« 美人ウォーキング | トップページ | サイクルモードから見えた“チャリ・コンフォタブル” »

2009年12月12日 (土)

珈琲の美マシンー茶道の世界へ?

 アートマルシェ神田(わたしの仕事場所)での心地よさのひとつは、シェアオフィスにご入居する林田浩一さんのデスクからの“香り”。ポコポコという音とともに広がる、珈琲のうっとりする香り。 

Krupsnescafefuturistedolcecusto

 わたしたちutteのオフィスにも、cherryさんの持ち込んだ“ドルチェマシン”あり。カプチーノもエスプレッソもOKなのだが、諸事情で今は冬眠中。眠りを起こすためにも今日は香り高いマシンをご紹介。

【hmm…なアドバイス568.珈琲の美マシンー茶道の世界へ?】

37The Nescafe Dolce Gusto capsule coffee maker has a look that matches the status that coffee has achieved these days — elegant and attractive. 引用元 「ネスカフェ・ドルチェグスト カプセル珈琲メーカーは、珈琲文化が今日上り詰めた境地ーエレガントで魅了されるマシンデザインを実現した」 

101409_rg_dolcegusto_03

 確かに。マシンを上から見た画像では、エスプレッソマシンというよりカプセルオブジェ。カップのデザインも選ぶ。4色あるカラーで価格が異なるのもわかる。白とグレーは150ユーロ、メタルグレーとメタルレッドは180ユーロ。 

Krupscofee

 3つのタイプのエスプレッソに加えてルンゴ、アロマ、カプチーノ、チョコチーノ、ラテマキアーノアイスをポコポコ。 日本では未発売だが、これいいな。

チョコとステンレスの美】

37_2Finished in stainless steel and chocolate, this inexpensive yet alluring espresso machine is a must-have for the Christmas shoppers who appreciate minimalist design combined with performance(後略) 引用元 「ステンレススチールとチョコレートの組み合わせ。低価格のエスプレッソマシンはクリスマスショッパーが求めるデザインと機能がばっちり」 

Espressomachinecasino

 このエスプレッソマシンのデザインもいい。飲む前から温まるし触れたくなる。16気圧、1.3リッターの性能のいい。100ユーロ(フランスで販売)。

【レバーの美】
 評判もよく、レバーもカッコいいのが『Espremio EX6400』。 

Sebespremiocoffeemakerex6400fr

37_3The SEB Espremio offers 15 bar pressure with automatic shutdown of the flow and exclusive Optipress system with progressive tightening of the filter to extract the best possible aroma and facilitates easy disposal of used ground coffee. 引用元 「15気圧、自動抽出停止、珈琲豆のベストなアロマを引き出すフィルターキャップシステム」 意訳です。 

Sebespremiocoffeemakerex6400frdetai

 レバーに受けに珈琲を入れ圧力を掛けるシステム。購入者の評価がとても高いのが印象的。130ユーロ前後。フランス製。

【ココアの泡の美】
 おまけは冬のお伴に『Bialetti Hot Cocoa Maker』。 

120809bialetti01

37_4All you have to do is fill it up with milk and shaved chocolate or cocoa, and then the Bialetti will heat and mix it up and even add a bit of frothiness for good measure. 引用元 「ミルクとチョコレートまたはココアを入れて待つだけ。泡だてる美しさを観るのも楽し」(意訳)

 一見してジューサーのようなスタイル。落ち着いたグレーの本体とキラリと光るダイヤル。ホットココアだけでなく、コーヒー、紅茶、プディングもOKだとか。100ドル。

【hmm…なアドバイス】
 おウチで珈琲のトレンドはますます高まる一方ですが、その楽しみ方も深化している。珈琲淹れを探求する、その香りでやすらぐ、味を愉しむから、抽出するマシンのデザインでなごむ、それに負けないカップを選ぶ。スプーンもクロスもこだわりたい。う〜ん・・・どこか“茶道”の世界に近づいているような。言い過ぎですかね。今日は以上です。

|

« 美人ウォーキング | トップページ | サイクルモードから見えた“チャリ・コンフォタブル” »

コメント

私のはドルチェじゃないですよ。ドルチェはコンビニで売ってるの!私のは高島屋!

投稿: cherry | 2009年12月14日 (月) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/32585433

この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲の美マシンー茶道の世界へ?:

« 美人ウォーキング | トップページ | サイクルモードから見えた“チャリ・コンフォタブル” »