« 雨の中のアフォーダンス | トップページ | 路上のランチパック・ウイメンへ »

2009年6月23日 (火)

REDオフィスで働いて

 ストレスフリーのオフィスで働きたい! 
 燃える心を消さないオフィスで働きたい!

 そう思いつつも3年も経たずに辞めていく人も多いし、不況の余韻がキツい今どきも追加リストラで社内はギスギスしがち。燃える心で仕事しよう!と思ってもなかなかそうはゆかない。その原因、オフィスというハコだけの問題ではないですが、たいていのストレスの種はオフィスで起きている。

【hmm…なアドバイス425. REDオフィスで働いて】
でもね、こんなオフィスで働いているとすればどうでしょう?スペインの建築設計会社 Selgascanoの自社オフィス。 

Officeinthewoodsbyjoseselgasandluci

It's one long, tunnel-like office covered by a curved transparent acrylic window that's 20 millimeters thick and lets in plenty of natural light. The 110-millimeter-thick opaque wall is made from layers of insulated fiberglass and polyester, and shades the office. 引用元 

トンネルが一本貫通しているかのようなオフィス。カーブさせた透明な20ミリ厚のアクリルからたっぷり太陽光が。110ミリ厚の不透明なインシュレイターでオフィスの片方の屋根は覆われています。(およそ訳) 

Officeinthewoods03

 インサイドはこんな感じだ。仕事に必要な図書類は奥に、陳列品やパーソンル品?は窓際に。透明な窓部と不透明な仕事部で床も色違い。 

Officeinthewoods04

 一体どこから入るのだろう?なんて疑問はさておいて、このオフィスのメッセージは何?想像ですけど「半地下の目線から地上の建築設計をする=目線を変えなさい」かしら。

【生き物体内オフィス】
 もうひとつ気になったオフィスはLeonardo Glass Cubeと名付けた“超モダンオフィス”。オフィスのすべてのスペースはショールームだ!というメッセ—ジで透け透け。red dot アワード受賞デザイン

07096320081

07096320084_locopy1

 まるで生き物の体内にいるようなデザインで、ワークプレイスも通路もすべて外から見えてしまう。落ち着くような落ち着かないような。いずれにせよ先進的オフィスデザインのテーマは“働く人が主役”のようです。

【オフィスは多目的・多要求になる一方】
 働く人を主役とすると、現代のオフィスほど多目的・多要求な建築物はないですね。

・外的武装:見栄、豪華さ、ぼろ隠し、デザインでコンセプト主張、etc.
・効率武装:IT情報網、人動線、フリーアドレス、照明・音響、etc.
・心理操作:働きやすさ、プライバシー、共同作業、心理牽制etc.
・安全武装:耐防火性、耐久性、防振性、避難性、清潔性、etc.
・セキュリティ:入退室管理、防犯、内部統制、いがみあい制御、etc.
・恋愛制御:社内恋愛支援または防止、婚活支援または防止、etc.

 日本のオフィス設計、ほんとたいへんだね。これじゃストレスフリーとはいかないよ。

【hmm…なアドバイス】
 その点、我らutteオフィスはどうだろうか?そこは“REDオフィス”なのだ。 

Dsc04893

 この写真でわかるかなぁ。秋葉原駅中央口から神田川を渡るふれあい橋上で、夜間撮影しました。ぼやっと紅いところが“utteオフィス”です。 

Dsc04901

 窓が赤い理由、それは“壁が赤い”から。「こんな壁は気が狂いそうだ」とのたまったのは、utteの運営母体の社長のMさんです。ばらした(笑)。cherryさんと僕のチョイスで、とっても気に入っている壁の色。働く人にはみんな血が流れているの。だからがんばれるから。単純明快。今日は以上です。

|

« 雨の中のアフォーダンス | トップページ | 路上のランチパック・ウイメンへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/30248708

この記事へのトラックバック一覧です: REDオフィスで働いて:

« 雨の中のアフォーダンス | トップページ | 路上のランチパック・ウイメンへ »