« 会津磐梯山からOOoが広がる | トップページ | 1万5,000円、5,000円、200円の歯ブラシ商品 »

2009年7月21日 (火)

皆既日食・Google Moon・観覧車の共通項

どうやら明日(09年7月22日)の皆既日食、関東地方は“残念”になりそう。風よ吹け雲を散らせ。しかしまあ、皆既日食で南の島々では“違法”入島者が続出というし、遊覧船や遊覧ヨットが大挙押し寄せ。あっぱれニッポン人の好奇心!

 そこまであっぱれない(わたしもそう)大多数の日本人のために、せめて、Google MoonとSTAR strategiesを。

【hmm…なアドバイス448.皆既日食・Google Moon・観覧車の共通項】
米Googleは20日、Google Earthに月面を閲覧できるモードを追加した。これにより、Google Earthのユーザーインターフェイスを使って月面探査を楽しんだり、月に関する歴史的コンテンツを見ることができる。引用元 

21

 ああ忘れられない1969年7月20日、アポロ11号がお月さまに着地した日である。あれからもう40年なのですね。長く生きてしまった(笑)。今でも覚えていますが、その日、日本でも衛星中継(太陽系中継?)があって「その瞬間を見るゾ」と気張った兄が夜通し起きていたはずだが、翌朝コロリと居間で寝ていた(笑)。 

13 かぐや姫は中央に。

 月面着陸の日を選んで公開されたGoogle Earth5.0、ダウンロードして展開すると、デフォルトは地球だが、惑星チョイスでMoonを選ぶと月がでてくる。日本やロシアや中国などのミッションの跡がつぶさに見える。マウスの指先で月をコロコロ転がすことができるなんて、アームストロング船長は予想だにしなかっただろうな。 

20

 そうそう、この米国旗、まだ月にささっているのだろうか? Google Moon Street Viewがいずれ解き明かしてくれるでしょう。

【mirador del palmeral de elche/エルチェの椰子園の見晴らし】
 もうひとつ紹介したいのは、スペインはバレンシア、ユネスコの世界遺産『mirador del palmeral de elche』、“エルチェの椰子園の展望台”でのランドマーク建築で、グランプリを取った作品。記事の参照元はこちら。 

Mira04 

月が映える景色に丸い丸い紋様の観覧車です。椰子の楽園にも違和感がないデザイン。いや不規則な丸さが月とも調和するデザインである。 

Mira01

 名付けて『give me a turn』、「回してよ」というタイトルで受賞した観覧車作品は、STAR strategies + architectureグループによる。16個のキャビンを持つ観覧車だけでなく(ディナーもできるという)、鉄道の駅へ接続するプラットフォームや地下パーキングなど、環境に配慮しつつトータルで美的なデザインが受賞理由だろう。

【hmm…なアドバイス】
 give me a turnのデザインスケッチを見ていて、気付いたことがある。

 19 

丸いものへの憧憬、である。 

人は、丸いもの惹かれるのである。皆既日食、月、観覧車。それがなぜかわからないけれど、四角ばっているよりも丸いほうがいいだろ?という比較論ではない。丸いのが好きは絶対論なのである。理屈はあとで付け足しでいいのだ。

 こういうことに気付いてきたので、だんだん、商売も丸く膨らんでいくような気がする。今日は以上です。

|

« 会津磐梯山からOOoが広がる | トップページ | 1万5,000円、5,000円、200円の歯ブラシ商品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/30641450

この記事へのトラックバック一覧です: 皆既日食・Google Moon・観覧車の共通項:

« 会津磐梯山からOOoが広がる | トップページ | 1万5,000円、5,000円、200円の歯ブラシ商品 »