« 「金にならない」サッカーに想うこと。 | トップページ | 千歩遅れの読後感想『君たちはどう生きるか』 »

2010年9月18日 (土)

Walkmanは音楽にこだわり、iPodはこだわりを破壊した。

iPod nano ウォッチは確かに良いアイデアだ。

一番最初に見かけたのは上の画像の一品。赤いボディに黒と赤いラインのアクセントが良い。まるでブランドモノかと思った。county commというカリフォルニアの会社から、幅22mmサイズの“nanoバンド”が17ドルで発売予定(11月から)。

音楽聴かなくても時計としてしてみたい。先行したのはこの『Rock Band』。全面がマルチタッチになったタッチパネルプレーヤーを腕時計にしちまえというアイデアは見事。装着する窪みまで付けた親切設計。

iPodには時計、ストップウォッチ、歩数計も着いていて、普通の時計ではできないフィットネスのお伴でもある。だからベルクロでぎゅっと留めるデザインが秀逸。19ドル。

ポップなデザイン、挟むだけでなくケースもつけたのは『Linq』。発売元はcipio。まるでALBAかSwatchの時計に見えるからおもしろい。こちらは約25ドルで10月発売予定。次のやつもけっこうおしゃれ。黒いバンドで引き締まった表情がいい。

紹介するWired の記事には、腕にはめたiPod nanoを操作するシーンが動画で掲載されている。指でスライドさせて、いろんな顔になる腕時計なんてなかった。それは新鮮だ。

何が新鮮かといえば“顔の変わるところ”。時計がいろんな顔をするなんて、飽きないというか飽きっぽいというかどっちだ?(笑)余談だが『Time Of The Day』という、時間で色が変化する“日時計”コンセプトがあった。これも素敵だ。

iPodはスタイリッシュなったのに、野暮がひとつある。それは音楽ケーブル。だが2つほど解決策がある。ひとつはスマートなケーブル収納で、SONYの『Audiocubes』は片方のケーブルを“本体側”に収納する機構が付いている。

電子的な解決は『JayBird SB2 Sportsband』。ブルートゥースでiPhoneとヘッドフォンを結ぶ。iPhone側にコネクターを挿しこむだけのようだ。以前この種の商品はウォークマンでもあったが、電池消費、音質ともにこなれてきたと思う。99ドルで発売中。

iPod nanoは“静止画ブローチ”にもなるし、ベルトの“歩数表示バックル”にもなる。“操作系ハード”を無くしたiPhoneは、アプリでいろんなデバイスに変身する。クリックホイールを取っ払ったiPod nanoは、カタチと小ささを活かして、身体中のいろんなデバイスに変身する。Walkmanが音楽にこだわる間に、iPodは音楽プレーヤーという枠を自ら壊した。勝負あり、だ。

■■外部媒体執筆実績■■■■■■■■■■■■■■■■■

ビジネスメディア誠 執筆実績
プリバリイン 執筆実績

■■やさしいコンサルティング■■■■■■■■■■■■■■■
貴社の経営をのばす事業創造を提案します。
あなたの話を聴くコンサルタント
“響く”物語制作コンサルタント
日本の美を活かすコンサルタント

■■iPadで商売をつくるコンサルタント■■■■■■■■■■■
講演『iPadマーケティングを考える
〜iPad後のビジネスをどう創りなおしますか?』
講演資料 同英文版
※iPadでビジネスモデルを変えるお手伝い・講演・提案をしております。
ランチコンサルティング
iPadビジネス変革研修
iPad の最新ニュースをストック&シェア
iPadに関するcotobaのブログ一覧ページ

 

|

« 「金にならない」サッカーに想うこと。 | トップページ | 千歩遅れの読後感想『君たちはどう生きるか』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/36810126

この記事へのトラックバック一覧です: Walkmanは音楽にこだわり、iPodはこだわりを破壊した。:

« 「金にならない」サッカーに想うこと。 | トップページ | 千歩遅れの読後感想『君たちはどう生きるか』 »