« 文具マニアの日本製品の美から、ガジェット礼賛へ | トップページ | マイクロソフトの落陽…でしょうか。 »

2010年1月 8日 (金)

航空サービス業の夢と現実

日航再建ニュースあり。会社更生法適用で再建への道筋がようやく見えてきた。ところが適用には、借金金棒引きへの銀行への見返りという難題を筆頭に、安全や運行文化の継続性(柳田邦男氏の主張=それが切れる可能性は高い)、マイレージの扱い(当然ゼロとなる→保護されるそうです)など、色々な課題はあるようです。

引用元

一方庶民的にはこの話題、もうひとつ盛り上がらない。なぜのか?といえば結局“誰も損をしない構図”があるからでしょう。JALは半官会社だから、“税金が損する”という意識。誰もが薄く肩代わりをする。株主責任は限りなく広く薄くて不透明。

だからこそ、ここで官業の関わりを清算するのが更生法適用。きちんと適用して、借金は借金として放棄分と肩代わり分を決めて、完全な民業に転換する。これまで“まったく違う会社”になるしか道はないと思う。

続きは cotoba.jp へ

【hmm…なアドバイス592.航空サービス業の夢と現実】
そんなリアルな金話しばかりでがっかりですが、そもそも航空業とは“夢のプロバイダー”でした。それをもう一度、大気圏外というステージで追うのは『ヴァージン・ギャラクティック』。

200912091002199

現在多くの民間企業が宇宙旅行ビジネスに参入し、弾道飛行のための宇宙船は各国で開発が進んでいる。しかしその中で、最も早くビジネスとして成立させたのがヴァージン・ギャラクティック社であり、2011年より毎年希望者を募って宇宙旅行を販売していく予定だ引用元

冒険経営者のリチャード・ブランソン氏が、来年から商用化する事業。20万ドル/1800万円とも言われるプライス、すでに予約は300人。乗客が乗る『スペースシップ・ツー』は1回の飛行で6人というから、すでに50回のチャーターがあるという。夢のフライト市場は宇宙ならば健在である。
【サウスウェストという現実】
座席指定がない、ファーストクラスがない、機内食がない、航空券がない、とないないづくしながら、格安運賃と最高の顧客サービスを実現しているサウスウエスト航空。本書は、1971年にわずか3機のボーイング737機でスタートした同社が、アメリカの航空業界に革命をもたらし、急成長を遂げた秘密を詳しく紹介している。引用元

米国在住の知人が“South Waste”という呼び名を教えてくれたけれど、パイロットを含めたクルーが、荷物運びまでするという徹底さで知られる。運行サービスに徹する究極の航空会社であることは歴史上まちがいない。そこには“複数の乗務員組合”もなく、パイロット=優越意識も存在しえない。

それは、いいか悪いかという問題ではなく経営上の価値観。だがフライトが夢だった時代には、優越感も現実だった。フライトが現実、デイリーなことになって久しいのに、経営・運営する側だけの一方的な夢ではまずい。

【茨城空港の位置】
国内航空会社の就航ゼロ”の茨城空港は、夢でもあり現実でもある。

茨城空港から1時間以内にアクセスできるエリアの人口は、北関東地域を中心に340万人にものぼります。また、茨城空港へのアクセス時間が2時間以内の市町村で、羽田・成田・福島の各空港より有利な圏域の人口は1,200万人にも達します。引用元

県域人口はリアリズムだが、その人口が国内外へ飛ぶのか、そこはまだシュールだ。位置から、羽田・成田の役割分担という政治問題に影響されてしまうのはいたい。客観的に見れば、成田は海外から日本各地へのハブ(逆も真なり)、羽田は国内外から東京圏への入口だと思う。茨城空港の位置は微妙である。

【hmm…なアドバイス】
夢が現実になった後も夢を追い続ける。それが業界全体を衰退させるのは、自動車業界を見ればあきらか。自動車が売れないのは不況だけでなくコモディティとなったから。だから環境に大きくシフトしが付加価値を志向する。航空会社にも“シフト”が必要なのだろう。

宇宙という夢なのか、コストを極限まで下げるのか、それ以外の道なのか。いずれにせよ今の延長線ではダメだと思う。今日は以上です。

|

« 文具マニアの日本製品の美から、ガジェット礼賛へ | トップページ | マイクロソフトの落陽…でしょうか。 »

コメント

杉山さま
コメントありがとうございました。

思うに、郊外空港はビジネス/工業立地次第ですね。わたしが短期間、駐在していたカリフォルニア州newport beachにもLocal空港がありましたが、需要はそのエリアの富裕層じゃなくて、エレクトロニクスや自動車など商業ビジネスでした。

ただこれからの日本、茨城や静岡など郊外ビジネスがどこまで栄えるのか?主要な企業にだけ頼るのは危険なのも現実だと思います。

投稿: 郷/marketing flying | 2010年1月 9日 (土) 22時19分

個人的には、茨城は貨物専用に特化してしまうという手があるかと思いますね。北関東地域は工場立地が進んでいる地域でもある上に、尚且つ首都圏の渋滞を避けられるメリットもありますからね。

投稿: 杉山真大 | 2010年1月 9日 (土) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 航空サービス業の夢と現実:

» 「奥さんGOGO!!」のひとりごと。。。 [奥さんGOGO!!のblog]
いい天気ですね〜( [続きを読む]

受信: 2010年1月 9日 (土) 01時37分

» 蒼海の 「老いの一徹」 1 [ガラス瓶に手紙を入れて]
 子供の時から、三日坊主といわれた私ですが、この十年余、一度決めたことを、黙々として、継続してきており、”継続は力なり”などの友人に自慢している今日この頃です。 [続きを読む]

受信: 2010年1月 9日 (土) 11時30分

» よし、今年こそはと [融資これがほんとの話]
なんとか返済しようとムリするより、しっかりした計画を立てて前へ進みましょう。 [続きを読む]

受信: 2010年1月 9日 (土) 21時35分

» きゃ〜♪  見つけたっ♪  こんなの探してたんです  [自由人への道で独立開業]
スタートは、『月に少しでも稼げればっ!』って感じだったんです。 まさか、こぉ〜んな ≪月収≫ になるなんて! \(☆^〇^☆)/ [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 11時06分

« 文具マニアの日本製品の美から、ガジェット礼賛へ | トップページ | マイクロソフトの落陽…でしょうか。 »