的経口耐性誘導療法(SOTI)』の内、“rush(急速法)”で、食物アレルギー患者に原因食物を食べさせて耐性を誘導する方法。あえて卵を食べさせ、耐性を回復させるもの。従来のアレルギー対処を根本から変えるものである。ご興味ある方は栗原氏の学会論文へ

【hmm…なアドバイス】
 フト疑問が生じたのが、従来のアレルギーの治療法。じんましんがひどいとき、皮膚科に相談したことがある。診断は「様子観ましょう」みたいな感じで塗り薬を渡されてちょん。その薬で治るわけはなく、一般用薬の品を使ってしのいでいる。仮にアレルゲンを調べても、それと戦わず避けるだけだとするなら、アレルギー科とは何を治療するのだろうか?アレルギー治療の存在意義があるのだろうか?そんなことを思った。

 素人考えですが、重篤でなければ、rush SOTIのように、戦って耐性を得ることを第一に誘導すべきなような気がする。アレルギーに関しては知識啓蒙や治療法啓蒙は少なすぎる。 

そもそも医療にはマーケティングが欠けているから、顧客(患者)心理分析がヘタだ。病院マーケティング・コンサルティングも、そこには通用するような気がする。今日は以上です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

定額給付金で創造の種を撒こう!

 もはや巷の話題にもならない定額給付金が今日の話題です。なぜでしょうか。コピーを取るのを3日連続で忘れているからです。わたし、健忘症が年々激しくなっているゆえですが、さて、いったい何のコピーなのでしょうか? 

Pict0330

 お金が頂けるのでありがたいのでムカっ腹は立ちませんが、正直、この国の政策ボケはわたし以上にボケてるかも。

【hmm…なアドバイス374.定額給付金で創造の種を撒こう!】
 定額給付金を受け取るためには2つのコピーが、我が自治体では必要です。ひとつは申請者本人確認。「運転免許証」「住基カード」「パスポート」「健康保険証」「年金手帳」「福祉手帳」「外国人登録証明書」。

 もうひとつは振込先金融機関の通帳のコピー!ええ!口座番号付きのコピーを役所に送るんですか!

 しかも! このふたつをひとつの封筒に入れて送るんです。しかも!それには「◯◯市定額給付金事務センター行」と朱書きされています(朱書きは嘘です_白黒です_笑)。身分証明と振込先のコピー。なんというパッケージ化された個人情報!それを書き留めでも何でもない封書で送る勇気、あなたにはありますか?

 つい先日、総務大臣から改善命令を受けたばかりの郵便事業会社を信用できますか?なんてキツいジョークで、さすがに郵便事業会社はOKとしても、この事業を受託している事務センターは民間企業。そこから情報が流出する危険性はゼロではないでしょう。あの大手M菱系証券会社でさえ、あのありさまですから。

【リスキーなレコメンデーション】
 総務庁は定額給付金の受付に、次の3ツの方式をレコメンドしています。

①郵送申請方式:振込先口座を記した申請書を本人確認書類とともに市町村に郵送し、振り込みにより受給
②窓口申請方式:振込先口座を記した申請書を窓口で提出し振込により受給
③窓口現金受領方式:申請書を窓口で提出し、現金により受給

 我が自治体は①を採用したようですし、隣の自治体であるcherryさんも同じです。窓口も現金も事務は煩雑かつリスキーなので、①が大勢でしょう。

 どんな経緯・根拠・暗算で825億13百万円をはじいたのか、つまびらかに知りませんが、配布対象ひとり当たりに直すと600円くらいになるはずです(桁間違いがなければね_汗)。

 自営業になって役所を訪れる機会が増えて思ったのは、あんがい役所は対応事務合理化に熱心で、テキパキしていました(失礼)。役所=サボりというイメージとは遠かったですよ。現場で改善している彼ら、国から降ってくる仕事が、一給付金トランザクション=600円。時給換算でそれっていくらなの?と言いたいだろうなと思いました。 

Weakな政権の選挙対策=思いつき政策と、中長期で実施すべき施策との間に“断絶”を感じている関係者は、とても多いと思います。

【ハハチチババジジオジオバ】
 1.2万がどのくらい消費喚起になるかわからないけれど、小売業は考えつく限りのセールをします。 

Biz0903112311037p1 20090413_581070
 引用元 産経ニュース  他

 小売り業のホンネはこうなんです。“何でもいいからセールの話題が欲しい”。とにかく話題に飢えているし、注目を喚起したいだけ。セールのきっかけがあれば、母だろうが父だろうがババだろうがジジだろうがオバだろうがオジだろうが、年金だろうが一時金だろうが脱税だろうが(まずいね_笑)いいのです。小売業は理由なき話題を求める習性がある。それを景気アップとみるのは違う。 

市町村でタイミングもバラバラ、ターゲティングもナッシング、お小遣いありがとう、貯金するよ。だから選挙対策にもならんぜ。1.2万円の景気不要(いや浮揚)対策、効果あったぁ!なんてウソ統計はやめてもらいたい。愚策と謝った方があんがい現内閣の支持率は上がるかも(保証しませんよ_笑)。

【hmm…なアドバイス】
 わたしの定額給付金をあてる購入は帽子です。帽子デザイナーの山之井美穂さんの一品もの。1.2万では足が出ますが、同じものはひとつも無い。街でそれを被る人を見かけたら、それはわたしです。サインはもらえます。特に喜びはないですが(笑)。 

25

 定額給付金、「創り手の顔が見えるクリエイティブな作品・手づくり品」にあてるのはどうでしょうか。才能あるクリエイターさんの支援に。わたしたちのビジネス(デザイナー作品販売)で買ってもらわなくてもいい(買ってもらえれば尚いい_笑)。創り手たちが、こんな不況下でも品質を落とさず精魂込めている品の良さを広めたい。 

創造の苦しみ・迷い・ひらめき・創る技術、そんなクリエイターさんの活動への“喝采”をすると、次世代に創造の種を撒くことになります。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

深い欲望のスプライトのCM

 今日は寒くなるのかな、と思えば、あんがい蒸し暑かったですよね。しかもutteのスペース、“アートマルシェ神田”は(ほぼ)リフォーム完了!しまして、今日は照明器具の取り付けにかかりました。何と脚立が無いので、椅子に登ってハロゲンライトなどの照明をダクトレールに付ける作業、バランス崩れるし、ちと疲れて。 

清涼飲料が飲みたい!と久しぶりに思いました。まあコーラでもペプシでもいいのですが、余計なもの(カフェイン)が入っていないスッキリ飲料と言えばあれです。

【hmm…なアドバイス373.深い欲望のスプライトのCM】

ブランド名の語源は、英語のSpirit(元気の意)とSprite(妖精)に
由来し、炭酸ガスが威勢よくはじける様子、さわやかな透明感などを
表現しています。
引用元

26 引用元 

スプライト/Spriteですね。コーラと比べたら何となくスプライトがいいかな。ちょっと調べると1960年生まれで、日本上陸は1971年、マクドナルドが第一号店を出店した年。由緒正しい?清涼飲料の元祖。

 そんなスプライトの最近の放送禁止CMが気になってます。その『Banned Spirite Commercial』はとっても楽しい。 

9 16

 何かで喧嘩したらしいカップル。せっかくリゾートなのか、海浜に遊びに来たのに諍いではね。女性の方から仲直りをしようというのか、あら何やら布を男性に放って。 

19 21

 ほぉ、とオトコのサガというか浅はかさかというか、男性も放ってもらった布に呼応して、自分の布を放るのです。ところが…。

 お伝えしきれなかった部分はこちらからどぉぞ

【バスケットボールコートの乾き】
 こっちは秀逸なスプライトのCM。昨年08年に米国で放映されたものだと思います。乾ききったバスケットボールコート、セピアで砂っぽい画面が、いかにも砂漠の水のように水分を吸収しそう。

 24 20

 ところが(ありがちですが)ひとりがスプライトを飲むと、乾いた大地が変わる!乾いた土のバスケットコートだったはずの地面が…。

 22 23

 なんとプールに様変わり!これはプールから手すりなどを取り去って、さらにカメラワークの妙で創作したのでしょう。これもCMですから40秒くらいで短いので、観てください。 

【スプライトCMの教訓】
 2つのCMから感じたのは、欲望の深度です。欲望を表現する深度の差、米国と日本にはあるなということです。たいていの日本の清涼飲料のCMのテーゼはこうです。

 飲んで=さわやかになりたい。飲むなら=健康になりたいよね。

 そんな“因果関係型CM”が幅をきかせるのが、一般的な清涼飲料CMです。カロリーオフがいいでしょ。飲めばこうなりますよ!という引きツケ型のCMが日本は多いと思う。一方、ちょっとHなヤツと、なぁるほどプール!のヤツ、2つとりあげたスプライトの米国CMは違う。

 飲む前に=衝動的欲望あり。なんで飲むかって?=乾いたミイラだから。

 言わば“衝動行為型CM”。飲む根源にはこんな欲望があるでしょ?というアプローチ。国民性を背景にしたことなので、どちらがいいというわけでないのですが、今日のように作業をして、喉が乾いた日に効くのは米国型CMかなぁと思いました。

【おまけ】
 夏に向かって、気に入っている屋外広告画像を挙げます。

 6

 プールの底面の画像。おぉ!と思わせるのが広告の原点。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月19日 (日)

アースデイ “地球規模のヒトダカリ”

 今日は“ブログぽく”いきます!ブログぽくとは、すなはち“お出かけ日誌”。代々木公園のアースデイ東京2009にちょいと行ってきました。utteのクリエイターのハタノワタルさん、そしてYumtsoさんに会いに行くため。 

Earthday

 ところが原宿口から公園内を行けども行けども、いっこうにイベントらしきが見えない。「あれ?何もイベントやってないじゃん」と思っていたら、道路の向こうにたくさんのテントを発見!よかよかというかバカバカ(笑)。東京生まれ・東京育ちなのに代々木公園で迷うとはね。よくあることですが(笑)。

【hmm…なアドバイス372.アースデイ “地球規模のヒトダカリ”】
 公園の噴水前の歩道橋をせっせと渡ると、そこは“地球規模のヒトダカリ”のエスニック広場だった。アジア・南米・アフリカの民族音楽・衣装・ことばがごっちゃまぜ。体質なのでしょうか、単一民族の中での神経戦よりも、他民族の中に居たほうがのほほんとできる。

 主催者発表の昨日土曜は、65,000人動員。それは誇張じゃなくて、今日はおそらくその5割増しの10万人くらいはあった。とにかく凄っごい人出で歩けないほどで。不況話題をウリにする“日経”や経済誌はみんな嘘つきですだ!景気ウォッチャーは代々木に来て人に揉まれるべし。

【ナチュラルな種と木】
 ハハンと思ったのを幾つか。有機/無農薬の種を売っている店。品揃えの広さとナチュラルな包装の良さ。ひとだかりで凄くて。

Dsc02182s

 実はutteの“アートマルシェ神田”の前の街路樹の土を“緑化”しようとたくらんでいます。その種子にいいかなと思ったけれど、野菜中心なので断念。こんなナチュラルな種子を植えて伝えれば、いつか遺伝子操作の種子も消滅するだろうね。

Dsc02192s

 ナチュラルといえば気になったのがこの“流木”。流木の家具なんてとてもオサレ。

【アースガーデン冬でのお隣さんたち】
いたぞ箒屋さん!いたぞワンワンのお店!どちらもutteが出店したアースガーデン冬のお隣さんたちです。ドッグのテントでは盲導犬も連れて、犬の社会貢献もアピールしていた。 

Dsc02194s Dsc02226s

 頑張っている彼らを見て、utteでもナチュラル&クラフトを集めて、秋に出店したいと思いました。

【ステテコとマキマロ】
藍染めのステテコ?がとってもよかった。色合い、姿カタチがナチュラルで、着れば心が洗われそうです。 

Dsc02198s

 イチオシが“マキマロ”。「マキとマロの2人で全て手作業で作っています。麻、綿、山まゆ、羊の原毛などの天然素材を使っています。」その“布肌”、とっても顔つきがいい。やさしくてほがらかで。草木染めで手づくりを越えたセンスがあった。収穫です。 

Dsc02201s 

Dsc02202d_4

【創る和紙職人のハタノワタルさん】
 utteの登録クリエイターのハタノワタルさんに久々にお会いしました。お元気そうでなにより。創る和紙職人のお店、かな〜り繁盛していました。「子供+携帯ママ」「和紙の箸」のスマイル。 

Dsc02228s_3  Dsc02230s_2

 京都綾部に住み、楮から植えて和紙を漉く伝統工芸職人、たぶんほとんどいない。それだけでなく彼の本質は芸術家だ。和紙づかいデザインセンス、素晴らしい。

Dsc02207s  

Dsc02211s

 以前彼に「郷さん、もうちょっとシズル感ある写真、撮ってよ」と言われたことは忘れまいぞ。和紙の肌と手縫い感覚の精妙なマッチ。うまくとらえたかな。

Dsc02236s

 漉いた和紙を木製の棚に張った、肌ざわりの良い什器からのショット。“和紙空間創り”を彷彿させる。アングル的にはベストショットですか?彼の創る和紙、utteでも取り扱いがありますのでこちらを

【hmm…なアドバイス】
 売り手も買い手も、普段は見せないナチュラルな顔のアースデイ東京2009。やっぱり地球のイベントは冬より春がいい。utteが出店したアースガーデン冬より人出は20倍だし(笑)。おっと、フェルトネックレスが大好評のYumtsoさんにお会いできず。あっちこっちかな〜り歩いたのにね。残念。ご紹介した以外の写真、すべて公開しています。こちら(ピカサ)をどうぞ

 最後に皺のある一枚、ハタノさんの和紙の“肌”。 

Dsc02232s

 “筋の無い無個性な生きかたじゃなく、皺のある生きかたをしたいぜ”。何を今さら皺だらけの年頃なのにね(笑)。地球の皺がちょっと伸びたアースデイ・リポート、以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

扇風機のデザイン・音・プラモデル

  ようやく花粉発生も終息を迎えた週末、年初のわたしの読み通り企業はスリムになり在庫は払底し、景気はピックアップの足音が本格化してきた。でも決算対策はあるし、構造改革に乗り遅れた会社は落ちるだけだけれど、春はすでに爛漫、これから夏に向かってぐんぐん暑くなる。

 暑くなっても冷房をガンガン効かせると景気も冷える。やっぱり“追い風”をうまく利用しよう。昨年も取り上げた扇風機の話題、今年も。

【hmm…なアドバイス371.扇風機のデザイン・音・プラモデル】
italian designer lorenzo damiani has designed 'airtable' fan.
when placed in horizontal position, the fan stops working and
can be used as a low table.
 引用元

Airtable03 Airtable02

イタリアン・デザイナー lorenzo damiani さんのデザイン『airtable fan』。ぐいっと角度を水平、つまりテーブルポジションにすると、扇風機はぴたりと止まり、ローテーブルとして使えます。(デザイン訳)

 なあるほど考えたものだ。これまで「首を伸ばす・首を振る・顔を回す」という動作だけだった扇風機に、ストップポジションで「モノを置く」という機能をクリエイトした。この発見は素晴らしい。麦茶のコップをおいたら涼しげ・美味しそう。

Airtable04

 この女性の表情とムネが気になって(笑)。ミラノ・デザインウィークで発表後、イタリアの家具会社campeggiから発売。イタリアで使うよりも、日本の家屋で使ったほうがぴったりのデザイン。

【音響シーリングファン】
Ceiling fans are without a doubt a great way to keep air flowing
a room, but putting a wireless speaker in a ceiling fan is one great
idea. Why?
引用元 

Hunter_breeze 

シーリングファン、それは快適な風をつくってくれるココチよさ。でもそのまん中にワイヤレス・スピーカーを装着するのはグレートなアイデアなの。どうして?(大陸訳)

 シーリングファンはたいてい部屋/天井のまん中に付けるので、音の位相的にもスピーカーのベストポジションなのである。だから2.4GHzのワイヤレス・トランスミッターから音楽データを受信し、中央部のスピーカーから音楽を流す。

Soundolier

 開発したthe Hunter fan companyは米国メンフィス。蒸し暑そうな地名です(笑)。同社は1886年からシーリングファンの製造をする由緒ある会社。製品ラインナップは昔ながらのデザインの扇風機など、アメリカぽさが感じ良い。

【アリイの扇風機】
 とどめはgizmodoで見つけた日本の有井製作所の扇風機。 

090416_fan  10016984n

 今は無き*アリイの扇風機プラモ。これはかな〜り昔からあると思う。ボク、子供の頃作ったことあるかもしれないぜ。*同社はマイクロエースとしてスピンアウトして、今は鉄道模型を生産している。

 『1/4スケール』と『1/3スケール』モデルがある。1/3にあって1/4にないのは、“首振り”と“風量切替え”の有無。その回転機構、実に気になるじゃないですか。そんな人に取説をDLしまひた。じっくり見てください。モデルはアマゾンで800円/1,400円で販売中。 

10016985z1

【hmm…なアドバイス】
 すっごく枯れた家電のひとつが扇風機。そのデバイスに新しいエッセンスを加える試み、あんがい色々あるんですね。デザイン・音での差別化があるのだから、微香をふるまう機能オヤジ臭を撃退する消臭機能、もちろん花粉吹っ飛ばせ機能や、浴びるだけでダイエット機能もあっていい(嘘っぽい?_笑)。

 1,400円の扇風機プラモに600円も足せば、ホームセンターで本物の扇風機が買える。プラモの扇風機を吹き飛ばす価格破壊です。でもその大陸的なプロ駄クト、安っぽくて。“扇風機の風上にも置けない”安かろう。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年4月17日 (金)

竹尾ペーパーショウ2009と見本帳

 今日は朝からヤフオクで或る品定めをcherryさんとして、「よおし買おう!」とパチっと購入しました。実は昨夜競り負けして、今朝は仕返しで衝動入札&落札です(笑)。その品、utteのオフィスに届いたらご紹介します。 

8

 落札したcherryさんは、その足で(わたしは抽選に外れた)『竹尾ペーパーショウ』へ。竹尾のファインペーパー、大きなブランド力ですね。ある印刷会社の人は「竹尾さんのは良いけど高くて買えない」と苦笑していたっけ。

【hmm…なアドバイス370.竹尾ペーパーショウ2009と見本帳】
 cherryさんはショウの講演で、イタリアのファインペーパー製造会社の4代目、フェルチォ・ジルベルティ氏の話しを聴いたそうで。「スタードリーム」「プライク」「ナチュラル・エボルーション」といった、ファインペーパーの代表的なプロダクトを開発した人である。 

Dsc02177 Dsc02178s
cherryさんがもらってきたパンフ。その中に深澤講演案内あり(わたし落選)

 わたしたちutteは、前から“プライク”というジルベルティさんのところで生産された、素敵な紙に印刷された名刺を使っています。それもマットな黒(noir)、滋味な茶(cherry)、飛び跳ねる赤(郷)と個性に合わせた3色。プライク=Plastic likeが語源だそうですが、しっかりした印字・箔押しが似合う紙です。

 もともとが高い紙ですから、見本帳も高くなる。

【見本帳の価値】
 ヤフオクで或る品をめぐって彷徨っていたわたしとcherryさん。脇道にそれた買い物が得意の彼女、なぜか“見本帳”を探し当てた。そして「え!1万円もするんだ!」と叫んだ。わたしも声をビブラートさせた。 

Utagenoyoimg587x4401229242604fds4ax ヤフオクより

 竹尾の紙の見本帳、4段フルセットで落札希望価格は10,000円。おお。実はutteも紙を扱うものですから、これと同じセットがあります。まさか1万円(!)とは思わなかった。浅かった。そこで、utteにある“万円価値”をパチリとしました。 

Dsc02163

 このペーパー見本を起点に、紙がらみの商品化提案、今後はもっとしていきたいと思います。

【ペーパーショウの成果を出版】
 竹尾は昨年(2008年)のペーパーショウの成果を出版物にもしています。 

51ieobllrgl_sl500_aa240_

26組の内外のトップ・クリエイター×26のショップ×26種類のファイン
ペーパーによる、最新の紙のクリエイションを一冊に収録。実際に26種類の
ファインペーパーの作品が綴じられた、最新型の紙とクリエイターの
コラボレーション・ブック。
引用元

 26組のクリエイターのファインペーパー作品とコメントを収録したもので、流通べースの紙見本帳と言ってもいいでしょう。先日auの携帯でとりあげた草間彌生さんの作品もある。4,200円という価格、ファインペーパーの原価からして仕方ない。

【hmm…なアドバイス】
 “見本帳がブランド”という発見が新鮮だった。

 見本帳は、医薬品業界でも衣料品業界でも、そして建材業界でもタダではない。分厚くて重いカタログを1,000円など有料で卸業者などに販売している。通販/カタログ販売だって、タダに見せかけて商品にコストをのせている。それらはあくまで“商品紹介”である。印刷コストを転嫁しているだけ。自社のブランドをアピールしているけれど、ブランドをストレッチ(伸ばす)ような役割はない。

 竹尾では高価な商品見本によって、印刷業らの自社の顧客と、印刷ニーズを持つエンドユーザーの間で、「わあ!こんな紙があるの!」「目移りしてしまいそう」というため息を引き出し、ファインなブランドイメージをストレッチしているのだ。

【余談・PR】
 見本といえば壁紙や床材です。utteは5月上旬をメドに『アートマルシェ神田』と名付けたギャラリースペース(展示・教室・会議)、クリエイターや起業者向けのブースと個室レンタルを始めます。千代田区神田須田町のビル内を改修をしていましたが、本日ほぼ終了いたしました。サンゲツなどの内装見本帳も見つつ、クリエイティブな内装空間創りを心がけました。ご支援いただければ幸いです。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

「活字」のニオイから昭和が蘇る――活字鋳造を体験してみた

 今日はビジネスメディア誠に連載する“うふふ”マーケティングへの、デジタルなリードです。

「活字」のニオイから昭和が蘇る――活字鋳造を体験してみた
ここ数年、デザイン感度の高い女性を中心に人気が高まっているという
活版印刷。1919年創業の築地活字が「活版活字 鋳造見学体験会」
を開催すると聞いて、その人気の秘密を探ってきた。
続きはこちら。 

Dsc01870s_3 活字棚

 休日の土曜日、横浜にあるのになぜか“築地活字”さんにお伺いした。創業が90年も前の同社、由来ははっきりしないという。わたしの記事に先立ってウエブで公開されている、秀逸なインタビュー記事『大正時代から続く活字との関わり合い』によれば、平工さんはこう語っている。http://moonlinx.jp/interview/plus_art/020/

昔、東京の築地に「東京築地活版製造所」という有名なところがあった
のですが、戦後に何らかの経緯で、そちらの人員や資材をうちで
引き取ったらしいんです。その時に活字業界でブランド力のある築地
活版さんのお名前を譲り受けたのではないかと事情通の方はおっしゃって
います。
引用元 moonlinx 

moonlinxのインタビュー記事は“築地印刷の成り立ち、これから”がわかります。一方でわたしのエッセイ、ビジネスメディア誠でもう1.5年も連載なので今さらですが、“主観を入れる”インタビューで、わたしが感じたことをまん中に置く。だからQ&Aでは(ほとんど)書きません。

ゆえにリポートとしては細部が漏れ落ちることが多くて、『誠』編集部をいつも困らせています(笑)。今回も『わたしが活字文化、活字ビジネスをどう感じたか』が主題。消費者視点に近づくアプローチ=“体験すること”が、マーケティングの根幹だと思うから。それを忘れて“4P分析”なんてありえない。それを忘れたマーケティングが多すぎると思う。

【“活字”という媒体で、ひとつになる】
 さて、築地活字のワークショップ、ノスタルジックでもあるし、今どきでもあるし、良心的でホンワカしていました。語るのがこの道40年以上の老職人、聴く人は20代から30代の女性。世代は幾つも違い、育った環境も労働経験も違い、触れてきた印刷メディアも違う。いわば“天と地”ほどにも違うのに、ワークショップではある“融合”が起きた。それは―。 

“活字”という媒体で、ひとつになる。

 機械に近づき、機械に触れる。インクと鉛の匂いを嗅ぐ。職人が活字づくりを語る、それを聴く。インゴットが活字になる、文字の塊に触れる。文字を並べる、それにインクを付けて、刷る。手と活字と紙が一体になったプロセス、世代も経験も仕事観もすべて飛び越えて活字と語らう場が、このワークショップだった。稀な体験だった。

【ほんとはもっと深くやりたかった!】
 ワークショップについて、ひとつだけ苦言を呈させてもらいたい。それは 「もっと多くの活字を刷りたかった」。 

Dsc01981s 活字の型

何しろ行く前に“どんなカードを創ろうか”いろいろ妄想したのです。わたしは“アートマルシェ神田”(デザイナーズ作品販売ビジネスのutteが始めるギャラリー&レンタルブース)のショップカードをデザインしたかった。ノートにそのスケッチまでしたのに(笑)。 

Photo2  
 日本語の文字体はタテ長の“宗朝体”、英語の文字体は“ピラネジイタリック”

 住所まではムリでもURLをここに、電話番号を入れて…など夢想しながら行ったのに(笑)。 もちろんそんな短い時間ではできないのが、よ〜くわかりました。次にはたっぷり講習を受けて、ショップカードの型を自ら作って、随時活版で印刷できるといいな。

【プリバリへ】
 活字が見直し機運といえども、やっぱり小さな市場に過ぎない。いや印刷業界全体が長期不況のただ中にあって、さらに昨今の金融恐慌の影響を受けている。JAGAT(社団法人日本印刷技術協会)調査では、全体的にも悪いが、特に雑誌印刷はキツいドロップ。以下、同団体の調査より。 

20
 21

 その印刷業の新たな事業価値を目指して、月刊誌“プリントバリュー”略して『プリバリ』が創刊された。3月が創刊号、4月下旬に第3号が販売される。ある出会いがあって、わたしは5月下旬発売の第4号からマーケティング四方山話しを連載する予定です。 

Dsc02123

 この雑誌は、印刷業界と発注者の間をとりもって、新しい印刷&ビヨンドの付加価値を見いだすという趣旨。厳しい業界だからこそ活路があるはず。わたしなりに書いてみたい。こちらもよろしくお願いします。(大書店でも取り扱い) 今日は以上です。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2009年4月15日 (水)

内観療法で楽になろう!

 また書籍小包が届いていた。例によって作品社の新刊本である。ポン友の編集者、内田眞人さんの手による2冊。いつもすみません。そのうち1冊に目を通してみたので、取り上げてみたい。 

19 引用元

 タイトルの『内観療法』という単語、どこかで聞いたことがある。内容はまったく知らなかったけれど、わたしに必要なことだなあ、と正直思った。

【hmm…なアドバイス369. 内観療法で楽になろう!】
内観療法とは、「してもらったこと」「して返したこと」
「迷惑をかけたこと」の三つのテーマに沿って、過去の人間関係を
集中的に想起する精神療法です。
(同著『まえがき』より)

 “自己反省法”であり“愛情発見法”でもあると、まえがきは続く。精神療法のひとつとして精神科に取り入れられているこの療法は、統合失調症やうつ病、神経症患者らの回復支援治療にも使われる。

 だが内田氏が作ったのだろうが(やるね)同書の帯にはこうある。

自分の心の窓をノックしよう。
「ほんとうの自分自身」を発見する
今、人気の心理療法の画期的入門書!

 自殺者が10年連続で3万人を越える日本。内観療法がその抑制効果があると言われて、昨今注目される。ちなみに“3万人”という死亡原因の位置づけ、「がんによる年間死亡者数=33万人」「心疾患=17万人」「交通事故=6000人」、3万人は目立って大きいわけです。

 誰しも苦しいことがあると「死んでしまいたい」と思ったり、口に出したりしますよね。わたしもあります。それが日々続き、深刻度が増すと、コトンと逝ってしまう。毎日のように電車飛び込み記事がある。そんな状況を少しでも改善したいという想いが、この療法を広めようという原動力だろう。

【三点を思い出し、実践するだけ】
 同著のコンセプトであり、そして診療行為のメッセージである『してもらったこと/して返したこと/迷惑をかけたこと』、この三点を思い出すだけで、気分や行動に大きな変化がもたらされ、人生まで変えるという。

 著者の笹野友寿氏は、精神科医になる研修医時代に内観療法を自ら実体験し、自ら患者さんに適用してその効果を目の当たりにしたことで、氏自身が“内観で目覚めた”体験を持つ。

 昇進昇格を果たせずモヤモヤしてヤル気が失せた人、燃え尽きゆえか集中力が保てない人、ささいな人間関係に悩み行動が抑制されてしまう人など、大なり小なり心にわだかまりを持つ人は多い。それにどう対処するか(できるか)で人生が決まることはある。内観療法では過去を想起することで、自分の心理や行為への気づきをうながし、対人関係のストレスを緩和する。それだけでなく「人格の成長を目指す」というところが気になった。

【人格成長のために】
 内観療法のゴールは“人格の成長”。内観療法を実践すると、心の余裕というか、人格的に成長する人が多く観られるそうだ。一部はしょるが、メリットは次のようなもの。

 「親からの自立(心理面)」
 「物事を内省的に受けとめる能力を獲得する」
 「信念をつらぬく精神力の獲得」
 「集中力や持久力」
 「敏感さがなくなる」 

 注目したのが“敏感さがなくなる”という点。わたし自身のことですが、昨年10月まで、社会人になってからずっと給与生活者でした。会社勤めを辞めて独立状態になったとき、収入面と仕事能力への不安感からもあるけれど、“やらなきゃ”という使命感からストレスを感じた。

【自分の内観】
 やらなきゃ、やるぞという想いと、ボクはこんなに一生懸命やっているのに、なぜまわりはそんなにノンビリしているのだろう?生活を賭けてないからだろう、そう思って、まわりにも自分の気持ちにも、すごく敏感になった。その自分中心心理にノックアウトされそうになった。敏感さゆえに思考や行動が束縛された。

 敏感さを持ちすぎるのは“大局観”を失うこと。実践上のツボを見失うとか、優先順位を間違うこと。瑣末なことを実施する一方で、重要なことをやらない。それが自分でも気づいていたり、後で気づくのだが、なかなかコントロ—ルができなくなる。それでイライラする。

 最近は“ボクは一生懸命の部分”をテキトーに腹をくくったので、気持ち的にはかなり楽になった。やるしかないと前向きになった。それでも「ツボを見失ったな」と反省したり、「優先順位に迷ったり」は毎日ある。そんな反省ができること、迷いを意識できることが、内観の第一歩だろうと勝手に考えていますが。

 わたしの自己流はアテになりません。深刻な人は、本書で紹介される“内観療法所”で合宿療法に救いを求めましょう。犬死にはやめよう。

【hmm…なアドバイス】
 今日のわたしを内観してみた。

 cherryさんには(いつものことだが)甘えてしまって、フンフンと聴いてもらえるから、あれこれ支離滅裂な話しをした。それなのに彼女の話しにどこか反論というか反発というか、してしまった。どうもすみません。

 書家の平田美記さんと、お会いする時間に遅れました。ごめんなさい。しかも電話をし合った記録をさきほど“iPhone”でいじっていて、誤動作で彼女に電話をかけてしまった(笑)。まだMNPしたてで、機器操作に慣れていないもので、ごめんなさい。

 盟友Tomoyoさんに“誕生日おめでとう!“と携帯メールをした。わたしの誕生日にはモノを頂いたのに、こちらからはメッセージだけなのを内観して反省した。その代わりにはならないが「“愛ほん”からメッセ—ジです」と書き添えた。彼女から御礼のメールがあって、そこには“愛奔いいなあ”と書いてあった。“愛奔”いただきです(笑)。 

Pict0321

 最後に、内観と“宇宙開発戦争”、まったく異なるこんな2冊を同時に出す内田氏の編集方針、果たして内観はあるのだろうか?(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2009年4月14日 (火)

楽器創作コンテスト随想

  音楽に関してわたしにはひとつ自慢話しがある。ある人がこう言った。「郷さんて(わたしのこと)、何か楽器が弾けそうな感じがします」これは褒めことばですよね〜♪“ある人”とは女性だったので、余計に誇らしく感じた。

 何年も前にそう言われたのに、相変わらず楽器音痴は変わらない。でも楽器の話しにツンと敏感になのです。それは素質があるからか、コンプレクスゆえか。

【hmm…なアドバイス368.楽器創作コンテスト随想】
ジョージア工科大学で、年次コンテスト『Guthman Musical Instrument
Competition』の第1回が開催された。総額1万5000ドルの賞金を
目当てに、ミュージシャンや発明家、工作マニアたちが創作楽器を
持ち寄った。賞金の額は少ないものの、『X PRIZE』コンテストの音楽版
といった趣だ。
引用元 

1  引用元

 賞金総額は多くないけれど(篤志家の故人の夫人の寄付による)、自分の創造性を楽器という表現媒体に表したいという人びと、60組以上がエントリーし、本選に25組が残った『Guthman Musical Instrument Competition』、楽器を創作するだけでなく、実際に演奏して競うコンテストである。わあ♪おもしろい楽器が目白押しなのです。

 もっとも気に入ったというか驚愕したのが、Jaime Oliverさんの『Silent Drum』。これは凄いと思いつつyoutubeを1/2くらい観ていたが(全長が長いのがタマに傷)、記事を読みかえすとこれがやっぱ最優秀賞。ドラムが“心動”している。 

Tql10512 引用元

 柔軟な素材を表面に使ったドラムヘッドを、指や手や拳で押し、その押し加減がビデオカメラで撮像される。その“押した形の変化の信号”がノートPCに送られる。彼が押しているサマ、動画からの画像です。 

5 200904100753272 

 映像技術と音楽技術、そしてパフォーマンスが一体となっているのだ。 

【画像付きの余談】
 フト思い出した。ローリング・ストーンズの傑作『Shine A Light』の一場面。キース・リチャーズが、撮影の監督マーチン・スコシッジに「ここから撮るといいぜ」と撮影アングルをアドバイスするシーンだ。 

14

 ドラムの名手チャーリー・ワッツが、ドラムを足で叩くのを観ることができるのは、舞台では一緒に演奏するミュージシャンたち(およそ3名)だけだ。だからここから撮るのは“レアだろう?”というキースの思いやりなのだった。 

17

【あと、気になったのは皿とキーボード】
 皿回し音楽、実に痛快でした!Thomas Gerhardtさんが創った楽器、皿回しの棒が立ち、これにほんとに皿を回す。回す絵皿の底に無線通信チップを付けて、回す音の速度でサンプリング音が創られるというのだ。 

200904100753276  引用元

 こういっちゃ何ですが、シャカシャカとレコードやCDを回すDJは、皿回しのようなものです。それを痛烈に皮肉った楽器、ということもできますね。速度が落ちて、皿が落ちそうにるとまた回しを入れるのがウケました。 

8 9

 そして最後に“キーボード・ギター”。ごくフツーのPCキーボードと自作ソフトで構成。 

200904100753279

 このキーボード器楽、わたし的には“ウィン(Windows)キー”がどんな音を奏でるのかに興味があった。お堅いMS明朝みたいなコチコチ音は、聴きたくないし、きっと誰も使わないキーなのだろう。

【hmm…なアドバイス】
 楽器創作コンテスト、道具だけを作るわけじゃない。モノ作りと同時に、演奏に耐える音も作りだし、さらにどうパフォーマンスするか自演スタイルも創るわけだ。

・道具を創る
・音を創る
・パフォーマンスを創る

 絵描きだとすれば、絵筆を作り(=道具)、色を創り(=音)、そしてライブペイント(=パフォーマンス)を同時にするようなもの。たかが楽器というなかれ、凄い発明なのである。楽器クリエイターはその少数民族性ゆえにメジャーへの途は狭いが、超オンリーワンなので、ひとつのアート・ジャンルだと思った。覚えておきたい。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

花粉症、そしてかゆい症では生きてゆけん

 告白します。わたしの“春の病”、実はまだ続いています。治まる気配が少し続いた先週の半ば、「よぉし、いよいよタリオンOD 10mg錠からオサラバだ!」と叫んで実際にそうした。だが…一昨日も昨日も、そして今朝も、お日様が昇るころに“クシャン!”と自分のくしゃみで目が覚める日々。

 そうれす。春の病とは“花粉日和”。まだ続いておりまひて。昨年の今頃はすーか★すーかだったのに。しかもアレルギー持ちのわたし、季節の変わり目はあれもキツい。二重苦の毎日。

【hmm…なアドバイス367. 花粉症、そしてかゆい症では生きてゆけん】
 それは“かゆみ”です。「春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは」と古人は詠みましたが、「春は、痒(かゆ)者。やうやうサカムけてゆく肌ギワ」と唸りたい。画像は、わたしの春の常備薬ふたつ。 

Pict0295   

 でもどうやら朗報もある。痒くて掻くとなぜキモチいいか、その原因(仕組み)を突き止めたそうだ。

ミネソタ大学のGlenn Giesler博士らの研究により、かゆい所をかくと、
かゆみを伝達する神経細胞の活動が抑制され、脳が「かゆくなくなった」と
判断するという仕組みが解明されました。
引用元 

66fc23f9  5
 痒くて見えん。

なぜ掻くと痒みが遠のくのか」その仕組みをどう明らかにしたかといえば、実験サルの神経細胞に電極を埋め込んだ上で、かゆみを催させる状況をつくり、サルが掻くことによって、神経細胞でシグナルが低下する細胞を特定した。つまり掻いて「ああキモチいい」と言わせる細胞がどこか?を特定したという。 

Article116802304e920080000044d402_4  引用元

 痒みの神経細胞が特定できれば、その細胞を直撃するクスリを開発できる。痒みを“麻痺させる”ことで、掻きむしって皮膚感染症になることが防げる。開発を待ちたい。

【天使の耳かき】
 痒いところを掻くとなぜキモチがいいか。小林製薬のアプローチもいいかも。 

0217478_01  4

現在耳かき市場にはさまざまな製品が存在するものの、“快感”機能に特化
した製品は存在しません。そこで今回、“超気持ちいい”を実感できるブラ
シタイプの快感耳かき、「天使の耳かき」を新発売いたします。
引用元

 なあるほど。耳かきサービスブームに乗って、キモチいい耳掃除グッズをつくったわけですね。痒いところを掻くとキモチいいので、それを“耳かきサロン”だけに奪われてなるものか。なるほど、良い目のつけどころであります。 

ようするに耳垢だけをとるのではなく(取りすぎるとよくないとも言われる)、キモチよくなるのがいいというアプローチだ。確かに耳かきサロンは、耳あか掃除というよりも“膝枕効果”であるに違いない。女子にこちょこちょされるのがいいのだろう。(断じて)行ったことはないので、何とも言いがたいけど。

【hmm…なアドバイス】
 西洋医学は“発生したカユミを抑える”という対症療法研究である。対症療法で緩和したり、緩和したように神経を麻痺させるクスリを開発するアプローチだ。それより春のカユミが小さくなる“カユミのない体質改善”こそわたしは欲しい。 

01645 引用元

 どうしてか。アレルギー痒い人は“痛痒い”から。カユミを掻いてキモチいいというより、「掻かぬのなら、掻かずに済ませよう我が背中」 つまり掻くと痛いから掻かずに済ませたい。掻き続けるのは苦痛なので、これからは対症療法よりも体質改善プログラム(飲食、生活習慣、衣服、etc.)をメディカル&体質改善セラピーサービスがウケると思う。 

Npyjama105
 おまけ(カユミから開放されるパジャマだそうで)。掻いてあげたいですか? 今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

ベジトレイダー/veggie traderがご近所をつなぐ

 天気すっきり日曜日、わたしは自転車のハンドルポジションをちこっと変えて、またがりました。すっと姿勢がよくなった感じがしてさ。サドル(前後)とハンドル(角度)で自転車は乗りやすくなるのよ。ママチャリでもサドルの前後スライドはできるので、ぜひ試してください。 

320x320_square_691779  引用元

 一方相棒cherryさんは、自宅の15平方メートル菜園で水やりと種まきにいそしんだろうか。パクチーがたくさん採れるそうで。パクチーと言えばあの虎ノ門の刀削麺が懐かしい(前勤務先ソバ)。“パクチー大盛り!”とわざわざ頼んだっけ。

【hmm…なアドバイス366.ベジトレイダー/veggie traderがご近所をつなぐ】
 香菜だけでなく、野菜大好き派&家庭菜園派のみなさんに、絶対ウケるサイトが『veggie trader』(米国サイト)。 

15 

自家栽培して余った野菜を地元で売りましょう!かんたんに言えばそれがコンセプトだ。ほら農家が、たとえばコブのある大根、不揃いのニンジンを無人販売所で(安価に)売るでしょ。あれを家庭菜園者向けにしたものと思えばいい。

5

【野菜づくり、たいてい余る】
 手続き・登録はかんたん。地域を示す郵便番号を入力し、提供できる野菜、販売か否か、内容説明、写真画像などを入力する。買い手はサイトのリストを見て、これ美味しそう!と思えば「買います」の連絡を電子メールする。サイトは売買の仲介等一切しない。

4

 というのも、このサイトの発案者はどうやら一介の家庭菜園者だから。自分たちで作った野菜が余って食べきれないのを悲しんだのが発端。

 野菜栽培をしたことがある人にはわかるが、コツがわかれば生産性は毎年上がる。土壌作りと肥料の強弱・相性なので収穫率が上がり、野菜がどんどこできるようになる。プロなら出荷ができるが、家庭菜園では近所両隣に差し上げるしかない。ウリやゴーヤが嫌いで、いただいても腐らせる家もある。超モッタイないすね。

【収穫で近所両隣を再構築】
 米国ポートランドでこのサイトを始めたRob Andersonさんが、インタビューで答えている。 

8

The idea behind Veggie Trader is to bring people together to
share in the bounty and put it all to good use. Gardeners can use
the website to trade for variety, find charities to donate to,
or even sell their excess to make a few extra dollars. Those
simply looking for local food can quickly get in touch with
neighbors who have it.
 引用元 

Veggie Traderを始めたのは、収穫がみんなを結びつけると思ったからさ。家庭菜園をから余った野菜を売ってもいいし、困っている家庭に寄付してもいい。近所付き合いが野菜を通じてよくなればいいじゃないか」 

 無料という意味がわかった。余って捨てているからだ。料金はとれない。

 サイトで売買を経由させないかわりに、州をまたがる税金や検疫の問題を指摘するにとどめる。自己責任で、ということだが、かつてそんな規制はなかった。農業の大規模化・大量生産化、農産物の遠距離輸送を推進するために、“野菜にとって不都合なルール”が作られただけなのだ。

【hmm…なアドバイス】
 食に関する保護主義、地域優先政策がひとつ。そのため国内と国際社会、大企業と中小事業者、大量消費とこだわり消費、トレーサビリティと検疫、補助金と自由化など二律背反することが増えた。 

減反や補助金漬けのルールを変えずに、カッコウだけ“地産地消”を推進するお役所はアタマがどうかしている。農家の起業意識のなさも気にかかるし、“フードマイレッジ=流行語=ファッション=忘却”の日本消費者も罪が重い。

 生産者にとって消費が遠くなりすぎ、消費者にとって生産が視界から消えた。だからこそ、“P to C”/Producers to Consumer というネットワークがいろんな産業で起きている。ベジ・トレイダーは食への思いやりで人をつなぐ。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月11日 (土)

青の軌跡=大人のアートトーイ

 大人の平日が“仕事の創造”であるなら、週末は“創造のための仕込み”である。

 今日(09年4月11日の土曜)はちょっと遠出をして、或るイベント/ワークショップに行ってきた。昔は普通だった職人の技が、今とても新鮮、そんな体験をしました。そのことは次のビジネスメディア誠の記事にしたいと思っています。

 そこで今日は“大人のトーイ(玩具)”仕事の創造の仕込みになりそうな玩具をテーマに。「・・・のおもちゃ」と書くとスパムが飛んできそうなので“アートトーイ”にね。

【hmm…なアドバイス365. 青の軌跡=大人のアートトーイ】
株式会社バンダイは、アーティストと共同で新しい玩具を開発する
プロジェクト「A.i.R Project」を立ち上げ、第一弾商品として『A.i.R
Project(エアープロジェクト)青の軌跡』を、4月下旬(25日)に発売
します。
引用元 

8

 これは何なのか?生活空間の中で楽しむ大人のアートトーイなのである。青く光るLEDを配した5個×5個、合計25個の正方形の穴が規則的に光り、あるいは不規則的に光り、あるいは手をかざすことでランダムに光る。インテリア・アートというか、インスタレーション・トーイというべきか。シーンをソウルから変えるアートデコレーションが『青の軌跡』。 

19

【光りかたと感じかたのパターン】
 商品紹介の動画を観るといろんな光り方のパターンがある。“風と光”というキーワードにあるように、正方形のマスのクロスが上下波動するさまを楽しむのが基本。さらにタイマーセットで、決まった時間に光り方をセットするとか、手をかざすことでランダムに光るなどの機構を備えている。 

17 16

 ひとつひとつの正方形を柔らかい布で覆い、布を青い光で照らす。穴にはプロペラににより微風を送る機構がある。どのようにクロスが光り、どんなパターンがあるか知りたい方は動画(1分25秒 Products)を参照されたい。  

9 13

 商品発売は4月25日。バンダイのオンラインショップ以外にIDEEなどスタイルショップで販売する。価格は52,500円(税込み)

【49個から25個への商品化】
 そもそもはメディアアーティストの鈴木太朗氏が2003年に発表した『青の軌跡』コンセプト。彼は「デジタルアートフェスティバル東京2004」で、“風”をモチーフにして7個×7個、合計49個の四角いくぼみにプロペラを配したコンセプトモデルを発表した。 

023l 引用元

 それはアートでありコンセプト。環境をオブジェで変化させるアプローチで、光と風を巧みに使った。そのときのモデルを約1/16にダウンサイズして、穴も25個に減らして、バンダイが大人のトーイというくくりで開発したのであろう。

【日常生活という四角形からの脱出】
 この作品ないし玩具を観て、わたしが感じたのはこんなこと。

 “正方形”とは、家庭生活や世間を表す。四角四面というか、社会とは規範にのっとって生きなきゃならい。それはわかるさ。でも、よおく観ろよ。社会や世間なんて、実は“風で揺らぐもの”なのだ。しっかりに見えても、すべてが毎日揺らいでいる。君にはそれが見えないのかい?

 揺らぐからこそ、今日までの自分を脱ぎさり、創造への割れ目に我が身を入れようとする。そんなメッセージをこのトーイから感じた。

【hmm…なアドバイス】
 玩具とは何か。それをひと言でいえば、“ネバーエンディング・ストーリー”である。玩具が媒介になって、想像の世界にひたすらワープさせてくれるもの。

 たとえば小さな面子(めんこ)一枚の表にも裏にも、油粘土の塊にも、野球盤ゲームのフィールドにも、PSPの十字にも、想像と感動と希望が宿る。わたしの場合それは(アナログですが)田宮模型の小冊子『タミヤニュース』だった。

 バンダイの大人のおもちゃ、じゃないトーイアート、響く人にはひたすら響くと思う。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月10日 (金)

動物のお尻アイテムあれこれ

 今日の話題はお尻です。こういう出だしだと、スパム・トラックバックがたくさんやってきそうですが、やっぱりお尻が話題です。それも動物のお尻です。スパムきますか?(笑) 

Pict0290

 クリエイター作品販売utteの部屋にある“お尻フック”。何気にかわいいので気に入っています。ハンガーがかけやすいし、一回一回洋服をかけるときに、何気に幸せになれます。ゴム製なので子どもにも安全。商品名は『BASTISフック』というIKEAの製品。赤黒でキメたけれど実はいろいろな色がある。IKEA店頭なら一個399円

80732_pe205042_s4
【hmm・・・なアドバイス365.動物のお尻アイテムあれこれ 】
 2つ目のお尻はcherryさんから教えてもらったSlam Designの『dog-end』と『cloth-cat』。 

Sp42 画像引用元

 タオル掛けというのか、タオル詰めというのでしょうか。流しでタオルを手に取って使います。その後、ひとさし指でツツンと押し込んでやるんです。お尻ぷいっ(笑)。犬好きにも猫好きにも対応します。 

Sp40 Sp38

 サイズはドッグエンドが34×15×4cm、しっぽの長いクロスキャットが41×13×3.5cm。両面テープまたはねじ釘で付けることができる。これはうふふです。Life Roomで1,890円で発売中

【ちょっとお尻痛い】
 英国のslam desginにはまだまだお尻商品がある。これはペンシルシャープナーのお尻『Sharp-end Pup』 

Sepupwht_300_1

 電動でもなく何らへんてつのない鉛筆削りもこうなると楽しい。犬と猫、こちらで販売中です。6.95ポンド。
 Cat_sharpener_1_s Dog_sharpener_1_s

【お尻が役にたつ】
 お尻シリーズ、まだ行きます!さあてこの魚のお尻、さて何でしょう。 

B6cf434e7256dc7289ecace191144810 引用元

 答えはバスタブの栓『Stuck! Goldfish Bathplug』です。普通は黒いゴムの湯栓をしますが、これは魚のお尻をぎゅっと押し込む。これも気に入りました。どんなバスタブの水抜きサイズにもぴったりだそうです(海外商品なのでそこはご留意を)。

 最後に『アニマルインデックス』。デザイナー笹川寛司さんが創った動物のかたちをしたインデックス。書棚に動物のお尻をならべておくと、まるで動物がかくれんぼしているかのよう。
Phot02

トナカイ、キリン、ブタのバリエーションがあり、素材はフェルト。アタマとセットで1,575円。やっぱり猫のお尻が欲しいな。

【今日のブログのお尻に】
お尻といえばあのテポドン2号のお尻、つまり1段目のロケットは、日本海に落下した。そしておおかたの推測どおり、2段目以降は失敗した。

200904080840541 引用元

すでに死去しているという噂も根強い独裁者、わたしの推測だが、人工衛星の格納部分に遺体を格納して、宇宙に運べという遺言だったのではないだろうか?未来永劫にわたり、地球を我がモノにするという野望だ。いや実は重篤な状態で、未来の医療で蘇生をさせるように、低温で仮死状態で運ばれたのかもしれない。いずれにせよ、尻に火は点いたものの、アタマは落ち尻も藻くずと消えた。まさに支離滅裂な結末でした。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年4月 9日 (木)

自転車版パーク&ライドで、自転車ツーキニストを増やそう

 今日はビジネスメディア誠に連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

自転車版パーク&ライドで、自転車ツーキニストを増やそう
通勤電車に乗れば混雑、乗り換えの移動でもまた混雑……。
満員電車にさよならするために、自転車通勤を検討してみては
いかがだろうか。「家から自転車じゃ遠すぎる!」という人のための
アイデアも考えてみた。
 引用元

Pict0277s

 この画像の方、迷彩ズボンでビンディング付きのペダリストならば、雨が降ろうが風が吹こうが、毎日片道30kmくらいはお茶の子リンリンだ。でもフツーのペダリストではくたびれる。ともあれ、この画像を撮るために交差点にただずむわたしは怪しい。

 今回の記事のきっかけ、それは昨年OVEのことをビジネスメディア誠に書いたとき、伴走してくれたOVEの契約スタッフとの会話だ。彼は美しいバイクを駆使する人で、自転車歴もベテランの人だった。その彼に毎日自転車通勤をしているのですか?と聞いた。 

「途中の駅に預けているんです」と彼は言った。
「なるほど」とわたしはペダルにチカラを込めた。

 途中駅からか。自転車のプロでもねえ。わたしはそれを、何となくずっと覚えていた。

 彼の自宅がどこか知らないが、そもそも23区の山手線圏内に住む人(住める人)は圧倒的に恵まれている。代々家が土地持ちくらいじゃないと持ち家はムリだ。大多数は県外?圏外?から通うのだ。遠い人は自転車通勤はムリではあるけれど、やりたい人はたくさんいると思う。

 そんなことを背景にしたのが今回のエッセイ。OVEとは、自転車のシマノが自転車文化発展のため楽しい散走イベントを毎月主催する南青山の拠点。OVEのメルマガは100号を突破した。OVEの三好さん、がんばってるかしら。

【屋根のある途を自転車ZiZiが走る】
 このブログで何度も自転車を活用した町起こしや商売起こしをテーマにした。自転車に乗る人は、エコ感度高く、趣味感度も高い。しかも健康コンシャスなのが自転車乗りである。フツーの消費者よりも消費へのこだわりが強いというのがわたしの想像。自転車乗りにやさしい街づくりを政治主導すればいいのに、と思っている。 

1238513156571awho1cfz7eb979875

 英国の都市Bristolではバイクレーンの“railpath”、つまり屋根化計画を進めている。なんと13マイル、つまり20kmに及ぶ道のりを自転車のために覆うというのだ。実現には2,000万ポンド、約30億円を投じて“自転車にやさしい都市づくり”に投資する。同市は人口39万人、その規模で30億円は大きいと思うけれど、わたしはそういう都市に住みたい。雨が降っても大丈夫な自転車ZiZiになりたい。

【宿場駅にソーラー駐輪場を!】
 自転車メーカーも自治体とタイアップしてもいい。三洋電機が電動自転車“エネループバイク”を発表し、その実証実験として、徳島県庁で太陽電池パネルを設置した自転車ステーションを設置した。 

001l

 いわゆるソーラー駐輪場、昼間走って夜間に充電というのもいい。このシステムを、わたしが提唱する“宿場駅”にも設置すれば、らくちんな電動自転車もいつもフル充電じゃないですか。しかも電力はお日様+設備償却費で、電動自転車も売れますからメーカーもハッピー。

 春ってなぜか、自転車が輝いて見えますよね。またがれば乗り手も輝くのです。前向きになれる。それが自転車の魅力です。

【余談】
 春、前向きになるために?わたしとcherryさんは携帯を変えました。iPhoneです(この6月にはソフトもハードもフルモデルチェンジするといいますが、それでもいいので)。クリエイターさんの作品画像を幾つでも持ち歩けて、その場で(比較的)大画面でお見せできます。それが最大の理由でした。cherryさんはあるiPhoneケースを買いました!初代のゲームボーイタイプです!カッコいいけど、もちろん嘘です(笑)。あれこれ選んでいまして。 

Gameboyiphonecase
 引用元 

 ケースもいいけれど、前のauの機種からアドレス移行ができない!のに悩んでいます。わたしも彼女もしばし携帯は受け専門です(笑)。静かでいいかしら。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

草間彌生さんのauケータイ=utteでやりたいこと

  auの野心的な携帯。草間彌生さんというよりYayoi Kusamaと言った方が通じる。日本のアヴァンギャルド・アーチストの草分けである。 

Iidayayoikusama iida-yayoi-kusama

 これを見て“樹木希林さん?”なんて言ってはダメよ(ごめんなさい★お二人さま)。彼女の数々の“破壊行為”は日本の和やお堅いイメージに一撃を与えた。カウンターカルチャーは1960年代が原点、彼女は日本側のトップランナーである。その方のモチーフのデザイン携帯である。

【hmm…なアドバイス364.草間彌生さんのauケータイ=utteでやりたいこと】
Art Editionsとは、現代アーティストとともに携帯電話を現代アートへと
一変させるiidaのデザインプロジェクト。今回発表された3作品は、
水玉モチーフと強烈な色彩で他に類をみない作品を生み出す前衛芸術家
の草間彌生氏が手がけたもの。
引用元 

5

 携帯製品としてのkusama展開は3点。『水玉で幸福いっぱい』は1965年作品モチーフとのことですが、kusama・dots・モチーフ。彼女の原点であり世界観を表している。ぼこぼこの表面形状、かなりアートである。

4

 『Hi! Konnichiwa (Hello!)』は(彼女のキャリアからすれば)ごく最近(04年)の個展/インスタレーション作品。犬に搭載するサマはおもしろいのですが、わたしなぞは“サンダーバード2号”を思い出してならない(笑)。そんなの誰も知らんよね。

8

 『宇宙へ行くときのハンドバッグ』は一番気に入りました。ストラップを二カ所に付けられるようにして、パチンとあけるようなデザイン。わたしのような中年が持つとヤバい(笑)でしょうが、ドット★ガーリーなのがいい。これイチオシです。

【iidaとは】 
 草間さんがまず携帯電話をデザインし、機能面を調整し、さらに射出成型や印刷技術を組み合わせたという。手間はかなりかかっている。その新デザインブランド“iida”の頭文字は次のとおり。

innovation
imagination
design
art
 

従来auは深澤直人さん、吉岡徳仁さんを始めとする工業製品デザイナーによる製品だった。つまり工業デザインの中で新しい携帯デザインを創ろうというアプローチ。今回の新ブランドでは、そこ、つまりデザインから一歩踏み出し、アートにも軸足をおいて、工業デザインで包んだ野心的なプロジェクト。 

070 200
 引用元 草間彌生さんのHP

 “デザイナーズ携帯”のラインをあえて越えて草間さんを起用する勇気、auという大会社として凄い。彼女の半生自体がアヴァンギャルドだし、統合失調の少女時代、狂ったように描いた20代、ゲリラ的なインスタレーションのアメリカ時代。そんな半生に、フツーのお堅い企業はみんな顔をそむけるはずですから。

 つまり力点は従来のauにない“アート”なのだ。それだけナンバーズポータビリティで痛めつけられているともいえる。

 端末がいくらか知らないが(未公表)「製品には、エディションナンバーと草間氏による直筆サインが入る」ということなので安くはしないだろう。いや、してもらいたくない。10万以上でもちろんいい。auが“アート”としてこれを売るなら、ですよ。

【hmm…なアドバイス】
 興味深いのは損益分岐点。アートの商売では「一点モノ×極大価値」であり、デザインの世界は「1デザイン×1回払い」が普通である。良心ある企業の支払いは「1デザイン×販売数量×デザイン%」とであるがそれは少ない。

 アートでは転売価値であり、デザインは頒布数価値なのであった。

 それは過去のものだ。もはや大量生産が否定され、テイストを求める時代。増えつつあるコダワリ族とナンデモ人(用を成すならどんなモノでも)に消費者は分断された。 

アートへのこだわりが暮らしに入りこみ“普段着”になった。その過渡期としてアートとデザインのまん中の価値を創っていかなくてはならない。わたしたちutte(クリエイター作品の販売事業)の視点から、それをひとことで言おう。 

わたしたちutteは、転売価値と頒布数価値の公式を、お客さま視点から創り直したい。

 資産価値としてだけアートを買い込み、「蔵にしまい込んで楽しむ」、そんなさもしさを打破したい。それが“草間彌生さんのケータイが問いかけること”であり、わたしとcherryさんの想い=utteが実現したいことである。

 余談。cherryさんとわたし、長年忠実なauユーザーでした。だがこの春の“iPhoneキャンペーン”にずずいっと揺らされていた。その揺れが、今日最高潮に達した。ストンと、孫氏の軍門に下りました。utteの仕事を良くする上でもiPhoneがいいと思いました。 

Pict0288  わたしのiPhone

 サヨウナラ、au。今日はiPhoneを握りしめて、以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 7日 (火)

ドアクローザーフェチではないけれど。

 わたしがone of the 首謀者の事業、“くらしクリエイティブ・ショップ utte ”、この春、ウエブサイトだけではなく、ギャラリー・ワークショップ室をこじんまりと併設した施設になります。ご期待ください。 

Dsc01821s300x201

 施設のPRは最後に。施設リフォーム、こんなご時世ですから、低コストはあたりまえ、でも快適かつ創造的にしたい。あれこれ悩みました。毎日リフォーム中の現場を見ますが、今朝は“ドア”が数点搬入されていた。ドアを見て、ひとつのプレスリリースにピンときました。

【hmm…なアドバイス363. ドアクローザーフェチではないけれど。】
建築金物の総合エンジニアリング企業である杉田エース株式会社は、建築
金物では世界のトップメーカーである、ドイツのドルマ社とドアクローザー
(面付け、コンシールド)の日本国内での独占販売契約を締結しました。

引用元 

5 8

 注目したのは、ドア自体に比べると地味な存在、ドアクローザーです。杉田エースではこの商品において世界トップの独ドルマ社と販売契約を締結したというリリース。画像左はなんと電動!のドアクローザー『PORTEO(ポルテオ)』、そんなのあるんですね。右はスタイリッシュなTS92タイプ。 

9 4

 左はTS97タイプで、ドイツ本国でスタイルで受賞をした製品。筐体はアルミなのか、ヘアライン加工が美しい。スタイリッシュなドアに、不細工なクローザーではみっともない。そして右のドアには、クローザー自体がドアの内部に埋め込まれている!すごくすっきりですね。未来形のクローザー

【ドアクローザーフェチ?】
 ドアクローザーとは、ドアの上に付いている金具ないし装置である。外へのドアには必ず、室内ドアにも付いていることが多い。開けられたドアを風なのでバタン、バタンと閉められることなく、じんわりと自閉する役割をもつ。毎日何度もお世話になるのに、興味をもたれず見過ごされている、縁の下のチカラ加減をする装置といえよう。だがわたし、以前からこの装置にはなぜか愛着がある。それはドアがバタン!と閉まる音が大嫌いだからだ。 

Image4  引用元

 クローザーのカバーを開けると、ふたつの調節弁(ネジのようなもの)がある。片方がドアを八割方“閉”のポジションにもどすスピードを調節し、もうひとつがラスト二割をカチンと閉めるチカラ加減を調節する。これを知ってから、マイナスドライバー片手に調節するのが好きになってしまって(笑)。自宅のドアはもちろん、utteのオフィスのドアも調整したりね。皆さんもやってみてください。

【電動開閉や自動閉も】
 電動付き『ポルテオ』はドアを約3度開けるとそこから自動で開き、時間が経つと閉まる。事務所のセキュリティドアに併設するのが主な用途。 

14 引用元 

 ドアクローザーのメリット、セキュリティだけではなく高齢者住宅でのバリアフリーもある。身体が不自由だったり車いすでドアの開け閉めに難儀するなら、今の引き戸を自動で閉める装置(杉田エースの製品)「軽量後付引戸クローザー」がある。後付けで自動で閉まる扉ができる。 

1223544352 引用元 

【hmm…なアドバイス】
 同じ建築金具でも、ドアノブや手すりや電気スイッチは好みを反映するのが普通になってきた。だが毎日、寿命まで何十万回も使うドアクローザーはまだまだ黒子。ドアの開閉をココチよくしたい、デザインドアにふさわしいものを選びたい、そんなニーズをしっかり見定めることができれば、黒子のようなプロダクトだって、こんな差別化もあり、品質を極めることができる。最近取り上げた“欄間”は工芸品だが、ドルマ社のドアクローザーにも、工業品的工芸に通じる味がある。

 最後にutte多目的スペースのPR。5月からギャラリーや教室、ワークショップスペースと、クリエイターや起業者向けブースをレンタルします。秋葉原駅(JR、TX、日比谷線)から3分、都営線岩本町からも2分。utteのブログやサイトでお伝えしていきますので、ご利用・お申し込みをお待ちしております。わたしたちの施設は門戸を開いていますので。今日は以上です。  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 6日 (月)

“みんなの翻訳”のチカラ

 わたしのこのブログ、“マーケティング・ブレイン”の何分の一かは翻訳で成り立っている。(ほぼ日で?)読んでいただいている読者にはわかってもらえるはずだが、海外ネタが3割か4割か、多いのである。

 昨日のコルゲート鋼板の話しも、元は海外サイトで読んだ。一昨日の「ロッサーナ・オルランディ」はイタリア、「LEKO」はフランス、「Glide Cycle」はアメリカ…なんとまあ国際色豊かと自賛。記事への引用にはなるべく原文(英語がほとんど)を付るが、それは原文の尊重と、翻訳でメイキングも誤訳もなしよ、という自戒を込めて。

【hmm…なアドバイス362.“みんなの翻訳”のチカラ】
 そんな翻訳者ブロガーに便利なサイト、戦友の作品社の内田さんからのメールで知った。本日09年4月6日、東大の本郷キャンパスで『日本発! クリエイティブ・コモンズな翻訳者支援サイト“みんなの翻訳”一般公開のご案内』のプレス発表があった。 

Trans01  引用元  

「みんなの翻訳」は、日英・英日の翻訳を行う翻訳者向けに便利な
機能を提供するサイト。ブラウザ上でサイトの翻訳作業が行えるツール
「QRedit」や、翻訳文の公開・検索、Q&A投稿コーナーなどを用意
する。開発はNICTと東京大学が行い、三省堂が辞書を提供している。

引用元 インプレス  

Trans03

 ネット翻訳者にも、本格的な翻訳者にも、便利でみんなで頑張ろう!なサイトという触れ込みです。いいじゃないですか。4月8日から公開なのでナマサイトを見ていないのですが、東大などで開発したQReditというソフトがコアになる。

 この画面ではイマイチよくわからないが、QReditに翻訳したいサイトのURLを入力し起動すると、左原文・右翻訳文のテキストエディタ起動となる。左を見て右に訳文を書いていくことになるが、辞書(三省堂グランドコンサイス)も随時閲覧可能、GoogleのWebサイト検索も同じ画面からスムーズ検索できるという。

【オンライン翻訳の時代】
 わたしのような化石英文科は、たいてい辞書マニア、相当数の辞書コレクターでもある。あれ引き、これ引きで正解を導きだして、やっとこさ翻訳していた。だがネット時代、翻訳のやり方は大きく変わった。翻訳の裏側でやっていた調査活動が、手元でできるようになったのだ。 

Trans07

 引用した「オンライン翻訳のプロセス」にあるように、翻訳時間の配分は昔と劇的に変わった。関連する事項のネット検索が大幅に増え、辞書を引く時間はかなり圧縮された。結局ウンチクの蓄積にかなりウエイトがかけられている。わたしのブログ上の翻訳も、こんな感じですね。

【What is Minna-no-Honyaku?】
 さて“みんなの翻訳”って何か。プレスリリースは東大の先生らしく、ちょっと堅くてうまく翻訳できなかった(もちろんJapaneseなのに_笑)。翻訳のクリエイティブ・コモンズが最初ピンとこかなかったが、そのココロは翻訳成果をネットにアップロードし(引用元を明示すれば)利用(いろいろ種類はある)できるという。これはいい。 

Trans04

 自分の翻訳文を“CC”など選んで、アップロードする。当該文章の翻訳がネットにあればわざわざ翻訳しなくてもいいし、あえてもっといい翻訳をしようというトライもある。このPJの首謀者の東大の影浦峡先生は論文『翻訳と意志決定』でこう書く。

翻訳においては,その大部分は,言語的なレベルの知識ではなく,テクストの
集合をめぐる知識である。
引用元 

 この1行からして翻訳がいる(笑)。影浦氏は野崎孝訳の『ライ麦畑でつかまえて』と村上春樹訳の『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を比べてみるとよい、と書いている。この青春ピカレスク・ロマンを、どう訳すか。名訳者の野崎、作家の村上。両者の翻訳を逐文ではなく、テクスツの集合体として比較してみてはどうかと。同じ文献を、みんなで翻訳アップすれば切磋琢磨もできるし、間違いも減り、名文が生まれるということだろう。

【hmm…なアドバイス】
 このシステム、翻訳教育にぴったり。まずソフト無し・ネット無しで訳す。次にこのネットと融合したソフトで訳す。それを繰り返すとかなり精緻な翻訳ができるようになるはず。おまけに、翻訳についていくつか。

・英語らしい表現と日本語らしい表現のいったりきたりがしたい。
 例を挙げればキリはないが、英語らしい表現を日本語にすることも、その逆もたいへんむつかしい。だが結局は慣用句パターンがある。それが蓄積され引用できるとたいへん助かる。

・英語以外の言語でも
 ネット時代、英語が優勢とはいえ、フランス語、ドイツ語、スペイン語などが訳せればいいと思うことが多い。ネットに良い辞書はほとんどない。

・翻訳の暗黒大陸
 本はそれなりに正確な翻訳本が多いと思う。だが“洋楽の歌詞翻訳”はひどい。誤訳は多いしスラングをスルーする。ミュージシャン(崩れ)が訳すヤツほどテキトー。ほとんどの洋楽ライナーノーツに誤訳があるといってもいい。

 一日一翻訳。海外モノについてブログを書く効用もある。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

春、駐輪場はコルゲート鋼板で波打って

 今日、わたしは花粉症と訣別した。マスクを捨てタリオンODもしまいこんだ。埃にまみれていた我が愛車(自転車)の埃をはらいピカピカに磨き、ヘルメットをアタマに手袋をはめた。またがった。川沿いのサイクリングコースに上ると、そこは黄・黄・黄。菜の花〜畑〜の♪まっさかり。走ってよかった。

 花粉症のせいでジョギングもさぼりがちだったので、たった10数kmで疲れた(アゲンスト風がキツかったのさ)。これからだんだん距離を伸ばしてゆこう。ちなみにウエザーニュースでの花粉予報、今週一杯キツい日が続く。 

4 ヤバい

【hmm…なアドバイス361.春、駐輪場はコルゲート鋼板で波打って】
 ひさびさの自転車話題は“駐輪場”です。かねて気になっているデザイン駐輪場、開設は1996年とずいぶん前だが、先見性と美的“波”価値が色褪せない。 

Tran01
 引用元 以下5点同じ 

建築家遠藤秀平氏デザインの福井県坂井町の'transtation O' (大関)、シュールなまでの駐輪場。線路脇のスペースにコルゲート鋼板(鉄のメッキ鋼板で、波立たせることで薄くて強い構造をつくる)で覆いをした。 

Tran02 Tran03

 凄くシンプルで、ヨコから観てもタテから観ても、神秘なまでのナミナミの美しさが際立つ。こんな駐輪場に止めてみたい(大げさ?_笑)。 

Tran04 Tran05

 右の画像のように福井県の雪深いエリア。雪の重みを平面で受けとめずにコルゲートの形状から自然に落下させる知恵がある。風雪で酸化がすすんでメッキの結晶ができる(白っぽいやつ)。それが味わいになって、古くてモダンな味をかもしだす。自然を味方につける計算が凄い。

【コルゲート鋼板の実用と美学】
 遠藤氏はコルゲート鋼板の実用と美学にこだわり、駐輪場だけでなく、トイレや公共の建物、幼稚園やオフィスビル、そして一般のご自宅にまでナミナミのコルゲートを採用している。事務所のHPには53点のご実績があり、コルゲートの採用建築物が愉しい。ご興味ある方はこちらを。 

Springbiwa4
 引用元 

 彼の“コルゲート美学”、駐輪場でこそ際立っている。それは自転車が風雪に耐える乗り物であり、愛用者もそれに耐えるからだろうか。駐輪場まで着いたぁ、やっこらさ、という想いを風雪に耐える曲線の鋼板がつつんでくれる。その金属肌、まるで年取った人間の肌のように皺やシミがあって、ほっとする。

【駐輪場のサービスは波打って】
 さて、自転車駐輪の設備で一般的なのは、凹型の鉄製レールに角度を付けたモノ。私見ですが、隣車とも間隔が狭いし、角度が急だとお年寄りにはキツい。効率優先なカタチも嫌い。二段式のハネ上げタイプ、すぐに下ろせずもどかしい。

 『自転車駐車場設備便覧』(自転車駐車場工業会編2005年版)には、「自転車入出管理機器」「立体機械式システム」「サイクルラック」「自転車搬送設備」「セキュリテリ」「コインサイクルシステム」などの記述あり。いろいろ開発もあるが、地元にはまだ来ない。

 地元駐輪場の管理システム。おじちゃんたちと「おはようございます」の挨拶を交わす良さ。時々やっちゃう“鍵の掛け忘れ”のご指摘、ありがとう。彼らは朝早くから夜までがんばっている。それは感謝している。 

でも設備・システムはよくない。駐輪場シール発行機器は朝7時〜夜7時まで。しかも駅周辺10カ所もある駐輪場のウチ、発行は3カ所のみ。行政サービスには毎日出会うからサービスのホンネが透けて見える。ウチの自治体のサービス精神は波打っている。

【hmm…なアドバイス】
 TX(つくばエクスプレス)の浅草駅駐輪場設備は広く、美しい。うらやましい(苦笑)。 

M_p5300880 M_p530088593535  
 引用元

 浅草のこの駐輪場には、“郊外と都心の結節点”というひとつのヒントがある。次のビジネスメディア誠のエッセイ(うふふマーケティング)のテーマとしたい。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

リアルな仕事プラモ、ヒットの予兆

 北朝鮮の「人工衛星的長距離弾道ミサイル」がいつ発射され、果たして我が国領土に着弾するのか、そのとき自衛隊の迎撃はいかなる効力があるのか、固唾をのんで見守っていたが、今日(4月4日)は誤報騒ぎで終わったのはオソマツだった。でもね、次の画像のような、お粗末な予兆はあったよね。 

200903310015391n たいへんでしたね。  

 写真は秋田県立野球場でのミサイル立ち往生、つまり迷い子である。ミサイルが迷い子になってほしくないのは、洋の東西も、朝鮮の南北も問わない(笑)。

【hmm…なアドバイス360.リアルな仕事プラモ、ヒットの予兆】
 こんな平和ボケ、とっくに徴兵年齢は過ぎている著者ゆえ許してほしい。かえって童心が回帰してきましてね。あのね、戦争モノといえばあの精密モールディング会社から、“わぁ!欲しいよぉ!”と叫んだ(プラ)モデルが発売なの! 

V33ipake1

愛知県のプラモデルメーカー、ファインモールドが、牧野フライス製作所の
立形マシニングセンタ「V33i」のプラモデル組立キット(縮尺1/20)を
製造、販売する
引用元  

5

 これは買いです。こんなプラモデルは今まで無かった(と思う)。マシニングセンタって、動かした人以外イマイチ想像が付かない工作機械の代表例です。何をするかって?切る・削る・えぐる・ネジを切る・磨くなど、自動化した機械ですよ。でも購入するユーザーもアナリストもリサーチャーも、フツーはピンとこない。知りたくてもわからないのです。なぜって、加工現場のCNC工具ですから。 

4

【ファインモールドとはどんな会社?】
 そこをわかりやすくするのがこれ。生産現場の機器をプラモデル化するという英断?にびっくり。マニア向けで採算がとれるのか?も危ぶみますが、教育用にも、啓蒙用にもOK。わたし的分析では初回ロット完売でトントン、利益は次からで。あざといのはミニモデル化=ノベルティ化して、日立金属というスポンサーを付けたこと。 

Mini_machinig_center 

ファインモールドとはどんな会社か。ひと言でいえば“犬を飼っている、戦争モノ好きなプラモデル・メーカー”。

25年以上も遡るとプラモデルってごく一部以外は日本製、海外製も含めて
組立説明書は今ほど親切ではなく、接着位置とかを「図面と現物と見比べ
ながら」考え考え組み立てていましたよね?
 引用元 

 その通り!だからプラモを作ること=モノを完成形の立体で、“考え考え”把握する能力を養ったと思います。小学生を通じてプラモ狂(正確にはタミヤ模型教徒)だったわたし、今でも絵や図を描くとき、手書きで三次元で描くのはお茶の子サイサイ。部品組み立てのプラモ作りの影響があると思います。小学生なのに、翻訳なしの説明書の米国のプラモも作ってましたっけ。

 今の製品展開は戦車や飛行機(戦闘機)が多い。なにしろ創業者は、木工の稼業を継いだものの、プラモばかり作っていたので勘当になったそうで(笑)。で、プラモを起業したという。好きよ、こういう転換。 

Ts350036_2  

五式犬。同社の社員犬ですが、五式とくればきっと語源は“五式戦闘機”だろう。あまりにばかばかしいので、一見の価値有り。ともあれマシニングセンタプラモ、工作機械ユーザーや金型業界など業者向けに、5月下旬から先行発売される。

【エンジンプラモは最高です】
 ふと思い出したのが“エンジン・プラモ”。小学生の頃、往年のマツダ・ロータリーエンジンの模型を作ったかな。

Rotary5 ¥8,190で販売中

 普通のプラモと違い、エンジンの構造が見えるのがすごく愉しい。特にロータリーはユニークなオムスビ型のローターが、ゴロゴロ燃焼回転するサマを想像しました(婦女子にはこのあたりの愉しさ、わからんさ)。

【hmm…なアドバイス】
 少子高齢化でプラモは、子供には売れない。なら、団塊のオトナに売ろう。単純だがそれはイケている。“リアルな仕事プラモ”、新人類世代まで売れますよ。たとえば;

射出成型機(いわゆる樹脂成型、ちょっと構造を知りたい)
半導体製造装置(これはプラモで再現できるだろ〜か?)
コンベアや自動搬送装置(物品移動が学べそう)
ノートPC(基板、HDD、タッチパッド、液晶など再現してよ)
エスカレーター(これはヒットする。定期点検もできると尚おもしろい)
・Suica、Pasmoの
改札機(内部を知りたいですよね) 

テポドンや自衛隊の地対空誘導弾パトリオットミサイル「PAC3」のプラモも、時流には乗っているし、途に迷うくらいだし、テレビ局はみんな欲しいでしょう。“”にも輸出できるかもね。おっと冗談ですから、当局は郷をマークしないでね(笑)。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 3日 (金)

utteの仕事の本質は“額装”である 3/3

Rossana Orlandi に、囲まれてみたい。

0c3c5214s
 画像引用元 

 日経priv.(2009年春号)の特集で取り上げられていた同店(パラッツォ)、「世界で一番興味深いショップ」と表現していた。ギャラリー、ブティック、雑貨ショップ、そしてオフィスで占めらているという複合店は、“ミラノの宝石のような場所”と形容されるにふさわしいという。 

Designacademy06
 引用元=同店HP 

【hmm…なアドバイス359.utteの仕事の本質は“額装”である 3/3】

『ロッサーナ・オルランディ(RO)』の空間を、日本で創るのがわたしの夢です。

 現地はおろか当店を観たこともない、ただ深い憧れからの記述。でも、シュールなまでの直観派のわたし、おばあちゃんの“暮らしアート”への想いに通底してしまった。だから身勝手にこう決めました。ROに似た空間を日本に実現します。そのためにわたしは生きます。アートにまみれて死にます。ロッサーナおばあちゃんみたいな、オジイちゃんになりたいな♪

Pict0255s priv.より。

【RO】
 このお店、いつも扉は鍵がかかっていて、呼び鈴を押して開けてもらうのだとか。ようするに一見客お断り。

 一歩踏み入れるROの空間とは、ひと部屋ひと部屋がロッサーナの感性で陳列品を選ばれ、さまざまな切り口で陳列され、メッセージを発している。部屋により外光をどう活かすか、歴史的な視点をどうだすか、陳列メッセージをどう打ち出すか。それぞれテーマがあるそうだ。長らくニットデザイナーとして培ってきた感性がべースにある。 

3     
 引用元

 こんな施設、こんな姿勢だから、世界中のアーチストやデザイナーからアプローチもあるし、おばあちゃん自身が若手アーティスト発掘を楽しんでいます。わかります、それってほんとうに愉しいこと。ドキドキするしブレない信念が必要なこと。 

T_img_4744
 画像引用元は『Y'not Report Revival』、ひそかに敬愛する方のサイトです。

【utteもROにならって】
 ROではさまざまな展示会をする。たとえばこの家具展示。木肌の美しさといったら。

 実は、そんな展示会を開くためのスタート台にわたしたちは立ちました。感動です。秋葉原/神田須田町にあるutteのオフィスでは、ROのような内装も外装のシックさもないし、ずっとずっと小さいし、くらしとの一体感も(まだ)ほとんどないけれど、クリエイターが大きくなってゆく“踏み台”を創ります。

 それはギャラリー兼ワークショップ(教室)。09年5月から稼働開始予定です。

 ウエブサイトでわたしたちがこれは!と感じた絵や書や版画やイラスト、そして暮らしグッズや雑貨を展示・販売します。でもモノを売るのではない。あるいは“絵画価値や市場価値”を売ることじゃない。そこにおちいることは、日本のアート・デザイン感性を麻痺させる方向であって、けっしてプラスにはならない。創ろうとする知見、創る体験もセットにしたい。

【utteの今とゴール】
 わたしたちがやりつつあり、そしてやりたいことは、買い手が自分の個性やライフスタイルをクリエイションする素材を選んでもらうこと。テイストにかなう新鮮な作品をそろえ、調和させ、共鳴させて、ここにしかない価値をかなでること。だから売りかたは、ときに展示であり、ときに陳列であり、特定の提案でもあり、豊富な素材からセルフチョイスもしてもらいたい。

 さらにその先にあることは何か。わたしの夢を書きます。

 わたしたちのセレクトで、ひとつだけ/限定数の作品やサービスを提供します。わたしたちと相談して“額装”や“壁装”や“空間装”を決めましょう。作家にオーダーする体験を通じて、空間創造オーナー体験を味わってください。ワークショップや教室を通じて、創作マインドのフツフツを鼓動させてください。価格/料金は、敷居の低いものから高いものまでそろえる、きさくなショップをめざします(ROでは10ユーロから12,000ユーロまでのラインナップがあるそうだ)。これがくらしクリエイティブutteのゴ—ルだと思っています。

【額装の話しの終わりに】
 今週後半は珍しくブログの連作を書きました。

 1日:額縁と額装の話し
 2日:フォトイメージングという額装
 3日:ショップ兼アートギャラリーという額装

 日本人の「壁は白いのがいい」という、“無難に余白を楽しむ感性”を決して否定するわけではありません。あるいは色紙や掛け軸を後生大事に箱に入れておくことを非難する権威はありません。

 でもアートにせよデザインにせよ(そのふたつの違いは別項で語りたい)、生きているうちに楽しまないと変だと思います。市場価値もいいけれど、“私情価値”に目覚めてみませんか。いや、それに目覚めている人、20代から70代まで、実はたくさん増えています。それを感じて、わたしたちはutteに賭けています。今週もお読みいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年4月 2日 (木)

utteの仕事の本質は“額装”である 2/3

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

郷好文の“うふふ”マーケティング:実用品から趣味のモノへ——
「フォト イメージング エキスポ 2009」で感じた消費の行方

「フォト イメージング エキスポ 2009」のワークショップでオリジナル
の写真ノートや封筒を作った筆者。一緒に創作した女性たちを見ていて、
感性型消費の高まりに気付いた。
続きはこちらへ

Dsc01742s

【hmm…なアドバイス358.utteの仕事の本質は“額装”である 2/3】
 フォト イメージング エキスポ 2009で、久々にビッグサイトに行きました。アジア最大のフォトエキスポという触れ込み、確かに外国人はチラホラしていた。わたしが参加したワークショップ、国際色豊かなコラージュ・モヨウだったしね。でも東ホール、大きな展示会では、左右ともに大きな展示会場を使うけれど、フォトエキスポでは片側のみだった。やっぱり不況の影響かしら。

Dsc01743s

 SONYとパナソニックは派手な演出でしたが、他はコンパニニオン・パシャ!くらいが“花”でした―少なくとも殿方には(笑)。FIFAの旗を振る女の子を見つめる子供、退屈そうだったしね。このエキスポのほんとうのテーマは“フォトの楽しみ方”という、モノやメカから一歩踏み出したソフト提案でした。わたしはそれにどっぷり浸かってきました。それが今回の誠のエッセイでした。

【自演乙のワークショップ成果】
 2つのワークショップ(『フォト入りの自作リングノート制作』『フォトプリントで封筒やカード制作』)、どちらも楽しかったけれど、どちらかといえば、いろいろな素材を自分で選べたリングノートがよかったかな。リングノート、自作できるなんて思ってもみなかった。

Dsc01718s

 使用した写真素材は、utteの登録クリエイターのデザイン書道家平田美記さんの作品。彼女のシュール・モダンな作風(わたしは“文字ヌーヴォー”と呼ぶ)を利用させていただいた。

 それには実は下地があって、ちょっと前に、彼女の作品を飾るコラージュを作ったのだった。『回』という彼女のアートな一文字をめぐって、回る画像をたくさんコラージュしました。自演乙=自作自演で気に入っている。ぜひ見てください。 

3 マット部がコラージュ=郷作品。

 封筒づくりもかなりハマり、これもコラージュがポイント。実際に吉岡編集長あての原稿料請求に使いました。 

Pict0232

 余談です。あのマスキングテープ『mt』、カモ井加工紙のお二人にもお会いしました。井上陽子さんのワークショップの終わるころ、谷口さんの姿を見かけて、声をかけたら高塚さんもいらした。やあこんにちはと挨拶して。楽しい一日でした。

【カメラの目と自分の目】
 エキスポ全体のテーマを振り返りましょう。「撮る」「見る」「つながる」フォトイメージングは新たな領域へ。 

Dsc01694s

 デジタルカメラ時代になって、銀塩との最大の違いは“撮影枚数”。いくら撮ってもタダみたいなものですから、数を打ちゃ一枚くらいあたる。いやその一枚をめぐって、撮り直しが何度もできること、それが最大のメリット。

 わたし、以前はカメラを持ち歩くと“撮影するという行為”を意識するあまり、自分で風景や建造物、出来事を観るのがおろそかになる、だからカメラは持ち歩くもんか、という意識がありました。デジタルカメラを持つようになっても、その想いは変わらなかった。自分の目を信じていまして。

 だがデジイチを使うようになって、ちょっと違ってきた。

【自分のファインダーを持つ=“世界を切り撮る額装”】
 それは撮影するという行為、つまりどう撮ろうかという切り撮りの意識、それをフレーミングする自分のセンス、もっといえば思想みたいなものを、デジイチは受けとめてくれるからです。一般のデジカメスナップではそんな気にはならない。

 デジイチは、自分の心の中にある“額装”を創ってくれる。目の前の情景をどう切り撮ろうかと考える姿勢を問うてくる。被写体=対象物だけでなく、被写体をどう切り撮れば素晴らしい額になるのか、自分なりの額装を自分で創ろう!と思わせてくれるツールなのだ。

 一般人のデジイチ・ブームとは、メカや性能のアップだけではない。自分のファインダー(額装)を持たせたこと。“世界を切り撮る額装”創りを市民フォトグラファーに開放したのだ。そこを忘れてはならない。明日に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

utteの仕事の本質は“額装”である 1/3

  「美術館は芸術作品の墓場だ」(ドイツの哲学者アドルノ)

 音楽評論家、作曲家でもあった哲学者アドルノ(1903―1969)のことば。これは小笠原尚司氏の好著『額縁への視線 額装というデザイン』にある。同感です。美術館にいるアート作品、見物・研究・興味・教養など、衆目の容赦ない視線を浴びてかわいそうだ。

 これってどこかゴルフのマスターズに17歳でチャレンジする石川遼選手の今の境遇に似ている。ギャラリーの衆目にさらされる絵画、(マスメディアや)ギャラリーに囲まれるゴルフ選手。同じですね。彼の受けているプレッシャーはでっかい。のっけから余談でした。

【hmm…なアドバイス357.utteの仕事の本質は“額装”である 1/3】
 今回のテーマ(utte*の仕事の本質)は3日連続で書きます。この本を読み、あるワークショップに参加し、日経のPrivの記事に共感しました。そのことを3回に分けて書きます。ちなみに明日のビジネスメディア誠のエッセイのテーマは“フォトを活かすワークショップ”です。ぜひご一読をば。
utteとは相棒cherryさん、noirさんとわたしが主体的に関わるアート&デザイン作品販売事業。

2

 著者の小笠原さんも“墓場”ということばに同感され「そこは美術を鑑賞するための場所というよりも、埋葬する場所のように感じられてならなかったものです。」と書いています。暮らしの中で使われず、資料保存館にうやうやしく保存される=埋葬というイメージです。もっと暮らしの中で美術を楽しんでほしい、それがこの本の一貫したメッセ—ジ。

【額と額装のちがい】
 「額」と「額装」の違いを明らかにしよう。小笠原さんの定義では、額装とは『額による空間デザイン』と言っています。ヨーロッパの著名美術館での展示を観て、額と壁面の調和、絵画への柔らかい光、すべてを心地よく受けとめる絵画作品。額、壁、空間、そのトータルな環境づくりこそ額装であると言っています。

 つまり絵画があり、額があり、その外側全体に額装がある。

 わたしなりの解釈ですが、額とは、作品から発せられる“テーマやモチーフ”を際立たせる裏方でもあり親方でもある。一方額装とは、作品(額付きもよし、額無しもよし)のもつ価値をべースに、所有者のライフスタイルをリ・クリエイション(再創造)するもの

 このあたりのことを、著者はフランスと日本をくらべています。

【額をめぐる文化性】
パリの額縁店で額をオーダーで注文すると、その場で長いモールディングと呼ばれる竿を切り落とし、あっという間に四角に組んだかと思うと、サランラップのようなビニールにぐるぐるくる、はいどうぞと無造作に渡されます」(同書)

 パンの“バケット”を買うときと一緒ですね。くるっと紙を回しておわり。フランス人のアートと生活の密着度を感じさせるエピソードです。一方日本の美術販売、額をしっかりと“箱にいれて傷がつかないように引き渡す”のが額売り。良し悪しは別にして、その差異を著者が嘆かれているのを痛いほど感じます。

絵をうやうやしく壁に陳列する文化=日本
  →壁には余白があり、それを楽しむ国民性。

壁を何で埋めるか個性やセンスを競う文化=フランス
  →壁に余白があることは罪悪と感じる国民性。

 これは同書を読んでわたしなりにまとめたコントラストです。好対照ですよね。

【額装の楽しみとは】
 絵を“絵としてうやうやしく陳列する”のが一般的な日本人。絵を飾ろう、他のものはおいておいて。そんな意識が垣間見えます。言い換えれば“壁が殺風景だから絵でうめようか”、“この絵なら誰にもとやかく言われまい”という「世間体意識」もあるかもしれません。いずれにせよ、芸術を暮らしに取り入れることに成熟していないのではないか。

 一方フランスでは、絵を飾ることで“自分のセンスを研ぎすます” “知人を自宅に呼んでアピールし競う” それが壁面を埋める暮らしに密着した絵、絵と額を越えた額装の楽しみ、そんな感じがします。

 どちらが良い・悪いではありません。でも日本の家屋条件(狭いのに家具・家電が多すぎる)や、古来、装飾よりもむしろ何も存在させない“余白感”を楽しむ国民性から、多くの家庭で、額はおろか額装まで心が及ばないのが実情なのではないでしょうか。

 では額装とは何なのか?著者は『芸術作品を、見られるという開かれた社会的な行為へと結びつけてくれるのが「額」そして「額装」の役割』という。芸術家という“(時に)社会にアピールする行為をあまり考えない人びと”(そんな人以外の方もたくさんいます、誤解なきよう)と、買い手の楽しみを結びつけるのが“額装”と言ってもいいかもしれません。(続く) 

Dsc01710s_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »