« 厳しい時代の今、“クリエイター・シンキング”に学ぼう | トップページ | 変人だからこそ、ダイソンの扇風機 »

2009年10月16日 (金)

エニグモのコルシカを支持します。

 googleが世界の出版業界に投げかけたインパクト(=Googleブック検索、書籍のデジタル化による全文検索提供サービス)に比べるとやや小さいとはいえ、たった従業員数58名の会社がやってしまった。それは株式会社エニグモの“コルシカ”。 

6294401  こう始まった。

 ブログ界で話題彷彿、世間メディアでも報道されているので、皆さんご存知の話しですが、一度書いておきたいと思って。

【hmm…なアドバイス520.エニグモのコルシカを支持します。】
 コルシカのサービスのポイントは次の通り。

・コルシカは雑誌をスキャンしたデータと実物(雑誌)の両方を販売する。
・ブラウザ上でユーザーが読めるのは、コルシカ経由で購入した雑誌データ。
・雑誌実物を買うことも、購入後12ヶ月以内ならできる。
・データ自体の保存は購入後のみ。

 コルシカは「実売数=販売数となるので購入支援になる、スキャンは私的複製の範囲」と抗弁したけれど、日本雑誌協会側は「スキャンは私的流用の範囲を超えており、出版社の著作権侵害」として中止を求め、コルシカは矛先をいったん収め、サイトは閉鎖された。 

L_yuo_enigmo  こうなった。

【きっかけは“元気を!”】
 「最近元気がない雑誌業界に、何か貢献できないか」——開発のきっかけは、同社の田中禎人共同代表のこんな思いだったという。田中代表は雑誌が好き。雑誌をデジタル化し、ネット経由で世界のどこからでも閲覧できたり、お気に入りの記事をPC上でクリッピングできれば利便性が高まり、雑誌市場も活性化すると考えたという。引用元 IT media

素晴しい着眼。著作権の問題は、どうしても権利とか権益に結びつきやすいけれど、原点は“雑誌はパラパラして楽しむ”もの。その機会が圧倒的に減ってしまった

(本屋に)寄らない。
(立ち)読まない。
(つい)買わない。

 こういう“売れない三拍子”にハマっているのが雑誌です。内容は劣化してなくても、ネットのせいもあって接触を失っている(わたしもそうです、反省)。コルシカがやったことは私的複製とは言えないし、出版社に話しを通さないというもの、ハハンと思った。まっすぐできる事業では、そもそもない。

 でも、読者の接触機会減が部数源となり、広告収入減になり、編集方針がサツバツにつながり、誌面が劣化し、売れなくなる。こういうサイクルに雑誌がハマっている事実を直視すべき。読者の接触機会を増やすという、その田中代表の想い、拙文家のわたしは支持します。エニグモの皆さん、がんばってほしい。

【雑誌協会もやってはいます。】
 もちろん日本雑誌協会も、雑誌が売れないことに指を加えて見ているわけじゃない。 

Zashikyoukai

「雑誌デジタル配信」の実証実験を実施することから、モニターを下記のとおり募集します。まったく新しい雑誌スタイルを体験するこの機会に、ぜひご応募ください!引用元 

調査対象雑誌を電子化したものを読んで意見を求める。モニター数は1,500名だそうで、わたしは申し込みました。総従業員数何万名の業界をあげて、エニグモと同じことをやろうとしているのはいったい何だろう?と思いましたが。

【エニグモ=社会インパクト企業】
 エニグモはインパクトのある新しいビジネスの立ち上げに積極的に取り組んでまいります。そして、世界規模に展開し、世界中の人に「活力」や「楽しさ」を提供していきます。引用元 

Yuo_corseka_02

 エニグモの企業理念からの引用文です。Buymaというサイトを知って以来、エニグモって凄いなとずっと思っていた。最近のシェアモもいいですね。インパクトという企業理念は、今回の業界の壁を突破しようという試みに合致している。金融恐慌後のデフレ価値観へのカウンターとしても価値ある新事業。

【hmm…なアドバイス】
 既存のシステムやルールの上での議論により過ぎると、ありたい姿・なってほしい姿がおろそかになる。そこからは何も変えられない。もしも何かを変えたいと思うなら(これまでの)課題の整理はちょっぴりにすべきだ。

 最後にコルシカにお願い。個人的には(とブログで書くのは変ですが)、『Rockin'on』と『文芸春秋』と『エスクワィア(ああ休刊)』をつまみ読みしたい。もひとつ、“雑誌RSS”のようなアラートを作ってほしい。「ローリング・ストーンズ」「深澤直人」「後藤久美子」「宮﨑あおい」などのMY登録項目の特集がある、あらゆる雑誌の“雑誌アラート”を飛ばしてもらいたい。するとわたしは書店に立ち寄る。少なくとも何度かに一回は買う。今日は以上です。

|

« 厳しい時代の今、“クリエイター・シンキング”に学ぼう | トップページ | 変人だからこそ、ダイソンの扇風機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/31812858

この記事へのトラックバック一覧です: エニグモのコルシカを支持します。:

« 厳しい時代の今、“クリエイター・シンキング”に学ぼう | トップページ | 変人だからこそ、ダイソンの扇風機 »