« パンダキャラ、ゆるキャラが人気の理由 | トップページ | 明治古典会 七夕古書オークション »

2009年6月26日 (金)

年輪ポロポロのバウムクーヘンのように。

 今週火曜日、久しぶりに自由が丘に行きました。サッカーボールで世界を平和にするSFIDAさんの取材以来かな。彼らは相変わらず元気なようで。

 その彼ら、今日のテーマではなく、cherryさんと一緒に自由が丘の丘を登ってゆくところにある“お花の教室”に伺いました。utte(=わたしたちのデザイナー支援・作品販売事業)のクリエイター登録をしていただく、フランススタイルのフラワーアレンジメントの主宰者のインタビューのために。 

13 引用元

 utteのサイトで近々にご紹介予定。花の表現がちがいます。さて、花も今日のテーマではなくて、取材を終えて駅に向かう途中でcherryさんが『自由が丘ロール屋』にズンズン入るんです。自由が丘ならこれ買うしきゃない!そうで(笑)。なるほど店内、女子群がりでした。

【hmm…なアドバイス427. 年輪ポロポロのバウムクーヘンのように。】
 しかし自由が丘ロール屋もまた今日のテーマではないんです!自由が丘デパート(渋!)の1階で売っていた、もっとシンプルで、ヘンテツもないバウムクーヘンがテーマ。塩ロールとバニラロール、どっちもとっても美味しかった。 

Pict0384s

 「郷さん、バウムクーヘン、どうやって作るか知っていますか?」
 「・・・・・(知らんよ)」
 「まん中に棒を入れて回して、一層ずつくるくる回して焼くんです」
 「へえ、それって網焼きみたいじゃない」
 「そうなんです。ハムを焼くように刺して、くるくる回して」
 「う〜ん、それじゃフツーのオーブンに入れられないじゃない」
 「大丈夫、バウムクーヘン専用のオーブンがあるんです」 

Baumkuchen_bmk 引用元=Wiki 

 これはWikiからの画像。こんな感じで生地素材をチュルルと垂らして、連続的に焼き上げるというのです。「なぁるほど!それで年輪みたいに渦があるのね」知らぬはわたしばかりなり、だね。

【素材、合わせ、炎、紙一重の加減】
 でもこの“再発見”のおかげで、なぜわたしはバウムクーヘンを手で剥がし、またちぎるのか思い当たった。下の画像左、“年輪”の部分を剥がしていますよね。右の画像はナイフで、年輪に逆らってちょこちょこ切って食べる。どっちもやるでしょう。 特に年輪ほぐしは、心が休まる。

Pict0388s Pict0392s

 焼きたてバウムクーヘンで著名なお店『nenrinya』、銀座松坂屋1Fでは製造工程が見える店舗で焼き上げる。長さ3パターン(ホール/3山/5山)で切ってもらえる。加工のそもそもの形も見れるし、うれしい配慮。 

2 同社HPより。

素材、合わせ、炎、
紙一重の「加減」を 
たぐり寄せるもどかしさ。
懸命の味づくり。
 引用元=同社HP

 この配慮、バウムクーヘンのそもそもの製造工程/形を利用して、すなおな売り方に変えたものだ。伝統転じて新しさを創る、好例ですね。

【hmm…なアドバイス】
 不勉強で不面目なわたし、cherryさんにまた教えられた。何十年も生きてきて、まだ知らないことがたくさん。バウムクーヘンの“年輪”にはちっとも及ばない。伝統=生きざまをしっかりするというのは、バウムクーヘンの焼き上がりのように、一回転ずつ着実に“焼きを入れる”。回転が狂ったら焦げます。わかっちゃいるけど。

 いやちっともわかっちゃいない。わたしは“回転停止”もするし、お客さまニーズに“逆回転”もしている。自分を焦がしては“消火活動”をしている。新しい速度を軸に取り入れたいけど、“軸が曲がって”いる(笑)。やれやれだ。年輪ポロポロのバウムクーヘンのように、柔らかく新しく生きたいなあ。今日は以上です。

|

« パンダキャラ、ゆるキャラが人気の理由 | トップページ | 明治古典会 七夕古書オークション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/30294025

この記事へのトラックバック一覧です: 年輪ポロポロのバウムクーヘンのように。:

» 三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊涙の土下座!バックドロップ写真の週刊プロレス大増刷 [三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊涙の土下座!バックドロップ写真の週刊プロレス大増刷]
三沢光晴リングに散る!斎藤彰俊涙の土下座!バックドロップ写真の週刊プロレス大増刷!アントニオ猪木、小川直也もコメント [続きを読む]

受信: 2009年6月27日 (土) 20時58分

« パンダキャラ、ゆるキャラが人気の理由 | トップページ | 明治古典会 七夕古書オークション »