« 世界のプールと心のプール | トップページ | 裸足のリスト/Barefoot List »

2009年7月18日 (土)

定規のデザイン

シンプルなものこそ、デザインの奥は深い。改めてそう感じたのが“ディスプレイ付きの定規”。

31_ruler3  引用元 

猿と人類の違いは「ちょっと前の記憶ができるか(ボケる前のヒトはもちろんできる)」「木に上り、木から木へ移れるか(モチ、ターザンならできる)」「言葉が伝達用具か(猿は語らない)」などいろいろあるが、もうひとつ“定規を使うか使わないか”もありそうだ。

【hmm…なアドバイス445.定規のデザイン】
 ヒトは定規を使う動物である。時代により精密度は違うが、エジプトやギリシャ時代に遡る、数千年の歴史あり。だからなのか、デジタル時代にふさわしい定規をデザインしたヒトがいる。 

21 22

so how does it work? by pressing the button the digits illuminate and the ruler is ready to go. passing a pencil along the edge of the ruler will make the numbers go up or down according to the length of the line. pressing the button again will reset the value. 引用元

ボタンを押すとスタンバイになり、ペンを定規のエッジに沿って動かす。止めたいポイントでもう一度押すと、その間隔が定規の表面にデジタル表示される」 

Ruler03 Ruler04

 デザイナーのshay shafranek さんがデザインした“Analog Ruler With Digital Display”。その仕掛けが分かったとして、果たしてこれがウケると思いますか?

【定規いろいろ】
 世の中いろんな定規がある。定規のくせにホチキスで中とじができる機能付きなのはおもしろい(3分LifeHackingで発見)。KUMの定規1cmごとにカラフルなのが楽しい。だが塗り分けが正確に1cm刻みじゃない(笑)のは、外国製(ドイツ)だから許すしかない。 

L_st_ho01 青いところに工夫あり。

6688693
9664045
KUMの定規                 イタリアの定規 

イタリアVITTORIO MARTINI社のカラフルな木製定規は美しい。あえて定規部は樹脂製として正確さを追求するところは、モノづくりに厳しいイタリア人ならではだろうか。

【デザインの3要素】
 こうして定規を並べて、さあ「デザインとは何か?」と考えてしまった。

 第一にデザインとは、機能を付加するよりも引くものである。現代はますます過剰な機能、過剰な絵・柄・色ばかりの時代、だからこそ、過剰さをさっぴくことがますますデザインに求められている。

 第二に、ヒトの動作/心理とデザインは一致させよ、という命題もある。日常何気ない動作の中で無意識にやることを取り入れ、さらにスムーズにするの良いデザイン。

 第三に良いデザインには共感がある。共感とは「なるほど!」「ははん」とヒザを打つ感情の共有です。木製定規で、学校時代の竹の定規や木製机と結ばれる思い出を共有するというのもそのひとつです。 

Img10551306856jpeg 不滅の原点

 この点からデジタル定規を見ると、あえて複雑なデジタル機能を足し、目で数えれば何cmかわかるのにデジタル表示をする。“定規でボタンを押す”のも自然じゃない。重くもなるし、精密機器になるから手荒に扱えない。デジタルオタクは共感するかもしれないが…。正直、バツです。

【hmm…なアドバイス】
 ヒトとデザインを一致させるのは、五体と五感をモノとを、共感で結ぶこと。杓子定規に考えちゃだめで、無意識の動作を観察したい。

 ほら、消しゴムのカスを寄せて、ダストパン(フレンチやイタリアンレストランでの、パンクズのお掃除用具)のように消しクズを押し寄せたでしょ。定規を孫の手のようにして、背中を掻きませんでしたか?長袖の服のヒジに定規を入れて、腕をまっすぐにして、ロボットのフリをしたとかね(笑)。

 そんな観察から、ヒトを幸せにするデザインが生まれてくるのだと思う。今日は以上です。ひとつオマケ。こんなの無料でもらえると少し幸せ。

  Kuroneko  引用元

|

« 世界のプールと心のプール | トップページ | 裸足のリスト/Barefoot List »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/30602441

この記事へのトラックバック一覧です: 定規のデザイン:

« 世界のプールと心のプール | トップページ | 裸足のリスト/Barefoot List »