« 株式会社ことばの設立 | トップページ | おいしいコーヒーを入れたい!――タリーズのコーヒースクールに行ってきた »

2009年9月 2日 (水)

美味しい珈琲を自分なりに求めて

 わたしは珈琲呑みである。珈琲好きと言って過飲ではない。くだらん駄洒落すまん。だが至高の珈琲を求めてきたか?といえば疑問で、多少苦くても「うん、珈琲だ」と頷いて呑んできた。しかも自宅で原稿書きのエンジンはインスタント珈琲です。美味しくないから飲み干さないことが多いけれど(笑)、アメリカンな飲み方をして集中をとぎらせたくないから。

 インスタント珈琲も、野趣たっぷりなら野趣がある。

 昔、“青春18切符”のような周遊券で北海道を放浪した頃、サロマ湖近くの日本国有鉄道の駅に流れ着いて、流氷でウイスキー・オンザロックをした。それは快楽(けらく)だった。さらにその待合室で、次の電車を待つ間に(何十分もある)、固形燃料でポコポコ沸かして呑んだインスタント珈琲も快楽だった。旨かった。青春という気合いが入っていたので、どんな苦さだってへいちゃらだった。

【hmm…なアドバイス485. 美味しい珈琲を自分なりに求めて】
Drip coffee is an American staple. So is camping. We've married two classics with the incredible new Flip N' Drip Coffee Maker. It's great for coffee, tea or other warm (perhaps adult) beverages. Pack it, share it, love it. 引用元 

Flip_n_drip

 アメリカ人にとってドリップ珈琲はマストだし、キャンプでも同じ。キャンプでも本格珈琲をという願いをかなえるのがFlip N' Drip Coffee Makerです。珈琲だけでなくお茶にも使用できま〜す。 

19     22

 どういう仕組みなのか。お酒とMacとデジタルを愛するライターのみきさんによれば;「ケトル部には熱したお湯を注ぎ、オレンジのフィルタ部にコーヒー豆を挽いたものをセット。さらに専用マグカップを固定します。準備ができたら、くるっとひっくり返す訳です。そうすると、お湯がフィルター部を通過して、コーヒーの出来上がりと言う訳です引用元

 つまり挽いた珈琲豆と熱湯をそれぞれの部位に入れて、多分お湯を上にしてフィルターの豆を通すようにして(二重になったメッシュ穴ということです)、だんだんクツクツと珈琲がマグ部に落ちてゆくというわけです。ほぉぉ。これはとっても凄い。どうやら45ドルくらいの価格で出るそうで(予約受付中)、衝動買いして損はないでしょう。

 なぜなら発売元のブラントン社は、登山やアウトドア製品一筋。アウトドアでの実態を知り、その快適さをあげる製作をしてきた会社だから。

【名車と名珈琲に関係あり?】
 アウトドアでもいかに珈琲を旨く呑むかー都会に住む人にとって、日常的な“アウトドア”とはオフィスである。たとえばこのbugattiのエスプレッソマシンは、レバーがクールであの名車のフンイキバリバリ。1,300ドル。

 

Bugatticoffeemachinethumb550x399217 

Saecoの珈琲マシンは、エスプレッソをいつも美味しく抽出してくれます。このマシンもなぜか自動車のBMWグループのデザイン。ブガッティほど高くはないが、375/£350(55,000円から57,000円) 。 

Saecocoffeemachinesxmallplus  Saecocoffeemachinesxmallsteam

 少し気の利いたオフィスなら、“40円カップ珈琲”を導入することはない。ブガッティやBMWのエスプレッソでなくても、2〜3万円も出せば立派なマシンが導入できるし、個人負担も、1杯あたり50円前後の原価でいける。どうしてそうならないのだろうか。

【hmm…なアドバイス】
 以前の職場でのことだ。ネスカフェ・プレジデント(インスタント)の超小瓶を職場に持ってきて「インスタントだけど相当旨い」としたり顔で話す同僚がいた。だまされて飲んでごらんといわれて、だまされたフリをして飲んだが、やっぱりだまされなかった。

 その職場のドリップ珈琲も不味かった。本格的でない珈琲を出すオフィスは、ひょっとしたらお客さま志向が薄いのかもしれない(と訪問者は思うものだ)。美味い珈琲を出そうという姿勢から、相談受付も企画化も提案も、すべてが始まる。たかがお茶、されどお茶である。

 ・・・なんて偉そうなことは、実はまぁったく、言えません。明日のビジネスメディア誠のエッセイを、どうぞ斜め読みしてください。今日は以上です。

|

« 株式会社ことばの設立 | トップページ | おいしいコーヒーを入れたい!――タリーズのコーヒースクールに行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/31211268

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しい珈琲を自分なりに求めて:

» ハーブティーの作り方・飲み方 [ハーブティーの作り方・飲み方]
ハーブティーを生活の中に取り入れてみませんか? ハーブティーは今注目されているお茶で、飲み方や効能によって様々な効果をもたらしてくれます。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 15時43分

« 株式会社ことばの設立 | トップページ | おいしいコーヒーを入れたい!――タリーズのコーヒースクールに行ってきた »