« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の30件の記事

2009年6月30日 (火)

iPhoneが創る超小型プロジェクタ世界観

 ITメディアの鷹木創氏は新しいiPhoneをもちろんGETしたはずだ。

誠 Biz.IDの鷹木です。ついに本日iPhone 3GSの発売です。皆さんがこのメルマガをお読みのころは、私も新しいiPhoneを手にしているかもしれません。新しいガジェットはいつも気持ちをドキドキさせませすね。あー、待ち遠しい!。引用元 ビジネス通信 誠Biz.ID[Vol.0057]2009/6/26 配信

 わたしの記憶が正しければ、彼のiPhoneの表面には“クラック”が入っていたそうだ。だから買うしかなかったはず。最近彼に逢っていないのにそれを知るわたしは千里眼である。

【hmm…なアドバイス431. iPhoneが創る超小型プロジェクタ世界観】
 千里眼というよりプロジェクタだ。このガジェットニュースには、きっと彼もフックされたにちがいない。  

5

The MiLi Evolution Mini Power Projector works in conjunction with your iPhone or iPod touch, docking it into the unit which then acts as projector and charger in one. The LCOS projector boasts 10 lumens of brightness for VGA projection of an image from 3 to 70 inches. 引用元

MiLi Evolution Mini Power Projectorは、キミのiPhoneやiPod touchをドッキングさせるとね、プロジェクタにも充電器にもなるんだ。VGAで10ルーメンの液晶プロジェクタで、投影画像は3インチから70インチというデカサなんだ。」(どことなく少年訳) 

9  

 まず最初の画像ですが、がばちょと開くとプロジェクタぽいレンズが表れる。iPhoneをのっけるクレードルはゆったりで、浜辺のリクライニングチェアで“よっこいしょ”、両腕をアタマの後ろにしてうつらうつらのような姿勢にする。

 日本メーカー顔負けの折りたたみ機構ぢゃないですか。次の画像の説明にあるのですが、PCからの入力も可能(USBもVGA入力もあり)。さらにスピーカーまで備えている。7月末に255ドルで発売開始とされる。

Milibeamboxprojector09

10ルーメンというと「暗いな」と思われるだろうが、従来型のDLPのルーメンとLEDの明るさは違うと言われる。実機を確かめてほしい。今まさにLEDへの過渡期だからこそ、ユーザーへの情報提供をメーカーの思惑を排除して、現実のものに率直に転換してもらいたいと思う。

【iPhone + プロジェクタ製品は広がる】
 これほどカッコよくないが、AiptekからもiPhone接続をねらったプロジェクタが発売される。双眼鏡みたいなデザインとリモコンみたいなデザイン。

 1_r 2_r

 具体的な発売時期や価格はわからなかったけれど、手の平のプロジェクタをiPhoneにつなげて投影するというコンセプトは貫くのではないか。

【hmm…なアドバイス】
 iPhoneが3G+Sになった影響、プレゼン/エンタメ面でも大きいんだな。

・展示会で画像や動画を投影して客引きをする。
・ネトゲを壁に投影して戦う。
・Wiiの代わりにiPhoneのソフトを投影してヘルスケアに励む
・幼稚園のかけっこを動画撮影して、写真判定に使う。
・新研ゼミの宿題を投影して母子でとりくむ。
・プロジェクタを貸し出す“プロジェクタ・カフェ”ができる
・二人で愛の動画を楽しむ(うふふ)。

 先日訪れた和紙の展示会では、デジタルフォトフレームを受付に置いて、過去作品を次々に映しだしていた。展示会に訪れた人が、作品を買わずに帰り道にフォトフレームを買ったというオチがついた。わたしは手持ちの3GのiPhoneで、クリエイター作品画像を見せたら、けっこうウケた。そんなプレゼンを超小型プロジェクタでやると尚いい。

 iPhone(やそのモドキ製品)の利用の拡張可能性はでかい。この便利さだと、来年の今頃には、買い替えの半数以上がフルタッチ携帯になっていると思う。あ、携帯ガラパゴスの本邦は別かもしれません(笑)。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月29日 (月)

LIGHT LANEのテールランプ

今日はたっぷり自転車に乗りました。アバウト50km。走った、走った。神田須田町から大塚、そして郊外のS市、そこから郊外の我が自宅まで。スイスイ・アセダク・テクテク・ヨレヨレ、の行程でした。

 大塚は我が実家(雑司ヶ谷)と目鼻なので、道にも勘が働きます。Just on timeで到着。デザイン書道家の平田美記さんと待ち合わせのパン・カフェの前でバッチリ出会って入店。noirさんと三和印刷の中村さんを交えて打ち合わせ。次のアポが、目測というか時間距離感覚がバツで、取材予定に15分も遅れてしまいました。ごめんなさい。ぐぁんばって良いエッセイ書きまぁす!(お話がとて〜も楽しかった。)

【hmm…なアドバイス430.LIGHT LANEのテールランプ】
 取材が終わり、明るいうちに自宅にたどりつけてよかった。なぜならわたしの自転車、テールランプが壊れて夜間は後ろからは真っ暗。買わなきゃと思いつつ。亡き忌野清志郎氏も著書で奨めていたTL-LD610-R ”がいいかな。 

2 引用元

明るさは、もはやちょっとした前照灯。後方に向かって激しくアピールできます。ボディデザインが600Rに比べえてエキセントリック、好き嫌いはあると思いますがいいじゃないでしょうか、CATEYEらしくて。引用元

 この一文は、ライトマニアのブロガー HATTAさんのレビューから転載しました。どうぞご了承ください。高輝度LEDを5個搭載、単四電池2本で60時間(点滅モード)という省エネさもいいけど、何より「ド派手さ」がポイントですよね。これ、わたしモードなんだな(笑)。実勢2,000円くらい。近々ヨドバシで“エネループ”と一緒に見てみます。

【LIGHT LANE】
 ほんとうはこれが発売されていたら「買いたい」のです。まだプロトタイプなのですが、とてもイケてます。 

01

LightLane was originally created for a design competition to promote commuting by bicycle. Although the concept did not win, the response was overwhelming, encouraging the inventors to continue development. 引用元 

そもそもLightLaneは、自転車利用を促進するデザインコンペでクリエイトされました。コンセプトは勝ち残りませんでしたが、レスがとっても大きいので、発明者たちが「やってみようか」と声をあげました。(拙訳) 

8

 これは凄く良い!と思ったテールランプです。以前、このブログでこのコンセプトを取り上げたとき、あれこれ調べたのですが詳細がわからず、トンチンカンなブログになっています。陳謝します。英語力の低さも露呈しました(笑)。ともあれ、テールランプに“光る自転車レーン”のラインを描く機構が備わっているのですね。わぁすごぉい! 

Product_01a Product_02a

 この2枚の画像から、テールランプの両側から光の照射があり、それを道路に写すことで、自動車などの注意喚起をうながすのがわかる。素晴しい発明。動画があります。

【hmm…なアドバイス】
 東京メトロポリタン内(特に山の手線内側)での自転車走行は、車道にしろ歩道にしろ、走りやすい。自動車ドライバーと自転車乗りのアウンの呼吸があるし、都心ドライバーは運転が上手だから。バイクと自転車の走行レーンの整備度も良い(今日初めて走った環状7号線、イケてません)。

 しかしね、郊外にゆけばゆくほど、田舎にゆけばゆくほど、これで県道?よもや国道じゃないよね?という、自転車も歩行者も無視した道路づくり多し。これを改善するのは“エコのポイント”が高いはずなのですが、なぜ予算が少ないの?

 ついでにもうひとつ、“自転車ライダー向けの地図ボード”や“行く先案内ボード”が欲しい。歩行者向けに地図はあるし、自動車向けにボードはあるけれど、その中間が無いのです。自転車が走りやすいロード表記を入れた地図ボードが町中にあればなあ。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月28日 (日)

“一日一メロン”に向かって

 “一日一メロン”、続けたことありますか?


 もう数週間前のこと、utteのオフィスでは“一日一メロン”を日課としました。ハネデュー・メロンのような安価でメロゥなヤツじゃなくて、あの“マスクメロン”なの!まん中でストンと割って半分ずつcherryさんと食べた。いやあ旨かったなぁ。ある事情でメロンをいただいてね。

 あのメロンな毎日、三日から四日だけだったけど、もう一生やってこないだろうか?

【hmm…なアドバイス429. “一日一メロン”に向かって】
 そこでせめて、食べられないフルーツな話題を、2つ。 

2 引用元

本物そっくりのかわいいフルーツの石けんが作れるよ!
石けん素材を本体で削り、ボウルで練って型に詰めればとってもキュートなフルーツもチーフの石けんが作れます。
引用元 

3  9

 女児向け玩具『シャボンアラモード』。本体に石けん素材を入れて、レバーを回して石けんづくり。それをボウルに入れて練って抜き型に詰める。別の色の素材の石けんで“青りんごの皮”をつくり、ふたつ合わせて“種の石けん”を埋め込んでできあがり。乾燥に約1日必要。

 フルーツ形の石けんを作って清潔を学んで、香りやデザインも感じる仕掛け。うまいよ。都会っ子には果物をまっぷたつに割ったときに“あ、種があるんだ!“という気づきもあるね(笑)。2009年6月27日発売、セットは3,990円で補充キットは1,260円。

【ナシとリンゴのクダメモ】
 洋梨と林檎はいかが?これはD-BROSのヒット作になるでしょう。 

Fm_2 引用元 

もぎたての、ステーショナリー。
果物そのままのかたちをした、ブロックメモです。
 引用元 KOK 

Fm1_2  

 これやられました。撃たれました!“フルーツメモ『KUDAMEMO』” まさにもぎたてのいい色、いいフォルムをしてますよね。スライスした果実をちぎるのがもったいない(笑)。果実をもいだように、まん中に木製の枝がついているこだわりもgoodです。 

13

 洋ナシもいいなぁ。デザインは天宅正さん。直径45mm、高さ104mm、150ページ/枚。1個1,890円(消費税込み)。詰め合わせもあります。2009年6月30日より出荷。

Fm_case2 

【hmm…なアドバイス】
 お茶には事件がつきまとう。昔ボストン茶会事件あったし(そうとう古いね)、珈琲豆には反フェアトレードがつきまとうでしょ。野菜もそうだ。カイワレ大根暴落で破産とか、キャベツも市況のため捨てるとか、ピーマンやカボチャは“鈍重”と揶揄されるし。どこか被害者イメージを背負っている。 

でもフルーツは人をほがらかにするし、和やかにする。先日朝のTVで、トルコの男子が岡山の女子に惚れて求婚して、岡山で葡萄作りをしているという話しを観た。すごく微笑ましかった。栽培しているのが、葡萄というキリッとして優雅なフルーツゆえもあると思う。ネギや大根では物語になりにくいのです。

 一日一メロンで思い知った。フルーツが日常にあるってイイものよ。果物と疎遠なわたし、「(果物は)手が汚れないバナナが好き」とcherryさんに言ったら軽蔑されたけど(笑)、撤回して毎日フルーツをめざしたい!今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

明治古典会 七夕古書オークション

 前にビジネスメディア誠で書いた神保町の古書交換会のエッセイ、本嫌いとは言えないワタクシ的にも、楽しく書かせていただいた一本です。そのときお世話になったブレインズ・カンパニーの横山さんからメールでお知らせがありました。 

Top

 7月2日〜5日まで「七夕古書大入札会」が開催されます。一般客も古書店を通じて入札もできます。文学・美術・写真・映画・浮世絵・地図、古書など幅広い展示・入札会。今回は目玉が凄い。 

2  入札は2,000万円から。

【hmm…なアドバイス428.明治古典会 七夕古書オークション】
 俳人正岡子規の選句稿、「なじみ集」毛筆337丁。直筆、達筆である。ネットで調べるには限りがあるが『春星』の俳人中川みえ氏がこう書いている

この他、筆者は以前に、楠本憲吉、池上浩山人両先生より、「なじみ集」というものについて聞いたことがある。上原三川、直野碧玲瓏その他によって分類された句稿が子規の手許に届けられたのは、子規の病苦が最も厳しい時であった。引用元

 明治30年頃、約3,000にも及ぶ句を前にして、病気をおして選句をする子規の姿がある。ほんらい(弟子の)碧梧桐や高浜虚子の手を借りるはずだが、両人が消極的なので結局自らやったということだ。子規は明治35年没なので、亡くなる5年ほど前のの選句集。それにしても2,000万円ですか。

【気になった出品物】
 横山さんは私宛にメールだけでなく、明治古典会 七夕古書入札会のカタログも送ってくれた。350ページもある分厚いカタログだ。2,000万はともかく気になったものを挙げてみたい。

Photo

・泉鏡花 『高野聖』 初版 明治41年 30万円
・内田百閒草稿 『百鬼園随筆』 21枚直筆 30万円
・高橋新吉草稿 『ロダンその他』 10枚 6万円
・中原中也 『在りし日の歌』 初版 5万円、10万円
・夏目漱石 安藤貫一訳 『I AM A CAT』 初版 明治39年 5万円
・夢野久作 『ドグラマグラ』 昭和10年 25万円
・秀英舎鋳造部 『活版見本帖』 明治43年 40万円

3 七夕古書入札会カタログより

お金があればどれも買いたい。書家井上有一氏の作品もいつか欲しい。この『豚魚』も悪くないな。でも50万じゃあフトコロ手(笑)一般下見会は3日(金)は10時から20時、4日(土)は10時から17時まで。とにかく凄い物が多いから、見るだけでもソンにはならない。いや興奮しますよ、きっと。

【hmm…なアドバイス】
 わたしのお宝本をひとつ掲載しましょう。石川啄木著『悲しき玩具』肉筆版。昭和11年で限定300部のもののうち一冊。いくらかわかりませんが、本好きで文化人で能楽師だった祖父の形見。

Pict0399

 明治古典会のような展示会を楽しむには、好奇心とザツ学が必要です。見聞が狭い人には楽しめないでしょう。だから本は乱読、絵画は乱覧、映画は乱館、舞台は乱舞、音楽は乱聴しないとね。芸術は人を猥雑にし、混乱させますが、その分人生も濃くなります

 最後に、明治古典会は2日がプレスプレビューutte/アートマルシェ神田でのイベントの前日なのです。金・土もイベント運営側として席を外せません。せっかくご案内をいただいて行けなかったらごめんなさい!横山さま。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年6月26日 (金)

年輪ポロポロのバウムクーヘンのように。

 今週火曜日、久しぶりに自由が丘に行きました。サッカーボールで世界を平和にするSFIDAさんの取材以来かな。彼らは相変わらず元気なようで。

 その彼ら、今日のテーマではなく、cherryさんと一緒に自由が丘の丘を登ってゆくところにある“お花の教室”に伺いました。utte(=わたしたちのデザイナー支援・作品販売事業)のクリエイター登録をしていただく、フランススタイルのフラワーアレンジメントの主宰者のインタビューのために。 

13 引用元

 utteのサイトで近々にご紹介予定。花の表現がちがいます。さて、花も今日のテーマではなくて、取材を終えて駅に向かう途中でcherryさんが『自由が丘ロール屋』にズンズン入るんです。自由が丘ならこれ買うしきゃない!そうで(笑)。なるほど店内、女子群がりでした。

【hmm…なアドバイス427. 年輪ポロポロのバウムクーヘンのように。】
 しかし自由が丘ロール屋もまた今日のテーマではないんです!自由が丘デパート(渋!)の1階で売っていた、もっとシンプルで、ヘンテツもないバウムクーヘンがテーマ。塩ロールとバニラロール、どっちもとっても美味しかった。 

Pict0384s

 「郷さん、バウムクーヘン、どうやって作るか知っていますか?」
 「・・・・・(知らんよ)」
 「まん中に棒を入れて回して、一層ずつくるくる回して焼くんです」
 「へえ、それって網焼きみたいじゃない」
 「そうなんです。ハムを焼くように刺して、くるくる回して」
 「う〜ん、それじゃフツーのオーブンに入れられないじゃない」
 「大丈夫、バウムクーヘン専用のオーブンがあるんです」 

Baumkuchen_bmk 引用元=Wiki 

 これはWikiからの画像。こんな感じで生地素材をチュルルと垂らして、連続的に焼き上げるというのです。「なぁるほど!それで年輪みたいに渦があるのね」知らぬはわたしばかりなり、だね。

【素材、合わせ、炎、紙一重の加減】
 でもこの“再発見”のおかげで、なぜわたしはバウムクーヘンを手で剥がし、またちぎるのか思い当たった。下の画像左、“年輪”の部分を剥がしていますよね。右の画像はナイフで、年輪に逆らってちょこちょこ切って食べる。どっちもやるでしょう。 特に年輪ほぐしは、心が休まる。

Pict0388s Pict0392s

 焼きたてバウムクーヘンで著名なお店『nenrinya』、銀座松坂屋1Fでは製造工程が見える店舗で焼き上げる。長さ3パターン(ホール/3山/5山)で切ってもらえる。加工のそもそもの形も見れるし、うれしい配慮。 

2 同社HPより。

素材、合わせ、炎、
紙一重の「加減」を 
たぐり寄せるもどかしさ。
懸命の味づくり。
 引用元=同社HP

 この配慮、バウムクーヘンのそもそもの製造工程/形を利用して、すなおな売り方に変えたものだ。伝統転じて新しさを創る、好例ですね。

【hmm…なアドバイス】
 不勉強で不面目なわたし、cherryさんにまた教えられた。何十年も生きてきて、まだ知らないことがたくさん。バウムクーヘンの“年輪”にはちっとも及ばない。伝統=生きざまをしっかりするというのは、バウムクーヘンの焼き上がりのように、一回転ずつ着実に“焼きを入れる”。回転が狂ったら焦げます。わかっちゃいるけど。

 いやちっともわかっちゃいない。わたしは“回転停止”もするし、お客さまニーズに“逆回転”もしている。自分を焦がしては“消火活動”をしている。新しい速度を軸に取り入れたいけど、“軸が曲がって”いる(笑)。やれやれだ。年輪ポロポロのバウムクーヘンのように、柔らかく新しく生きたいなあ。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月25日 (木)

パンダキャラ、ゆるキャラが人気の理由

 今日はビジネスメディア誠で連載しております“うふふ”マーケティングへのリードです。テーマは“ゆるキャラ”。

パンダキャラ、ゆるキャラが人気の理由
企業や地方自治体が展開する、パンダキャラやゆるキャラに癒やされる日本人。しかし、なぜ私たちはそうしたほほえましいキャラクターに癒やされるのだろうか? その理由を考えてみた。続きはこちら。 

17_2 ANAより。

編集を担当していただく堀内さんが、「そぉ〜れ!どぉだ!」とキャラ画像を満載してくれました。誰も知らんキャラありで(笑)。おかげでにぎやかな連載誌面になりましたね。多謝熊猫。

【ボクの好きだったキャラ】
 きっと皆さんもゆるキャラ好きですよね。公共団体のキャラとか、漫画の主人公とか、カテゴライズせずにボクが好きなやつ、歴代3つを挙げてみます。 

Img_761237_36691799_1 

ホワッツマイケル by 小林まこと
 奇跡のポーズ、とぼけた表情、超昔の米国TV映画『逃亡者』をベースにした逃げる話しにからめた猫が、とぉっってもヤバくて素敵。単行本を、よく床屋とか歯医者の待合室で読んだぜ。1984年から89年にかけて連載がべ—ス。 

07110833 

シマリスくん by いがらしみきお
 いじらしさといじめらしさのミックス・パーソナリティが好き。なんといってもいがらしさんとその漫画、屈折している。かわゆい話しの向こう側は凶暴だ。その屈折した心を一身にうけて小首をかしげるキャラがシマリスくん。「ボク、いじめる?」と。『ぼのぼの』自体、驚くべきことに、まだ続いている(1986年〜今)。なぜ好きになったかと言えば、昔好きだった人が好きだったからだ。 

Imaget01_2  

ぐりとぐら by 中川李枝子(作)山脇百合子(絵
 海外絵本だとずっっっと思っていましたが、実は純和モノの絵本。初出は1963年で、これまでに2,000万部を越えているという。ぐりとぐらの料理を真似して作った子供はたくさんいるでしょう。どっちがぐりか、ぐらか、ついにわからないけど(笑)。なぜこれを好きになったかといえば、家にこれを好きな子供がいたからかな。

 読者がどんなキャラ好きか知らねども、こうして上げてゆくと、キャラで年齢がわかってしまってヤバいよね。でもね、キャラは時代を背負っているのでしょう。

【キャラは死屍累々の歴史】
 キャラは死屍累々の歴史でもある。どんなに作者が思い入れ強くても、伝わるか伝わらないか、市場の冷たい眼がずんと光っている。ゾクに100三つという法則があれど、キャラの成功の確率は、絶対にそれ以下である。 

Photo 浦和レッズのキャラジオ

 たとえばこの浦和レッズのキャラ、知らないよね。Jリーグのキャラほど浸透しなかったキャラもない。「J」のロゴは博報堂が「普通は何千マンですが、じゃあ1,000万円で」という話しは読んだけれど、各チームのロゴやキャラはいくらだったのだろうか?

【キャラでサムくなることもある】
 さてキャラ・エッセイを書いたら、書いた後から疑問がわいてきた。

・生身のアイドルと二次元キャラはどう違うのか?
・ロゴやデザインとキャラはどう違うのか?
・着ぐるみのキャラはバレバレなのに、なぜ人気あるのか?
・ピカソの絵画の互い違いの眼の女性は、キャラなのかそうでないのか?

 疑問は尽きない。だが亡き父は、ボクが小学校低学年くらいのときこう言った。 

「ピコちゃんが、会社の廊下で歩いていたのを見たよ」

 父は東電のエンジニアだった。まじめな人で、冗談が冗談にならず、冷たいジョークになってしまうのだった。企業マスコットのはしりだったピコちゃんは東電のマスコット。古くて画像さえネットにない。その性別不詳のキャラ、送電線を渡っていても、内幸町の本社廊下を歩いてはいない。場違いすぎる。父のジョークをきっかけに、ボクはキャラに冷たい視線を向ける子供になってしまった。

 今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月24日 (水)

路上のランチパック・ウイメンへ

 今日のお昼はutteで内食。キッコーマンの“うちのごはん もやしのねぎ味噌炒め”と炊きたてご飯。もやしは月曜朝に業務スーパーで買っていた。でも都合があって月・火とウチ料理する機会がなくて、@30円のもやしが腐っちゃうかなと。 

35357

 もやし、大丈夫でした!豚ひきをじゃっと炒めてもやしを投入。問題はこの総菜の素、僕にはちとパンチが足りない。でね辛チリソースをじゃんじゃん投入してエッジの効いた味にした。旨いよ。

【hmm…なアドバイス426. 路上のランチパック・ウイメンへ】
 「僕はね、エッジが効いた味じゃないとイヤなんだ」
 「郷さんはソーメンみたいな“主張がないもの”は嫌いですものね」相棒cherryさんはやれやれという顔つきで言った。
 「うん」
 「そういえばサンドイッチパンって、すごく主張レスですよね」
 「なるほど。パンの耳もないし薄いしね」
 「平たくて白くて」

 僕はふと、白いパンを食む人を思い浮かべた。
 「あのさ、通勤の途中の道でほぼ毎朝すれ違う女性がいるんだ。彼女、ほぼ日で食っているんだよ。パンみたいなやつを」
 「それって“ランチパック”じゃないですか?」 

19

【ランチパックの秘密へ】
 「ときどきそんな人、いますね」というcherryさんの言葉から、僕たちの“ランチパック調査”が始まった。おっとランチパック、25年もの歴史、200数十種類もの発売数なんて知らなかった。パックで勉強をしたよ。

・ランチパック用のパンは専用パン。具材が染み込まないような特殊製法
・具材をのせてからサンドして、耳カットという順序だそうだ。
・二枚のパン生地をぎゅっと圧着している。
・エアをたくさん入れて潰れにくくする工夫あり。
・切断した耳はリサイクルだそうだ(お菓子原料にね)
 

17

 僕が“ランチパックのヒミツゲーム”にチャレンジして知識を増強している間に(ひとつだけ間違えた_笑)、cherryさんはゲームをやっていたよ。    

  20_2 

 見ていると、吹き出しに書かれたオーダーに基づいてパンと具材を選んでパックするだけ。つまらんゲームだ。それなのにcherryさんに話しかけたら「ちょっと待って!“ランチパックメーカー”、もうすぐ5,000点なの!」とかのたまって(笑)。

【hmm…なアドバイス】
 マロンにチーズにメンチカツに肉じゃが、コロッケにハンバーグに塩焼きチキンにホイップクリーム…と、四半世紀に地球上のあらゆる食べ物をパックしてきた商品。そうそう、ピーナッツクリームのやつをコンガリ焼くと美味しいよ。

 でもこれ以上この商品で「路上で食むオンナ」をつくっていいのだろうか?同社のCMでは早出した男性がパクついているところに女子社員がやってきて、私もよ!と見せるのだが、これは嘘だ。たいていはオフィスに来る前に食べちゃっている。 

8 9

商品特徴をあらためて。

食べやすさの功罪=サンドイッチと違い、タテにしてもぽろぽろ落ちないから行儀を悪くなる。
食パンであって食パンじゃない=耳を食べないという不遜さ。
噛みごたえのなさ=健康に悪いよ。僕はもちもちベーグルの方が好きだ。

 でも、なぜ路上で歩きながら食うのよ?ランチパック・ウイメンは、オフィスで食む方がかっこう悪いから、オフィス前に路上で済ますのが礼儀だと思んですか?それって“センサーの欠如”じゃないですか? やっぱ日本はヤバい。今日は以上です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

REDオフィスで働いて

 ストレスフリーのオフィスで働きたい! 
 燃える心を消さないオフィスで働きたい!

 そう思いつつも3年も経たずに辞めていく人も多いし、不況の余韻がキツい今どきも追加リストラで社内はギスギスしがち。燃える心で仕事しよう!と思ってもなかなかそうはゆかない。その原因、オフィスというハコだけの問題ではないですが、たいていのストレスの種はオフィスで起きている。

【hmm…なアドバイス425. REDオフィスで働いて】
でもね、こんなオフィスで働いているとすればどうでしょう?スペインの建築設計会社 Selgascanoの自社オフィス。 

Officeinthewoodsbyjoseselgasandluci

It's one long, tunnel-like office covered by a curved transparent acrylic window that's 20 millimeters thick and lets in plenty of natural light. The 110-millimeter-thick opaque wall is made from layers of insulated fiberglass and polyester, and shades the office. 引用元 

トンネルが一本貫通しているかのようなオフィス。カーブさせた透明な20ミリ厚のアクリルからたっぷり太陽光が。110ミリ厚の不透明なインシュレイターでオフィスの片方の屋根は覆われています。(およそ訳) 

Officeinthewoods03

 インサイドはこんな感じだ。仕事に必要な図書類は奥に、陳列品やパーソンル品?は窓際に。透明な窓部と不透明な仕事部で床も色違い。 

Officeinthewoods04

 一体どこから入るのだろう?なんて疑問はさておいて、このオフィスのメッセージは何?想像ですけど「半地下の目線から地上の建築設計をする=目線を変えなさい」かしら。

【生き物体内オフィス】
 もうひとつ気になったオフィスはLeonardo Glass Cubeと名付けた“超モダンオフィス”。オフィスのすべてのスペースはショールームだ!というメッセ—ジで透け透け。red dot アワード受賞デザイン

07096320081

07096320084_locopy1

 まるで生き物の体内にいるようなデザインで、ワークプレイスも通路もすべて外から見えてしまう。落ち着くような落ち着かないような。いずれにせよ先進的オフィスデザインのテーマは“働く人が主役”のようです。

【オフィスは多目的・多要求になる一方】
 働く人を主役とすると、現代のオフィスほど多目的・多要求な建築物はないですね。

・外的武装:見栄、豪華さ、ぼろ隠し、デザインでコンセプト主張、etc.
・効率武装:IT情報網、人動線、フリーアドレス、照明・音響、etc.
・心理操作:働きやすさ、プライバシー、共同作業、心理牽制etc.
・安全武装:耐防火性、耐久性、防振性、避難性、清潔性、etc.
・セキュリティ:入退室管理、防犯、内部統制、いがみあい制御、etc.
・恋愛制御:社内恋愛支援または防止、婚活支援または防止、etc.

 日本のオフィス設計、ほんとたいへんだね。これじゃストレスフリーとはいかないよ。

【hmm…なアドバイス】
 その点、我らutteオフィスはどうだろうか?そこは“REDオフィス”なのだ。 

Dsc04893

 この写真でわかるかなぁ。秋葉原駅中央口から神田川を渡るふれあい橋上で、夜間撮影しました。ぼやっと紅いところが“utteオフィス”です。 

Dsc04901

 窓が赤い理由、それは“壁が赤い”から。「こんな壁は気が狂いそうだ」とのたまったのは、utteの運営母体の社長のMさんです。ばらした(笑)。cherryさんと僕のチョイスで、とっても気に入っている壁の色。働く人にはみんな血が流れているの。だからがんばれるから。単純明快。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

雨の中のアフォーダンス

雨が止みそうで止まない。梅雨の空モヨウとはいえ、通勤通学の電車の中、傘はやっかいですよね。そんな雨モヨウの今朝の通勤電車で、ファウンド・オブジェクトを発見した。 

Img_0048_2 よくやるわね。

 “ファウンド・オブジェクト”とは「日常使うモノと環境の中で、ある価値を発見して無意識にやること」である。そこにはアフォーダンスがあるというのがデザイン用語だ。傘の柄をぐいっとベルトとお腹の間に押し込んで“身体を傘立てする” このオジサマに限らず、本を読みたいときとか僕もやったことがあります。

【hmm…なアドバイス424. 雨の中のアフォーダンス】
 これをデザインモチーフにして;

・傘がぶら下げやすいデザインのズボンを作る。
・柄がスポッと収まるベルトをデザインする。
・傘の柄に腹圧計を付けて、“今日のメタボリックレベル”を明示する
・傘の柄を平べったくして、少しでも腹圧を緩和する。

 いずれもアフォーダンス・デザインとは言えない。アホーダンスです(すみません_笑)。『デザインの生態学』を読みかえすと“モノの形の単純な転用ではない”もっと深く考えなさい、とある。

【アフォーダンスな鳥かごバッグ】
 ではこの“バードケージのバッグ”はどうだろうか。 

Cb01 Cb03 

francesco rugiさんとsilvia quintanillaさんによってデザインされた'artificialia' と名付けられたバッグは、ウッド・ラタン・シルク・ベルベット・レザーなどで作られた“鳥かごバッグ”。 

Cb06 これでもバッグです。

 このゲージのバッグに何を入れましょうか?やっぱり青い鳥?希望につながるモノしか入れたくない。汚いものは入れられないよ。イラストレーターのもんちほしさんなら、ルーラを入れるだろうか?(彼女のインコさん)。

 このケージバッグ、日常環境の中にある幸せの価値を、日用品デザインに還元した高次なアフォーダンスの例です。「こうしたら便利!」という用具デザインの呪縛から、自由に解き放たれたというか。夢があります。

【hmm…なアドバイス】
 生活のそこかしこにアフォーダンスがあります。古典的な例ですけど“飲み残しの容器の形とストリートファニチュアの形状”のもじり(引用)と、“曲がったガードレール”のもじりです。 

P1030098  Img_0052

 そこでutteの小部屋を見渡すとすぐに2つ見つけた。僕の目の前の、電気スタンド兼帽子&バンダナ掛け。アフォードレベルはそこそこ高いぜ。もうひとつ、ティッシュボックス in the ティッシュボックスだ。当然というか偶然というか、ティッシュの箱がティッュケースにぴったり入って気持ちいいので、そのままにしている。

Img_0050 Img_0051_2

 すると、相棒cherryさんがこう言う。 

「郷さん、しっかり片付けてください!」

 はあ、すみません。いつも怒られています。しょぼんとして反省した。片付け下手はアフォーダンスではない。単なる乱雑な環境なのだ。そして夢が無いアフォーダンスも、真のアフォーダンスではない。

 外でも中でも、雨がいっこうに止まないけど、cherryさん、僕らは青い鳥を見つけに旅してるようなもんさ。きっとそれは身近にある。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月21日 (日)

クリエイティブ・ビジネスの原点回帰

 雨がぐずぐずと上がらない日だった。浦和レッズも後半にぐずぐずと敗戦した。わたしはぐずぐずとしてた原稿を仕上げて、とろんとジョギングに出た。小雨の中、ちょいとショートカットして、スーパーマルエツに立寄りました。エントランスの花売場に、こんなものがありました。 

Img_0046 Img_0045

 ビニールの『フラワースタンド』一枚150円(!)。

【hmm…なアドバイス423. クリエイティブ・ビジネスの原点回帰】
 何にびっくらしたかといえば価格。たったの150円。もひとつびっくらしたのは、ひっくり返すと“販売者 日比谷花壇”とあったこと。素材はビニールで、水を入れることでふくらんで、自立するアイデアデザイン商品。オリジナルデザインはわたしが知る限り、D-BROSさんです。 

2  引用元

 こちらのサイト(knulp AA)では2色入りで840円で販売中。最安かわかりませんが、だいたいこの価格=ひとつ400円は妥当だと思います。しかし大手企業の日比谷花壇で類似の廉価モノを売るくらいだから、100円ショップにもあるのかもしれない。

【商品の付加価値って何?】
 もちろんD-BROSのデザインの“付加価値”は、マルエツの150円のものよりも高いはずで、ウラの事情は知りませんし、まあ知りたくもないこと。わたしが気になったのはイミテーションもさることながら“付加価値”です。

 くらしをクリエイティブにする商品の付加価値って何だろう?ネイバーフッドのスーパーの150円にも付加価値ではあるし、それじゃあ250円の差はどうなるのよ。待てよ、150円のフラワースタンドが売れるなら、かえって“くらしクリエイティブ”レベルは高いのかもしれない。いやそんなことはない、この国のクリエイティブは底が浅いぞと、あれこれ考えた。

 付加価値と言えば、昨夜二週遅れで読んだ日経ビジネスの重松理氏のインタビューの中にあった言葉だ。 

3 7

 

「付加価値の高い商品を提供する店を作るというのはどうでしょうか」
 引用元 日経ビジネス 2009年6月15日号 

 そういって氏が始めたのがビームスだった。カバンひとつで欧州に買い付けに行きビームスを開いた。成功した。だが“慢性新鮮病”で新規業態開発に取り憑かれる男は、“ビームスでできなかったことをアローズでやる”ことになった。

【付加価値を貫くために必要なこと】
 ビームズでやれなかった“付加価値”とは「衣料品以外の販売」。衣料にこだわらないライフスタイル・セレクトショップと言えばかんたんだろうか。ところが家具や雑貨は利益率も低く、回転率が悪いので、ユナイテッド・アローズは赤字続きだった。1年目は赤字、2年目も赤字の中で、重松さんは自らの得意分野の衣料品に軸足を置く決断をした。それも輸入品にはこだわらず、好感度の人にウケるなら国内外を問わないセレクトに切り替えた。 

付加価値を貫くためには、逆説的だが、原点回帰が必要だった。回り道といってもいいかも知れない。目的のための潔さといっていいかも知れない。

 アローズはその後も、波打ち際に打ち寄せられそうになる。かつてユニクロブームで失速し、今(09年前期)も先期からの金融恐慌の影響で経営は好調とはいえない。そのたびに原点を掘り当てる。付加価値のライフスタイル店舗とは、絶えず焦げ付かないように見張りが必要な、鍋の煮物のようなものかもしれない。

【hmm…なアドバイス】
 クリエイティブ・ビジネスとは、常に付加価値の低落に直面する業態。景気の上下もあれば、真似もされるし、クリエイティブを尊ぶかどうか大衆心理の高下もある。何が付加価値なのか、時に、いや実はいつも、あいまいであるし。 

Img_logo  
  上ふたつのブランドにはたいへん僭越にも、掲載してしまいました。
 

わたしたちのちっちゃなクリエイティブビジネスでもそれは同じだ。風が強いとき、風は吹かないときには、自らの得意分野に原点回帰しなきゃいけない。そこがどこなのか、ユナイテッド・アローズの“三本の矢”じゃないけど、心を合わせてゆかないとダメですね。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月20日 (土)

断裁機のロマン

 昨日は実はひどい二日酔いで一日中気持ち悪かった。仕事場の隅っこで、相棒cherryさんに隠れて何度かぐったりしていた。もうぜったい飲むものかといいつつも、すぐ消毒をしてしまう体質はいかんともしがたい。ん…〜だが、お酒を断つことができなくても、紙を断つことはできるかもしれない。 

Dsc04476

 これはアートマルシェ神田で開くクリエイターによるウェディングイベント『Le Bon Marche -私のウェディング-』のダイレクトメール、切り立てほやほやです。

【hmm…なアドバイス422.断裁機のロマン】
 原画をスキャンして色補正して出力。なかなか良い色が出ませんでしたが、cherryさんの補正技術と、三和印刷のアイアン営業マン中村さん(前にも一度紹介しました)の厳しい指摘で、かなり良い色がでました♪ 

Dsc04478s 

A4サイズで2面を一枚に出力。この画像の裏側は、開催場所の地図などの情報と宛名面です。その断裁を、さすが印刷会社!という大きなマシンでやっていただきました。ちなみにアートマルシェ神田(utteの仕事場でもある)は三和印刷のビルの6Fにありまして、同社と密な関係の中で活動しています。普段は入ると怒られる職人の職場に入ると、おお!これが断裁機なんですね。 

Dsc04462

 手は中村さん、向こう側のブレードのようなアテる金属にそろえて、トンボ(断裁の位置の印)にあわせて断裁をする。機械の操作は両手と足を使ってやるのですが、おもしろそうと思いつつ奥が深いもので、決して誰でもすぐにできるというものではない。

【断裁機にはロマンがある】
 次の左の画像が断裁直後のカット。右が中村さんがカット面について語っているところ。「なるべく一発で斬ればまっすぐゆくんですよね」と。そうだ、印刷物には断裁がつきものなのである、と思い知らされました。 

Dsc04466 Dsc04474

 マニアックなわたしは、この機械が某外国製の特定機種であることをもちろん調べた。だが企業秘密もあるので、最新の高速断裁機だということだけを書いておく。しかしね、血沸き裁断クズ踊る体験でした。おっとわたしは断ってませんが(笑)。

【アートマルシェ神田の秘密兵器】
 では日々のアートマルシェ神田でのPR資料やボード制作での紙の断裁はどうやっているか? うふふ、秘密兵器がある。『ロータリーペーパーカッター プロトン』である。これでスパっと切ると実に気持ちがいい。用紙をセットして抑えてロータリーカッターをスライドさせる。 

M000049587210002_2

 スペック上は10枚くらいまでと書いてあるが、紙の坪量によっては5枚くらいの方が切りやすい。ただカットというのは1mmが気になるものであり、このマシンでのクセをまだつかんでいない。アイアンマンの中村カットのようにゆかず、マバラになりがち(笑)。ヨドバシで5,900円です。

【hmm…なPR】
 余談ですが、三和印刷の営業部門には、一面カッターマットの机があるのだ。これはうらやましい!

 なぜなら相棒cherryさんは才能豊かな人だが、タマには彼女よりわたしの方が優れていることもあるぜ!と自慢できるのが、カッターの技だからだ。昔プラモデルを作っていたおかげですね。切り絵コラージュはやってみたいことのひとつです。でもカットの大敵は“カット視力”。これが落ちているのでカット力も減退気味。いやだな。

 最後に切り立てほやほやの葉書のコンテンツのご案内、結婚を予定されたり、予測されたり、夢想される方々、ぜひお出でください。楽しいメニューでおもてなしいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月19日 (金)

iPhone 3G Sとガラパゴス

 いよいよアメリカ時間の今日(09年6月19日)はiPhone 3G Sの発売。もちろん昨日から並んでいる人はいる。こんな感じだ。 

Outside_store_1thumb550x41219609

 発売が1週間後の26日からの日本でも並ぶのだろうか?もちろん並ぶだろう。わたしは行列見物にゆくかもしれない。先行して本日からソフトウエアiPhone OS(OS X) 3.0のダウンロードを開始した。わたしも今、始めました。そこで今日は発売記念でiPhoneのちょいおもしろグッズを3つを紹介しつつ雑談です。

【hmm…なアドバイス421. iPhone 3G Sとガラパゴス】
 3Gユーザーとして3G Sのまずこれいいな!と思った機能アップは「300万画素マクロ対応オートフォーカスカメラを搭載」である。3Gのカメラもけっこう立派だと思うが、どんな携帯にもオートフォーカスはあるし、1枚しか画像をメールで送信できないことはない。あたりまえなことができるようになっただけだけど。 

20  

 3G Sにすぐに移行しないユーザーにはこれを!『Clarifi's built-in lens』である。ポリカーボネイトのカバーにビルトインでマクロレンズが付いている。窓をスライドさせるだけでこんなマクロ画像が撮れる。思えばカメラの技のひとつで拡大鏡をレンズに当てるというものがあった。あれだ。30ドルくらいです。 

1244223784iphonestencil_2

 ふたつ目は『iPhoneステンシル・キット』。要はテンプレートですが、これはとてもおしゃれで欲しくなりました。雲形定規もこんなかっこいいのなら。Design Commissionより。16.95ドル。限定100個らしい。 

1244742035939

 みっつ目は『iPhone石けん』。石けんクリエイターさんが創った手づくり石けんですが、iPhoneそっくり。5.72ユーロと石けんにしてはバカ高いですが、オンリーワンです。

 そうこう書いているうちに、My iPhoneくんがそろそろ2.0から3.0へアップグレード。う〜ん待ち遠しい。まずiTunes等のソフト群をアップグレードしてからとなりますから、トータル15分くらいはかかる感じです。

【フルタッチ携帯をめぐるガラパゴス】 
 今回のiPhoneのモデルチェンジ、まず機器性能が倍になったし、さまざまな新機構も話題。だがその多くは日本の携帯メーカーの最新機種なら、すでに成し遂げているともいえる。ましてこれまで“カット&コピー/ペースト”さえできなかったのは噴飯もの。技術的に日本のケータイは劣らない。それでもiPhoneは世界のケータイの2割以上の勢い、なぜなのか。

 「フルタッチ携帯になじめない日本ユーザーこそガラパゴス」と石川温氏が書いていた。日本人は、10キーにそれぞれ文字が割当てたかな文字のキー入力順序を選択するやり方でずっときた。同じユーザーインタフェースをフルタッチ携帯、iPhoneにも求めるのが日本人だと。

 ちなみにiPhoneでは、ひらがな文字選択肢は、タッチする指に隠れて見えにくい。それでもついローマ字キーしないのは、わたしもまたガラパゴスなのだ。無類の携帯メール好きのニッポン人、確かにガラパゴスなのだ。

【hmm…なアドバイス】
 たとえば春夏制のJリーグは世界サッカー界ではガラパゴスだし、国内の軽自動車規格もまたガラパゴスだ。今は世界中で売れているPSPやWii Fit、DSにしてもいつガラパゴスになるかわからない。そう考えればガラパゴスかどうかというのは、種の保全、適者的存の勝者か敗者かという違いでもある。 

Pict0382

 世界を相手にしようとすれば、春夏制ではムリがあるのは明白だし、過剰装備の軽自動車ではインドでは勝てない。携帯もキーボード文化をべースしないと同じ土俵とはいえない。 だが日本人、かなり特殊なお客さまである。グローバルか国内オンリーか。あえてビジネスをグローバルにしないという選択肢もあるが、それはやはりガラパゴスとして絶滅する運命のような気もする。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月18日 (木)

山口智子さん、Jリーグ選手協会、京急百貨店? この3つに共通するものは?

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

山口智子さん、Jリーグ選手協会、京急百貨店??この3つに共通するものは?
「ネクタイを買うと、CO2削減に協力できます」、という京急百貨店が父の日に向けて行っている“楽eco”キャンペーン。キャンペーンを始めた理由やその仕組みについて、京急百貨店に聞いてみた。引用元 

 Dsc04399s

 一年ぶりに取材でお邪魔して開口一番、「景気はどうですか?」と広報担当の宮崎さんにうかがった。「そんなに落ちていないんですよ」と大きな落ち込みはないとのことです。都心の百貨店ではブランド品もデパ地下も、ドドドっと売上減に見舞われているというのに、地域密着の百貨店という存在メリットをフルに活かされているようです。

【温室効果ガスは、数字ばかりでわからん!】
 ちょうどこのインタビューをする前日くらいに、麻生首相が「温室効果ガス15%削減」という発表をしました。2020年までの日本の温室効果ガス排出削減の中期目標として、2005年比15%減という目標ですが、京都議定書の温暖化ガス削減目標は6%だし、その6%は15%には含まれていないだとか、エコを巡るパーセントは、ほんとうに呪文のようなものでわかりにくい。

 記事に書いたように、楽ecoが対象としているのは6%のうちのさらに3.8%であり、「森林吸収源」である。それを第一約束期間(2008年から2012年)で達成するコミットメントをしている。今のレベルの森林管理での温室ガス吸収量は3%、あとの0.8%をどうするか?が問題といわれる。0.8%の達成は間伐や森林管理レベルを上げることが最有力とされている。

 ああ数字が多すぎる(笑)。整理してみよう。

温暖化ガス削減目標=6%
→森林吸収源=3.8%
→現行レベルの森林吸収=3.0%
→新たな森林吸収=0.8%(約1,000万トン)

 新たな吸収源とは“新規植林”(過去半世紀森林がかった土地への植林)、再植林(90年時点で森林でなかった土地に植林)、森林経営(伐採・手入れ・保全レベルの向上)とされる。京急百貨店で採用したフォレストックはこの3ツ目あたりにはいりそうだ。

 それにしてもなぜ3.8%と2.2%となったのか?というと、オークヴィレッジ代表の稲本正さんによれば3.8%は林野庁、2.2%は環境省」がそれぞれ担当という縄張り意識からとか。それぞれ不干渉で予算づけをしてがんばろうということだという。アンタンとしてしまう国だ。

 その2.2%はどうやって?クールビズとか電気をこまめに消す、排出量取引でまかなうものだが、そこにも危うさがある。

【排出量取引市場の危うさ】
 排出量取引自体、今回のリーマンショックに似た問題が潜んでいる。排出量取引とは、たくさん温暖化ガスを出す国が、あまり出さない国から排出量枠を金銭で購入するというもの。その仕組みは現実的であり、CDM(クリーン開発メカニズム)では1トンいくらで取引がされている。

 しかし考えてみれば、売買取引とは価格を上下させて儲けるものだ。売り手は“右肩上がり”を望むし、買い手は安くなったときに買い入れたい。同じ地球に住み、同じ空気を扱うのに、ここにすでに矛盾がある。

 今のうちはまだ流通量が少なく、単純な仕組みだからよいとしても、排出枠取引が増加して、複数の国や地域を組み合わせた複雑な商品がもっと登場すると、それはあの、みんなが痛い目にあった不動産取引のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)の二の舞になるかもしれない。

 排出量という目に見えないものはわかりにくいし、たくさんの%があるし、まして全員参加が原則なので、今からヤバい匂いを感じるのはわたしだけだろうか?

【ウンチに救い】
 京急百貨店の広報担当の宮崎さんと“象さんのウンチ”で作られるエコ商品の売場を訪れた。エコハンドメイド商品にお客さまが群がる。これ、うんち紙で作られた象さん。

 Dsc04412s

 うんち社会でいっぱい、あんがい快適なのです。取材のあと、ふらりと訪れてウンチクレヨンを買い求めました。ありがとうございました。

 今夜は掲載が遅れてごめんなさい。明日もよろしく。ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2009年6月17日 (水)

出会った本、その中の1ページ

 わたしのような小心者へ、最近キツかった一撃は2つある。ひとつは相棒cherryさんが借してくれた石田衣良氏の著書だ。前々から石田衣良さんにハマりたいと思っていて、持っているというのお願いしていた。そしたら先週だったか『LAST』を持ってきてくれた。 

Photo ケーブルにこんがらがって。

 その最初の話しにハマって、いやハマりこんで、突き落とされて恐くなって、次の章に進めなくなってしまって(笑)。読んだ人にはその恐さがわかるさ。

【hmm…なアドバイス420.出会った本、その中の1ページ】
 最近はいろんなことに心がいっぱいで余裕がなくて、あんまり本屋には立ち入らない。それも刺激が強かったせいだろうか。だからお膝元の秋葉原有隣堂でこんなイベントをやっているのも知らなかった。 

2  引用元 

 このイベント、ナニだ?エニグモと有隣堂のコラボ?読まなきゃいいなら、読まなきゃいいじゃん、と思いつつも、恐い石田衣良本を読んだ記憶アラたかなわたし、イベントタイトルに惹かれてね。エニグモとは、以前このブログでもBuymaを取り上げさせて頂きましたが、けっこうオモシロかつアク強しの会社だなという印象が強い。 

「この本に出会えたから、今のビジネスを、人生を楽しめる私がいる」 

今注目のIT企業の社長30人が選ぶ、“読んで良かった本”ばかりを集めたフェアです。
 引用元 上同

 なんで起業家って起業するの?オモシロビジネスを展開する30代ITベンチャー社長の「出会った本、その中の1ページ」フェア。

【30人の1ページたち】
 匆々たる/錚々たるメンツです。佐藤可士和さん、タリーズの松田公太さん、デジハリの杉山知之さんは別格としても、他の30代の皆さんの力強い顔もとても印象的です。 

9

 それぞれお奨め本は何か?書店にゆかずともチェックできるようになってます。いくつかをば敬称略で紹介。

・須田将啓(エニグモ):『ソニー ドリーム・キッズの伝説』
・佐藤可士和(デザイナー):『竹中式マトリクス勉強法』
・松田公太(タリーズ):『道をひらく』(松下幸之助著)
・柳澤大輔(カヤック):『蒼天航路』(漫画)
・山田進太郎(ウノウ):『ニーチェ入門』

 “ありがちだなあ”という本もあるし、“個性的だなあ”と思う本もある。あまりにビジネスと遠いので大丈夫?(笑)と思う本もある。“教科書本”で目覚める人もいれば、アウトサイダー/アバンギャルドな書き手で目覚める人もいる。人それぞれ、経営者もそれぞれだ。

 それぞれ本のどこの1ページなのか、ネット上では紹介されていません。どうやら店頭では付箋紙を付けて紹介してくれているらしい。やっぱ見にゆかなきゃ。有隣堂ヨドバシAKIBA店では6/1(月)~6/30(火)まで、他の有隣堂店舗のスケジュールはこちらを。

【mmm…な自分へのアドバイス】
 ふと、じっと手元の本を観る。どの本にもっとも動かされただろうか。そもそも人は印刷された本の1ページで、どのくらい、どう動く(動ける)のだろうか?

 待てよ、“動く”とは何だろふか。生きる、生き返る、生き生きする、生まれ変わる、生き抜く、生き残る、生き永らえる、生き残れない、生ききれない、いっそ死のう。“動き”とはそんなグラデーションのようなものかしら。

 いや自分の感動の原点に帰る。そんなバックワードな動きこそ、本をめぐる動きなのだとわたしは思った。そこで“自分の一冊”を本棚から取った。その文庫本の236ページに栞(先日行った、世界堂の額寸法表のPOP紙片)をはさんでおいた。

 仕舞う前に、そのページを読みかえした。「多分私は、ないものねだりをしてるのでしょう。一生足を棒にしても手に入らない、これは、ドン・キホーテの風車のようなものなのでしょう」 わたしもキョロキョロ・バタバタして、未だに欲しいものをさがして歩いている。でもそれでも仕方ない。反省するのはやめて、背を伸ばそうじゃないか。そう思った。

 最初に書いた一撃のうち、もうひとつのことは書かないでおきます。なぜなら“自分の1ページ”を読み返すとなぜか気が静まり、その人の低級な一撃の主張が実にくだらないものに思えたから。自分の1ページとは力強いものなのだ。ぜひ、今夜、試してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月16日 (火)

マイクロデジタル・オリンパスペン

数週間前から“出るぞ!”と言われて遂に出た!のがオリンパスNEWペン。いやこれぐぅっっときました。宮崎あおいさんが手にするのですから、まぁすまぁす欲しい(笑)。

L_hi_pe02  画像引用元 

画像はITメディアからです。イチオウ連載ライターのわたし、こういう催事にはお呼びじゃない。しょせんビジネスメディア誠の隅っこのヘンクツライターだからさ、フン!と自虐(笑)。いつか一人者ライターになって、ナマのあおいさんに会おう!これ崇高な目標。

【hmm…なアドバイス419.マイクロデジタル・オリンパスペン】
 マイクロフォーサーズ規格は、一般的なデジタル一眼レフカメラとは異なり、ファインダー用のレフミラーを搭載しない構造を採用する。レンズマウント部分も小型で、カメラ本体を小型化できるという特徴がある。E-P1は幅120.5×高さ70×奥行き35.0ミリ、重さは本体のみで335グラム。引用元 

Mmitda000016062009_1_1_da

 いろんなメディアですでに取り上げているし、わたしはあおいさんに会えないし(シツコイ)。同じシステムで先行したパナソニックのDMC-G1より小型かつ軽量(幅124×高さ83.6×奥行45.2ミリ、重さ385グラム)。ただ、このジャンルの製品での軽量化、消費者のホンネどこまでか見極める必要はある。

 この製品、“Betweenなマーケティングの切り口”がある。まずその注目のサイズから。

【Between デジイチ & コンパクトデジカメ】
 マイクロフォーサーズという“ファインダーレス”ないし“ミラーレス”と機能がポイントだ。だが今どきどちらも通じない用語だと言われて噴飯ものだ。だがカメラを語るとき、今の世代の勉強レス・知識レスこそ非難すべきだ。ともあれ新PENはデジタル時代の新方式を搭載している。以前のこのブログでも書いたので省くけれど、薄型にできることが最大のポイントだ。 

Mmitda000016062009_2_1_da

 ほらこんなぁに薄い。望遠マウント型だそうだから、尚のこと薄い。メインターゲットの女性のバッグのサイズ=深さと幅などを観るかぎり、軽さより“厚さ”がポイントである。一眼レフをぐいっとトートに押し込むのはイヤという女性が多いけれど、新PENなら「いいわよ」となりそうだ。

【Between お手軽 & 本格】
 オリンパスの読みは(パナソニックもリコーも同じだろうが)、本格一眼レフとデジカメの間にこそ大きな(次の成長)市場があるとにらんでいる。デジカメじゃ飽き足らない、Butデジイチはおおげさすぎる。そんな層が潜在していると。 

その説には半分賛成、半分賛成である。なぜなら“デジイチは持ち運びがよくない”のは事実だが、デジタルゆえのお手軽さ、つまりもっと簡単にレンズを外せるようにすればいいだけ。そうすればカメラと本体を分離して、トートバッグにも入るはず。今のままで薄く持ち運びできるはずなのですが。

 一方コンデジユーザーの本格志向は怪しい。これだけコンパクトデジタルの性能が良くなったのだから、デジイチは「実はホンネの消費じゃないの」と素面になってもおかしくない。さらにレンズ付きで10万円という根付けでは“Between”をねらっていない。デジイチ所有者の二台目需要が現実だろう。

【Between 昔のPEN & 今のPEN】
 なぜオリンパスがこのカメラに“PEN”という名称を付けたか。1959年発売の初代PENの生みの親の米谷美久氏に敬意をはらったのだろう。“タテ撮りハーフサイズ”でベストセラーになった“PEN”はどの家庭にもあった。そのカメラは技術革新だった。

Dev_img_02 Dev_img_03

はたしてペンタプリズムに替わるプリズムがあるのか。横に反射したファインダー光をカメラ上部の接眼レンズまで届かせる光路構成があるのかと試行錯誤したが、やっと辿りついたのがポロプリズム・システムであった引用元

 “ファインダーの革新”なのだ。ハーフサイズを撮るために従来技術(ペンタリズム)を否定した。50年後、ファインダーそのものをレスにしたマイクロフォーサイス。オリンパスの技術歴史のなかで“既知との遭遇”なのである。この一点にしびれて買うオヤジたちは多い。

【hmm…なアドバイス】
 OLYMPUS PENとは、写真を撮るおもしろさを世に広めたカメラ。カメラ大衆化のブランドだった。ブランドづくりとは長い年月と技術の積み重ねであって、情報の出し惜しみやコントロールではない。動画でイメージを訴求するものでもない。そんなものはこの金融恐慌で壊れちまった。もう、ほんもののブランドしか残らないのだ。今日は以上です。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2009年6月15日 (月)

駐輪は文化だ。

 今日は自転車で仕事場の神田須田町から新宿まで、自転車小旅行。片道25分もかからないくらいですが、心配だったのが雨。なんとか持ちました。目的地は世界堂。画材といえば世界堂、世界堂といえば画材。写真撮り忘れたのでLococomから拝借しました。悪しからずお願いします。 

Ts362349 引用元

 作品展示用のフレームを買いが目的。ちょうどこの画像のような感じで、店舗の前のガードレールにひょいっと自転車を横付け(スタンドが無い自転車なので“モタレカカル”わけです)。

【hmm…なアドバイス418. 駐輪は文化だ。】
 そこでフト思い出した話題あり。NYC(ニューヨークシティ)では、この春から自転車が置きにくくなったそうです。それは新型のパーキングメーターのせいでね。 

2

 昔のメーターが左。25セント通貨を突っ込んで使う。まるで映画の一シーンのような演出ができる機械でしたね。それが今春モダ〜ンなソーラーパワー付きの“集中集金システム”、またの名をMuni-Meterにリニューアルされちゃって、自転車の立てかけ場がなくなった!というのがcore77の記事でした。これは共感できます。 

Muni_meters 

スタンドの無いタイプの自転車(ロードレーサー、クロスバイク、ピストバイクetc.)にとって“スタンド場所”を探すのは、けっこうたいへんです。ガードレール、立木、塀、ケンタッキーおじさんなど、立っているもを探してウロウロ。スタンドの無い自転車に優しい町づくり、ウケと思うのに。

【駐輪場コンペの一等賞】
 City Racks Design Competition(ダサイ訳ですが“市内駐輪コンペ”)がありました。NYCを舞台に自転車をいかに美しく駐輪するか?というコンペです。NYC当局だけでなくGoogleも共催のコンペで、一等賞はこれ。 

Nycityracks_winner1 Nycityracks_winner2 

That's gooood!ですよね。まるで高性能自転車ホイールのよう。スタイリッシュだしシンプルでサビや衝撃にも強そう。Ian Mahaffyさん、Maarten De Greeveさんのデザイン。デンマークのデザイン集団のようです。こんな自転車ラックが街のアチコチにあるといいな。 

9

【hmm…なアドバイス】
 次点の作品『ぶらさげ型の自転車置き場』にも惹かれる。スタンドの有無を問わず、自転車のサイズにフレキシブル、最小限の設置面積と設備=ピクチャーレールのようなフック設備というミニマルさ。自由駐輪の自由がある。 

Rsvpstudio_slide1

 いつも思っていて、いつか言いたかったことがある。 

駐輪は文化だ。 

日本(ジン)の駐輪場も、駐輪文化も低レベルだ。詰めればいい、寄せればいい、ちょいと停めるなら迷惑にならない、駐輪場文化でその国の“お里が知れる”。なぜあんな美しくない設備や駐輪でみんなOKなのか?美的さを基準にすれば、カタチも素材も運用もメンテも、すべて変わるハズなのに。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月14日 (日)

アイロン・エンターテイメント

 いやあ、夜になってがざんざん降ってきましたね。もゴロゴロ鳴っています。梅雨本番を告げる雨でしょう。雨にもマケズ、雷にもマケズ、湿気にもメゲズ、ブログを書くわたし。…と思ってテーマを考えたら、あ!これだ。

 雨だと干せない&乾かない。旅行や出張先でも困る。そこで活躍するのがアイロン。今日は2つのアイロンをテーマに。

【hmm…なアドバイス417. アイロン・エンターテイメント】
Miele invites you to sit and iron in comfort with our unique rotary iron. This easy-to-use appliance has a wide roller that allows you to press virtually everything from blouses and pants to bed linens and tablecloths, all with a crisp and professional finish. 引用元  

Miele_rotary_iron2

 「Miele(ミーレ/ドイツの1899年創業の家電機器メーカー)のユニークなアイロンなら座ったままで快適なアイロンができますよ。ワイドローラーを備えたアイロンなら、誰にも簡単にブラウスでもズボンでもベッドシーツでもテーブルクロスでも、シャキっとプロの技に仕上がります」 ちなみにこのサイトは米国です。 

Miele_rotary_iron Hands_on_roller

 何となくイメージがつかめましたか? 普通のアイロン作業、まずアイロン台を広げて、アイロンをつないでスイッチを入れ(昔は炭のアイロンがあったというのは驚きです)、洗濯物をピン!と延ばして台に置く。シュワ〜っと蒸気が立ち、皺が延びてアイロンの匂いが広がる。日本では腰掛けたりかがんだり、アメリカでは立ちでやったりで、けっこう身体に負担がかかる。

 ミーレのロータリーアイロン『B890E』は座ってできるし、長尺モノもワイシャツの襟も小さいものも、どんどんアイロンがけしてくれる。しかも使わないときはとってもコンパクトに収納もできる。 

Easy_to_use_compact_design Swing_out_bar

 これは凄いアイロンです。まだ日本では販売していないでしょう。お値段はおよそ2,200ドル(米国内)ということで安くはありませんし、ランドリールームが必要ですが、いずれ日本にもこんなアイロンが使える日が来るかしら。

【美・ポータブルアイロン】
 もうひとつアイデア段階のもの。デザイナーのApostol Tnokovskiさんが描いたアイロンは薄くてコンパクト。旅行や出張にいい。 

Portable_iron Portable_iron2

 “トランスフォーマーアイロン”(笑)。スリークでシックでiPhoneケースみたい。充電電池駆動で製品化できれば凄い。たしかに“プレッサー”があるホテルは多いが、アイロンまではまだまだですから。 

Portable_iron3 Portable_iron4

【hmm…なアドバイス】
 う〜ん、アイロンって微妙な作業ですね。面倒でもあり、あんがいストレス解消にもなったり。エクストリームアイロニングはそこをうまく突いたものだった。イナバウアーアイロン、サイクリストアイロン、フルマラソンアイロン(アイロンマン?)、よくやったよね。アホかと思うけど(笑)。

 アイロンマニアが成立するワケとは、それが結局めんどうな作業だからだ。やり始めはおもしろいが、だんだん疲れてくるのがアイロン。簡単録画ビデオ、子供用の携帯電話、電動サイクルあたりが、今どき主婦の三種の神器ですが、アイロンのエンタメ化は、いまだとり残された分野である。

200pxcharcoal_iron  引用元

 炭時代のアイロン、どんな気持ちで皺のばししたのか。明治は遠い。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

iPhone 3G Sとかけて低価格Macととく。

 今週はバッタバタしていましたから、09年6月9日のWWDCでAppleが発表したiPhoneとMacに関する記事を斜め読みしかしていなくて。iPhone & MacBookユーザーの責務として、記事を“串読”して、感想と要望を書いてみたい。

Wwdc2009keynote1566rmeng

 あ、まずお断りしておきますが、CEOのスティーブ・ジョブスが登壇しなかったこと、わたしの甘い予想が外れただけでなく、厳しい実情があるように察しております。

【hmm…なアドバイス416.iPhone 3G Sとかけて低価格Macととく。】
 一方6月中に先進国市場で先行発売するという指摘は当たりました。Appleの中でもiPhoneは基幹ビジネスで当該四半期での売上が見込まれております。6月19日の現地時間午前8時(予約者は7時から)入店。日本では1週間遅れて26日の午前8時。またまた行列ですか? 

13  引用元

 孫氏の戦略はまた過激でしょうか。ともあれ、まずiPhoneから。

【新機能ごとに評価】
1)ビルトインのデジタルコンパス。う〜ん、どれほど歩くかに比例したもの。今のMap機能とどう違うのか。google mapを見れれば済むわけですが。

2)ボイスメモの充実、これもmm…。ミュージシャンでもない限り、自分のボイスを録音する習慣がない日本人にはピンとこない。むしろマイクロフォンでステレオ録音が可能なら用途が広がる。

Wwdc2009keynote1498rmeng

3)動画機能の追加。う〜ん、動画自体にあまり親近感がないんですよね。blogのためにyoutubeは観ますが、それ以外では観ない。動画も撮らないしね。一方静止画のカメラの性能アップは大歓迎。いくら何でもいまどき固定焦点じゃあね。

4)さらにSMS/インスタントメッセージで動画や画像、連絡先情報が貼付できるようになるのは◎。これは便利です。

17

5)検索の強化、これはニュートラル。それほど多くのファイルを入れていませんから。だいたいiPhoneに検索が必要な人がどれだけいるのか、逆に知りたくなった。

6)横向き入力は◎。今のタテは英文も日本文も狭くてつらい。大きな◎がカット&ペースト。というか、なんでこんな単純な機能に対応していなかったのだろう?

【iPhoneにわかユーザーとしての希望】
 こうして観ると、新3G Sの最大の売りはスピード&処理能力のバランスというハード面がポイント。CPUは1.5倍、そのアプローチは正解である。なぜなら既存ユーザーの不安は「ちとレスが遅い」「(ときどき)ハングアウト(=画面まっくろ)すること」が代表だと思うし、電池がヤワいことに尽きる。あと、いくつかユーザーの呟きニーズを書いておきたい。

・大きなファイル(たとえば1MB)の静止画処理の性能アップがあるだろうか(電子カタログ/フォトフレーム的に使っていますので)
鳴動を大きくしてもらえただろうか?(震えが足りない)
かかってきた相手の確認=電話をかける、というソフトのまずさは解消されただろうか?(誰からかかってきたか、考えてから電話する、それが日本人の電話アクションだ)
ステレオ録音ができれば(なお)いい(軽いジャムセッションとかね)。
アーマードiPhoneはないのか?これまでに3度激しく落下させて、外出時とか自転車に乗るときには“tough仕様”がほしいと思った。

【Appleは低価格PC市場を放置するのか?】
 ついでに発表されたMacBookについて。13、15、17とすっきり奇数展開。どれもアルミでどれも“プロ”。安価なカーボネイトMacとは違いを完全に明らかにした。 

これはまちがいなく“ネットブック”への対抗の布石だ。ポリカーボネイトをひとつだけ残したのは、段階的に低価格モデルへの展開がありそー、と匂わせすためだ。その安価モデルは、わたしのヤマカンが当たれば9月の発売だ。現実的には8月下旬かもしれない。

 「Appleは低価格PC市場を放置するのか?」 株式市場やアナリストからのこんな突き上げが決断させる“拡大戦略の製品開発”。1,000ドル以下のMacBook展開がほんとうにあるかどうかは、目下のネットブックの販売動向で最終決断するのではないだろうか。次世代Atomプロセッサは2009年の第4四半期に登場するというから、その前に一撃を加える可能性は高い。

【hmm…なアドバイス】
 さてそこで問題。低価格パソコン発売で低利益になるのを補う戦略、Appleにはあるのだろうか?それがあるのだ。

 その答えは2つのソフトウエア。ひとつは(たったの)29ドルでアップグレードする低価格のOS X。もうひとつはすでに35,000本、10億ダウンロードを達成したiPhone アプリ。iPhoneアプリを、MacBookのアプリへ展開をさせれば、安くてヤワいWindowsPCネットブックなんてさよならだ。2つの機器がシームレスになるし、最強のネットブックになるはずだ。こうなるとニラんでいますが、さていかに。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

女子ネイル・マーケティング

アートマルシェ神田で開催いたします“私のウェディング”、メニューがほぼ出そろいました。メイン企画者、cherryさんの尽力ゆえです。現在過去未来、“婚活”に近いみなさま(カップルor女性)、ぜひお立ち寄りください。

 こんな案内をしても、我がマーケティング・ブレインは読者の性別調査、まったく未詳です。皆様のアクセス分析はもちろん、既婚・未婚・非婚・不婚調査もしたことがありません。それでマーケティングなのか?という疑問には“うふふ”と誤摩化すしかありませんが、某RT商店様のような、“ひとつ買うと速射砲のごとき”メール販促とはまったく縁がありません。このブログを、お知り合いの婚活ターゲットに、転送をぜひお願いします。

【hmm…なアドバイス415. 女子ネイル・マーケティング】
 のっけから脱線しましたが、男性でやや年かさで、でも不婚・非婚不肖?のわたし、女性ターゲットの“私のウェディング”企画には出る幕ないよ!と思いきや、ノンノンなのです。実はふたつ楽しみがあってね。 

O0640048010191388979 

白ベースに黒でラインどりのゴールドラメです(*^-^)b
パール、クリスタルのストーンものせてクラシックだけど
派手めネイルのかんせ~い☆
 引用元 

 フリーネイリスト、杉原由美さんご自身の指の写真です。彼女のブログから転載させていただきました。このネイルカラーとデザイン、まさに“作品”。白地に黒リボンのコントラスト、神聖なのにファッショナブル。クリスタルストーンが、まるで“日本庭園の庭石”のように配置されて、弾む心を表現しています。

 最初はお客さまに描いたという作品、お気に入りなのでしょう、自分にも施したそうですが、こういうきっぱりbutゴージャスなネイル、わたしも好きです。フリーのネイルアーティストの彼女、ウェディングイベントに来ていただき、サービスをしていただきます

【ココチ良くがネイルアーティストの資質】
 ネイルケア&アートとなりますと、どうやらワザやテクだけじゃないらしい。

 ネイリストとソリが合うか合わないか。ソリが合えばずっとケアしてもらうけれど、合わなければ(技術だとか表現以前に)、女子はネイリストを求めてサスライの旅に出るのです。まあ男子だって、ヘアカットしてもらいつつ、スタイリストと雑談が合う/合わないがあるでしょ。同じですね。

 オトコよりずっと長い2時間もネイルするのだから、合うか合わないかは問題なわけです。女心の価値観というか、優先順位、けっこう微妙なわけですね。その点、彼女は人柄ニジュウ◎、いやサンジュウ◎。イベントの打ち合わせだけでほんわりしてしまいました。

【hmm…なアドバイス】
 そもそも女性は、なぜネイルにソコまでこだわるのだろうか?次のネイル事例画像は、デザイン書道家、平田美記さん。この“ピーコックネイル”は杉原さんの作品です。 

O0227040310194671456 引用元

 両手を広げる角度がクジャクの羽根のように美しいゆえに、“ピーコック”と呼ぶのでしょうか。女性の心のソバまで飛べないわたし、とても計り知れない。指先を開けば“元気が出る” 平田さん、指先がキレイだと創造力が出るとおっしゃるのです。

 きっとこうなのだろう。ネイルケア、自分への尊厳であり、やりとげたことへの感謝でもある。元気になるエッセンスである。オンナ心の鉄則、“マーケティングの8割は女性のこと”、不況だろうと好況だろうとは変わらない。オトコもネイルケアくらいせにゃダメですね。さてわたしもメンズケアを予約しよ(これcherryさんには秘密です_笑)。

 最後に、もうひとつの楽しみとは…キャンドル・アーティストの河野靖子さんのワークショップです!

 すでに定員の半分予約ずみの人気ぶりですが、そのイベントでは蝋の準備など助手が必要なのです。河野さんがニコリとしながら「郷さん、助手してくださいね」と言ってくださった。まっすぐマに受けたわたし、ひそかに楽しみにしています。ところが今日cherryさん、こう言いました。「キャンドルのイベントで、助手はわたしやりますから、郷さん大丈夫ですよ」。キミはオトコ心に実に鈍い。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年6月11日 (木)

自転車はブルースだ、と忌野清志郎は言った

今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

自転車はブルースだ、と忌野清志郎は言った
先日亡くなった忌野清志郎氏が「楽しくて、つらくて、かっこいい。憂うつで陽気で踊り出したくなるようなリズム」と語った自転車。街を走る自転車を見ていて、それぞれに特徴があることに気付いた筆者は、自転車乗りを4類型に分けて分析してみた。続きはこちら

Pict0399s  
左スミの会社員、立ちコギだろうか?

【自転車はブルースであり…】
 今週の連載は自転車に乗る人みんなの話題。肩の力を抜いたり、入れたり読んでもらえればサンクス。サイクリストにもぜひペダルを止めて読んでもらいたいな。ある故人は“書を捨てよ、町へ出よう”と言ったが、今どきは“ネットを閉じて、自転車で町に繰り出そう!”そうするとブルーな気分もすぐにオレンジになりますって。

 だって自転車って、自分でこがないと進まない。風が吹けば止まる。えええい!と踏み込まないと進まない。自分の今の力をダイレクトに、ナマで身近に、安価に感じることができる、地球で唯一の乗り物が自転車。他にはないぜ、そんな魔法みたいな乗り物は。

 「3日乗らないとヤバい」と言っていたのは忌野清志郎さんですが、それってわかるような気がする。自転車はブルースであるだけでなく、火をつけてくれるロックンロ—ルでもある。失恋の日にはゆるいバラードでもある。雨の日には恨めしい演歌でもある。スーパーまでの往復はヒット曲でもある。クルマに轢かれたら葬送曲でもある(笑)。

【怪しいうふふカメラマン、逮捕はイヤです】
 原稿の写真を撮るために、街角に立って被写体を探した。サドルを低くするローライダーをねらってパチリとしました。 

Pict0401s 

こんな失敗写真ばかりで(笑)。そういえば前々回の連載で、マツダ・デミオを探して駐車場めぐりはたいへんでした。余りに見つからないので広島に行きたかったよ。そういえば、以前、相棒cherryさんに頼んで、風力発電装置の動画撮影もしたときも、風がなかなか吹かなかった思い出がある。

 やらせはないですが、カメラマンじゃないのに、街角マーケティング撮影、苦労してます。他のライターさんて、わたしみたいな馬鹿げた苦労しているのだろうか?ひとつ間違えば逮捕(笑)怪しいうふふライターカメラマン、逮捕される。吉岡編集長、そのときは身柄の引き取りに来てくださいね!

 もうひと方引き取り人がいました!誠の編集スタッフの堀内彰宏さんです。いつもお世話になっています。フットワークにいい都内某所に住み、取材の足に“チャリ”を使うこともある。なんて、バラしていいだろうか?(笑)

【オレンジ色で生きようよ】
 以前ビジネスメディア誠でも取り上げさせていただいたOVEでは、梅雨にもめげず、自転車を巡る楽しいイベントがゾクゾクです。自転車文化を育てることは、楽しい自転車乗りの機会作りですね。(OVEはサイクル大手のシマノが運営する自転車文化拠点) 

9052402thumbnail2 OVEのサイトより

 自転車先進国のオランダのイベントでは、ダッチバイクやジャズライブの“オランダ・ウィークエンドカフェ”を開いたり。他にも都電貸し切りの自転車旅とか、楽しいイベントばっかり。いつも行きたいと思いつつ時間に余裕なくて。

 一度体験したOVEの散走の思い出。実は身体はキツかった(笑)。でもそれこそがブルースなんですよ。 

ブルーが背景にあるからこそ、“オレンジ色”という希望がニジミ出てくる。それじゃないと忌野のオレンジ色ぽい歌なんか、歌えないよ。思いっきり明るいオレンジ色で生きたいぜ。いくつになってもね。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月10日 (水)

自転車乗りを陽気にする“MonkeyLectricライト”

 午前中に2本の連載の原稿を入稿して、ほっと一息の達成感をもったのがよくなかった。午後、utteのクリエイターさんインタビューの原稿作成、精力が続かなくてボヨヨンとしてしまった。明日はビッとやりまふ。すみません。

 仕事気分の転換に効くのは自転車だろ〜な。ひとっ走りすりゃよかった。アートマルシェ神田(わたしの仕事場です)にオキッパになっている愛車、またがり回数が少ないから、きっとむくれてる。「3日も自転車に乗らないと落ち着かなくなる」と生前話していた“あの人”の言葉が思い出された。

【hmm…なアドバイス414. 自転車乗りを陽気にする“MonkeyLectricライト”】
 そうなのです、自転車に乗ると陽気になれるんだ。だからますます陽気になれそうなガジェットというか、イルミネーションをご紹介したい。 

M132s_live10

The MonkeyLectric light is a revolutionary bike light that keeps you visible.  It features 32 of the brightest full color LEDs available, and cutting edge visual effects custom designed by our electronic artists.  引用元

「キミの自転車をハデ〜に目立たせるのがMonkeyLectricライト。エレクトロニック・アーティストがフルカラーLEDライト32個を使って、キミのバイクをカスタム・デザイン。ビジュアル効果にハマっちゃうぜ(‘80年代の若者ことば訳)」 

Monkey_live12 Img_6069

【光パターンが楽しい】
 どういう仕掛けか。スポーク部分にイルミネーション板を取り付けて、それにオンボードされているLEDが光るというもの。速度センサーがあるのか、時速8mh(時速13km)から光り出す。回転によってつくられる光パターンが美しい。

M133s2

 ボードのスポークへの取り付けは“挿しこんでギュっ”みたいな感じ。メーカーではママチャリもクロスバイクもローロレーサーもマウンテンバイクもOKだという。3点ホールドでしっかり取り付けて、さあこぎだそう!駆動は単三電池3本というのがちょいエコじゃないが、エネループのような充電電池ならOKだろう。将来的にはエコ充電も考えてほしい。 

M132s_live1_2 

光パターンはどうやら9つある。カタログより転載。

(1) Zigzag (artist: Dan Goldwater) 【ジグザグ】
(2) Hypno (artist: Dan Goldwater) 【睡眠】
(3) Teleport (artist: Dan Goldwater)【瞬間移動】
(4) Grind (artist: Dan Goldwater) 【粉ひき】
(5) Brain Wave (artist: Dan Goldwater) 【ブライアンウエイブ】
(6) Spread Spectrum (artist: Xander Hudson) 【スペクトラム】
(7) Fire Storm (artist: Noah Vawter) 【火嵐】
(8) Fracture (artist: Xander Hudson) 【断片】
(9) Amoeba (artist: Noah Vawter) 【アメーバ】

 ライト=エクスプレッションとしてアーティストを起用しているところはにくい。とはいっても、どんなだか回してみんとよくわからん。ランダムに光らせるため、複数チョイスもできるのはおもしろい。価格は米国内の直販価格で約60ドル。イルミネーションだけでなく、夜間走行のテールランプやフロントランプの役目も果たすので、両方それぞれ買う価格よりも安くなりそうだ。

【プロ仕様=広告もあるけれど】
 このシステム『Video Pro』というカスタマイズもできるシステムもある。ランダムイルミネーションの代わりに、いつも同じ画像を光らせる。う〜ん、メッセンジャーバイクへの広告用だろうか? 

7

 昔あった、タクシーのホイール広告を覚えているだろうか?ホイールが回っているのに、ホイールキャップが静止しているように見えるやつだ。どこかサモしくって流行らなかった。MonkeyLectricもプロをねらってやるようじゃ、そのおもしろさが半減する。Proはいさぎよくやめるべきだと思う。

【hmm…なアドバイス】
 こんな陽気なデバイス、ヤンキーライダーばかりになって、街がケバケバシクなりそう(笑)。でも時速15kmくらいからだから、サドルを下げて、ゆっくりゆっくり走る高校生とお年寄りは光らない。あと夜間無灯火で走るアブナい自転車、こんなイルミネーションパターンなら“おもしろ!”と率先して装着してくれないだろうか。

 自前の企画で熱くなってるcherryさんの目を盗んで、明日は陽気になるために、自転車に乗ってサボるぞ(笑)。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年6月 9日 (火)

農力村ビジネスモデルのメリット

 今日も雨が降るか降らないか、微妙な天気でした。東海地方まで梅雨入りだそうだから、明日には関東も入梅でしょう。でも嘆くことはありません。たくさん雨が降らないと、家庭菜園に枝豆・きゅうり・オクラetc.を植えても芽がでませんよね。田んぼにも水がたまりません。ブログネタにも水やりが必要ですよ。

 と、そんなタイミングでTomoyoさんからネタが降ってきました!ネタ日照りの中、サンクス。

【hmm・・・なアドバイス413.農力村ビジネスモデルのメリット】
農力村とは、農家さんと『田んぼを面積単位(1〜10アール)で契約し、そこから収穫されたお米を1年間発送してもらう権利』を販売するサイトです。引用元 

32 引用元

 『農力村』、かんたんに言えば、畑の枝豆オーナーのような畝買いの仕組みをお米にしたもの。下図は年間3アールを購入した例。消費者が3アールをこのサイトに出店している農家さんと契約します。その区画から収穫するお米を、年間18回まで分割して発送をしてくれる。しかもその送付先は自分だけでなく、親や娘、親戚や愛人、分かれた妻子にまで送ることができる。

33

 例えば南魚沼産のコシヒカリを10アール提供する田中和成さんのサイトを見よう。現在2アールが販売されている。1アール55,000円。これは税込み、8回までの配送料込みの価格。1アールあたりの収穫予想は44kgとしているので、およそ1,250円/kg。この金額はこのブランド米に比較して高くなく、むしろ格安。

34 引用元

 よく田んぼを見て思う疑問がありました。あの区画からいったいどのくらいのお米が収穫できるんだろうか?都会住まいの悲しさですね。でもこれでわかりました♪

【いつ契約しても新米】
 いつ契約しても収穫後からの発送になります。収穫前に「まだかな〜」という田んぼ写真や体験イベントに参加も楽しい。 

30  

 群馬、栃木、茨城、宮城、静岡など、8名ほどの登録農家があり、まだまだ契約農家は多くない。でも一軒一軒ていねいな紹介が気持ちいい。数じゃなくてヤル気の熱意総量なのですよ。そういうこと、日本の消費者はもっとわかってほしい。

【hmm…なアドバイスというか感想】
 この農力村ビジネスモデル、実にさまざまな見方/切り口で、多くのことを語ることができる。

[政策面]
補助金ばらまき+減反政策と一線を画すことができる。
農協チャネルという政策論理と別建ての流通ができる。

[流通面]
スーパーチャネルという資本論理と別建ての流通ができる。
がんばれば、自主栽培、自主販売という商売の原則を貫ける。
直接取引によって中間マージンも補助金も極力抑えられる。

[ビジネス面]
腕に自信のある生産者が勝ち残る。
ナマの市場競争価格で販売される。
ネット時代の弊害=ショップモールに購買情報を握られずに済む。
→直接効果:ニーズのヒアリングが直接可能となる。
→間接効果:1人=10円などで顧客情報を売買されずに済む。

[食の安全面]
トレーサビリティが明々白々である。
生産者の顔が見えるし、消費者の顔も見える。

[消費市場面]
共同購買というメリットもある。
消費者自身が毎年品質をウォッチできる。
食べるときが精米ドキという幸せがある。

 この流通、作り手はヤル気がでるし、消費者は食欲が増す。減反よりずっと幸せじゃないでしょうか。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 8日 (月)

ヌーブレラとアンブレラボトル

 

が降りそうで降らなかった今日。まるでわたしの心モヨウ(崩れそうで崩れない)のようでした。朝からモヤモヤモヨウでね、午後に外出をしました。あるクリエイターさんの作品を大きな紙の手提げに詰めて、ある方に面談に伺った。

 道中、雨が降ったら作品が濡れる。そりゃまずい。自分なぞ濡れてもいい。大きなビニール袋があれば覆えるのですが、生憎無くて。雨、幸いにも降らなくてよかった。

【hmm…なアドバイス412.ヌーブレラとアンブレラボトル】
 そんなときに力を発揮しそうなのがヌーブレラ(Nubrella)。紙袋を胸に抱えれば、それだけは濡れないカタチじゃないでしょうか。 

20  引用元 

強風でも折れない傘」それを実現しようと生み出されたのがヌーブレラ。
頭部全体をカバーしてくれるので、とにかく濡れない。
そして、強風の寒さも防備。寒さにも負けない。
引用元  

23 27

 う〜ん、新しいアンブレラ・デザイン!おもしろい。強風で曲がる・折れる・捨てられるという“使い捨て傘”、街の中で惨めに見えるのがイヤ。そうならない傘を!という想いを創業者のアラン・コフマン氏が2002年にいだいてから5年、“ultimate weather protector” というコンセプト、暴風雨の日でも大丈夫なエアロダイナミクスが実現した。

 なんといっても「傘を身体に身に付ける」という点がおもしろい。ビデオを観れば、開いて肩の部分でささえて被る。その従来の傘を裏切る発想が凄い。 

24 26

 こんなカタチですが、すんなり開いて閉じますよ。イマイチやってみないとわかりませんが。閉じたあとは次の画面のように、肩に斜めに下げて持ち歩けるようです。う〜ん欲しい。流行り廃りに弱い日本人買いゆえか、残念ながら売り切れ中。日本では12,600円の定価、母国アメリカでは49.99ドル。これ念のため。 

22

【アンブレラ・ボトル】
 これエスプリあり。 

28  

When you open isabrella, you will be surprised that it is not a bottle of wine but an umbrella. The idea was accidentally found that while holding up the wine bottle upside down, with the neck in hand, it was like holding an umbrella on a rainy day. 引用元

「ワインボトルのようなisabrella(=is a brella)を開くと、おっとワインぢゃなくて傘だ。このアイデア、ワインボトルをひっくり返したときに、“あれそれって傘を持っているみたい”からです」 

29

 開発者サイトに“雨の日にも楽しさを”とあります。フフンたしかに、容器に“アルコールフリー”と書いてあったりね。スリムなデザインバラエティも楽しい。3,150円で販売中。

【hmm…なアドバイス】
 「なぜみんな傘の発明に取り憑かれるのだろうか?」 毎年、傘の新しい発明/開発をみて思う疑問です。発明心を揺さぶる要素、わかるような気がします。 

天候/開閉動作・メカニズム/持ち運び・置き/耐候性・強度/デザイン・カラー・素材/保管・紛失/乾燥・匂い…など細々とたくさんの開発要素があるからじゃないだろうか。発明挑戦のオールエッセンスが詰まっているからじゃないか。それら全てが、生活者の経験に根付いている。それが発明者を魅了してきたのだろう。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

日本文化芸術オンライン by 文化庁

 社会人人生を通じて、あらゆる霞ヶ関官庁をめぐったわたしが思うのは、ランチはやっぱ農林水産省(地下大食堂は寿司も定食もよし)、次点は経済産業省(ちと高いけど)。図書館なら厚生労働省(閉架but実質的に開架)、一度行けば十分なのが財務省。気分が落ち込むんです、大蔵省以来あそこは。あたしが会計嫌いゆえか?。

 さて文科省はといえば図書室が狭くて暗くて可哀想でね。立て替え移転(これから移転?)できっとよくなりますよね。

【hmm…なアドバイス411.日本文化芸術オンライン by 文化庁】
 ところがどっこい文化庁のネット「文化芸術オンライン」が凄い。この官庁の“古跡イメージ” “常設展示物イメージ”をすっかり裏切るパワーを感じた。 

9

 ただいま試験運用中というこのサイト、映画・ポップス・演劇・美術・文学・アニメ・音楽など、網羅的なラインナップで日本芸術を紹介。それもほぼ全ページにわたり、日本語/Englishの両建てです。深さはともかくよ〜くまとまっている。たとえば映画を観てみよう。 

Img02_movie

 概説(1910年代からの概説、制作、興行面など。増え続ける劇場の本数を上げつつ、『ロスト・イン・トランスレーション』などを挙げつつ、ロケ地の魅力もアピール。北野武の名も見える。上図は“業界構造・商習慣”で、ざっくりと構造を示していて勉強になる。さらに英語版でも同じ記述があるのがいい。 

Img02_movie_e

【不満はあるけれども、官僚人類の偉大な一歩】
 各ジャンルの紹介、その薄さがちょっと気になる。たとえば『文学ジャンル』での紹介トップが『Musashi』と『トットちゃん』。う〜ん、ブンガクですよ、せめて村上春樹さんでしょう(好きじゃないけど)。これ、地雷とか政府の活動に協力した人という人選ですか?

 他のジャンルも疑問が目立つが、そこはお役所の限界ですね。“業種業界別審査辞典”なる冊子がありますが、4〜6ページで一業界を網羅するという銀行家御用達本です。あれをさらにギュッとした内容と言えばいいでしょうか。

 建築も書道も工業デザイン・ジャンルもなく、アラーキーのヌードもない。不満あれど、諸団体をここまで一元化した官製ウエブサイトはなかった。それだけで官僚人類の偉大な一歩である。

【官製英語は役に立つ】
 一方英語翻訳は◯。各種データベースを観るとこんな団体が。

・Japanese Book News Website by 国際交流基金
・Japan Location Database by 文化庁(映画ロケ)
・Mecenat Activitiy Database by 企業メセナ協議会(社会貢献)

 Oh!これら団体、みんな英語サイトがあるなんて!(日本語サイトさえ知らないのに)。その昔、ヘルスケア関連のお仕事で英語訳が必要になって、さて介護とか福祉用語、どうしたものか?ひらめいたのが厚生白書の英語版でした。政府刊行物センターで一冊買って、単語や表現をぱくりました(笑)。助かりました♪

【hmm…なアドバイス】
 この手のサイト、コンテンツをいかに更新するか課題。自前ですべてやろうとしてもムリ。そこで提案。日本の文化芸術の発信ウエブサイトは、今どき何千とある。そこから調達したらいかがですか?

 不肖わたしどものutteでさえ、わずか20件弱に過ぎないが、力をこめてインタビューしたアーティストの記事がある。他のサイトでも、アーティストのインタビューやブログがたくさんありますでしょ。それをクリエイティブ・コモンズとして吸い上げて、海外へ紹介しませんか?タダ+翻訳料で日本芸術が紹介ができる。ウチは率先して協力しますので、どうぞよろしく。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年6月 6日 (土)

Apple WWDC/林檎の世界出荷に際して

 今年のWWDC/ワールドワイドデベロッパカンファレンスは、次週6月8日(月)から(日本時間は9日深夜)。わたしは作年からPCをAppleに、今年iPhoneにも鞍替えした、収穫遅れの林檎。林檎ほど可愛くないっオヤジ?(笑)ほっといて。今年の見どころはいくつもあるが、まずはAppleのプレスリリースから。 

090605wwdc

WWDCでは、世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムであるiPhone™ OS 3.0と、世界最高のデスクトップオペレーティングシステムをさらに強化、洗練させ、将来のMac®イノベーションの基礎となる、Mac OS® X Snow Leopard™の両方について、詳細なセッションが提供されます。 引用元 

【hmm…なアドバイス410.Apple WWDC/林檎の世界出荷に際して】
 iPhone OS 3.0とSnow Leopardというソフトウエアの刷新が目玉。もちろんデベロッパー対象会議ゆえ当たりまえです。市場で喧伝されているiPhoneの新ハードウエア(4GB/8GB/16GB/32GB)が発表されるかどうか予断を許さない(そこまで深刻じゃないって?_Yes!_笑)。

 Iphone2

 ですが市場の予断は盛り上がっています。その予想の中でビビンときたのは、

・improved RAM タッチしてちと鈍いなと感じるから。
・背面ラバー これは欲しい。いままで3度ほど道に落としたの。
・背面のAppleロゴが光る(これ、あったらいいな)
・デジタルコンパス 地図情報とその説明情報を統合できるもの。

 むしろ大きな革新はOS自体の使い勝手。カット&コピーができるとか、レスがよくなるとか、ハード的にはバッテリー寿命の伸びがあればいいなと思っています。

 どちらのOSもユーザーであるわたしとしては、新OSのすべての機能、旧マシンで対応できないのかな?がちょっと不安。でも4GBと8GBという安いバージョンを出すというウワサで、旧機ユーザーにも新OSを楽しめる途を作ったのだろうか?と勝手に推測しました。

 つまり旧機ユーザーを新機へいつまでにどのくらい移行させるか(先進国市場)、低価格モデルで新規ユーザーをどのくらい取り込むか(途上国市場)、そこの計算がマーケティングの基本となっているはずです。ふたたびプレスリリースを。

【四半期業績がべースになる】
アップル史上最高の1〜3月期売上高と利益
2009年4月22日、カリフォルニア州クパティーノ、アップルは本日、2009年3月28日を末日とする2009年度第2四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は81億6,000万ドル、純利益は12億1,000万ドル、希薄化後の1株当り利益は1.33ドルとなりました。
引用元 

 大不況下でのこの業績は、めちゃくちゃ凄い。対前年同期比の売上は75億1,000万ドル、純利益は10億5,000万ドルですから、過去最高。アナリストもほくほくなのですが、問題は次の四半期(4月〜6月末)。昨年は3G発表で好業績だったこの四半期、3.0ソフトだけではムリでハード売上が必要となる。 

Iphone4gbfido

 不況はAppleをめぐる市場環境にも影響を与えており、そのひとつは低価格圧力、もうひとつは仕様バラエティ。Appleの目下のポジションとしては、売れれば売れるほど世界市場のPCや携帯市場に食いこんでゆくしかない。そこでは低価格はもちろん、各国/エリアの事情に合わせた仕様のバラエティが必要。四半期の成長を達成するために、4GBや8GBモデルが出てきたのだと思います。ソフトバンクでも、次週から3Gキャンペーンを張るとにらんでいます。

【hmm…なアドバイス】
 たぶん最大のニュースはSteve Jobsの登壇です。瀕死だったと言われますから、そうとう痩せているに違いないが、復帰の約束を少し前倒しして登壇すると思う。それが全世界に配信され、Appleは先に進むというメッセージになる。仮にそれが最後になったとしても出てきてほしいと思う。

 余談ですが、cherryさんに教えてもらった、LAのマッククローンのQuo社はすごい。創業者のRashantha De Silvaは“できるだけ真似たい”と語る。

3

"We are trying to mimic things as much as we can," De Silva says. "I'm hoping that Apple sees the value in what we are doing."
できるだけマックを真似たいんんだ。ウチのやっていることに価値ありとAppleが認めてくれればなと思っているんだ」 引用元 

 Appleがガレージからメーカーになり、やがてコミュニティを形成し、事業解体危機を乗り越え、林檎の再定義を経てワールドワイドになった今、Quoのような帰依者をどう扱うかという問題に直面する。これはAppleの思想を反映するべきことだ。

 Appleとは何なのか?林檎を世界出荷して、どう腐らせないか? 

その答えはWWDCから透けて見えてくるはず。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 5日 (金)

デザインはfound gestures/ファウンド・ジェスチャの時代へ

 09年6月3日から7日まで開かれている『DMY International Design Festival Berlin』、今日はそこからぐっときたデザインを紹介したい。DMYとは? 

17282

5日間の期間は、 DMYインターナショナルデザインフェスティバルベルリンにわたり、ワークショップやオープンスタジオの講義は、国際展示会のデザインシーンを提示するための家を提供します。引用元 

これGoogleの英語→自動日本語訳。けっこうイケてます(笑)。まあデザインフェスティバルだなと思おう。原文はこちら。

Over the period of 5 days the DMY International Design Festival Berlin will provide a home for the international design scene presenting exhibitions, lectures, workshops and open studios. 引用元  ロボット翻訳との比較、あんがい英語の勉強になったり(笑)。 

Kuehnejaeger582x294 引用元

【hmm…なアドバイス409.デザインはfound gestures/ファウンド・ジェスチャの時代へ】
 デザイナーデュオkühne jäger(Ariane JägerさんとAntonia Kühneさんと思われる)の『cable cubes』がいい。電源やネットワークを“ブロック”にして、黄色はLAN、緑色は電源、赤はUSBなど楽しくつなげますね。 

20 19

 こんなやつが製品化できれば、あの無味乾燥な日本の電源PLC(電力線通信)なんか吹っ飛ばすね。コンセントでネットワークや充電ができるという技術もいいけれど、ユーザーニーズの現実は“コードが美しくない”がホンネ。コンセントであれこれできるのが良いというのは、現実肯定、オヤジ思考が強すぎる。このデザインに学ぶべきだ。

【有形のライトですが。】
 同じデザイナーの『Tangible Light』も凄い。“考えずにライトを点けて、ライトを消す”。デザインいかんによらず、わたしたちは日々そうしてます。 

3 4

 Tangible =カタチがある、simple = シンプル、intuitive = 直観的、gestural = 身振り。ようするに“without thought”のコンセプトに近い。考えずに身体を動かすことに沿ったデザイン。 

5 8

ランプシェードをかたむけて点灯する。おろせば消灯。考えてみれば(いや考えずに手を動かせば)それはとてもナチュラル。 

9 17

 さらに卓上ランプでは、ゲーテが「もっと明るく!」と言ったかどうか、Zランプのアーム部をスッとなでると“明るく”なる。作業が終わってランプシェードの角度をオジギさせると、自動的に(じわっと)消灯する。まるで無形だ。ぜひ彼らのサイトから動画を観てください。それぞれ45秒くらいずつ。

【found object から found gestures へ】
 without thoughtとは深澤直人氏が広めたコンセプトで、人はたいてい“考えずに”動作する、つまり直感的に動作するので、そこからデザインするべきだというもの。そこから“張り”や“輪郭”といったコンセプトが生まれ、数々のデザインが創造された。さらにモノとヒトの関係を“見いだす“ことを“found object”として広まった。

 kühne jägerのデザインも“found”がキーです。ですが彼らが見いだすのはobject/オブジェクトではなく、“gestures”つまり「ジェスチャ」です。仕草を見いだす。この表現がよりしっくりきます。

【hmm…なアドバイス】
 使い勝手を良くするという用語では、よく“ヒューマン・インターフェース”という言葉が使われます。でもインターフェースという語からは、“機械の表面”と“人の手”の関係というイメージが強く感じられます。どこか相容れないもの同士を、設計してうまくしたという感じ。

 ボタンを押してほんとうには何をしたいのか?指とボタンという表面関係を“Without Thought”して、ジェスチャしないと、真に使いやすい用具はできない。仕草からの発想がたいせつ。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 4日 (木)

お宝本を探せ!――神保町の古書交換会でプロの技を見た

 今日はビジネスメディア誠で連載する“うふふ”マーケティングへのリードです。

お宝本を探せ!――神保町の古書交換会でプロの技を見た
古書店街の代名詞、神田神保町で日々開かれている古書交換会。太宰治の限定300部の『駈込み訴え』、司馬遼太郎の直筆原稿、与謝野鉄幹が発刊していた詩歌雑誌『明星』など希少な書籍が流通する。古書店主たちはどのように仕入れを行っているのか、その現場をのぞいてみた。続きはこちら

Dsc04017s

 古本好きにはたまらないだろうな、この交換会。何せね、漱石も竜之介も鉄幹も晶子も貴重な姿でここにまとまっています。生前にはこんなには一緒にならなかっただろ〜なと想像したりして。出品本を恐る恐るめくると、筆舌に尽くしがたい活字の味わい、製本の美、そして挿画の絶品。実にオーラたっぷり。インタビューなぞより本を探っていたかった(笑)。

【入札紙片
 本の入札に行われる封筒システム、頂いた説明資料には、封筒に紙片を入れるだけでなく、オークションに近いものもあるとありましたが、だいたいはこの紙片に金額を書き入れます(入札する人の文字には“判読”が必要な文字もあるそうで)。 

Dsc04036s

 ちなみに組合の方々が手づくりでこの紙片を作っているそうです。市場のセリの仕方、業界によって随分とちがうのですね。そんなことをコト細かく伺ったのが五十嵐理事さんから。 

Dsc04041s

【古書巡りの価値】
 ビジネスメディア誠に書いたように、わたしはたぶん本好き。神保町漁りをしました。ソトの架台の安いヤツの中から、自分なりの“光り物”を見つけていました。『ジェーンエア』『大地』『ユリシーズ』『嵐が丘』『カラマーゾフの兄弟』なんて、今はただ無価値の本、未だに本だなにあります。

 実家のある音羽/護国寺のバス停から、トコトコと大塚、小石川、後楽園、そして水道橋まで、古書店街往き都バスの旅。何度となく行きました。神保町巡りはハマると数時間かかるので、土曜か日曜の半分くらいを費やします。当時中学生か高校生、時間があったわけです。

 神保町の古書巡りはまさに“探索”でした。それがネット時代になり古書探しは“検索”になりました。とてもラクになりましたが、そこには“本との出会い”があるでしょうか?誰かが(純粋な動機から、また不純な動機から)その本をレコメンデーションしていて、それを信じて購入する。あるいはレコメンデーション・エンジンという関連サーチシステムが自動でお奨めしてくる。便利だしレコメンドもなるほど!と思うこともあります。

 でもそれは“探索”でもなければ“出会い”でもない。検索です。自分だけの“発見物語”ではないから、薄っぺらな購買記憶にしかならない。新刊本ブツ流の異常さ(卸が2―3社なんて、独占禁止法以外の何ものでもないのになぜ?)、中古本物流のお手軽さ(Bookチェーンの何でも1割買取の合理性)の中に果たして人生形成があるでしょうか?文化がそんなお手軽な消費体験でいいのでしょうか?

【古書のマドンナ】
 古書流通の活発化戦略、そのひとつには“古書のマドンナ戦略”もあります(笑)。 

Dsc04046s_3

 東京古書組合広報代行のブレインズカンパニーの横山さんと「古書文化を守らなきゃいけない」と話しました。それはデジタル版の薄本(ペライ本という意味)ではなく、昔ながらの“組版”された本を残してゆくという使命でもあります。その流れを追って、プリバリの次々月連載も書きます。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 3日 (水)

結局さ、“落書き”だよな、ノートって 〜“Walls Notebook”の衝撃〜

 今日は09年6月10日発売の雑誌『プリバリ[印]』Vol.4で連載を開始した“マーケティング価値校”を取り上げさせていただきます。

Photo

 店頭に並ぶ前に、一足さきに頂いた著者分の冊子。テーマにした“落書きノートブック”と一緒に写真をパチっと撮ったあと、ある理由から両方ともutteの盟友黒っちに取り上げられてしまいました(笑)。あとで返してね。

【プリバリに寄稿して】
 発行元はJAGAT(ジャガット) 社団法人日本印刷技術協会で、印刷会社を中心に1120社が会員となる印刷産業のシンクタンクです。「印刷の価値を新たに創造する」という旗印のもと発行を開始したこの雑誌、印刷業、企業発注者、媒体のデザイナーさんを主要読者とした野心的な業界誌です。 

4

 なぜ野心的か?だって業界誌は業界話題にとどまり、一般誌は業界ニーズに応えられないのがフツーですよね。「ウチの業界向き」か「広告主向きか」そのどちらかです。ところがどちらも今どきヤバくて、雑誌は相当に深刻不況です。そんな中で『プリバリ』は、市場性が今までは薄いと思えた“隙間”に切り込むもの。発注者と受注者、双方の意識をぐっと持ち上げて、業界や印刷消費者を活性化する、それがメインテーマです。

 掲載記事も(とっても手前味噌ですが)真摯な記事が多い。Vol.4ではリクルートの社内報を26年も手がけていたオバサマの記事、必読です。

【雑誌にも、落書きしてください】
 もともとは盟友・マリナールの山本みどりさんが、郷スト・ライターをJAGAT、後藤編集長に橋渡ししてくれたのがきっかけ。ありがとうございまする。活字も文字も印刷も本も、生まれてから今までずぅっと身近なので、良い発行元&連載テーマをいただけて。今まで本は数冊書き、日経ビジネスの単発冊子にも書いたことがあるのですが、雑誌連載は初めてなのです。ウエブのビジネスメディア誠の連載とは違った緊張感がアリですね。 

Dsc03393s

 わたしのエッセイ、NYで活躍する工業デザイナーのSherwood Forleeさんの、とってもオモシロノート“Walls Notebook”をテーマにしました。これね、NYの“壁”を彼がフォトしてノートにしちゃって。それに落書きのように書き込みができるの。

 壁写真の良さもありますが、結局ノートって落書きでしょ?というエスプリに満ちたコンセプトがいい。印刷されたものにまた落書きする、それも白紙ではなく写真にするわけで、印刷業からすると度肝を抜かれるわけで。だからインタビューを申し込みました。

 落書きノートブックは米国でもウケて発売当初から品切れ。発売前からインタビューを申し込んだわたしでさえ、なかなか現物が手に入らず焦って(笑)。日本のアマゾンでも売っていますが、法外な値段を付けています。これ買いですが、増刷されるまで待たれたらどうでしょう。

 おまけですが、黒っちに取り上げられた理由。彼は印刷会社の取締役で、ある某大手会社の案件でこれと“似たもの”の制作依頼があったようです。真似っこ?かどうかはともかく、落書きノートブック・ブーム、訪れそうな予感あり。

【Sherwood Forleeさんのエスプリ】
 この方の作品、おもしろい。 

Lunch_bag_1

 このランチバックセット、ええ!カビが生えてるじゃん!ですけど。 

Lunch_bag_2

 ふふん、包装ビニールにカビの印刷があるのよ(笑)。こういう人&エスプリ、大好きです。

 『プリバリ』、主な店頭販売書店リストです。

新宿】
紀伊国屋書店本店 , ジュンク堂書店 (新宿三越アルコット6階 )
ブックファースト新宿店 (モード学園コクーンタワーB1階 )
【表参道】
青山ブックセンター本店
【銀座エリア】
丸善 丸の内本店 , 八重洲ブックセンター本店  , 文教堂書店 (カレッタ汐留 B1階 )
【池袋】
ジュンク堂書店 池袋本店
【六本木】
青山ブックセンター六本木店

 業界のため、郷ストのため、ご購入をぜひ。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 2日 (火)

ケーブル難民による理想的な電源コードの始末

 cherryさんとわたしが日々仕事をする“utte部屋”、そこでココチ良くクリエイティブな仕事をするために、壁の色には一計を案じて、“シックなピンク”をオーダーしました。人によると“ショッキングな”という形容をする人もいますが、たいへん落ち着いて仕事ができます、ハイ。

 そのutte部屋、追加工事があったので先週末にいったんデスクやらパソコンやら冷蔵庫やら移動して、今週月曜日にまた現状回復する引越作業を。たいへんなんです、全部ふたりだけですから。

【hmm…なアドバイス408.ケーブル難民による理想的な電源コードの始末】
 片づけヘタのわたしにcherryさんが白い一瞥をくれる中、スイスイとモノを運び込みました。なんてね、嘘(笑)。モノの置き場所の合理性・美的性のバランスはけっこう難易度が高くてね。すまんね。特にケーブル類ですよ醜いのが。わたしだけじゃない。現代オフィスも現代家庭も、みんな“ケーブル難民”、電気コードの扱いに手を焼く。そこに一石いや“イチ・ドロップ”を投じる製品に注目。 

Cdp0101_2

Anywhere in fact where you wish to have cables temporarily held yet easily removeable or extended. CableDrop gently grasps your power and peripheral cords so they do not fall off your desk every time you unplug your laptop. 引用元

電源コードって“ま・とりあえずそこに”とか“外せるようにしておこうよ” そんなパターンが多いよね。ケーブルドロップは主電源コードもタコ足コードもスワっとホールドするんで、ほらラップトップを移動するときに、プラグに足をかけてアブネエ!なんてあるじゃない。これ防止できるんですよ(やや口語訳) 

Bl_cabledrop_str02

 直径26mm+の“コード・イーター”。それは両面粘着テープで貼付けが可能。だからPCのサイド、横チョ、ウラ、カブ、ワキノシタなど、どこでもコードの目付役になります、というフヘン(普遍)デザインが凄い。 

26 Cabledrop_06thumb
 http://www.bluelounge.com/cabledrop.php
 http://www.trinity.jp/products/bluelounge/cabledrop/

 こんな使いかたもできます。この形状の普遍性は、現在流通している(たぶん)あらゆるプラグの抜き差しに対応できることでしょう。日本ではトリニティで販売中。6個セットで1,480円。

Bl_cabledrop_str01

24

【hmm…なアドバイス】
 コードの始末について、どのオフィス・家庭でも苦労しているからこそ、これまでたぁくさんのケーブル始末商品が開発されてきた。その多くは『コードは邪魔モノなので、ウラやワキにまとめて見えなくする』というニーズに応えてきた。

 でも引っかけ型やフック型にせよ、あるいはまとめ型や巻き取り型も、どこか片づけきれずにケーブルは醜いまま残される。このケーブルドロップのコンセプトは「配線片付けって楽しい」。そこに従来品との発想転換がある。 

6e2878e99d7f82896670m  引用元

 わたしからコードの提案をひとつ。ほらよく天井のパイプや構造が剥き出しになっているオサレな店舗がありますよね。あれにならって“テーブルトップで、ケーブルをわざと目立たせる”デザインはどうでしょうか。配管のように、曲がりがクネっと再現できる電源コードの美、隠さない美しさをアピールしたいな。色とか、くねりの硬軟が新しい開発テーマになりそうです。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 1日 (月)

トランスフォーマーに観るポジティブな子育て観

 2008年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むと推定される子供の数)が1.35〜1.37程度となり、3年連続で上昇したことが分かった。引用元

 これは経済&人口縮小国家にとって喜ばしいニュースではあるが、“分母が減った”(まさに母親の数ですね♪)という計算のマジックと注釈があった。“率”はいつも統計マジックの主役である。そこで実数を列挙したい。

2008年 109万2,000人(対前年比+4,500人)※速報値
2007年 108万8,516人(同 ー4,158人)
2006年 109万2,674人(同 ー30,144人)
2005年 106万2,530人(同 ー48,191人)
2004年 111万0,721人(同 ー79,826人)
2003年 119万0,547人

 ようやく歯止めがかかった。率ではなく実数にすると統計マジックにかからずにすむ。

【hmm…なアドバイス407.トランスフォーマーに観るポジティブな子育て観】
 だが15歳未満の子供の人口が、今年で28年連続で減少しているという現実は重い。総務省の発表で09年4月現在、男子は878万人、女子835万人、合計1714万人で、前年同期比で11万人減だ。“チャイルド・リデュース・ソサエティ”、略してCRS(略して特に意味なし_笑)、それが日本であり、これからも続きそうな現実。

 そこで政府・自治体、マスコミがこぞって取り上げるのが“産科滅亡の危機対策”や“新生児ICUなど医療体制整備”、“保育園支援”や“教育費支援”など医療やマネー対策。少子対策のエラい大臣さえいる。それらも必要だけど「あれ!こういうアプローチもある」と想い知らされた自転車がある。

Tagabikethumb530x34017901

 あの映画での“宇宙に往くET”みたい? 二人も載せちゃって大丈夫かしら?でもとっても愉しそうじゃないですか。わかるなあ、なぜって前がよ〜く見えるからスリルあるのよ(笑)。これはトランスフォームベビーカーの『Taga』。欧州で発売され大好評のママバイク。とにかくいろんなカタチに変わるのが大人もおもしろい。

3

【Tagaの変身ぶり】
 折りたたみ(ないしその逆)はわずか20秒。ベビーカーポジションなら買い物も乳母車も一緒です。ショッピングモールのフードコートでもこのとおり一緒に過ごせます。微妙にカタチが違うの、なぜか知りたい!(笑)。

Taga1_2 Taga5

 オンモでこそトランスフォームが威力発揮。向かいあわせで愉しいムービング。“ボク、ママとTagaを独占ポジション!”で満足だね。

Taga3 Taga4  
treehuggerより

 実に凄い発明です。クルマのトランクにもぴったり。もちろんパパも運搬できます(笑)。総重量は44〜64パウンド(19〜29kg)、価格は1695ポンド(約27万円)となります。

4 5
Tagaのサイトより。

【hmm…なアドバイス】
 このバイクを見て思った。日本の子育て発想とヨーロッパのその発想は根本から違うと。

 日本、とりわけ都心は子育てに必ずも環境が良いとは言えない。人も階段も障害物も多いし、歩車道区分さえあいまい。子育て=苦痛なこと、だから政府や自治体は“支援”に走る。だから日本製ベビーカーは“軽量” “コンパクト” “折りたたみ”など「子育て=苦痛」を“回避・緩和する機能”を訴求する。

 一方このトランスフォーマーには「子育て=愉しい」が感じられる。ひとりの人間の創造を共にしようというポジティブなデザインが込められている。この差は大きい。子ども=ポジティブな存在この国はそこからのような気がする。今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »