« 路上ガーデニングの芽吹き | トップページ | アルチザンな生きかた 片山勇さんの映画が観たい。 »

2009年7月25日 (土)

ウェルカムボードにル—ラを

 クリエイターの作品販売のutteで取り扱う結婚式のウェルカムボード、今は絵画と書をラインナップ。世相を反映してなるべく安価で価値のあるものをという想いで、フレームを安価で良いものに絞り、原画に加えて複製画も用意するなど工夫しています。 

13

 とはいえ殺風景では華やかな結婚式に水を挿す。そこで花を添えるオプションのひとつが“ルーラ”です。とっても綺麗な花!プリザーブド・フラワーで、とても長持ちしますので、結婚式以降も飾れます。よ〜く見ると小鳥がいますが、そいつを“ルーラ”と名付けて、このオプションフラワーを『ルーラ/Loula』としました。

【hmm…なアドバイス451. ウェルカムボードにル—ラを】
 小さくて無防備で、でも美しくさえずるゆえに、小鳥はとても平和なイメージ。それをシンプルなランプシェードにしたのが、メキシコのデザインスタジオのPecaです。 

Peca02  Peca03 

 このコレクションは『llum』と名付けられ、吊り下げのペンダントタイプとテーブルランプがある。鳥かごをイメージしたシンプルなデザイン、影になって鳥が見える鮮やかさ、そしてプライウッド(合板)をつかったコストと合理性。1点170ドルはそれほど安くないけれど(笑)。 

Peca05

 自然界の生命と事象とデザインの融合、鉄則とはいえ、こういうナチュラルさをたもった製品化はなかなか多くない。

【ベトナムで。】
 小鳥をすご〜く愛する国がある。それはベトナム。ホーチミンの朝7時半、セントラルパーク。そこに集う人びとと鳥かご、そして小鳥たちがいる。 

15

どうやら、この鳥かごは各自が持ち寄っているらしく、かご一つ一つに飼い主らしき人がついているようだ。みんな自分の鳥かごを吊しにいったり、下ろしてみたり、テーブルに置いてみたりしている。引用元 Daily portal nifty 

06

 自分の飼う鳥の鳴き声を自慢?したくて、また鳥の鳴き声を聞きたくて、人が集まってくる。何十羽もの小鳥が鳴きまくるというから圧巻、というか圧聴でしょうね。レポートを書いたほそいあやさん、“犯罪と汚染とぼったくりがまん延するギャグ漫画のような国”なぞとベトナムを評していて、とても楽しい。

【日本で。】
 最後に、日本ぽい木の中の小鳥。『竹ぼうきの中で、ひな3羽誕生』 

Pk2009070802100103_size0 Pk2009070802100102_size0

 岐阜県高山市の高山署の官舎の駐輪場で、逆さまにして置いておいた竹ぼうきの中で、キセキレイの雛が孵ったそうで。カラスから避難するゆえに、むしろ人間サマの里近くで孵るそうです。参照元

【hmm…なアドバイス】
 さて、ウェルカムボード『ルーラ』の製作者cherryさん、フランススタイルのお花歴が長くて、まさにクリエイター。小鳥ルーラはラッピングのお店で買ってきたヤツですが、これが一匹いるとけっこう華やか。木や草や花と小鳥のデザインモチーフ、ありがちですが和みます。ヒトやモノや動物がほんらい持つイメージを背景にする”のは、顧客の心をつかむデザインの原則です。それがほんとうの顧客視点だからです。

 昨日の話題に続いてホンワカ話題になりましたが、それも疾風烈日の筆者が、どうやら腹をくくった証拠かもしれません。『ルーラ』の語源は、オプションがばかばか売れたら語りましょう(笑)。今日は以上です。

|

« 路上ガーデニングの芽吹き | トップページ | アルチザンな生きかた 片山勇さんの映画が観たい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/30695122

この記事へのトラックバック一覧です: ウェルカムボードにル—ラを:

» 高収入 アルバイト 求人 バイト 女性 [高収入 アルバイト 求人 バイト 女性]
高収入 アルバイト 求人 バイト 女性 [続きを読む]

受信: 2009年7月30日 (木) 17時23分

« 路上ガーデニングの芽吹き | トップページ | アルチザンな生きかた 片山勇さんの映画が観たい。 »