« 暮らしの中のデザインとアート | トップページ | らら市のららぽーと駅前に行ってきた。 »

2009年9月19日 (土)

絶対品質と相対品質

 ちょっと寂しいニュースだった。それは『SOTECブランド、消滅へ』。

格安PC、iMacと酷似した一体型PCのe-one、サポート体制の悪さなどで一躍有名になったSOTECだが、その評判は悪いものが多く、自分にとっては未だに安かろう悪かろうの粗悪PCのイメージが強い。引用元 

Soteclogob→ Onkyo  

【hmm…なアドバイス499.絶対品質と相対品質】
 わたしはどちらかといえば、アンチ主流な買い物客である。携帯はtukaからauへ、そしてsoftbankだし、クルマもトヨタなんて滅相もないし、好きな音楽は優等生のビートルズよりも不良なストーンズ、家電はパナソニックより三洋。燃える乾燥機は困るけれど(笑)。

 1996年頃、ネット時代を迎えてHPを作りたくて買ったPCはGATEWAY2000(会社名は当時)だった。同じ頃、会社でもマイナーいや新興ブランドのノートPCを買った。そのブランドはSOTEC。 

Winbird  引用元

 このモデル、懐かしいなあ。当時としては素晴しく良くパッケージ。重ね合わせるドックステーションが厚くて閉口したけれど、性能は良くて先進的だった。価格は40万円もしたけれど、日本のGATEWAY2000こそSOTECだと思った

 だが筐体の表面(パームレスト)に“クラック”が入ったところで、わたしの心にもヒビが入った。

【クレーム対応】
 そのときクレームをしたかどうか覚えていないけれど、SOTECの落日をつくった主要因はクレーム対応と言われた。PCは故障の多い道具だから、同社に限らずどこでもあるわけだが、対応が悪い・遅い・間違える・再クレーム…アフターが良くないという話しを聞いた。それがリピーターを遠ざけたのではないか。

 さらにPCがコモディティ化する中で「差別化」に徹する気合いを持つこともできず(気合いが保てたのは世界でもSONYとAppleくらいだが)、低価格化に対応する機動力も資本力もなかったのだろう。2000年代の前半から業績が低下、2007年にオンキョーに買収され、そしてテコ入れならずに09年10月でブランド消滅。大きな流れは小さいPCメーカーには酷なものだったけれど。

 改めてパソコンという道具とは何なのか?と思った。

【絶対品質と相対品質】
 わたしの使うMacBookのパームレストにもヒビが入った。使用上の問題というより、構造的な問題である(同じ事例が多数ある)。だがAppleの修理対応が良かったので肯定的な感想を持った。ところが最近また同じ箇所が割れた(使いかたの問題ですか?)。そこで“マスキングテープ”を貼って対処している(笑)。これまた可愛い。 

9

 それで思った。SOTECに欠けていたもの。それは絶対品質だったのかなと。

 「絶対品質」とは、たとえば“ネットブック”という(動画がコマ落ちするような)アンダーパワーのPCであっても、この会社のものなら信用したい、と思う品質。SONYやAppleのネットブックなら、間違いないだろうという信用だし、“許せる”という感情である。

 それに対して「相対品質」とは、“相手が安く出れば安く出る”というカウンターパンチの繰り出しであり、相対的に品質は劣化させる。安いからガマンしてよで済ませると、お客さまは“許せない”と感じてリピーターは消滅する。

【hmm…なアドバイス】
 パソコンとは耐久消費財だけれど、それだけではない“タフ・シンキング・ドリーム”を詰める道具。丈夫・思考支援・夢の実現。道具として割り切る人に売るか、割り切れない人に売るかーSOTECは小企業なのだから、そこを明確にして欲しかった。100円の手帳でも無印良品のならいいな、と思うでしょ。あの感じを真似ることもできたかも。

 しかし日本のPCメーカーがこの不況でもあんがい生き残っているのは、実態が“ファブレス”だからだろう。製造部門を持たないアタマだけの商事会社になっても“メーカー”なのだろうか?それで“ウチのは絶対に◯◯◯です”と言い切れるのだろうか?今日は以上です。

|

« 暮らしの中のデザインとアート | トップページ | らら市のららぽーと駅前に行ってきた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/31442610

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対品質と相対品質:

» 突然失礼いたします [テレビCMを見る]
私が探し出してきた数多くの商材の中から、これは使えると思った物を紹介していきます。 http://646ute.blog103.fc2.com/ [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 15時22分

« 暮らしの中のデザインとアート | トップページ | らら市のららぽーと駅前に行ってきた。 »