« 自転車版パーク&ライドで、自転車ツーキニストを増やそう | トップページ | 青の軌跡=大人のアートトーイ »

2009年4月10日 (金)

動物のお尻アイテムあれこれ

 今日の話題はお尻です。こういう出だしだと、スパム・トラックバックがたくさんやってきそうですが、やっぱりお尻が話題です。それも動物のお尻です。スパムきますか?(笑) 

Pict0290

 クリエイター作品販売utteの部屋にある“お尻フック”。何気にかわいいので気に入っています。ハンガーがかけやすいし、一回一回洋服をかけるときに、何気に幸せになれます。ゴム製なので子どもにも安全。商品名は『BASTISフック』というIKEAの製品。赤黒でキメたけれど実はいろいろな色がある。IKEA店頭なら一個399円

80732_pe205042_s4
【hmm・・・なアドバイス365.動物のお尻アイテムあれこれ 】
 2つ目のお尻はcherryさんから教えてもらったSlam Designの『dog-end』と『cloth-cat』。 

Sp42 画像引用元

 タオル掛けというのか、タオル詰めというのでしょうか。流しでタオルを手に取って使います。その後、ひとさし指でツツンと押し込んでやるんです。お尻ぷいっ(笑)。犬好きにも猫好きにも対応します。 

Sp40 Sp38

 サイズはドッグエンドが34×15×4cm、しっぽの長いクロスキャットが41×13×3.5cm。両面テープまたはねじ釘で付けることができる。これはうふふです。Life Roomで1,890円で発売中

【ちょっとお尻痛い】
 英国のslam desginにはまだまだお尻商品がある。これはペンシルシャープナーのお尻『Sharp-end Pup』 

Sepupwht_300_1

 電動でもなく何らへんてつのない鉛筆削りもこうなると楽しい。犬と猫、こちらで販売中です。6.95ポンド。
 Cat_sharpener_1_s Dog_sharpener_1_s

【お尻が役にたつ】
 お尻シリーズ、まだ行きます!さあてこの魚のお尻、さて何でしょう。 

B6cf434e7256dc7289ecace191144810 引用元

 答えはバスタブの栓『Stuck! Goldfish Bathplug』です。普通は黒いゴムの湯栓をしますが、これは魚のお尻をぎゅっと押し込む。これも気に入りました。どんなバスタブの水抜きサイズにもぴったりだそうです(海外商品なのでそこはご留意を)。

 最後に『アニマルインデックス』。デザイナー笹川寛司さんが創った動物のかたちをしたインデックス。書棚に動物のお尻をならべておくと、まるで動物がかくれんぼしているかのよう。
Phot02

トナカイ、キリン、ブタのバリエーションがあり、素材はフェルト。アタマとセットで1,575円。やっぱり猫のお尻が欲しいな。

【今日のブログのお尻に】
お尻といえばあのテポドン2号のお尻、つまり1段目のロケットは、日本海に落下した。そしておおかたの推測どおり、2段目以降は失敗した。

200904080840541 引用元

すでに死去しているという噂も根強い独裁者、わたしの推測だが、人工衛星の格納部分に遺体を格納して、宇宙に運べという遺言だったのではないだろうか?未来永劫にわたり、地球を我がモノにするという野望だ。いや実は重篤な状態で、未来の医療で蘇生をさせるように、低温で仮死状態で運ばれたのかもしれない。いずれにせよ、尻に火は点いたものの、アタマは落ち尻も藻くずと消えた。まさに支離滅裂な結末でした。今日は以上です。

|

« 自転車版パーク&ライドで、自転車ツーキニストを増やそう | トップページ | 青の軌跡=大人のアートトーイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/29049201

この記事へのトラックバック一覧です: 動物のお尻アイテムあれこれ:

» 私書箱・東京の練馬に私書箱が新規オープン [私書箱・東京の練馬に私書箱が新規オープン]
私書箱・新規オープン。個人情報は私書箱で自己防衛の時代! [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 18時15分

» ぽっちゃり系デリヘル限定ガイド|ぽちゃデリ [ぽちゃ]
日本中のぽっちゃりデリヘル全部集めました。ぽっちゃり、デブ専限定のデリヘル検索サイト〜ぽちゃデリ [続きを読む]

受信: 2009年4月11日 (土) 22時55分

» 手動鉛筆削り9 - ダーレ(DAHLE) 77型メタル鉛筆削り [鉛筆削り色々!]
1930年、ウィルヘルム・ダーレ氏によってドイツのコーブルグ市で、カッティング機器のメーカーとして創業したのがダーレ(DAHLE)社。世界中で定評のある、ゾーリンゲンの刃物の良さを事務機器製造に活かした製品を製造していることで有名です。現在は、ドイツの総合機器メーカーであるノーバス(NOVUS)社のグループ傘下の企業となっていますが、独自の焼きいれ技術などの高い技術力はそのまま受け継がれ、�... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 17時00分

« 自転車版パーク&ライドで、自転車ツーキニストを増やそう | トップページ | 青の軌跡=大人のアートトーイ »