« ラッシュライフと小磯良平 | トップページ | お正月の遊びを3つ。 »

2009年12月29日 (火)

Jabra Stoneー電話スタイルの変化

年末にかけて、書こうと思って、まだ書いていない話題が幾つか気になる。「こんなに書いているのにまだあるの?」と誰もが驚くのだが、あるからにはある。そのひとつは“ブルートゥースのヘッドセット”。

Pict0139 

Jabra Stone ブルートゥースのワイヤレスヘッドセット。記者会見に行っただけなのに、わたしのようなガジェット門外漢にまで試供品実機を頂いて、その感想をまだ書いていない。1万数千円のサンプルに雀躍する小心を抱えるわたし。母からの数億円の贈与さえ忘れる政治家の広い度量はない。数億円もあの家では友愛処理なのだろうか。

【hmm…なアドバイス583. Jabra Stoneー電話スタイルの変化】
 独自形状の超軽量ヘッドセット(7g)と充電機能を搭載したクレードルと一体となるニューデザインのJabra ビハインドイヤータイプ(耳掛け)のヘッドセットです。タッチセンサによる着信・終話操作や音量調整機能を搭載。ワンセグ音声や音楽を聴く事も可能で す。(数カ所中略)引用元 

12

 シチュエーションはこんな。PCで企画書を書くさなか。
 そこに電話がかかる。耳にかけたJabraにタップをする。
 「もしもし」「goさんですか?」「はいそうですが」
 「先生、ひとつ執筆をいただきたい件があるのですが」 
 「うむ」 …もちろん嘘です(笑)。

 iPhoneと無線でつないでの使用感は快適。最初数回のタップミスをしたが、慣れれば応答でタップして話し、またタップして切る。終始手ぶら。アレルギー持ちのわたし、耳もとが最初は痒くなったが、それも次第に慣れた。ひとつ大きな欠陥があるのだがそれはさておき、こんな未来形電話を使っていて、フト思った。

 人は電話スタイルを時代ごとに変えてきた。

【電話ヒストリー】
ずっと昔はこれでした。四日市市楠歴史民俗資料館に今もある電話機。

8d956a83

このタイプは「デルビル磁石式壁掛電話」というそうで、明治29年に正式採用され、昭和40年頃まで使用されていたそうです。引用元  

以前祖母の家にはあったと聞いた電話室。ちょっとうらやましい。街頭にもたくさんの電話室があった。四面総ガラス張り公衆電話が登場したのは45年前。

Tp021100_s 

昭和39年(1964)、東京オリンピック大会会場付近で試用し、昭和44年(1969)から全国的に使用された組み立て、解体が簡単で、四方とも透明な ガラスであり、盗難・いたずら等の防止にも役立ちました。引用元 

Tp016200_s 引用元

1969年にプッシュホン登場。「ダイヤルを回す」という動作を「押す」に変えた革命だった。ちょうどそのころ、電卓が大衆化しだしたことと無縁ではない。

【電話スタイルの革新】
 そして90年代に入り、携帯電話の時代へ。その針の大きさの穴から、聴こえて話せるのが疑問だったが、「人からコードと本体を自由にしてきた」。そのお かげで、聴くのも話すのも自由な姿態となった。ついにハンズフリーになって思うのは、それまで会話だった通話が、そのころから“応答”になったことだ。

 ちょこっと話しては切る。また話しては切る。電話がまるでツィッターのようになってきた。身体や手や耳と口が、電話から自由になった代償として、会話が 断絶的になってきた。手から自由になったことと、断続的な会話。どんな関係があるのか?このことはいずれ外部連載で考えたい。

【hmm…なアドバイス】
 最後にJabra Stoneの使用上の欠点に触れたい。製品自体の欠点ではない。ブルートゥース3.0がよくない。

 本体の充電はいい。相方の電話(わたしはiPhone)電力消費量の大きさには閉口した。まるでスピード優先のコルベッティ(アメ車)を牽引してるようなものだ。iPhoneが一日でアウトなんて耐えられない。折しもブルートゥースは省電力仕様の4.0版が出た。通話感度は知らねども、ヘッドセットの普及のためには、ソフトの4.0のチョイスがあっていい。今日は以上です。

|

« ラッシュライフと小磯良平 | トップページ | お正月の遊びを3つ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/32784083

この記事へのトラックバック一覧です: Jabra Stoneー電話スタイルの変化:

« ラッシュライフと小磯良平 | トップページ | お正月の遊びを3つ。 »