« 木童+Greening Worksのテーブル | トップページ | “カタログ語”から抜け出して、“個衆マーケティング”へ »

2009年4月29日 (水)

回るiPhoneレコード・アプリ

 今日はcherryさんとふたりでutteに休日出勤してました。ひと仕事終わって彼女が言った。「iPhoneのケースの隙間から、ゴミが入るんですよね」ホワイトモデルの彼女、ゴミが気になる。ブラックモデルのわたし、表面フィルムも浮きまくりですが気にしません。

 「やっぱiPhoneはケースなんて要らんよね」とわたし。
 「じゃあ外せばいいじゃないですか」と彼女は笑っていう。

 なぜなら「iPhoneは裸で使うもんじゃ」と言いつつ、ヤフオクで樹脂ケースを買ったのはわたしだからだ(笑)。んでも、そのケースが役に立ちそうなiPhone APPがあった。

【hmm…なアドバイス381.回るiPhoneレコード・アプリ】
The spinning vinyl app by Theodore Watson makes use of the iPod touch's accelerometer to control the speed that the "record" is played at. 引用元 engadget 

Iphonevinylapr09

 Theodore Watsonさんが作った『The spinning vinyl』アプリは、iPod touchの加速度センサーをスピードコントロール機能を利用し、レコードのようにプレイする。

 いやまさにレコードかしら。vimeoの動画を2度観た(聴いた)がおもしろ!手でiPhoneを回すと、独楽(こま)みたいに最初は早くてだんだん遅くなるでしょ。そのスピードの増減に合わせて、最初は明瞭なメロディがだんだん、モゴモゴに(笑)。 

9 14 13

 68秒なので動画を観てください。引用元はこちら。これはクリエティブなソフトだ。

 


Spinning vinyl ipod app from Theodore Watson on Vimeo

【三位一体のアナログデバイス】
 レコードという前世紀のアナログ・デバイスをノスタルジーに終わらせない仕掛けはいろいろあるのですが、代表例といえば“アナログ再生 to デジタル保存”、家に埃かむっているレコードやカセットをデジタル化する機器。TEACから08年12月、かなり優れものが出ていた。 

Lpr500 引用元

 『LP−R500』はレコード、カセットテープ、AM/FMチューナーや外部入力から、CDへの録音ができる“オールインワンタイプ”のアナログ人お助け機器である。価格は69,800円と決して安くはないが、ひとつの機器でカセットとレコードの再生とCD保存ができるのだから、メカに詳しくない年配者にもお手軽である。

 これまでターンテーブルのレコードをPCとUSB経由でデジタル録音するもの(2万円前後)、ターンテーブルにUSBメモリーを挿しこんで録音できるもの(2〜3万円くらい)、などあったが、カセットが無い、お手軽じゃないなど、もうひとつ普及していない。レコードとカセットで音楽を聴いた団塊世代が、消費者としてアウトになるまであと10年(失礼_笑)。7万で青春できるなら安いから買おう。

【ターンテーブルマットも凄い】
 もひとつのアナログデバイスも凄い。 

Mat1 引用元 

米国ボストンを本拠地としたボストン・オーディオ・デザイン社より、人工カーボン・グラファイト(炭素の結晶・黒鉛石墨)を使用したハンドメイドのターンテーブルマットが発売されまシタ!! 引用元 DR.IGARASHIの名機/珍品講座 2009/3/19

 訳す必要がない文章(笑)。これをターンテーブルに敷いてJAZZグレイトのアート・ブレイキーを聴くと“立体音像”になるそうだ。マットでそんなに音が違うとは驚き。ウロコでした。DR.IGARASHIの語り、けっこう好きです。サウンドハウスはアキバにあるオーディオ専門会社。

【hmm…なアドバイス】
 iPhoneを回すというソフトには脱帽です。裏面にスクラッチ傷がつくだろうというツッコミもあったが、そこで力を発揮するのが樹脂カバー。それなら回し放題ですわ(笑)。カバーが初めて役に立った(笑)。

 古きアナログ、されど捨てられない。わたしも相当持っています。デジタルとアナログの融合、実はかなり深いテーマ。いずれ(誠で書かせてもらえるなら)ひとつ文をまとめます。今日は以上です。

|

« 木童+Greening Worksのテーブル | トップページ | “カタログ語”から抜け出して、“個衆マーケティング”へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/29355679

この記事へのトラックバック一覧です: 回るiPhoneレコード・アプリ:

» iPhoneをぐるぐる回してレコードプレイ! [RECO-PLAY.COM]
中央にレコード盤のレーベルを表示したiPod Touch/iPhoneがあったらどうしましょう? DJならぐるんぐるんまわしてしまえ、iPhoneを! あはははは大正解☆5つです。どういうことかは下の動画をチェックイットアップ↓ Spinning vinyl ipod app from Theodore Watson on Vimeo. 操作に対するレスポンスがなかなか面白くて、出音の揺れがハッとするほどかっこいい。さすがのiPhone、2本指使いがクールです。以上、今後も気になるTheodore ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 09時53分

« 木童+Greening Worksのテーブル | トップページ | “カタログ語”から抜け出して、“個衆マーケティング”へ »