« Been There Done That〜旅は記録しよう! | トップページ | 自転車ブームは新たな段階に入った。 »

2010年10月 4日 (月)

車中泊の自動車旅の魅力

昨日取りあげたエルマンさんの世界一周の旅。“クラシックカー“928 Graham Paige Model 610”は、オンボロなだけでなく、広々な室内を利用して“車中泊”が可能だ。(次の画像引用元



今どきのデフレ時代、金のかからない旅行=車中泊が流行っている。それをねらった商品も発売。

【車中泊支援装備】

団 塊世代の定年退職者などで、自家用車に寝泊まりして旅する「車中泊」が人気となっている。これに伴って通勤や買物、キャンプにも使える軽キャンピングカー が注目されている。しかし、キャンピング仕様への改造費用は高額で、改造後は日常での使用に支障が出るケースもあるため、躊躇するケースも多い。引用元



オートバックス系のG-7モータースでは2010年10月より、軽自動車を気軽にキャンピングカーにできるキットを発売。サイドキャビンやアッパーキャビン、フロアマットやサブバッテリーシステムを普通の軽に搭載可能。アクティバン(本田)、エブリィバン(スズキ)などバンタイプに装着。次の画像はアクティバン


このタイプのクルマ、先日のイベント(アートと雑貨の生まれる学校)で機材運搬に使ったが、けっこうたっぷり入るのだ。2人で車中泊は楽々。サイドキャビン、アッパーキャビンは各約11万円、サブバッテリーは4万円



もっと豪華仕様の旅にはエルグランド専用のカーテン(株式会社ソーヴィー)もある。カーテンが欲しい2人旅もあるのだろうな。

【車中泊支援施設もたしかに欲しいけど】
車中泊を支援する施設づくり研究も始まった。

飯豊町(山形県)の国道113号沿いにある道の駅「いいで」で、「車中泊」に関する社会実験が8日から10日間、行われる。高速道路の無料化や団塊世代の退職、道の駅の充実などを背景に、自家用車に寝泊まりしながら旅する「車中泊」の人気が高まる中、車中泊のニーズや課題を探り…(後略)引用元

盗電やゴミ廃棄、迷惑な洗濯も増えてきたので、10月中旬に実験を行い、道の駅を再整備しようという研究だ。トイレも電源も必要なのはわかる。でも道の駅の車中泊って味気ないなあ。

ついでに書いておくと、オートキャンプ場の経営は各地で苦戦している。それは「車で泊まるならキャンプは不要」だから。自動車旅のニーズも変化したのだ。

【車中泊旅行でたいせつなこと】

ぼくは日本でも海外(オーストラリア)でも車中泊をしょっちゅうした。オーストラリアでの車中泊はワイルドで楽しかった。バッテリーが上がるから、暗くなったらゴソゴソと寝る。明るくなったら起きる。今ならフツーの“フルフラットシート”なんてないから、セダンで“くの字”で寝るのは辛かった。でも車の装備なんてそこそこでいい。工夫をすればいい。

草原での車中泊では、夜中に野生のカンガルーがすぐ近くまで来たこともよくあった。自然の中で寝起きするのが醍醐味。車中泊旅行で最もたいせつな装備は、ハプニングを受け容れる心。予定調和の旅では味わえない“行き当たりばっ旅”なのだ

ああ、どこかクルマで行きたくなった。

■■外部媒体執筆実績■■■■■■■■■■■■■■■■■

ビジネスメディア誠 執筆実績
プリバリイン 執筆実績

■■やさしいコンサルティング■■■■■■■■■■■■■■■
貴社の経営をのばす事業創造を提案します。
あなたの話を聴くコンサルタント
“響く”物語制作コンサルタント
日本の美を活かすコンサルタント

■■iPadで商売をつくるコンサルタント■■■■■■■■■■■
講演『iPadマーケティングを考える
〜iPad後のビジネスをどう創りなおしますか?』
講演資料 同英文版
※iPadでビジネスモデルを変えるお手伝い・講演・提案をしております。
ランチコンサルティング
iPadビジネス変革研修
iPad の最新ニュースをストック&シェア
iPadに関するcotobaのブログ一覧ページ

|

« Been There Done That〜旅は記録しよう! | トップページ | 自転車ブームは新たな段階に入った。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車中泊の自動車旅の魅力:

» ブームの車中泊、マナーづくりへ社会実験 [サッカーはエンターテインメントだ!]
福島県いわき市四倉町の「道の駅よつくら港」で31日まで、車中泊のルールづくりと施設整備に向けた社会実験が行われている。 [続きを読む]

受信: 2010年10月23日 (土) 20時14分

« Been There Done That〜旅は記録しよう! | トップページ | 自転車ブームは新たな段階に入った。 »