« 普段着は着物 “和”の人気サイトを運営する男の思いとは | トップページ | ウェブサイトの鉄則:スッキリ・ナルホド・オイツイタ »

2009年10月23日 (金)

手帖選びの心

出版社の晋遊舎(しんゆうしゃ)さんから09年10月19日に発売の『月刊MONOQLO(モノクロ)12月号は、“テストするモノ批評誌”というコンセプトそのまま、地デジほか、多ジャンルに渡るモノ批評で貫かれています。 

12  

 書店で発売中です。その中の特集2「手帳のすべて」で、ほんのりとわたしのお奨め手帳とコメントが掲載されていまして。そのPRになっちゃいますが。

【hmm…なアドバイス526. 手帖選びの心】
 以前、BizIDに、“濃い手帖エッセイ”を書かせて頂いたご縁のようで、なんと、いとうせいこう氏のような高名な方々と同ページに、ちょろりとコメントを掲載していただいて。晋遊舎さん、ありがとうございました。

 わたしのチョイスの紅い手帖、coated design graphics。丸善Oazo店で在庫の最後の一冊(2,625円)。凝り屋のcoatedにしてはあんがいさらりとしたものですが、“今年は仕事するゾ”という意気込みをしっかり受けとめてくれる“紅さ”と“サイズ”がいいので決めたのです。 

14

【大関/文庫屋の手帖カバー】
 手帖話し、続きます。数日前お会いしたあるクリエイターさんの手帖が、とても気になりました。どこかで見た柄なんです。と思っているとcherryさんから「これ、姫路の革じゃないですか?」と。 

59da2dd631  

 やっぱりそうでした。ご当人がお持ちなのは、どんぴしゃじゃないかも知れません。『文庫屋 大関』のしっかりあでやか、播州姫路の伝統革工芸。その技と型を、現代に復活させるのが大関さん。画像は『蜻蛉菊文庫サイズブックカバー』で頒価は8,190円。残念ながら今は売り切れ中。盟友Tomoyoさんは、大関さんのお財布をお持ちです。いいですよね、惹かれています。

【旧暦手帖】
 今日はくしゃみ多しのcherryさんのお奨めは『旧暦美人のすすめ』。 

Ci089010000a239_main_2

 いろいろポイントがある手帖ですが、旧暦という、現代から見ればスロースタイルで生活をする美人、そういう価値観で貫かれている。彼女がいいなと思うのは“旧暦月の旬の素材による身体にやさしい12のレシピ「旧暦旬レシピ」”だそうです。料理研究家だから、やっぱりね。他にも「季節と身体のコラム」、「旧暦月の彩り歳時記」など、読み物コンテンツがたくさん。

 でも、なぜ旧暦だと美人になるのか、腑に落ちません(笑)が、ま☆いいか。「四季折々にきれいになる」手帖、2,800円です。

【クォバディスのカバー手帖カバー】
 クオバディス手帖をさらに個性的にする革カバー。『PRIMITIVE MODERN』というブランド、福間 祥乃さんが展開しています。 

Ci110000000a014_main

 穴と紐づかい、このふたつに個性がある。普通ならヌメっとしてしまうのが革細工ですが、穴を開けて紐をポイントで通すことで、いわゆる革細工とは違う顔付きなるデザイン個性、とってもいい。制作デザイナーの福間さん、感性も技も素晴しい。惹かれます。14,700円。

【hmm…なアドバイス】
 店頭にたくさん並ぶのは、“勝間手帳”や“超整理手帳”、“ほぼ日手帳”、そして“ワタミ手帳”など手帳メジャー。それらに通じるのは「自己実現」「達成」。目標を立てまい進。やるべきこと日々の一里塚。ま、こんなヤバい時代ですから、それも手帖の効用ですけれど。 

でも手帖で誓ったはずなのに、達成するどころか、一年も手帖を使いきれない人が多いのはなぜ?手帖が人を導くことはあるけれど、逆効果/副作用もあるからだろうか。勝間さんや渡邉さんのように、個性がキワだつ人にあやかりたい。それもわかるけれど、自分は彼らとはちがうところもある。1冊の手帖でどこまで自分が変えられるか?その意気込み、大切です。

 要は手帖に何を求めるか。年末の手帖選びを機会に、自分がほんとうに目標達成派なのか、実は暮らし快楽派なのか、自分のことを考えるのもいい。そうすると、手帖選びでも機能以外のポイント、“自分基準”も見えてくるかも。今日は以上です。

|

« 普段着は着物 “和”の人気サイトを運営する男の思いとは | トップページ | ウェブサイトの鉄則:スッキリ・ナルホド・オイツイタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/31914491

この記事へのトラックバック一覧です: 手帖選びの心:

« 普段着は着物 “和”の人気サイトを運営する男の思いとは | トップページ | ウェブサイトの鉄則:スッキリ・ナルホド・オイツイタ »