« スタイルフリー、心もフリーなタイツ | トップページ | ザンネンなバイクデザインの裏側には… »

2010年1月21日 (木)

安くて良くてうれしいモノ

今日はビジネスメディア誠に連載する“うふふマーケティング”へのリードと、テストするモノ批評誌『MONOQLO』のこぼれ話です。 2010年、バレンタインのキーワードは“おウチLOVE” 不況が深まり、景気の二番底割れも懸念されている昨今。そんな中、バレンタインでも、高価なブランドチョコ消費よりも、安価巣な手作りチョコ優先という流れが押し寄せている。今年のバレンタイン、キーワードは“おウチLOVE”である。 続きはこちら

先日久しぶりに、老母の姿を尊顔を拝するため実家に出向いた。その道すがら、淘汰されずにがんばる小さなお店の前を通りかかると、「あれ?」と思う光景に出くわした。それが『』という文字だ。なんじゃこれ?

Photo

続きは引越先の『cotobike』へお願いします。

|

« スタイルフリー、心もフリーなタイツ | トップページ | ザンネンなバイクデザインの裏側には… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/33077064

この記事へのトラックバック一覧です: 安くて良くてうれしいモノ:

» 吉田育代『日本オラクル伝』 [愛と苦悩の日記]
■『日本オラクル伝』(吉田育代著・ソフトバンク刊)を読んだ。日本オラクルが米オラクル社の海外法人としては非常に特殊な独立性をもった会社であり、それは何よりIBM出身の佐野力氏のバイタリティー、明るさ、豊かな発想を原動力とするものだということがよくわかる書物。 ちなみに僕がこの本を手に取った理由は、今から十数年前、技術水準でデータベース市場を席巻したイングレスというRDBMS製品がなぜオラクルに完敗...... [続きを読む]

受信: 2010年1月22日 (金) 00時46分

« スタイルフリー、心もフリーなタイツ | トップページ | ザンネンなバイクデザインの裏側には… »