« bluntアンブレラという革新 | トップページ | 「いつまでそこにいるの?」――人はいつ、どこで“フミダス”のか? »

2010年1月13日 (水)

なぜわたしのブログは“cotobike”になったか?

今日は、語り尽くせば数日かかり、ひと言で済ませば3秒の話題。数日は面罵ものなので、ひと言でいえば「ブログ、引越しました

かくも多くの読者に舌打ちされつつも続いた“マーケティング・ブレイン”は、ココログからwordpress.comに引越し。ココログで 2006年9月18日から、3年4ヶ月ほど一日も欠かさず、読者のみなさま、お世話になりました。ありがとうございました。

ブログ録

記事数 1,250件
画像数 7,640枚
ギガ数 1,271.96MB

cotobaのサイトへどうぞよろしく。

A rolling stone gathers no moss(転籍いや転石 苔むさず)ですからリミットの2GBに到達する前に離脱しないと。問題はなぜ?どこに?いつから?。激安で独立・HP&ブログ構築したい方には、このブログは参考になるはずです。

【なぜ?】 きっかけは株式会社ことばを創立したことでした。法人設立した以上HPくらい欲しい。「cotoba.jp」というドメインを登録して(約3,300円)、電子メールはgoogle apps(無料)。先日富士通の子会社がメール運用で話題でしたが、わたしは3つのappsアカウントあり。その勢いで、ウェブサイトもGoogle siteでHPらしきものを作りました。

ですが…google siteをひと言で評せば「ウチワの情報共有ツール」にすぎない。テンプレートもなく質素なデザインがつまらない。HP的な更新作業が面倒。そもそも「コンサルタント・ライター・デザイン事業家」の3つの役割を1つのHPに負わすのもムリがありました。更新が次第に疎遠になり、ゼロに(笑)。改善条件を整理しました。 ・電子メール=google apps(決定) ・blog機能=毎日ストレスなく書ける ・HP機能=固定情報を提供できる ・コスト=限りなくタダ(虫がいい_笑)

【ライターとしてのHP】 そのままココログに残るチョイスもありましたが、有料料金の高さ(ドメインマッピングで735円@月)、ファイルエクスポートは画像は移動できないので、外部に引越するのと同じ条件。無料はありがたいですが、商用ブログの限界でしょうか。

いろいろ比較をしたのですが、wordpress=世界共通仕様、その商用ブログ提供サイトのwordpress.comは、安価でドメインマッピングができるし(約10ドル/年)、テンプレートもサポートもしっかりしている。wordpressを勉強していけば、自由自在?にサイトが創れる可能性もある。しかもテンプレートには“ページ”(ココログではweb ページですが固定的な情報提供ができる)があるものが多くて、融通がききそう。”そんな理由でwordpress.comへの移行を決定。

【コンサルティングのHP】
ちょうど経営コンサルタントの大先輩の江口一海さんから「郷さん、異能の集団のコンサルティング集団を創りませんか」という話がありました。江口さんの仕事のクォリティを知るわたし、即決しました。

知るヒトは知る、昨年コンサルティング・ファームは今どこも大リストラ進行。実業界もコンサル業界も真冬の時代だからこそ、“答えから始めるコンサルティング”が価値があります。09年末に『アンサー・コンサルティングLLP 』を創立しました。もっけの幸いと(笑)わたしのコンサル稼業のHPとメール環境はそちらに写しました。

アンサー・コンサルティングLLP=異能のコンサルタント
※LLPもwordpressで制作。コンテンツは先輩、制作はわたし。 cotoba.jp=ブログ&執筆/ライター稼業 utte=クリエイター支援、ここにしかない創作品販売 この3つのサイトに整理ができました。

【cotobaのサイトのネーミング】
そして、なぜわたしのブログは“cotobike”になったか?昨夜は『cotobalog』でした。それはcotoba(ことば)+log(語り)で、わたしなりにはいいかな…と思ったのですが、“cotoba”の命名者のcherryさんに相談すると「フツー」のひとこと(笑)。ayanologのパクリぽいし(笑_b某編集者のサイト)。

cotobite (コトバイト=ことばと糸・バイト)、cotoball(コトボール=チョコボール?)、cotobaba(コト婆婆)、cotobax(エックス=無限)、cotobazaar(コトバザール)、cobaloon(コトバルーン)、cobamboo(コトバンブー=竹ですね)、cotobar(コトバの飲み屋)、cotobasket(コトバのゴミ箱)、cotovalve(コトバのバルブ)、cotobaaaan(ことばぁぁん)…

いろいろ出たのですがまとまらず、彼女は帰っちまって。わたしはフト、仕事場に駐輪しっぱなし自分の自転車を見ました。それでー“cotoba+bike” 、cotobikeはどうだろうか?と。cherryさんにその案をメールをすると…。

「cotoba育」と返信あり。

なるほど。「ことばを育て、ことばに育てられる」いいじゃないか。ことばと共に行く、やがて逝く(笑)。



「マーケティング・ブレイン」から「cotobike(ことばいく)」へ。
書き手はひとりなので、書ける内容は変わりません。ヒト・モノ・コトの真ん中に向かって、ことばのペダルをこぎます。明日からもよろしくお願いします。

|

« bluntアンブレラという革新 | トップページ | 「いつまでそこにいるの?」――人はいつ、どこで“フミダス”のか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/32977458

この記事へのトラックバック一覧です: なぜわたしのブログは“cotobike”になったか?:

» アスタリフト 〜 トライアルキット商品概要 [アスタリフト 〜 トライアルキット]
アテニア トライアルが人気の理由 [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 00時42分

« bluntアンブレラという革新 | トップページ | 「いつまでそこにいるの?」――人はいつ、どこで“フミダス”のか? »