« ヌーブレラとアンブレラボトル | トップページ | 自転車乗りを陽気にする“MonkeyLectricライト” »

2009年6月 9日 (火)

農力村ビジネスモデルのメリット

 今日も雨が降るか降らないか、微妙な天気でした。東海地方まで梅雨入りだそうだから、明日には関東も入梅でしょう。でも嘆くことはありません。たくさん雨が降らないと、家庭菜園に枝豆・きゅうり・オクラetc.を植えても芽がでませんよね。田んぼにも水がたまりません。ブログネタにも水やりが必要ですよ。

 と、そんなタイミングでTomoyoさんからネタが降ってきました!ネタ日照りの中、サンクス。

【hmm・・・なアドバイス413.農力村ビジネスモデルのメリット】
農力村とは、農家さんと『田んぼを面積単位(1〜10アール)で契約し、そこから収穫されたお米を1年間発送してもらう権利』を販売するサイトです。引用元 

32 引用元

 『農力村』、かんたんに言えば、畑の枝豆オーナーのような畝買いの仕組みをお米にしたもの。下図は年間3アールを購入した例。消費者が3アールをこのサイトに出店している農家さんと契約します。その区画から収穫するお米を、年間18回まで分割して発送をしてくれる。しかもその送付先は自分だけでなく、親や娘、親戚や愛人、分かれた妻子にまで送ることができる。

33

 例えば南魚沼産のコシヒカリを10アール提供する田中和成さんのサイトを見よう。現在2アールが販売されている。1アール55,000円。これは税込み、8回までの配送料込みの価格。1アールあたりの収穫予想は44kgとしているので、およそ1,250円/kg。この金額はこのブランド米に比較して高くなく、むしろ格安。

34 引用元

 よく田んぼを見て思う疑問がありました。あの区画からいったいどのくらいのお米が収穫できるんだろうか?都会住まいの悲しさですね。でもこれでわかりました♪

【いつ契約しても新米】
 いつ契約しても収穫後からの発送になります。収穫前に「まだかな〜」という田んぼ写真や体験イベントに参加も楽しい。 

30  

 群馬、栃木、茨城、宮城、静岡など、8名ほどの登録農家があり、まだまだ契約農家は多くない。でも一軒一軒ていねいな紹介が気持ちいい。数じゃなくてヤル気の熱意総量なのですよ。そういうこと、日本の消費者はもっとわかってほしい。

【hmm…なアドバイスというか感想】
 この農力村ビジネスモデル、実にさまざまな見方/切り口で、多くのことを語ることができる。

[政策面]
補助金ばらまき+減反政策と一線を画すことができる。
農協チャネルという政策論理と別建ての流通ができる。

[流通面]
スーパーチャネルという資本論理と別建ての流通ができる。
がんばれば、自主栽培、自主販売という商売の原則を貫ける。
直接取引によって中間マージンも補助金も極力抑えられる。

[ビジネス面]
腕に自信のある生産者が勝ち残る。
ナマの市場競争価格で販売される。
ネット時代の弊害=ショップモールに購買情報を握られずに済む。
→直接効果:ニーズのヒアリングが直接可能となる。
→間接効果:1人=10円などで顧客情報を売買されずに済む。

[食の安全面]
トレーサビリティが明々白々である。
生産者の顔が見えるし、消費者の顔も見える。

[消費市場面]
共同購買というメリットもある。
消費者自身が毎年品質をウォッチできる。
食べるときが精米ドキという幸せがある。

 この流通、作り手はヤル気がでるし、消費者は食欲が増す。減反よりずっと幸せじゃないでしょうか。今日は以上です。

|

« ヌーブレラとアンブレラボトル | トップページ | 自転車乗りを陽気にする“MonkeyLectricライト” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/30030435

この記事へのトラックバック一覧です: 農力村ビジネスモデルのメリット:

» -浅草ロック座- 小向美奈子のストリップ [-浅草ロック座- 小向美奈子のストリップ]
元タレントの小向美奈子がストリップ劇場「浅草ロック座」の公演に出演 [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 01時13分

» モデルの求人募集転職情報 [モデルの求人募集転職情報]
とても高待遇なモデルの求人募集転職の情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 19時46分

« ヌーブレラとアンブレラボトル | トップページ | 自転車乗りを陽気にする“MonkeyLectricライト” »