« rush SOTIというアレルギー治療 | トップページ | セラミック・フライパンと巻き物と草なぎクン »

2009年4月23日 (木)

「読者はトップページをスルーする」——入り口が多様化するWeb

「読者はトップページをスルーする」——入り口が多様化するWeb

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

「読者はトップページをスルーする」——入り口が多様化するWeb
マーケティングWebサイトを立ち上げたものの集客に悩む筆者。そこで、
370社にWebアクセス解析システムを導入したオーリック・システムズ
訪問、モバイル事業戦略室の伊藤要介さんに話を聞いてきた。
続きはこちら。 

9

 「集客に悩む筆者」ばっちりと書かれてしまいましたが(笑)、半分ほんとう、半分そうでもないかな。半ばホンネを書いたのは、同じWebビジネスをしている方々に、等身大で読んでもらいたい記事にしたいからでした。決して自分のビジネスへの我田引水ではなくて。信じてくださいな。

 さて、とはいえ、Webビジネスを立ち上げての実感。必ずしもスムーズではないです。この業態にはどうも3ツのハードルがあります。 

PVを上げること、次いでUUを増やすこと、そしてコンバージョンにつなげること。これらの解析ツール用語から言い換えれば、まず「一見さんを増やす」、次いで「ファンを増やす」、そして「買っていただくお客さまを増やす」、こうなります。

 あるブランド品販売会社のサイト運営の方も言っていたのですが、「最初はさっぱり」で、数ヶ月経つ内に認められてきたのか「ポツポツと受注」が入る。それから堰を切ったように「トンネルを越えたら“受注”」となる。立ち上げ期の苦しみを乗り切れるかどうか。そこにポイントがありそうです。

【わたしの携わるビジネスの場合】
 わたしが携わるWebサイトビジネスの『utte』、開業から3〜4ヶ月くらいで、このマーケティング・ブレインを超える日も出てきました。え!大したことないって(笑)。著名じゃない個人サイトとしては(たぶん)上出来の数百/dayのアクセスがあります。毎度ありがとうございます。

 webサイトの成長サイクルから観れば、utteはそろそろ2段階目から3段階目にというステップに入ったと思っています。やがて水蒸気爆発がやってきます。その日へ向かって、コアなお客さまをしっかり見据えて、衝動的なニーズにお応えします。

【Web解析ツール=“経営情報分析ツール”】
 オーリック・システムズの伊藤要介さんの話しを伺っていて感じたのは、Web解析ツール、実は“経営情報分析ツール”に近いということ。

 Webサイトのお客さまの動きを可視化することは、サイトという店舗の経営情報を分析し、さまざまなグラフなどに還元し、意思決定をうながす。解析ツール=Web部門だけの分析道具ということではなく、お客さまの動きをダイナミックに解析できれば価値はある。

 レジで集計するPOSデータを使いこなす小売業者には、滅多に逢えない。単なるデータの山であり、結果だけ集計のツールと化しているところが多い。なぜなら、あれだけ時間別データがありながら、レジの列が消えることはないでしょう。欠品は減っても、欲しい商品を品揃えをしてくれる例はすくないでしょう。ショッピングセンターの大家さん、販売分析しても、店子のテナントの経営改善よりも入出店管理の成績づけという結果管理ばかりですし。

 せめてWebサイトの情報解析、“未来改善志向”、つまり個客に向かってゆく姿勢を持ってほしいと思う。

【コンサルVS.実業家】
 最後に、コンサルと実業の違いをひとこと。

 会社所属のコンサルタントのとき、いくつか携わったWebサイト再構築プロジェクトで、クライアントのサイトのレイアウトを評価し、コンテンツを点数付けし、サイトマップ改善案を作り、新運用システムを推奨する。「あとはおまかせします」と言って(契約終了とともに)立ち去る美学、それがコンサルタントである。

 意見を顧客に打ち込んで、銃口から立ち上る煙をフッとする。それはかっこいいのだが、コンテンツをつくる現場は美学というより汗学である。汗で銃口が湿ってタマが出なかったり(笑)。わたしはそれにどっぷり浸かっているので、今では実感を持って語れます。

 コンサル・実業、ウエブ・リアル、どちらがいい・悪い、どれがいい・悪いということではなく、おおよそすべて生で知るわたし、あんがい貴重な存在である。今日は以上です。

|

« rush SOTIというアレルギー治療 | トップページ | セラミック・フライパンと巻き物と草なぎクン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/29258563

この記事へのトラックバック一覧です: 「読者はトップページをスルーする」——入り口が多様化するWeb:

« rush SOTIというアレルギー治療 | トップページ | セラミック・フライパンと巻き物と草なぎクン »