« キャラ弁は世界の“OBENTO”へ――達人、小川真樹さんに聞いた | トップページ | 裸の力/power of naked »

2009年7月10日 (金)

銭湯が熱い!(当たりまえか)

 わたしの銭湯の記憶はずぅっと遡り、ん十年も前。熱かったなあ銭湯。入るのに一苦労でした。ネットをぐぐるとちょっと前まで46度くらいもあった!どおりで熱かったはずだ。最近はぬるめの方が好まれて42度くらいに落ちてきた。

 だがお湯だけでなく“熱い銭湯”が増えているという。なぜなんですか?

【hmm…アドバイス438. 銭湯が熱い!(当たりまえか)】
 まず銭湯テーマのフリーペーパーを作ってしまった銭湯。 

1245231238_photo 

同誌は、銭湯が持つ「コミュニティースペースとしての機能」に着目。「銭湯文化」にちなんだ特集記事をメーンコンテンツに、同湯の浴場で行ったインタビューコーナー「裸のコミュニケーション」、各地の銭湯を紹介する「全国の銭湯を巡る旅」などで構成する。引用元 シブヤ経済新聞 

9  引用元 清水湯さん 

 09年4月のリニューアルを期に、フリペまで発行するのが『清水湯』。自社の施設の紹介だけでなく、渋谷・青山地域に特化した“コミュニティペーパー”を目指すという。港区内の銭湯や商工会議所などで配布中。リニューアルの設備がまた凄い。ジェットバス、かけ湯、炭酸泉風呂、サウナなど至れり尽くせり。清水湯さんのブログの写真も美しい。ああ、仕事場の近くにあれば! 

D0106912_1615856 同湯のブログより。

【銭湯でライブプロモーションを】
 こんな記事も前に読んで「ほほう」と思った。 

1242575928_photo  引用元 

 アルバム『蒲田温泉』を発売(09年5月中旬)のプロモーションで、同名の銭湯(つまりモデルでしょうか)で記念ライブを開いたのがポップミュージシャンのバクザンさん。音楽はヒップポップで、♪銭湯で汗流せばいいさ♪なんちゃって。 

ライブには入浴料+ワンドリンク付き(1,000円)。常連客も「いいねえ!」と言ったとか。でもね彼の半身裸ライブもあったそうで、それは見たくないぜ(笑)。

【銭湯で富士ロック】
 そして今日の朝日comにこんなニュースも。 

13  同湯のHPより 富士ロック? 

地元の人たちでにぎわう音楽ライブ、小皿料理に舌鼓を打ちながらお酒も楽しむ——。すべて東京・吉祥寺の銭湯での光景だ。湯船をステージ、洗い場を客席にした一風変わったライブイベント「風呂ロック」を開き、満員の盛況続き。引用元

 ヒップポップの次は風呂+ロックですか。吉祥寺の『弁天湯』では1〜2ヶ月に一度ライブをしているそうで。100人以上の集客!はすごい。どうやら風呂には熱い音楽が似合う、のである。しかし湯船の上の特設ステージがすてき。“松島八景”のようなペンキ絵とのアンバランスもいいです。興奮したら水道の蛇口をひねって、水栓を指で抑えて水を飛ばしてもいいしね。ワンドリンク3千円はいつも完売。その理由は風呂場でロックという意外性だけではないと思う。

【hmm…なアドバイス】
 音楽だけでなく、落語やコントのお笑い、選挙集会もいいかもしれない。でもいったいなぜ銭湯がいいのだろうか?う〜ん、きっと裸がいいんじゃないかな。みんな裸がベースにあるから、コミュニケーションにも感動にも、見もココロも裸になれるのではないか。

 フムフム。裸になれば状況を改善するアイデアも出せそうだ。さっそく月曜に仕事場で裸になってみよう。cherryさんに勘当されるけれど(笑)。今日は以上です。

|

« キャラ弁は世界の“OBENTO”へ――達人、小川真樹さんに聞いた | トップページ | 裸の力/power of naked »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銭湯が熱い!(当たりまえか):

« キャラ弁は世界の“OBENTO”へ――達人、小川真樹さんに聞いた | トップページ | 裸の力/power of naked »