« 夜道を明るくするグッズ | トップページ | ピアノ of Fun »

2009年10月10日 (土)

HONDA ないものをつくれ

 先頃発表されたSONYの『VAIO X』は、あの名機VAIO PCG-505(97年発売、わたしも愛用していました)を彷彿させた。ワクワクさせるマシン。久々のSONY復活が嬉しい。 

Pcg505  懐かしの名機PCG-505。

 そして革新企業としてSONYとセットで語られてきたのがHONDA。こっちはどうかと言えば、フルモデルチェンジした『STEP WGN』も良さそう。ウルトラマンは8人もいたということも新鮮でした。 

28  3分闘って8人乗りで移動

【hmm…なアドバイス515.HONDA ないものをつくれ】
 09年の東京モーターショーは、不況で外国の完成車メーカーがそろわず、ショウ規模と言われるが、不景気で新製品さえないのなら観てもおもしろくない。むしろHONDAの2つの電気車が気になる。この2つだけのためにも幕張に行きたい。 

Ev1

 『ev-n』という名前ですが、そのカタチは名車『N 360』。まずミニカーのようなかわゆいカタチがいい。ツルンとした個性、とでも言えばいいでしょうか。埋め込みバンパーにマンマルのヘッドランプ。 

Ev2   Ev3  

 フロントビューでわかる電気自動車=“グリルレス”。ルーフには太陽電池集光パネルを備える。フェンダーの凹み加減もN360を彷彿とさせますね。ほら。 

Img_9230 引用元 

 シートのメッシュタイプもいいなと思わせるし、さらにぐっときたのが、あの『U3-X』をドア内側に“搭載”しているところ。これはいいよ。降りるときにポンと外して一輪車でGo! そのまま商品化してもらいたい。 

30 ほら一輪車。

【スーパー電気カブ】
 もうひとつは『EV-Cub』。あのスーパーカブの電動版。 

Imgs_zoom_217545

 ヒザの風防がおちゃめさがいいし、こんなおしゃれならバイクは嫌いですがノってみたい。しかし駆動方式は前後のハブ内に内蔵という“2輪駆動方式”という野心的なもの。バッテリーは両足で跨ぐカブいや下部のフレーム内にありそうだ。 

Imgs_zoom_217548

 荷台もおしゃれだし、ガソリンタンクが不要になった部分にすっぽりヘルメット。 

Imgs_zoom_217549

 これならドブ板営業の銀行マンもスタイリッシュ。往年の名車の50周年モデルはこちら(08年発売の限定モデル)。 

Littlecub_2080723 メタリックが美しい。

【hmm…なアドバイス】
 HONDAとSONYの共通項。それはこのスローガンに尽きる。 

29
 「ないものをつくれ」  HONDAの09年モーターショースローガン

 両社共に戦後から“無いもの”を創ってきた。だからこそ日本は栄えた。今、焼け跡後のような経済恐慌後。モノは溢れていても、心は無の状態。羅針盤なき生産と消費のニッポン産業界。無いものを創りだすチャンスが今なのだ。今日は以上です。

|

« 夜道を明るくするグッズ | トップページ | ピアノ of Fun »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HONDA ないものをつくれ:

» U3-X [まきのささやき]
HONDA ないものをつくれ ぐっときたのが、あの『 U3-X 』をドア内側に“... [続きを読む]

受信: 2009年10月23日 (金) 17時10分

« 夜道を明るくするグッズ | トップページ | ピアノ of Fun »