« アートな体験とは心の筋肉を震わせること | トップページ | HOZOTとルミンA »

2010年9月24日 (金)

フロッピーディスクに“ITの昭和”を感じてしまう。

どことなく昭和を感じてしまった。3日前にこうツィートした。「一太郎、フロッピーディスク、割り屋…どことなく昭和を感じてしまう一連の用語」。

調べれば一太郎は2010年に25周年を迎えたそうだから、ぎりぎり昭和。フロッピーディスクは1971年生まれで、5.25インチ型は76年、3.5インチは1980年生まれなので昭和後期ですね。割り屋もあわせると、大阪地検は実に浪花節だ。

問題のFDの改ざん調査は地検におまかせだが、今日はフロッピーディスクのノスタルジー商品を総チェック。

【フロッピーグッズいろいろ】
フロッピーディスク・コースターはいかが。確かに90mm×90mmのサイズはコースターにぴったり。これは6枚セットでピカピカのものやつや消しのものなど楽しめる。27ユーロ。

「ほお!こういうのもあるのか」というのは『フロッピーディスクCDR』。表面はフロッピーディスクの顔、ひっくり返すとCDR。

ちょっと小さい分200MBだそうです。四角いのがくるくるまわるのは風車みたいな感じ。一枚28ドルなのでマニア向けギフトでしょうか。

次の『フロッピーUSB』はコンセプトのみ。デザイナーのThomas O'Connorさん曰く「古くて時代遅れのなフロッピーをリユースしてモダンな性能のハードディスクに生まれ変わらせた」フロッピーディスクのかたちをしたHDD。これはなぜだか欲しい感じ。

どこかブランドバッグぽいのは、imanalchemistさんの『フロッピーディスクバッグ2』。42枚のフロッピーディスクとキャンバス、麻糸で制作。本気でこれを下げるのだろうか?(笑)

文具もある。フロッピーディスクペン立てはかっこいい。Vokabreさんの自作。

ぼくの一番のお気に入りは『フロッピーディスク・コインパース』。BraveMoonmanさんの手づくり作品はフェルトでカラフル。ひとつ35ドルから販売中。

彼女のEtsyサイトではフロッピー以外にもカセットケースや任天堂のコントローラーなどがあって、どれもぐっとくる。

【メモリーの出し入れ】
検事の改ざんがバレたのは、OS側だけ日付変更して、一太郎の記録と矛盾が生じたからという。記録の出し入れで人はだませても、システムはだませない。思えばフロッピーディスクの懐かしさとは、フロッピーの出し入れにあった。

スロットに挿しこむと、カシャっと音がして磁気記録媒体が顔を出す。ボタンを押して取り出すと、カシャっと音と共に飛び出す。メカニカルな感じが懐かしい。

ところが今やCDもDVDもなくなりかけている。メモリーは内部格納からクラウドに置かれる時代へ移行中。iPadではついにメカニカルな機構がなくなった。そんな時代に犯罪はまだメカニカルだというのは、人間くさい。

■■外部媒体執筆実績■■■■■■■■■■■■■■■■■

ビジネスメディア誠 執筆実績
プリバリイン 執筆実績

■■やさしいコンサルティング■■■■■■■■■■■■■■■
貴社の経営をのばす事業創造を提案します。
あなたの話を聴くコンサルタント
“響く”物語制作コンサルタント
日本の美を活かすコンサルタント

■■iPadで商売をつくるコンサルタント■■■■■■■■■■■
講演『iPadマーケティングを考える
〜iPad後のビジネスをどう創りなおしますか?』
講演資料 同英文版
※iPadでビジネスモデルを変えるお手伝い・講演・提案をしております。
ランチコンサルティング
iPadビジネス変革研修
iPad の最新ニュースをストック&シェア
iPadに関するcotobaのブログ一覧ページ

|

« アートな体験とは心の筋肉を震わせること | トップページ | HOZOTとルミンA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/36908928

この記事へのトラックバック一覧です: フロッピーディスクに“ITの昭和”を感じてしまう。:

« アートな体験とは心の筋肉を震わせること | トップページ | HOZOTとルミンA »