« 農力村ビジネスモデルのメリット | トップページ | 自転車はブルースだ、と忌野清志郎は言った »

2009年6月10日 (水)

自転車乗りを陽気にする“MonkeyLectricライト”

 午前中に2本の連載の原稿を入稿して、ほっと一息の達成感をもったのがよくなかった。午後、utteのクリエイターさんインタビューの原稿作成、精力が続かなくてボヨヨンとしてしまった。明日はビッとやりまふ。すみません。

 仕事気分の転換に効くのは自転車だろ〜な。ひとっ走りすりゃよかった。アートマルシェ神田(わたしの仕事場です)にオキッパになっている愛車、またがり回数が少ないから、きっとむくれてる。「3日も自転車に乗らないと落ち着かなくなる」と生前話していた“あの人”の言葉が思い出された。

【hmm…なアドバイス414. 自転車乗りを陽気にする“MonkeyLectricライト”】
 そうなのです、自転車に乗ると陽気になれるんだ。だからますます陽気になれそうなガジェットというか、イルミネーションをご紹介したい。 

M132s_live10

The MonkeyLectric light is a revolutionary bike light that keeps you visible.  It features 32 of the brightest full color LEDs available, and cutting edge visual effects custom designed by our electronic artists.  引用元

「キミの自転車をハデ〜に目立たせるのがMonkeyLectricライト。エレクトロニック・アーティストがフルカラーLEDライト32個を使って、キミのバイクをカスタム・デザイン。ビジュアル効果にハマっちゃうぜ(‘80年代の若者ことば訳)」 

Monkey_live12 Img_6069

【光パターンが楽しい】
 どういう仕掛けか。スポーク部分にイルミネーション板を取り付けて、それにオンボードされているLEDが光るというもの。速度センサーがあるのか、時速8mh(時速13km)から光り出す。回転によってつくられる光パターンが美しい。

M133s2

 ボードのスポークへの取り付けは“挿しこんでギュっ”みたいな感じ。メーカーではママチャリもクロスバイクもローロレーサーもマウンテンバイクもOKだという。3点ホールドでしっかり取り付けて、さあこぎだそう!駆動は単三電池3本というのがちょいエコじゃないが、エネループのような充電電池ならOKだろう。将来的にはエコ充電も考えてほしい。 

M132s_live1_2 

光パターンはどうやら9つある。カタログより転載。

(1) Zigzag (artist: Dan Goldwater) 【ジグザグ】
(2) Hypno (artist: Dan Goldwater) 【睡眠】
(3) Teleport (artist: Dan Goldwater)【瞬間移動】
(4) Grind (artist: Dan Goldwater) 【粉ひき】
(5) Brain Wave (artist: Dan Goldwater) 【ブライアンウエイブ】
(6) Spread Spectrum (artist: Xander Hudson) 【スペクトラム】
(7) Fire Storm (artist: Noah Vawter) 【火嵐】
(8) Fracture (artist: Xander Hudson) 【断片】
(9) Amoeba (artist: Noah Vawter) 【アメーバ】

 ライト=エクスプレッションとしてアーティストを起用しているところはにくい。とはいっても、どんなだか回してみんとよくわからん。ランダムに光らせるため、複数チョイスもできるのはおもしろい。価格は米国内の直販価格で約60ドル。イルミネーションだけでなく、夜間走行のテールランプやフロントランプの役目も果たすので、両方それぞれ買う価格よりも安くなりそうだ。

【プロ仕様=広告もあるけれど】
 このシステム『Video Pro』というカスタマイズもできるシステムもある。ランダムイルミネーションの代わりに、いつも同じ画像を光らせる。う〜ん、メッセンジャーバイクへの広告用だろうか? 

7

 昔あった、タクシーのホイール広告を覚えているだろうか?ホイールが回っているのに、ホイールキャップが静止しているように見えるやつだ。どこかサモしくって流行らなかった。MonkeyLectricもプロをねらってやるようじゃ、そのおもしろさが半減する。Proはいさぎよくやめるべきだと思う。

【hmm…なアドバイス】
 こんな陽気なデバイス、ヤンキーライダーばかりになって、街がケバケバシクなりそう(笑)。でも時速15kmくらいからだから、サドルを下げて、ゆっくりゆっくり走る高校生とお年寄りは光らない。あと夜間無灯火で走るアブナい自転車、こんなイルミネーションパターンなら“おもしろ!”と率先して装着してくれないだろうか。

 自前の企画で熱くなってるcherryさんの目を盗んで、明日は陽気になるために、自転車に乗ってサボるぞ(笑)。今日は以上です。

|

« 農力村ビジネスモデルのメリット | トップページ | 自転車はブルースだ、と忌野清志郎は言った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/30048022

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車乗りを陽気にする“MonkeyLectricライト”:

» マウンテンバイク [マウンテンバイク]
マウンテンバイクの魅力を紹介しています。マウテンバイクの使い方や競技などについて紹介しているブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 13時26分

» LEDライト電光サイン看板情報 [LEDライト電光サイン看板情報]
LEDライト電光サイン看板情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 11時37分

» ラブアゲインについて [ラブアゲイン]
ラブアゲインは、リピート率90%の海馬含有精力剤であるとともに、究極のED(勃起不全)革命的商品です。 [続きを読む]

受信: 2009年6月24日 (水) 23時22分

» 画期的な方法!! [EDを3日で克服した方法]
確実に克服したいあなたへ [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 16時05分

« 農力村ビジネスモデルのメリット | トップページ | 自転車はブルースだ、と忌野清志郎は言った »