« フロントフィットがオトコをあげる。 | トップページ | ギャラリー運営、“もう中学生”かな? »

2009年5月23日 (土)

音楽アルバム『ボンジュール・ショック!』とPAシステム

アートマルシェ神田(utteのギャラリー・教室・ミーティングスペース)でのこけらおとしの展示会『Bonjour Choc!/衝撃よ こんにちは』、書と絵だけが見どころではない。音楽もあるんです。

Dsc03747

 この展示会のために『Bonjour Choc!』というアルバムが制作されたのです。インストゥルメンタルの構成で、作曲はサウンドクリエイターのヤステツヤさん。展示会のタイトルのネーミングをしたわたし、感無量であります。どうもありがとうございました。

【hmm…なアドバイス400. 音楽アルバム『ボンジュール・ショック!』とPAシステム】
 展示会の準備にやってきた平田優介さん。まず手をつけていたのは絵を開梱するより
も“音楽”でした。PA/サウンドシステムのセッティング。2カ所にスピーカーを配置し、アルバムを入れたiPodをつなぎ、エンドレスで楽曲を流す調整から。 

Dsc03753

 「アルバムまで作ってくれるなんて…なんて、凄いですね」とわたし。
 「ボク、みんなに愛されていますから」と優介さん、こともなげに。

 アルバムのCDをいただきました。音楽を文章で表現するのはむつかしいですが、chocな叙情と激情の交錯、どんどん引き込まれていくスリリングさ、まさに“衝撃”のメロディ。そんあ感じでしょうか。ありがとうございました。末永く愛聴します。

 utteのギャラリースペースにはまだ音楽装置が無いので、こうした持ち込み機材で音楽を流すことになります。そこでBOSEで、ひとつ良いヤツを見つけました。

【BOSE L1 Compact system】
ボーズの先進技術を採用した「L1(TM)Compact Systemは、PA・モニター・アンプのすべてを兼ね備えていながら、1度に持ち運びができる優れたポータビリティを実現し、約1分で簡単にセットアップ可能。しかも、たった1本のスピーカーだけで会場全体を均一なサウンドで満たします。引用元 

0220142_01  0220142_02

 持ち歩きができるPAシステム。1分で“音開き”セットアップ完了。小型スピーカーで音場を創造する技術力が高いBOSEだからこそ、1本だけのスピーカーで実現できるのでしょう。
 3 

次の画像にあるように“iPod”印もあるので、つなぐだけでBGMもすぐに。ギターアンプにも、アカペラにも、しゃべりのイベントにもぴったりのシステム。 

Sub3 Sub4

 しかも持ち運びは小型のゴルフバッグひとつといったコンパクトさがいい。重さは13kg。09年6月10日発売で定価144,900円

【hmm・・・なアドバイス】
 今日はこれから“ボンジュール・ショック”なパーティなのでアドバイスは省略いたします。

  いやもうちょっと書こうとしているのですが、立った今、tomoyoさんにutteの無線乱をLANにしていただいているので、あとで写真を一緒に書き足します。

追記:

 これは宴の後です。クリエイターさんお二人を囲んで、ささやかなパーティを。絵と書と花に囲まれて、美味しいつまみとお酒を飲めるなんて!

Dsc03796

 そしてお越しいただいた盟友お二人、Annieさん、Tomoyoさん、遅くまでどうもありがとうございました。おかげさまで楽しかった。そしてやる気みなぎりました♪ Tomoyoさん、システム設定、ほんとうのありがとうございました。今度ばっちり美味しいもの、食べましょうね!

 さて展示会も今日まで。クリエイターお二人在廊の今日、秋葉原のアートスペース神田まで足を運ぶと、衝撃で心に光がともるかも!ではまた。

|

« フロントフィットがオトコをあげる。 | トップページ | ギャラリー運営、“もう中学生”かな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/29753743

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽アルバム『ボンジュール・ショック!』とPAシステム:

» 涼宮ハルヒの憂鬱の新エピソード [あらためた?涼宮ハルヒの憂鬱]
涼宮ハルヒの憂鬱全28話のなかにはとんでもない新シーンも [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 00時09分

« フロントフィットがオトコをあげる。 | トップページ | ギャラリー運営、“もう中学生”かな? »