« エアバッグと段ボールのヘルメット | トップページ | そばおでんか、うどんおでんか、それが問題だ。 »

2010年10月25日 (月)

MacBook AirのUSBスティックからの随想

あらかじめ書いておきたいのだが、今日のブログは謎かけである。謎のきっかけは『さよう, Appleは今日CDを殺した』という記事に頷いたことだ。

今 度のMacBook Airを開くと、光学ディスクは1枚もない。これまでは、OS Xやそのほかのソフト用に再インストール用のバックアップDVDが必ずあったが、今では超スリムなUSBスティックに代わった。マニュアルと同梱されてい るこのスティックがあれば、まさかのときにシステムの再インストールができる。引用元

CDがスィックに置き換わったのはわかった。それで気になるのは「MacBook - iPad - iPhoneのトライアングルはどうなるのか?なのである。「USBスティックから飛躍してるぞ」と言うなかれ。ボクの疑問を聞いて(読んで)ください。

【状況を整理してみよう】
まず、Appleは既に一度CDを殺しているそれは音楽CDだ。iTunesストアがHMVもブロックバスターも表舞台から引きづり下ろし、プライベートの本棚からCDも消そうとしている。今回は“アプリケーションCD”を消すのだ。

実はすでに多くのアプリでCDはない。この文を書くJedit Xは、素晴しい文書ソフトだが、ダウンロードで購入し、アップデートもネット経由。まったく不自由なし。でっかいGBのソフトウエアをのぞけば、消費者に 不便はない。音楽CDのように“アートワーク”もないので、そんな影響もないが、むしろ流通業が脅威に思っている。彼らのマージンが消えるのだから。CDを殺すことで消えるものリスト

・パッケージ店頭販売
・流通業のマージン
・ソフトハウスの直販利益分(Appleのマージンは30%)

いやもっとある。

・ソフトハウスが開催する顧客セミナー
・ソフトウエアマニュアル制作やパッケージ制作業
・顧客情報がAppleに集中すること

つまり業界慣習が大きく変わる。gdgt staffのライアンさんは良い指摘をしているこれまでApp Storeがしてきたことリストである。

2.6 - Apps that are "beta", "demo", "trial", or "test" versions will be rejected(ベータやデモ、試供品やテストを禁止
2.26 - Apps that are set to auto-launch or to have other code automatically run at startup or login without user consent will be rejected(ログインや同意なき自動インストール禁止
6.5 - Apps that change the native user interface elements or behaviors of Mac OS X will be rejected(OS Xのネイティブインターフェースを変えるもの禁止

アプリについて段階的に“Macルール”を適用してきた歴史だ。今回もその流れなのだろう。

【Mac App Storeとは何なのか?】
そこで思うこと。Mac App Storeはこのトライアングルの真ん中に入るはずだ。



「CD → MacBook」という流れがなくなり、アプリはネット経由でMacという“母船”にインストールする。ジョブスが力説するように、ライフスタイルやシーン別にiPhoneやiPad、そしてMacBookを使うのであれば、アプリはもちろん、データも同期されていないと具合が悪い。

今はタダのアプリでも、有料アプリでも(たとえばiWork)、それぞれのマシン別購入もしくは、複数インストールパッケージ購入の必要がある。そこが煩雑だし、iWorkをiPad版、Mac版両方買うのはお得感がない。

それはアプリを作る側にも言えることで、iPadのOSとMacやMacBook AirのOS、iPhoneのOSが異なると、生産効率が下がる。

だからこそ“今回OSがiPad寄りになった”のである。X meets iPadをそういう意味で捉えれば、Appleがナニをしようとしているか見えてくるのだ。



【母艦はどこに?】
だがひとつ思い起してほしい。iPadはMac(PCでもいい、iTunesという意味)無しには使えないのだ。こんな片手落ちのコンピュータはない。iPhoneは単独でも使えるが、やっぱり音楽もデータもMacという母艦に依存する。これから、特に後進国でiPad普及をさせる上で、単独でも動く術がないのはおかしいのではないか?

そこで道はふたつある。

これからもMacというハードを“母艦”として置く。
いや、ネット上の“Mac App Store”に、個人別の「アプリ保管庫という母艦」の役割を果たさせる。

どっちだろう?今わからないけれど、“ライオン”のホントウの正体で、来年にはわかるのだと思う。

■■やさしいコンサルティング■■■■■■■■■■■■■■■
貴社の経営をのばす事業創造を提案します。
あなたの話を聴くコンサルタント
“響く”物語制作コンサルタント
日本の美を活かすコンサルタント

■■iPadで商売をつくるコンサルタント■■■■■■■■■■■
講演『iPadマーケティングを考える
〜iPad後のビジネスをどう創りなおしますか?』
講演資料 同英文版
※iPadでビジネスモデルを変えるお手伝い・講演・提案をしております。

ランチコンサルティング
iPadビジネス変革研修
iPad の最新ニュースをストック&シェア
iPadに関するcotobaのブログ一覧ページ

|

« エアバッグと段ボールのヘルメット | トップページ | そばおでんか、うどんおでんか、それが問題だ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158074/37389942

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook AirのUSBスティックからの随想:

« エアバッグと段ボールのヘルメット | トップページ | そばおでんか、うどんおでんか、それが問題だ。 »