« ミサンガでソーシャルアクションを。 | トップページ | 机や壁がノートになる!?――“顧客視点”を教えてくれた落書きノートブック »

2009年7月29日 (水)

9h/ナインアワーズ・カプセルホテル

7時間寝たい!絶対に寝たい!

 と思いつつ、諸般の事情で、わたしの平均睡眠時間は5時間半(長くて6時間)。理想睡眠時間には平均75分も足りないので、電車や職場で睡眠補給をしていいます。だからこんなカプセルホテルがあればいいなとは思います。

8 引用元

【hmm…なアドバイス455. 9h/ナインアワーズ・カプセルホテル】
睡眠、寛ぎ、身づくろい。
こころとカラダが、生き返る時間。
9h、ナインアワーズ。
 引用元  

9h01

ナインアワーズ』という新しいカプセル型ホテルユニット。“デザインの力によって従来にない宿泊スタイルを提案”するという。カプセルホテルとは「安い寝床」というイメージがあるが、ナインアワーズはそれとは違って、ホテル要素をぎゅっと合理的に小型にして、“時間にクォリティを持たせる”というコンセプトだという。アクシスギャラリーで8月19日から展示会が行われる。 

1

【7時間のシステム】
 FRPのカプセルユニットは、株式会社コトブキが提供し、寝室環境システムはパナソニック電工が提供。「カプセルに寝る」という閉塞感と、「理想の7時間の睡眠リズム」をどう調和させるか。閉塞感をやわらげる曲線中心のカプセル。入眠・覚醒のリズムをいざなう照明システム。この2つが“9アワー”を実現する上では中心機能となる。 

13
 17 

まくらはいいなと思いました。部位によって堅さやサポートが違うクォリティのもの。ビジネスホテルでも寝にくい理由のひとつはマクラです。サイズはたっぷりでも柔らかすぎて、自分の家のヤツとはちがう。それって貧乏性ゆえ?(笑)。 

21

【デザイン】 
 トータルデザインは、デザインスタジオエスの柴田文江さん、そしてMasaaki HiromuraさんとTakaaki Nakamuraさん(お二人の漢字名情報さえなくてすみません。調査しきれず、というところで)。

20

 宿泊者ターゲットは“出張客”であり、泥酔客ではない。そこは軽い驚きでした。

 確かに出張なんて寝るだけだし、今どきは費用制限がかかるのがフツーだから、カプセルでもいい。出張旅費からハミだしたコストを、良いホテルのために負担する人も少ない。だがほんとうに休めるのだろうか?仕事が捗るのだろうか?ちょっとここが疑問ですが、フツーのビジネスホテルよりも、7時間きちんと眠れるのであれば、それはメリット。体験あるのみですね。まずは京都から第一号が開業。

【hmm…なアドバイス】
 この新カプセルホテルの市場投入タイミングは絶妙です。大不況の世の中、日本は復興を遂げたい。上京し、地方を飛び回り、東奔西走し、24時間働かないと。豪華なホテルでゆったりなんて価値観は消えました。

 まったくそのとおり。でもなぜカプセルなのでしょうか?という疑問は残る。戦後日本半世紀、 エコノミーも、ワークスタイルも、ライフスタイルも、マインドスタイルも、ほんとうに進化し、豊かになったのでしょうか?そんな疑問だ。このホテルのコンセプトが素晴らしいし、設備も良さそうなのですが、そんな疑問も残りました。今日は以上です。

|

« ミサンガでソーシャルアクションを。 | トップページ | 机や壁がノートになる!?――“顧客視点”を教えてくれた落書きノートブック »

コメント

ブログランキングアップさま
コメント、ありがとうございます。
どんな方か存じあげませんが、思いやりに満ちた方と存じます。
季節の変わり目、寝不足のとき、飲み過ぎのとき、アレルギーのとき、読者からレスがないとき、仕事がないとき、仕事がありすぎるとき、めげることが多々ある中で、やさしいコメント、ありがとうございます。心の糧にさせていただきます。

投稿: 郷/marketing-keizoku | 2009年7月31日 (金) 22時12分

ブログ拝見させていただきました。
更新頑張っていますね。
これからも応援していますので頑張ってね。

投稿: ブログランキングアップ | 2009年7月31日 (金) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/30750811

この記事へのトラックバック一覧です: 9h/ナインアワーズ・カプセルホテル:

« ミサンガでソーシャルアクションを。 | トップページ | 机や壁がノートになる!?――“顧客視点”を教えてくれた落書きノートブック »