« サイクルモードから見えた“チャリ・コンフォタブル” | トップページ | 帽子で音楽♪帽子の新機能 »

2009年12月14日 (月)

お菓子のもつフードメモリー

 今朝の『めざましテレビ』の“Mottoいまどき”を流し見しました。特集は『わっかスイーツ』。ドーナツだけじゃなくて、“天使のチョコリング(ケーキ)”やバウムクーヘンをベースにしたラスク、パンもありましたね。

Chocolatecouch2 その画像じゃない

 それを観ていて思ったのは、“穴あき”になぜか惹かれる不思議さ。穴が開いていると、なぜ魅力的なお菓子になるのか。お菓子はなぜわたしたちをトリコにするのか。


【hmm…なアドバイス570.お菓子のもつフードメモリー】

37Entitled “You Can’t Have Your Cake and Eat It Too”, the chocolate couch was created by Argentinian artist Leandro Erlich for an art-exhibit appropriately named “Let Them Eat Art”. 引用元 「ケーキはお預けーアルゼンチンのアーティストによるチョコレート・ソファの展示会、その名は“ヤツらに芸術を食わせろ”

Chocolatecouch3

 なんだと?ムウム。ソファ・チョコ。旨そう(笑)。ソファの窪み、そのボタン、さらにはステッチまですべてチョコ。

Chocolatecouch

 座りたくないって?わたしも。販売予定はありません(当たりまえか)。

【ドーナツ・ビーチ】

37_2 Jennifer Rubell, who hosts an annual breakfast at Art Basel Miami Beach, presented the edible installation "Old-Fashioned," with 1,521 donuts hung in a grid formation on an 8-foot by 60-foot wall that visually evolves as people drop by and consume them. 引用元 「Art Basel Miami BeachでJennifer Rubellさんは、食べられるインスタレーション “Old-Fashioned”を展示。2.4m×1.8mの壁に合計1,521個のドーナツを“陳列”し、誰でも取っていいですよ、という野心的な作品」 

Rubelldoughnuts2

壁に整然とならんだドーナッツ。それをアートというかフードというか、アートフードというか。

Rubelldoughnuts2_2

アート後進国の日本では、食中毒だとか衛生だとか下らない理由でできそうもない。うらやましい。

【マカロン・バーガー】
 もうひとつは“マカロン・バーガー”。う…うまそう? 

Hamburgermacaron6

感謝祭とマカロンの記念にということらしい。マカロンなバーガーは堅くてヤワだ。 

Hamburgermacaron8 Hamburgermacaron3

The buns: cocoa-tinted macarons.(パンはココアのマカロン
The burger: a slice of dried plum.(バーガーはドライプラム
The cheese: coffee buttercream.(チーズは珈琲バター
The lettuce: green decorating sugar.(レタスは緑の砂糖
The mustard: a slice of dried apricot.(マスタードはアプリコット
The ketchup: raspberry jam.(ケチャップはラズベリージャム
No tomatoes — they're unforgivably redundant with ketchup, even on a cookie.(トマトはないの。ケチャップじゃムリだしクッキーでもダメでした

【hmm…なアドバイス】
 誰もが穴あきのお菓子に惹かれるのはなぜか? ドーナツの歴史は諸説紛々(文字通り)ですが、わたしの想像では「穴にこそ美味しさが詰る人間の妄想」が ある。穴があれば入りたい、虎穴に入らずんば、タイガーマスク、穴八幡神社、落とし穴…など私たちはなぜか穴に助けられ、穴に惹かれる

 ソファに人が座れば、沈み込むし、体温で柔らかくなるという、チョコの“柔らかさ”を連想させる。壁のドーナツは“つまみ食い”という連想の産物。マカロンバーガーは、ハードなマカロンとソフトなバンズのミスマッチがおもしろい。

 穴に似て、お菓子には誰でも同じような記憶(フードメモリー)がやどるのだ。チョコは溶けちゃう(手がべとべと)、クッキーやドーナツはつまみ食いしちゃう、 バーガーは柔らかいけど、レタスやキュウリはコリっと。そんなフードメモリーに逆らわずに、ウフフと言わせるアイデアを足すのがヒット商品である。今日は 以上です。

|

« サイクルモードから見えた“チャリ・コンフォタブル” | トップページ | 帽子で音楽♪帽子の新機能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/32611976

この記事へのトラックバック一覧です: お菓子のもつフードメモリー:

« サイクルモードから見えた“チャリ・コンフォタブル” | トップページ | 帽子で音楽♪帽子の新機能 »